【レビュー】WiMAXのホームルーターHOME02を実際に使った感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
WiMAX HOME 02買って試した私の感想&レビュー

WiMAXのホームルーターWiMAX HOME02が気になっている人の、

  • WiMAX HOME02って性能良いのかな?
  • 実際に使った人の感想が知りたい
  • モバイルルーターよりホームルーターがいいのかな?

こういう疑問や要望にズバリお答えします。

この記事で分かること

  • WiMAX HOME02を実際に買って使った人の感想・レビュー
  • 先代のWiMAX HOME01からの変更点
  • ホームルーターを選ぶメリット・モバイルルーターとの違い

いきなり結論から書きますが、これから家でWiMAXを使うなら「HOME02はおすすめしない」です。WiMAX+5Gのホームルーター L11の方が性能も条件も良いです。

具体的には、WiMAX+5Gは標準モードで使える電波が増えて、速度制限の条件もゆるくなっています。そしてL11は、Wi-Fi6対応で最大通信速度は2.7Gbpsです。HOME02より何もかも勝っています。

実際に筆者が使った感想は、Speed Wi-Fi HOME 5G L11 レビューをご覧ください。

目次

  1. WiMAX HOME02を使って分かった4つの感想
  2. WX06よりホームルーターのHOME02をおすすめする3つの理由
  3. 【まとめ】家でWiMAXを使うならWiMAX+5GのL11がおすすめ
  4. L11を契約するならBIGLOBE WiMAXがおすすめ

WiMAX HOME02を使って分かった4つの感想

WiMAX HOME02

早速ですが、WiMAXのホームルーターHOME02を実際に使った感想を紹介します。箇条書きにすると以下の4つです。

  • 本体がビックリするほど小さい
  • 接続が途切れることはなくなった
  • 初期設定・操作が簡単
  • 日本ブランドらしい細かい機能がある

それでは、ひとつずつ詳しく紹介します。

【感想1】本体がビックリするほど小さい

HOME02とL02のサイズ比較

HOME02はホームルーターと思えないほど小さいです。届いた時に箱の小ささに「えっ?こんなに小さいの?」と驚きましたwww

上の写真はライバル機種 L02とHOME02を両方手に持った写真です。遠近法のマジックじゃなくて本当に小さいです。

前機種のHOME01も小さかったですが、さらに2周り以上小さくなりました。

実際の寸法の違いが↓こちら。L02より幅が約4cm、高さが6cm小さいです。

寸法(幅×高さ×奥行)
HOME02 50 × 118 × 100 mm
HOME01 70 × 155 × 100 mm
L02 93 × 180 × 93 mm

実物を見ると数値以上に小さく感じます。

HOME02とL02のサイズ比較

デザインもシンプルだし、置き場を選ばないコンパクトなホームルーターです。

【感想2】接続が途切れることはなくなった

これは前機種のHOME01との比較なんですが、ネットを使っていて途中で途切れることはなくなりました。ただ、通信速度が安定しないことがたまにあります。

下写真は2020年2月10日朝8時頃にスピードテストした結果です。左が1回目、右が10分後です。

HOME02の通信速度が安定しないことが分かる画像

  • 1回目:下り5.34Mbps・上り0.37Mbps・Ping92ms
  • 2回目:下り19.3Mbps・上り0.52Mbps・Ping90ms

仕事していて「なんか遅いな」と思ってスピードテストしたら、案の定という結果でした。

こうやって遅くなるのは、1日中ネットを使っていて「1回あるかないか」で、頻度は多くありません。

前機種のHOME01は、遅くなるだけでなく完全に途切れることがあったし、遅くなる頻度も多かったので、HOME02で性能が良くなっているのは感じます。

【感想3】初期設定・操作が簡単

これはHOME02に限ったことじゃなくて、WiMAXのルーター全般に言えることですが「初期設定・操作が簡単」です。

HOME02を使い始めるのに必要な作業は、SIMカードを挿入する(下写真)だけです。

HOME02にSIMカードを入れる

あとは、ACアダプターを本体に接続してコンセントに挿すだけ完了です。

1分くらいすると、スマホやパソコンのWi-Fi設定にHOME02のSSIDが現れるので、選択してパスワードを入力すればWi-Fiが使えるようになります。

HOME02のSSIDはWXHM_N32_で始まるIDです。
(初期設定の状態ではバンドステアリングがONになっているのでSSIDは1つです。)

