【最新】ヨドバシカメラのWiMAXキャンペーンを店員に聞いて徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ヨドバシカメラ新宿西口本店

「ヨドバシなんだからWiMAXも安いだろう」「キャンペーン特典も多いかも?」とヨドバシのWiMAXに期待してる方は是非ご覧ください。

実際に私が店舗に行って店員さんにじっくり話しを聞いてきましたのでシェアします。

新宿西口本店へ行ったのが2019年6月6日です。

店員さんの対応は「さすがだな」と感じましたが、キャンペーン内容はイマイチでした。特典をぶっちゃけると「WiMAXと同時購入した家電製品の16,200円(税込)値引き」です。

他のプロバイダーだと3万円前後の特典が当たり前なのに15,000円では少ないです。それに「最新端末は特典が付かない」というのが致命的です。

2019年7月現在 最新端末を最安で使えるのはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

端末代は0円で月々の支払いが3,480円(最初3ヶ月2,170円)。月額割引なので特典を確実に受取れます。ヨドバシのWiMAXより3年間で3.6万円以上安いです。

ヨドバシのWiMAXが気になってる人は絶対参考になるので最後までご覧ください。

目次

  1. ヨドバシカメラのワイヤレスゲートWiMAXについて
  2. 店員さんに聞いたヨドバシののWiMAXキャンペーン
  3. 【結論】ヨドバシのWiMAXは特典が少ないから高い!
  4. 「さすがヨドバシ」と思った接客のポイント
  5. 契約するならGMOとくとくBBがおすすめ
  6. まとめ

ヨドバシカメラのワイヤレスゲートWiMAXについて

ワイヤレスゲート WiMAX ロゴ

ヨドバシカメラで契約できるWiMAXは、株式会社ワイヤレスゲートという会社が運営するサービスのヨドバシカメラ限定プランになります。

公式ページ:ヨドバシ.com – ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX2+

限定と言っても公衆無線LANサービスのワイヤレスゲートWi-Fiが無料で使えるというだけで、大袈裟に「ヨドバシカメラ限定」と強調するほどでもないです。

Wi-Fiが無料で付くのはビックカメラ・ヤマダ電機・エディオン・ケーズデンキなど家電量販店系のWiMAXも同じなので「限定」の2文字に踊らされないようにしましょう。

WiMAXはどこで契約しても回線・エリア・速度・端末・プランの条件・通信制限のルールなどは同じなので、大事なのはキャンペーン特典の有無とその中身です。

ここからは筆者が実際にヨドバシカメラ(マルチメディア梅田・新宿西口本店)で店員さんに聞いた話しをプロ目線で分析・解説します。

ヨドバシカメラ新宿西口本店 入り口

新宿西口本店を訪問したのは2019年6月です。

時期や店舗によってキャンペーンの特典内容・条件が異なる場合があります。予めご了承ください。(随時再訪して最新情報に更新します。)

結論から知りたい方はこちら>>>契約するならGMOとくとくBBがおすすめ

店員さんに聞いたヨドバシのWiMAXキャンペーン

ヨドバシのUQコーナーには、WiMAXのキャンペーンポスターが目立つように置かれてました。

ヨドバシカメラ 新宿西口本店 WiMAXポスター

この写真では分かりにくいので要点が以下の3点です。ポイントは太字の部分です。

  • WiMAXの3年プランの加入
  • 当社指定機種の場合
  • 同時購入した家電製品の価格を16,200円値引き

「当社指定機種で」と条件付けされているので、店員さんに詳しく聞いてみました。

最新機種にはキャンペーン特典が付かない

16,200円の家電商品値引きを受けられるのは、ホームルーターのL01sだけでした。

店員さんに確認した特典額を表にまとめたのでご覧ください。

ヨドバシカメラ新宿西口本店 WiMAXの新規契約特典【2019年6月調べ】
モバイルルーター ホームルーター
W06 0円 L02 0円
WX05 0円 HOME01 0円
W05 10,800円 L01s 16,200円

2019年1月に発売されたW06・L02が現在最新ですが、WX05・HOME01も2018年11月発売の新しい機種です。ヨドバシの場合この4機種が「新しい端末でキャンペーン特典が付かない」という話でした。

ヨドバシカメラ 新宿西口本店 WiMAXポスター(拡大)

