エディオンWiMAXのキャンペーン【実店舗調査】とおすすめしない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エディオン ロゴ

エディオンの実店舗に行って、最新のWiMAXキャンペーンの内容をチェックした上で、おすすめしない理由を解説しています。

  • エディオンのWiMAX+5G契約はどうなの?
  • エディオン独自の特典とかあるの?
  • 他社と比べて料金や条件的に良いの?悪いの?

↑こういう不安や疑問にお答えします。

当記事では、ネットには掲載されていない実店舗のキャンペーンの内容や条件を元に詳しく解説しています。公式サイトの条件だけで評価・比較してるページよりも絶対に有益です。

公式サイト:WiMAX+5G|エディオンネット

エディオンのWiMAX(KuaLnet)について

クオルネット ロゴ

エディオンで契約できるWiMAXは、エディオンネットが運営するKuaLnet(クオルネット)というサービスです。エディオングループの100満ボルトで契約できるWiMAXも同様です。

エディオン・100満ボルト ロゴ

公式ページ:家電と暮らしのエディオン100満ボルトモバイルインターネットサービスKuaLnet

WiMAXを契約できるエディオングループの店舗は、全国に400店舗以上あります。通信回線やデジタル機器に詳しくない人にとって、「店員さんの話を直接聞ける」というのはメリットです。

ここからは、私が実際にエディオンの店頭で店員さんに聞いた話をプロ目線で分析・解説します。(お店や店員さんの不利益になる可能性があるので実際の店名は伏せておきます。)

エディオン WiMAX+5G キャンペーン看板

訪問したのは2021年9月です。時期や店舗によって割引内容・条件が異なる場合があります。予めご了承ください。(再訪して最新情報に随時更新します。)

エディオンWiMAXのキャンペーン【2021年9月版】

エディオン WiMAX+5G キャンペーン看板

エディオンWiMAXは、2021年9月現在「5Gスタートキャンペーン 最大33,000円分還元」を実施しています。要点は以下の5点です。

  • 対象プランは「3年」のみ
  • 端末代の支払い方法は「36回の分割払い」
  • 還元は同時購入する家電製品の値引き
  • ホームルーター(L11)は最大額の33,000円
  • モバイルルーター(SCR01)だと還元額は22,000円になる

還元額の33,000円という数字だけ見ると、「すごいお得かも!?」と感じますが、実際には色々条件が付いています。特に「家電製品の値引き」というのが痛いです。

エディオンWiMAXをおすすめしない3つの理由

おすすめしない

エディオンWiMAXをおすすめしない理由は、以下の3点です。

  • 還元を受けるには家電製品を買わなきゃいけない
  • 3年契約なのに端末代(21,780円)がかかる
  • 3年以内に解約すると違約金+端末代がかかる

ひとつずつ詳しく解説します。

【理由1】還元を受けるには家電製品を買わなきゃいけない

エディオンWiMAXの特典は、「WiMAXの契約と同時に購入する家電製品の値引き」ですから、家電製品を買わないと特典を受け取れません。

欲しい家電を33,000円若しくは、22,000安く買えるわけですから「すごくお得」ですが、WiMAXの料金が安くなるわけではありません。

私の行った店の店員さんに聞くと、「コンセントに挿す電化製品ならなんでもいい」と言ってましたので、パソコンなどのデジタル家電だけでなく、電子レンジや掃除機など白物家電もOKです。

例えば、45,000円の「ダイソンのコードレス掃除機」をWiMAXと同時購入するとしたら、33,000円引きの12,000円で買えるわけです。

でも、WiMAXの月額料金や端末代は、100%実費負担になります。そして、少なからずWiMAXの費用以外の実費負担が発生します。

新生活を初める人や、必要な家電がある人ならいいですが、私はお得だとは思えません。
(購入した家電を新品の状態で転売できれば現金化できますが、面倒ですよね。)

【理由2】3年契約なのに端末代(21,780円)がかかる

エディオンWiMAXは「2年契約・期間条件なし」でも契約できますが、キャンペーン特典を受け取るには「3年契約」が条件です。

そして、他の3年契約のプロバイダは「端末代0円が当たり前」ですが、エディオンだと端末代21,780円を全額実費負担しなきゃいけません。

事実、ネットで申し込める3年契約の以下のプロバイダは、端末代が0円です。
(詳しい条件等はWiMAXキャンペーン 比較をご覧ください。)

  • GMOとくとくBB
  • カシモWiMAX
  • Vision WiMAX
  • Broad WiMAX など

この中で一番条件が良いのがGMOとくとくBBで、10,000円の現金キャッシュバックがついています。さらに、端末代21,780円が無料ですから、特典総額は実質31,780円になります。

