WiMAXのSIMのみ契約 全解説!3つの注意点をクリアすれば怖くない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
WiMAXのSIMのみ契約全解説

WiMAXはSIMのみで契約するメリットが沢山あります!例えば以下の3点です。

  • 残債や高額な違約金がない
  • 契約期間が短い
  • 中古端末が安い

でも「自分でもできるかな?」と不安だったりしませんか?スマホもポケットWiFiも、セット販売が当たり前ですからね。

大丈夫です。当記事で紹介している3つの注意点が分かっていれば全然難しくありません。楽勝ですよ!

この記事で分かること

  • WiMAXをSIMのみ契約して使う上での3つの注意点
  • SIMのみでWiMAXを契約できるプロバイダーと選び方
  • SIMのみ契約でWiMAXを使い始めるまでの手順

当記事を読んでもらえれば、WiMAXのSIMのみ契約の全てがわかります。不安があって契約に踏み切れない方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. WiMAXのSIMのみ契約 3つの注意点
    • 【注意点1】LTEオプションが有料になる
    • 【注意点2】バッテリーが替えられる端末を選ぶ
    • 【注意点3】SIMカードのサイズを間違えない
  2. WiMAXのSIMのみ契約 プロバイダーの選び方 おすすめ!
    • 初月無料で安いBIGLOBE WiMAX
    • WiMAX+5Gで申込むならUQ WiMAX
  3. SIMのみ契約でWiMAXを使い始める手順
    • 1.WiMAXルーターを購入する
    • 2.WiMAXをSIMのみで契約する
    • 3.ルーターにSIMカードを挿す
    • 4.電源をONにしてWiFi接続する
  4. WiMAXのSIMのみ契約3つのメリット
    • 端末が安い(5G端末は除く)
    • 端末の残債や高額な違約金がない
    • 短期でも解約しやすい
  5. WiMAXのSIMのみ契約2つのデメリット
    • 端末の保証・サポートがない
    • 新規契約特典がない
  6. まとめ
  7. 【番外編】縛りなしのポケットWiFiおすすめ2選

WiMAXのSIMのみ契約 3つの注意点

注意点 イラスト

早速ですが、WiMAXのSIMのみ契約の注意点は以下の3点です。

  • LTEオプションが有料になる
  • バッテリーが替えられる端末を選ぶ
  • SIMカードのサイズを間違えない

ひとつずつ詳しく解説します。

【注意点1】LTEオプションが有料になる

W06 通信モード設定

WiMAXには2つの通信モードがあります。WiMAXの電波だけを使うハイスピードモードと、auのスマホ回線(4G LTE)を併用するハイスピードプラスエリアモードです。

SIMのみの契約だと、ハイスピードプラスエリアモードの方が有料になって、使った月だけ月額1,105円のオプション料金がかかります。

一般的な契約の【端末セット・3年契約】の場合、ハイスピードプラスエリアモードも無料です。

WiMAXをSIMのみで契約するなら、「ハイスピードプラスエリアモードは使わない」と決めましょう。利用料が4,378円から5,483円にもなってしまいます。

逆に「LTEにも期待してる」「LTEを毎月使うと思う」という方は、SIMのみ契約だと割高になるのでおすすめしません。

ハイスピードプラスエリアモードについて詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

【注意点2】バッテリーが替えられる端末を選ぶ

WX06 バッテリー

端末を自分で購入する場合、バッテリーが替えられる端末を選びましょう。2年、3年使った端末の電池は、多かれ少なかれ劣化します。

使い方が悪いものだと、朝から夜まででも電池が持たないこともあります。

ですからモバイルルーターなら、NECプラットフォームズのWX05・WX06を選びましょう。バッテリーを自分で簡単に交換できます。(上写真はWX6です。)

↓このように、2,500円程度で交換バッテリーが手に入ります。

バッテリーではなく家庭用電源で動くホームルーターなら関係ありません。

【注意点3】SIMカードのサイズを間違えない

BIGLOBE WiMAX SIMのみ契約 カードサイズ選択画面

WiMAXのSIMカードには、nanoSIMカード・microSIMカードの2種類あります。端末によってそれぞれサイズが決まっているので間違えないようにしましょう。

nanoSIMカード microSIMカード
モバイルルーター W05・W06・WX04・WX05・WX06 W01・W02・W03・W04・WX03
ホームルーター L01s・L02・HOME 01・HOME 02 L01・novas Home+CA

microSIMカードの端末は古いから選ばない

最近のWiMAX端末は全てnanoSIMカード仕様です。microSIMカード仕様の端末は古いので選んではいけません。

古い端末は1,000~2,000円で買えますが、通信速度や操作性、動作の安定感が劣ります。

スマホで例えると、iPhone12の今、いくら安くても初代のiPhoneSEや、もっと前のiPhone5sとか買わないですよね?5sなんてハッキリ言って骨董品です。