HOME02のSSID

パスワード(暗号化キー)は、本体裏に貼ってあるシールか、同封されているWi-Fi設定シート(下写真)を見れば分かります。

HOME02 Wi-Fi設定シート

パスワードを手動入力する接続の他に、アプリやQRコードを使った接続もできます。ひと通り試しましたが、結局は一番シンプルな手動接続に落ち着きます。

スマホアプリ「NEC WiMAX2+ TOOL」は必須

HOME02には本体に液晶ディスプレイがないので、パソコン・スマホアプリから操作・設定します。

パソコンだと、ブラウザのアドレスバーに http://192.168.179.1/ を入力して表示させると、クイック設定WEB(下写真)というページが開きますので、このページから設定します。

HOME02 クイック設定WEB

スマホはNEC WiMAX2+ TOOLというアプリから設定します。

NEC WiMAX 2+ Tool

NEC WiMAX 2+ Tool

NEC PLATFORMS, LTD無料posted withアプリーチ

設置場所のリアルタイムな電波状況が分かる電波インジケータ―(下写真)はスマホアプリしか使えないので、HOME02を使う方は必ずスマホアプリを使いましょう。

HOME02 電波インジケータ― スクリーンショット

スマホで電波インジケータ―を見ながら、電波状況が良い置き場所を探しましょう。

【感想4】日本ブランドらしい細かい機能がある

HOME02はNECプラットフォームズ製なので、日本ブランドらしい機能がいくつかあります。

1.バンドステアリング

バンドステアリングは、Wi-Fiの周波数を周りの状況に合わせて自動で最適な周波数に変更してくれる機能です。(【クイック設定WEB】Wi-Fi設定 ⇒ Wi-Fi周波数設定で変更できる。)

HOME02 バンドステアリング設定画面

Wi-Fiの周波数は2.4GHzと5GHzの2種類あって、それぞれ特性が違います。

2.4GHzは障害物に強くて遠くまで届くんですが、他の家電製品でも使われる電波なので電波干渉し易くて、5GHzより通信速度が遅いです。

5GHzは通信速度はが速く電波干渉しにくいですが、障害物に弱く遠くまで届きにくいです。

この2つを自動で切り替えてくれるのが、バンドステアリング機能です。

ホームルーターのHOME02は据え置きタイプですから、持ち歩くモバイルルーターよりもルーターから離れるケースが多いです。

ですから、バンドステアリング機能でルーターの近くにいる時は5GHz、離れた時は2.4GHzというように自動で切り替えてくれるのは嬉しい機能です。

2.見えて安心ネット

見えて安心ネットは、HOME02に接続しているWi-Fi機器をチェックして、接続を拒否したりスケジュールを設定できる機能です。

見えて安心ネット

普通のルーターは、接続されている機器の数や詳細は分かりませんが、HOME02は台数だけでなく機器の名前とIPアドレスも分かります。

そして、自分や家族が使っていない端末が接続していたら拒否することができます。

見えて安心ネットには付加機能で、こども安心ネットタイマーという機能が付いていて、端末ごとに接続できるスケジュールを30分間隔で設定できます。

こども安心ネットタイマー

細かいことに、曜日ごとにスケジュールを設定できます。このスケジュール表を見た時「ここまでしなきゃいかんのか」と苦笑してしまいました。

便利かもしれませんが、機械ですから1、2分はもちろん、1秒の猶予もありませんから、「ゲームの大事なところで」「LINEの通話中に」Wi-Fiが切れるということも大いにあり得ます。

日本メーカーらしい機能ですね。

3.Alexa連携

3つ目が「Alexa連携」です。Alexa搭載のスマートスピーカーと連携させることで、ルーターの状態の確認や設定変更が声でできるようになります。

(私はスマートスピーカーを持っていないのでテストできません。)

これもあれば便利なのかもしれませんが、ぶっちゃけ私は必要ないと思います。

というのも、ホームルーターを使っていれば分かりますが、使い始めて2週間もすると通信量のチェックや設定の確認・変更など一切しなくなります。色々気になるのは「最初だけ」ってことです。

ホームルーターは据置きで電波状況が一定ですから、LTEを使うハイスピードプラスエリアモードに変更することも少ないです。

このためにスマートスピーカーを買うほどでもないですが、今スマートスピーカーを持ってる方には便利な機能だと思います。

WX06よりホームルーターのHOME02をおすすめする3つの理由

WX06とHOME02

家でWiMAXを使うなら、モバイルルーターのWX06よりもホームルーターのHOME02が断然おすすめです。理由は以下の3点です。

  • アンテナ感度が良く、Wi-Fiが遠くまで飛ぶ
  • 充電やバッテリーの劣化を気にしなくていい
  • 同時接続台数が多い

それでは一つずつ詳しく解説します。

【理由1】アンテナ感度が良く、Wi-Fiが遠くまで飛ぶ

ホームルーターはモバイルルーターよりアンテナの感度が良く、Wi-Fiが遠くまで飛びます。

モバイルルーターは、持ち歩くためにコンパクトさを追求し、電源はバッテリー駆動です。その点ホームルーターは、持ち歩かないので大きさの制約がないし、AC電源で駆動します。