エディオンWiMAXの特典は「最大33,000円」ですが、GMOとくとくBBとの差は実質1,220円です。

お得なキャンペーンを選ぶには、特典額だけでなく端末代も確認しないといけません。

【理由3】3年以内に解約すると違約金+端末代がかかる

エディオンWiMAXで特典を受け取るには「端末代の分割払い」が条件です。

金額は605円の36回払いなので、3年以内に解約すると残債を一括で払うことになります。プラス違約金が10,450円かかります。

例えば2年(24ヶ月)で解約すると、残債605円×12回+違約金10,450円=17,710円になります。

解約しなければ払うことはないですが、「3年使い続けるかわからない」方にはリスクになります。

【まとめ】WiMAXの料金が安くならないし条件が細かい

エディオンWiMAXをおすすめしない理由

還元額は高額でも家電の同時購入が必須で「WiMAXの料金が安くならない」のと、3年契約・端末代の分割払いなど「条件が細かい」からです。

今「どうしても必要な家電製品がある方」に限れば、33,000円安く買えるのでお得ですが、そうでない方はエディオンWiMAXよりおすすめのWiMAXプロバイダで紹介している2社がおすすめです。

ないワケじゃないエディオン WiMAX 3つのメリット

エディオンでWiMAXを契約するメリットはこの3つです。

  • 即日受取・即日開通
  • エディオンカード支払いで220円/月割引
  • Wi-Fiサービスが無料

それではメリットもひとつずつ詳しく解説していきます。

1.即日受取・即日開通

WiMAXをネットから申し込むと、どんなに条件が揃っていても早くて翌日です。

それがエディオンなら即日受取・即日開通が可能です。

これはエディオンをはじめ家電量販店の店頭でWiMAXを契約するメリットです。

2.エディオンカード支払いで220円/月割引

これはエディオンならではの特典で、他の家電量販店にはないメリットです。

エディオンカードでお支払いなら月々200円割引(パンフレット)

加入月の月額料金は割引き対象外なので、3年契約で220円×36回=7,920円お得にWiMAXが使えます。

ただ、最安のGMOとくとくBBとの差が約3万円ですから、約8千円差し引いても22,000円も高いです。

3.Wi-Fiサービスが無料

KuaLnet Free Wi-Fiプレミアム(パンフレット)

KuaLnet Free Wi-Fiプレミアムは、公衆無線LANサービスでWiMAX端末がなくても以下のマークの付いているWi2エリアとUQ Wi-Fiエリアでインターネットに接続できます。

UQ Wi-Fiプレミアム

(それぞれのエリアチェックはこちら UQ Wi-FiWi2 300

Wi2 300のエリアマップを開きます。ベーシックエリアのうちBBモバイルポイントのアクセスポイント(mobilepoint)のみ本サービスではご利用いただけませんのでご注意ください。

オプションエリアのアクセスポイント(Wi2premium,Wi2premium_club)については全てご利用いただけます。

出典:Free Wi-Fi プレミアム|エディオンネット

飲食店、カフェ、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、GS、駅、空港、新幹線など街のいたるところで利用できます。

IDとパスワードさえあれば、WiMAX端末がなくても使えるのが一番のメリットで、通信量・速度制限はありません。

UQ WiMAXのUQ Wi-Fi プレミアムと同じ

KuaLnet Free Wi-Fiプレミアムは、名前が違うだけでUQ WiMAXのUQ Wi-Fiプレミアムと同じサービスです。エディオンと同じようにUQ Wi-Fiプレミアムを名前を変えて提供しているプロバイダーは以下の通りです。

プロバイダー Wi-Fiサービス名
YAMADA Air Mobile WiMAX YAMADA Wi-Fiプレミアム
BIC WiMAX Wi-Fi+プラス プレミアム
DIS mobile WiMAX DiS Wi-Fi プレミアム
nojima WiMAX nojima Wi-Fiプレミアム
KT-WiMAX KT Wi-Fi プレミアム

家電量販店で集客してるプロバイダーが無料でUQ Wi-Fiプレミアムが利用できるようにしていることが分かります。

一方、インターネットをメインに集客してるプロバイダーは、公衆無線LANのオプションが無いところが多く、あっても有料オプションにしています。

プロバイダー Wi-Fiサービス名 料金
GMOとくとくBB Wi-Fi(公衆無線LAN) 398円/月
So-netモバイルWiMAX なし
BIGLOBE WiMAX BIGLOBE Wi-Fi 275円/月
@nifty WiMAX なし
hi-ho WiMAX hi-ho Wi-Fi by エコネクト 398円/月
Broad WiMAX Broad Wi-fi by エコネクト 399円/月
カシモWiMAX なし
DTI WiMAX なし

UQ Wi-Fiは新幹線の車内やコンコース、待合室で利用できるので、移動中もネットに繋いで仕事しなきゃいけない人は、このサービスが無料なのはお得です。

【結論】エディオンにもメリットはあるけど料金の高さを補えない

エディオンの3つのメリットを詳しく知っていかがでしたか?