おすすめはWX06・L02・HOME02

おすすめは上表で赤字で書いた、モバイルルーターならWX06、ホームルーターならL02・HOME 02です。おすすめする理由と、管理人によるレビュー記事はこちら↓

機種 おすすめする理由 価格 管理人のレビュー
WX06 ・一番新しいモバイルルーター(2020年1月発売)
・バッテリーが交換できる
・NECプラットフォームズ製
3,000~
4,000円
WX06 レビュー
L02 ・通信速度が速いホームルーター(2019年1月発売)
・安定感が抜群でエラーや不具合がない
・ファーウェイ製
4,000~
5,500円
L02 レビュー
HOME 02 ・一番新しいホームルーター(2020年1月発売)
・コンパクトで軽い
・NECプラットフォームズ製
3,000~
4,000円
HOME 02 レビュー

新しめなおすすめ端末でも、3,000~5,000円という安さで買えます。これ以上安さを求めて古い端末を買ってはいけません。

WiMAX SIMのみ契約の注意点【まとめ】

WiMAXのSIMのみ契約は、LTEオプションを使うと月額1,105円の追加料金がかかるので割高になります。LTEを使いたい方は【端末セット・3年契約】がおすすめです。

LTEを使うつもりがないなら、SIMのみ契約でも大丈夫です。

端末は、nanoSIMカードを使うできるだけ新しい端末から選んで、モバイルルーターならバッテリーが交換できる端末を選びましょう。3,000~5,000円で購入できます。

あとは、WiMAXのSIMのみ契約で、nanoSIMカードを選ぶだけで使い始められます。

以上がWiMAX SIMのみ契約の注意点です。全然難しくないのでチャレンジしてください。

WiMAXのSIMのみ契約 プロバイダーの選び方

現在、WiMAXをSIMのみで契約できるのは、UQ WiMAXBIGLOBE WiMAXの2社です。

選び方は「WiMAX2+ならBIGLOBE WiMAX」で「WiMAX+5GならUQ WiMAX」で間違いありません。

WiMAX+5Gは「SIMのみで契約するメリットがない」

WiMAX+5GはSIMのみで契約するメリットはないので注意してください。

+5Gプランは、2021年4月に始まったばかりで、対応端末(Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01)を自分で買うと25,000~30,000円します。(下画像はメルカリの検索結果のスクショです。)

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi メルカリの価格

これが、UQ WiMAXで端末セットで買えば、端末代が21,780円で5,000円のキャッシュバックがもらえます。ですから、5GならSIMのみで契約するメリットはありません。

公式ページ:UQ WiMAX

WiMAX2+なら「1年契約で初月無料のBIGLOBE WiMAX」

WiMAX2+なら少し条件が良いBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

下の条件の比較表をご覧ください。BIGLOBE WiMAXは、1年契約でサービス開始月の月額料金が0円になりますので、UQ WiMAXより少し実質料金が安いです。

BIGLOBE WiMAX UQ WiMAX
契約年数 1年 2年(自動更新あり) 2年(自動更新なし) 期間条件なし
月額料金 4,378円 4,268円 4,268円 4,455円
キャンペーン サービス開始月0円 なし
違約金 ~12ヶ月目:1,100円
13ヶ月目~:なし
更新期間以外:1,100円 ~2年:1,100円
3年目~:なし
なし

デメリットに詳しく書いていますが、SIMのみ契約には高額な新規契約特典がありません。ですから、UQとBIGLOBEに大きな差はありません。

小さな差ですが、BIGLOBEの方が契約年数が短いので「違約金なしで解約できるようになるのが早い」ですし、サービス開始月の利用料が0円なので「最大4,378円お得」になります。