ポスターを見て「おっ、良さそうだな」と思ったんですが、「当社指定機種で」という条件がキーポイントでした。

では他のプロバイダーが新しい機種にどれくらい特典を付けているのか見てみましょう。

特典金額が違い過ぎる

他のWiMAXプロバイダーだと最新機種でも2~3万円の特典が付くのが普通です。

  • GMOとくとくBB(月額割引):月額料金値引 31,722円
  • GMOとくとくBB(キャッシュバック):32,000円キャッシュバック
  • DTI WiMAX:月額料金値引 30,198円
  • @nifty:23,100円キャッシュバック
  • BIGLOBE:23,000円キャッシュバック or 月額料金値引 20,090円

ヨドバシカメラは最新機種だと特典が付きませんから、上記の特典額がそのまま負担額の差となります。実質費用・実質月額を計算すると違いが明らかです。

※実質月額とは、月額料金・端末代・事務手数料・解約金・残債など使用期間中にかかる全ての費用の合計から、キャンペーンの還元額を引いた実質費用を使用月数で割った金額です。

実質月額で比較することで、使用期間の長さに関係なく「最安のプロバイダー」を知ることができます。

以下の表は最新機種(W06)を安く使えるプロバイダー5社とヨドバシカメラの実質費用 比較表です。

条件:ギガ放題・端末 W06【2019年7月時点】
順位 サービス名 キャンペーン 月額料金合計 キャッシュバック 実質費用 実質月額 備考
1位 GMO キャッシュバック 160,032 ▲32,000 131,032 3,448 最新
2位 GMO 月額割引 128,310 131,310 3,456 最新
3位 JPWiMAX CB+月額割引 135,200 ▲10,000 128,200 3,465 最新
4位 DTI 月額割引 134,190 137,190 3,610 最新
5位 AsahiNet CB+月額割引 145,860 ▲10,000 138,860 3,654 最新
17位 ヨドバシカメラ なし 164,388 167,389 4,405 最新

最新端末のW06が一番安いのはGMOのキャッシュバックキャンペーンですが、特典を受取り損なうリスクがある割に、月額割引キャンペーンと実質費用が278円しか変わりません。ですから当サイトでは月額割引キャンペーンをおすすめしています。

17位のヨドバシカメラと2位のGMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)の差は、実質費用 36,079円・実質月額 949円です。

同じサービス・端末を使うのにここまで差があると、流石におすすめできません。

割引・キャッシュバックじゃなくて店内商品値引き

ヨドバシカメラの特典は店内の家電製品を同時購入した価格からの値引きで、WiMAX利用料の割引や現金でのキャッシュバックじゃありません。

なんでも揃うヨドバシですから、欲しい家電製品のひとつやふたつあると思いますが、家電を買うということはWiMAXの初期費用・利用料プラスαの出費が伴います。

考え方次第ですが私は「お得じゃない」と思います。

WiMAXの契約をした上で、「商品買ってくれたら値引きします」というのはどうかと思います。

消耗品・金券はダメ

金券はダメ

『商品値引きじゃな~』と思いつつも「本当になに買ってもいいんですか?」と聞いたら、「消耗品と金券以外なら大丈夫です。」と教えてくれました。

iTunesカードとかAmazonギフト券など換金性の高いものはやはりダメでした。当たり前ですね。

5万円還元特典は廃止!

ヨドバシのWiMAX リーフレットの2018 Vol.4から、5万円の店内商品値引の特典の記載がなくなりました。

ヨドバシカメラ WiMAX リーフレット

まだ店頭のパンフが古かったんで、店員さんに「これってどういう条件なんですか?」と聞いたら「この特典は廃止されました」と教えてくれました。

「5万円も店内商品値引を受けられるけどWiMAXの月額料金が上がる」という、メリットの薄い特典でしたから廃止されて当然だと思います。

【結論】ヨドバシのWiMAXは特典が少ないから高い!