これで同じアンテナ感度・Wi-Fiパワーなら、ホームルーターを選ぶメリットはありません。

私はWiMAXのエリア判定で「△」の場所で使っているのでよくわかります。モバイルルーターでは圏外の場所でも、ホームルーターなら電波をキャッチして使えます。

WiMAXを家で使う場合、ルーターの置き場所は「電波の飛んでくる方角の窓際」がベストです。家の中心には置けないので、ルーターから離れてWi-Fiを使うこともあるはずです。

この時Wi-Fiのパワーが弱いと、Wi-Fiを認識しない(Wi-Fiが使えない)ことになってしまいます。

ですから、家用のネット回線としてWiMAXを使うなら、モバイルルータのWX06よりもホームルーターのHOME02が断然おすすめです。

【理由2】充電やバッテリーの劣化を気にしなくていい

ホームルーターは家庭用電源で動きますので、充電やバッテリーの劣化を気にする必要がありません。

電源のON・OFFも有りませんから、プラグをコンセントに挿したらそれでOKです。

モバイルルーターも充電器に繋ぎっぱなしならバッテリーが切れることはありませんが、充電器に繋ぎっぱなしはバッテリーの劣化を早めます。バッテリーが膨張したり熱を持つことも考えられます。

ですから、基本的に家で使うのであればホームルーターを選ぶべきです。

もし先々、WiMAXを持ち歩く必要が出てきたら、中古でモバイルルーターを買ってSIMカードを差し替えれば、WiMAXを持ち歩くことができます。

「基本家用だけど、もしかして持ち歩くかも」でモバイルルーターを選ぶのは得策では有りません。

【理由3】同時接続台数が多い

3つめの理由は、同時接続台数の多さです。ホームルーターのHOME02は20台同時接続できます。

最大同時接続台数
ホームルーター HOME02 モバイルルーター WX06
20台 16台

ただ、モバイルルーターのWX06でも16台同時接続できるので十分かもしれませんwww

 

【まとめ】家でWiMAXを使うならWiMAX+5GのL11がおすすめ

ここまでHOME02の詳しいレビューを書いてきましたが、2021年10月現在 HOME02はおすすめのホームルーターではありません

今はWiMAX+5GのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11(下写真 右)の方がおすすめです。

L11とHOME02 サイズ比較

WiMAX+5Gは2021年4月にスタートした新しいWiMAXサービスで、HOME02のWiMAX2+と条件が大きく違います。主に以下の4点です。

  • 5Gが使えて最大通信速度が劇的に速くなった
  • 標準モードで使える電波が増えた
  • 3日間で使える通信量が1.5倍になった
  • オプションモードの通信量・制限条件が緩和された

これにより、WiMAX2+よりかなり使いやすくなっているので、今さらWiMAX2+を契約してはいけません。(詳しくはWiMAX+5G WiMAX2+との違いをご覧ください。)

そしてWiMAX+5GのホームルーターがSpeed Wi-Fi HOME 5G L11です。私も実際に使っていますが、安定していてたっぷり使えます。

L11を契約するならBIGLOBE WiMAXがおすすめ

2021年10月現在、WiMAX+5GのホームルーターL11を契約するならBIGLOBE WiMAXがおすすめです。理由は以下の3点です。

  • 1年契約で長期契約のリスク(高額な違約金)がない
  • サービス開始翌月に10,000円のキャッシュバックが受け取れる
  • 2年間 月額料金 500円引き

端末代で21,912円(913円×24回)かかりますが、キャッシュバックと月額料金割引のお陰で実質月額は4,811円です。この額は最安のGMOとくとくBBより378円高いだけです。

「3年使い続ける」と断言出来る方はGMOとくとくBBの方が安いですが、3年以内の解約だと違約金で最大20,900円も請求されるので要注意です。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン

BIGLOBE WiMAX+5G スクリーンショット

条件:ギガ放題プラス【2021年10月時点】
初期費用 3,300円 端末代 21,9120円(913円×24回)
月額料金 ・0ヶ月目:0円
・1~24ヶ月目:4,378円
キャンペーン 月額料金割引
10,000円キャッシュバック
契約期間 1年 解約違約金 ・1,100円

BIGLOBEは1年契約できるのが特徴のプロバイダで、端末セットの契約で10,000円キャッシュバックというキャンペーンを行っています。キャッシュバックはサービス開始翌月に受け取れます。

\L11を契約するならココ/

【公式】BIGLOBE WiMAXはこちら