  • 即日受取・即日開通
  • エディオンカード支払いで220円/月割引
  • Wi-Fiサービスが無料

料金面でのメリットは、エディオンカード払いの月々220円の割引と、有料だと398円/月必要なWi-Fiサービスが無料という点で、1ヶ月あたり618円、3年分で22,248円です。

即日受取・即日開通に関しても、ネットから申し込んで当日発送・最短翌日開通の販売店も多いので、「なにがなんでも今すぐ必要!」というケースじゃない限りメリットとは言えません。

というわけで、エディオンのWiMAX(KuaLnet)はおすすめできないという結論になりました。

ここからは、エディオンより安くWiMAXが使える販売店・キャンペーンを紹介します。

エディオンWiMAXよりおすすめのWiMAXプロバイダ

2021年10月現在「WiMAX+5Gを最安で使える」キャンペーンは、GMOとくとくBBです。

下表の通り実質月額で比較すると、GMOとくとくBBが4,433円で業界最安です。

条件:ギガ放題プラス(WiMAX+5G)【2021年10月時点】
順位 サービス名 キャンペーン キャッシュバック 実質月額 端末代 実質費用 備考
1位 GMOとくとくBB 月額割引 4,433 0 168,454 3年
2位 カシモWiMAX 月額割引 4,462 0 169,543 3年
3位 BIGLOBE 月額割引+CB ▲10,000 4,811 21,912 120,284 2年
4位 Vision WiMAX 月額割引+CB ▲5,000 4,831 0 183,589 3年
5位 UQ WiMAX 月額割引+CB ▲10,000 4,871 21,780 121,780 2年
実質月額とは、月額料金・端末代・事務手数料・解約金・残債など使用期間中にかかる全ての費用の合計から、キャンペーンの還元額を引いた実質費用を使用月数で割って算出した金額です。

GMOとくとくBB+5Gプランのメリット・デメリット

GMOとくとくBB 5Gプラン スクリーンショット

GMOとくとくBBの5Gプランは、実質月額が安いのが最大のメリットですが、他にも申し込む前に知っておくべきメリット・デメリットがあります。以下ご覧ください。

メリット

  • 実質月額が最安の4,433円/月
  • 端末代が0円
  • 3年契約だけど2年で解約しても安い
  • オプションモード(プラスエリアモード)が無料

デメリット

  • 契約期間が長い(3年)
  • 違約金が高い(最大20,900円)
  • 2つのオプションプランへの加入が必須

端末代0円で実質月額が安いのは魅力ですが、契約期間が長く、3年以内に解約すると違約金が高いです。ただ9月14日から料金・違約金の設定が変わり使いやすくなりました。


加入必須のオプションは、利用料が2ヶ月無料なのでサービス開始後に解約手続きすれば、課金されることはありません。

GMOとくとくBBは『2年で解約』でも意外と安い

GMOとくとくBBのWiMAX+5Gプランは、9月15日にリニューアルして違約金が安くなりました。

リニューアル前 リニューアル後
・12ヶ月以内:28,050円
・13~24ヶ月以内:21,450円
25ヶ月目以降:14,300円
・更新月以降:10,450円
・12ヶ月以内:20,900円
・13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
・更新月以降:10,450円

全体的に下がっていますが、ポイントは「25ヶ月目以降」の違約金が10,450円になるタイミングです。

この時に月額料金が550円上がるので、ここで解約すると10,450円は払わなきゃいけませんが、実質月額が4,708円で、3位のBIGLOBE WiMAXを2年使い続けるより安いです。

2年で解約しても、3年契約のメリット「端末代無料」「プラスエリアモード無料」を活用できて、1年早く見直せるのがポイントです。

10,450円の負担はありますが、「3年はちょっと長いな」「端末代を払いたくない」「プラスエリアモードも使いたい」という方におすすめの使い方です。(1年で解約すると実質月額が5,494円まで高くなるので要注意)

\WiMAX+5Gが最安/

【公式】GMOとくとくBBはこちら

 

違約金を払いたくないならBIGLOBE WiMAXがおすすめ

違約金を払いたくない方は、1年契約で違約金が安い BIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAX+5G スクリーンショット

端末代で21,912円(913円×24回)かかりますが、サービス開始翌月に受け取れる10,000円キャッシュバックと、2年間月額料金550円引きの特典で実質月額は4,811円まで安くなります。

最安のGMOとくとくBBとの差は378円です。契約期間の1年以内で解約しても、違約金は1,100円なのでほぼノーリスクです。(端末代の残債の支払いあり)

実質月額はGMOとくとくBBより少し高いですが、1年以降なら解約しても違約金の支払いはありません。解約時に高額な違約金を払いたくない方はBIGLOBEがおすすめです。

\10,000円キャッシュバック/

【公式】BIGLOBE WiMAXはこちら

まとめ

エディオンのWiMAX(KuaLnet)は、特典額が最大33,000円と高額ですが、家電製品の同時購入が条件で、他のプロバイダーなら0円の端末に21,780円もかかるので話になりません。

ここでおすすめしてるGMOとくとくBBなら、端末代無料で月額料金も安いです。BIGLOBE WiMAXなら端末代はかかりますが1年契約で10,000円のキャッシュバックが受け取れます。

即日開通やエディオンカード支払いでの割引、無料の公衆無線LANなどメリットはあるものの、デメリットを覆すほどではありませんでした。

WiMAXはどの販売店で契約しても、回線はUQコミュニケーションズの通信網なので、通信品質やサービスの基本条件は同じなので、特典が多い・料金が安い販売店で契約するのが鉄則です。