\地味~に条件が良い♪/

【公式】BIGLOBE WiMAXはこちら

SIMのみ契約でWiMAXを使い始める手順

ここでは、SIMのみ契約でWiMAXを使い始めるまでの手順を、具体的に解説しています。

  1. WiMAXルーターを購入する
  2. WiMAXをSIMのみで契約する
  3. ルーターにSIMカードを挿す
  4. 電源をONにしてWiFi接続する

それでは、ひとつずつ詳しく解説します。

1.WiMAXルーターを購入する

WiMAXルーターは、ヤフオクやメルカリで購入できます。価格3,000~5,000円程度です。

機種は、おすすめはWX06・L02・HOME02で紹介した3機種がおすすめです。WiMAXのSIMカードは、WiMAXの専用端末以外では使えないので注意しましょう。

オークションやフリマサイトで検索する場合は、必ずWiMAXを入れましょう。そして、落札・購入前に、以下のUQ WiMAXの端末一覧ページに掲載されている端末かどうかを確認しましょう。

製品(WiMAX 2+ルーター)│UQ WiMAX(ルーター)【公式】

WiMAXの中古端末は、出品数も多いし、安い値段で選り取り見取りです。ですから、値段にこだわらず「美品」や「新品同様」のものを選びましょう。

2.WiMAXをSIMのみで契約する

購入した端末に合ったSIMカードのサイズで、WiMAXをSIMのみで契約します。サイズはSIMカードのサイズを間違えないの適合表を確認してください。

契約先は、1年契約できて初月利用料が無料のBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAX 選択画面

申込みページでは、必ずSIMのみを選択してください。SIMのみを選択すると、SIM(UIM)カードのサイズ選択メニューが現れます。SIMカードのサイズを選択して、先へ進んでください。

申込みにかかる時間は3~5分程度です。

BIGLOBE WiMAXの申込みページにあるキャッシュバックなどのキャンペーン特典は、端末セットでの契約が条件です。受け取れないのでスルーしましょう。

3.ルーターにSIMカードを挿す

申込みから数日でSIMカードが届きます。下写真はnanoSIMカードです。

WiMAXのSIMカード(nano)

右下の小さなICカードを取り外して、ルーターに挿します。

WX06のSIMカード 挿入方法

モバイルルーターのWX06の場合、背面カバー内のバッテリーを外したところにSIMカードスロットがあります。

WX06 SIMカードの挿入

スロットにSIMカードを挿して、倒してロックします。

L02・HOME 02のSIMカード 挿入方法

ホームルーターのL02・HOME 02は、それぞれ底面と背面にSIMカード差込口があります。

SIMカードの差し込み向きが分かる写真

上写真が底面にあるL02、下写真が背面にあるHOME02です。

HOME02にSIMカードを入れる

向きを間違えないように奥まで差し込んで、カバーを閉めます。

4.電源をONにしてWiFi接続する

ルーターの電源をONにして数分待つと、WiMAXの電波をキャッチしてWi-Fiが使えるようになります。

使えるようになったら、スマホやパソコンのWi-Fi設定で、該当するSSIDを選びパスワードを入力すれば完了です。

SSID・パスワードの確認方法

モバイルルーターのWX06は、HOMEメニューから右にスライドして、情報 ⇒ Wi-Fi情報 で下写真の画面になり、SSIDとパスワードが確認できます。

WX06 Wi-Fi情報

ホームルーター(L02・HOME02)は底面のシールに書いてあります。

L02・HOME02の底面

これでWiMAXが使えるようになります。手続き・設定 どちらも難しいことはありません。WiMAXの電波状況が悪い場合は、ルーターを窓際に置きましょう。

WiMAXのSIMのみ契約3つのメリット

メリット イラスト

【メリット1】端末が安い(5G端末は除く)

SIMのみ契約で使うWiMAXの中古端末は安いです。ヤフオクやメルカリで3,000~5,000円で購入できます。

端末セットで契約すると端末代で、UQ WiMAX・家電量販店だと16,500円、BIGLOBE WiMAXだと21,120円(880円×24回)もします。

「新品じゃなきゃ嫌」というこだわりがなければ、WiMAXの中古端末はコストパフォーマンスが良いです。

【メリット2】端末の残債や高額な違約金がない

SIMのみだと中古端末を自分で買うので、端末セットに付きものの解約時の残債や高額な違約金がありません。

残債が発生するのは、「端末代を分割で支払う」BIGLOBE WiMAXと家電量販店での契約です。

  • BIGLOBE WiMAX:880円×24回
  • 家電量販店:550円×30回

分割支払い中に解約すると、解約時に残債を一括で払わなきゃいけません。13ヶ月で解約したら、BIGLOBEの場合 9,680円、家電量販店の場合 9,350円です。