ここまでが2019年6月時点のヨドバシカメラのWiMAX キャンペーン最新情報です。

最新端末だと特典が付かないし、旧端末でもらえる特典もモバイルルーター 10,800円・ホームルーター 16,200円で他のプロバイダーと比べると少なすぎます。しかもWiMAXと同時購入する家電製品の値引というのは、WiMAXの契約特典として魅力がないと言わざるを得ません。

特典額が今後変動するか突っ込んで聞きました。(2018年12月ヨドバシカメラ梅田)

  • 「ホームルーターはもう少し上がるかもしれない」
  • 「モバイルルーターは10,800円以上になったことはない」

このように言われました。

今後、他のプロバイダーのように3万円以上の特典がもらえるようになるとは考えにくいですね。

というわけで、ヨドバシカメラのWiMAXは高いからおすすめしません。

ヨドバシより安くWiMAXを使いたい方は契約するならGMOとくとくBBがおすすめに進んでください。

 

ここからは余談になりますが、ヨドバシの接客は素晴らしかったので感想を書かせてください。

「さすがヨドバシ」と思った接客のポイント

2018年12月ヨドバシカメラ梅田 来訪時

1.WiMAXの月額料金も税込表示

ヨドバシといえば値札の税込特価表示で、これが個人的に分かりやすくて好きです。

そしてWiMAXの月額料金も税込で教えてくれたのが新鮮でした。

WiMAX パンフレットの書き込み

わざわざリーフレットの料金表示を税込で書きこんでくれた上に、ユニバーサルサービス料の2円までキッチリ書いてくれてます。

他にもヤマダ電機・エディオンで同様の説明を受けましたが、どちらも税別料金での説明でした。

税別の方が額面が小さくなるので安く感じますが実際に払う額は税込価格なので、税込価格で説明された方が利用者には分かりやすいです。

些細なことですが「流石だな」と感じました。

2.しつこくセールスしてこない

ヨドバシの店員さんは、入れ代わり立ち代わり話しかけてくるけどしつこいセールスがなくて印象良かったです。

最初に話しかけてくれた店員さんにカウンターに案内された時は、『座ると長くなりそうだな』と思ったんですが、ひと通り料金やキャンペーンの話しを聞いて「検討します。ありがとうございました。」と言うとすんなり離してくれました。

家電量販店の店員さんに多い↓こういうことは一切言われませんでした。

  • 「今日少しお時間ないですか?」
  • 「今契約してくれたらもう少し頑張ります!」
  • 「次いつ来ていただけますか?」

条件を引き出すという意味では、ガツガツしてる店員さんの方が交渉し甲斐がありますが、正直言って私はしつこいセールスが苦手です。

3.他の商品のセールスをされない

これは当たり前なんですが、他の量販店だと「WiMAXを見に行ってるのにSoftBank Airやワイモバイル、光回線のセールスされる」というケースが多いです。

WiMAXの担当や販売員さんがいないと、他の販売員さんのターゲットになっちゃうんです。

特にお客さんが少ない平日に行くとダメです。

その点ヨドバシカメラはUQ WiMAX・UQ mobileコーナー・販売員さんがハッキリしているので、他の商品のセールスを受けることがなかったです。

ちなみにヨドバシへ行ったのは平日の昼時でした。脇道に逸れずWiMAXのことを聞きたいならヨドバシカメラがおすすめです。

契約するならGMOとくとくBBがおすすめ

2019年7月現在「最新端末(W06)を最安クラスで使えて条件が良いプロバイダー」はGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン スクリーンショット

ヨドバシカメラのWiMAXとの差は3年間で36,079円です。詳しい数字は前述の比較表を参照してください。

メインの特典は月額料金の割引で、ヨドバシのWiMAXと比べて3年間で36,000円以上安いです。

ワイヤレスゲートWiMAX GMOとくとくBB
(月額割引)
差額
利用開始月(日割り) 3,696円 2,170円 -1,526円
1~2ヶ月目
3ヶ月目以降 4,380円 3,480円 -900円
3年間合計 164,388円 128,310円 ‐36,078円

メインの特典が月額料金の割引なので、キャッシュバックのように「受け取れるのが1年後」「失敗して受け取れなかった」という心配がないのも魅力です。

ヨドバシカメラのWiMAXと同じ回線・端末・プランが3.6万円も安く使えるわけですから、こちらを選ばない理由はありません。

GMOとくとくBBの申し込み手順と注意点

ここからはGMOとくとくBBを申し込む手順と「失敗や損をしないための注意点」を解説します。

  • 手順1.エリアを確認する
  • 手順2.公式ページから申し込む
  • 手順3.端末はW06 or L02
  • 手順4.契約プランは「ギガ放題」
  • 注意点.申し込み完了ページを保存しておく
  • 注意点.契約翌月にオプションを解約する

ここを見ながら申し込めば間違いありません。ぜひ参考にしてください。

手順1.エリアを確認する

まず自分がWiMAXを使いたい場所が通信エリア内かをサービスエリアマップでチェックしましょう。

自宅や職場など頻繁に使う場所は、必ずピンポイントエリア判定も確認しましょう。①で建物種別を選んで、②で住所を入力するだけです。

ピンポイントエリア判定で「○」と判定されれば大丈夫です。

GMOとくとくBBは申し込み住所がエリア判定で「○」なのに、「通信速度が遅い」など通信品質に満足できない場合は、違約金なしで20日以内のキャンセルが可能です。

エリア判定で「○~△」「△」と判定されて使えるか判断できない場合は、Try WiMAXで実際の端末を借りてチェックしましょう。回線元 UQ WiMAXのサービスで15日間無料です。申し込み方法や注意点は以下のページで解説しています。

手順2.公式ページから申し込む

申し込みは必ず公式ページから行いましょう。

公式ページ:月額割引キャンペーン

上記以外の申込みページからだと、キャッシュバック額が少なかったり、解約違約金の条件が違う場合もありますので注意しましょう。

手順3.端末はW06 or L02

次に端末を選びます。持ち歩くタイプのモバイルルーターならSpeed Wi-Fi NEXT W06です。

GMOとくとくBB 機種選択画面

2019年7月現在 W06が最新で通信速度の速さが魅力です。同じ電波状況ならライバル機種のWX05よりW06の方が通信速度が速いです。

「WiMAXを持ち歩いて使いたい」という方はW06で間違いないです。

GMOとくとくBB 機種選択画面 L02

「WiMAXは家用のネット回線」「持ち歩く事はない」という方はホームルーターのL02です。

手順4.契約プランは「ギガ放題」

契約プランは「ギガ放題プラン」を選びましょう。

GMOとくとくBB プラン選択画面

ギガ放題プランでも端末発送月+2ヶ月間は通常プランと同じ料金で利用できるので契約時はギガ放題を選択しましょう。

最長3ヶ月思いっきり使ってみて、7GBで足りるなら通常プランに変更すればいいです。

あとは、「個人情報・支払い情報などを入力」「入力内容を確認」で申し込み完了です。

注意点.申し込み完了ページを保存しておく

申し込みが完了すると、完了ページに会員情報(ID・パスワード・メールアドレス・接続情報)が表示されます。

ここに表示されている情報で、会員ページ・WEBメールにログインすることができます。

GMOとくとくBB 申し込み完了ページ

通信量の確認・オプションの解約や毎月100ポイントもらえるGMOポイントを月々の支払いに使うなど、会員ページのBBnaviは、すぐにログインできる状態にしておくべきです。

スマホだとかなり長いページになりますが、スクショで記録して分かるようにしておきましょう。

GMOとくとくBB 会員登録証

後日、会員情報が記載された書類が郵送で届きますが、スマホに保存されていた方が見返しやすいです。

注意点.契約翌月にオプションを解約する

申し込み時に加入した以下のオプション2つ(安心サポート・Wi-Fi(公衆無線LAN))は、必要なければ端末発送月の翌月に解約しましょう。

GMOとくとくBB オプション選択画面

どちらも利用料は最大2ヶ月無料なので「端末発送月と翌月までは無料」です。

端末発送月の翌月に解約すれば料金はかかりません。オプションには1ヶ月の最低利用期間が設定されていて「端末発送月内は解約できません」ので、翌月に忘れず解約しましょう。

GMOとくとくBBの評判やキャッシュバックの受取り方などは、以下のページで詳しく解説しています。

まとめ

ヨドバシカメラのWiMAX(ワイヤレスゲートWiMAX)は、最新端末だと特典がないし、旧端末を選んでも特典額が最大16,200円と少ないです。

その特典も、WiMAXと同時購入する家電製品の価格からの値引きで、WiMAXの料金の値引きではありません。

これが、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンなら、月額料金が3年間で36,000円安いです。

接客応対やセールス方法は「さすがヨドバシだな」と感じましたが、ここまで大きな価格差ではおすすめすることはできません。

WiMAXはどの販売店で契約しても、回線はUQコミュニケーションズの通信網なので、通信品質やサービスの基本条件は同じです。特典が多い・料金が安い販売店で契約するのが鉄則です。