高額な違約金が発生するのは、GMOとくとくBB・Broad WiMAX・カシモWiMAXなどの「端末代0円で契約できる」プロバイダーでの契約です。違約金は以下の設定です。

  • 1~12ヶ月目:20,900円
  • 13~24ヶ月目:15,400円
  • 25ヶ月目~:10,450円

違約金が高いプロバイダーは、端末代を0円にする代わりに、長期契約を促してる格好です。SIMのみだと自分で端末を買うので、違約金や残債に縛られません。

【メリット3】短期でも解約しやすい

SIMのみ契約で、当記事でおすすめしているBIGLOBE WiMAXは、1年契約で1年以内の解約でも違約金はたった1,100円です。

2年目以降は、負担なしで解約できるし、1年以内でも1,100円の負担なら気にならないでしょう。

これが端末セットの契約だと、端末0円のプロバイダーは3年契約で、前項で紹介したように最大20,900円の違約金が発生しますので、負担が大きすぎて解約しにくいです。

WiMAXのSIMのみ契約2つのデメリット

デメリット イラスト

【デメリット1】端末の保証・サポートがない

SIMのみ契約の場合、中古の端末を購入するので端末の保証やサポートがありません。

端末セットの契約だと、標準で1年のメーカー保証が付きますし、月額330~550円程度で追加の保証オプションが付けられます。

また、端末の設定などのプロバイダーのサポートも、基本的には受けられません。

ただ、WiMAXは中古端末は安いので、万が一故障したら買い換えられるし、Wi-Fiルーターは基本的に電源をONにするだけで難しい操作はありません。

【デメリット2】新規契約特典がない

SIMのみ契約の場合、新規契約特典がありません。

端末セットだと、以下のように3万円以上の特典が受け取れます。

  • GMOとくとくBB(キャッシュバック):最大33,200円キャッシュバック+端末0円
  • GMOとくとくBB(月額割引):月額料金が合計25,580円引き+端末0円
  • BIGLOBE WiMAX:17,000円キャッシュバック
  • カシモWiMAX:月額料金が合計13,739円引き(UQ WiMAX比)+端末0円

ただ、端末0円のプロバイダーは3年契約で「高額な違約金」があるし、BIGLOBE WiMAXは端末代が24回払いなので、途中で解約すると「残債」が発生します。

まとめ

当記事では、WiMAXのSIMのみ契約について詳しく解説してきました。まとめると

  • LTEオプション使うと1,105円/月かかるから、LTEを使う人にはおすすめしない
  • おすすめ端末はW06・L02・HOME02で、中古が3,000~5,000円で買える
  • 申込みの時、SIMカードのサイズを間違えない
  • SIMのみ契約なら1年契約・初月無料のBIGLOBE WiMAXがおすすめ

端末は安いし、初期設定も簡単なので、どんな人にもおすすめできます。

SIMのみ契約 最大のメリットは、高額な違約金や残債がないところなので、「長期契約したくない人」におすすめです。必要なくなった時に気軽に解約できます。

【番外編】縛りなしのポケットWiFiおすすめ2選

WiMAXではないですが、契約期間の縛りがないポケットWiFiもあります。「長期契約したくない人」の選択肢のひとつなると思うので、番外編として紹介します。

100GB 3,718円で契約期間の縛りなし【クラウドWiFi】

クラウドWiFi スクリーンショット

クラウドWiFiは、SIMカードをクラウド上で管理する「クラウドSIM型端末」を使うサービスで、ソフトバンク回線をメインに使います。

通信量は1ヶ月100GBで、月額料金は3,718円、端末のレンタル料は無料です。

最低レンタル期間が1ヶ月なので、月初めから使えば最短1ヶ月で解約できます。(月途中からだと最短で翌月末)

私も実際に使いましたが、通信速度は下り35Mbps以上、上り15Mbps以上 安定して出ていました。速くはないですが、必要十分なスピードでした。

ソフトバンクのLTE回線をメインに使うので、エリアが広くて安心です。

\月100GB 3,718円で縛りなし/

【公式】クラウドWiFiはこちら