【スグ読める】OCNモバイルONEの評判・注意点・デメリットなどシンプル解説

【スグ読める】OCNモバイルONEの評判・注意点・デメリットなどシンプル解説

格安SIMのOCNモバイルONEが気になっている人の、

  • OCNモバイルONEって何がいいの?
  • 自分はOCNを選んで大丈夫かな…。
  • 格安SIM選びで失敗したくないな…。

こういう疑問や不安にお答えします。

この記事で分かること

  • OCNモバイルONEのプラン・対応機種・キャンペーンの要点
  • おすすめできる人と、OCNモバイルONEに乗り換えてはいけない人
  • OCNモバイルONEを使っている人の評判と、メリット・デメリット

OCNモバイルONEは格安SIMの中でも人気のサービスです。当記事では、どんな人・使い方をする人に向いているのかを、シンプルに解説しています。ご一読いただければ、デメリットも分かるので、申し込む前に少しお付き合いください。

目次

  1. OCNモバイルONEをおすすめする人・契約してはダメな人
  2. OCNモバイルONEとは
    • ドコモのエコノミーMVNO
    • 新コース・新コース以外の違い
  3. OCNモバイルONEのプラン・対応機種・手数料
    • 料金プラン
    • 対応機種
    • 手数料・違約金
  4. OCNモバイルONEのキャンペーン
    • 人気のスマホSALL【2022年8月19日 11時まで】
  5. OCNモバイルONEの評判
    • 通信速度の評判
    • 料金・プランの評判
    • バッテリー消費に関する口コミ
  6. OCNモバイルONEのメリット・デメリット
    • メリット1.500MB/月プランが安い
    • メリット2.音声通話オプションの種類が豊富
    • メリット3.スマホセットが安い
    • デメリット1.節約モード(高速通信オフ)が使い放題じゃない
    • デメリット2.「新コース以外」は割高
  7. まとめ

OCNモバイルONEをおすすめする人・契約してはダメな人

結論

OCNモバイルONEは「スマホを安く欲しい人」「通話料を節約したい人」におすすめです。定期的に開催されるスマホセールの安さは凄いです。

機種によりますが、4万円クラスのスマホが1万円台で買えます。MNPで乗り換えると更に安くなる機種もあるので、今スマホが欲しい人は要チェックです。

今他のサービスで通話料で1,430円以上払ってる方は、OCNモバイルONEなら「完全かけ放題」を1,430円で使えるので、節約になります。

OCNモバイルONEを契約してはダメな人

逆にOCNモバイルONEを契約してはダメな人は、通信量が月10GB以上の人です。

OCNモバイルONEは、月10GBまでのプランしかありませんし、1ヶ月の通信量以上に使えるようになるオプションもありません。

節約モード(高速通信オフ)の通信速度は200kbpsで遅いし、月の通信量の1/2使うとさらに遅くなりますので、節約モードを活用することもできません。

ですから、「通信量が月10GB以上の人」はOCNモバイルONEを契約してはいけません。

mineoのパケット放題プラス・nuroモバイルのGigaプラス・BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション など

10GB以上の人におすすめの格安SIM

低速が使い放題になる「パケット放題プラス」が無料で使えるmineoの10GBプランか、20GBプランでも「Gigaプラス」で実質25GB使えるNUROモバイルのNEOプランがおすすめです。

OCNモバイルONEとは

OCNモバイルONE ロゴ

OCNモバイルONEは、その名の通りプロバイダーの老舗「OCN」と同じNTTコミュニケーションズ株式会社が運営する格安SIMサービスです。

ICT総研による「2021年 MVNO格安SIMの利用者動向調査」では、個人向け携帯電話利用者シェアのMVNO内訳で楽天モバイル・mineoに次ぐ3位でした。

使用できる回線はドコモのみで、料金設定が他社と比べて安いわけではないし、機能も地味ですが、OCNの知名度・実績もあり多くの人に選ばれています。

2021年 MVNO格安SIMの利用者動向調査|ICT総研

ドコモのエコノミーMVNO

ドコモ エコノミーMVNO

OCNモバイルONEは2021年10月から、ドコモの料金プランの一角で小容量プランを担うエコノミーMVNOとして、NTTドコモと連携しています。

これにより、OCNモバイルONEがドコモショップで契約できるようになりました。「実店舗で契約したい」という方は、最寄りのドコモショップへ行ってみてください。

契約・初期設定のみで、他の手続き・サポートはなし

ドコモショップで対応してくれるのは、契約手続きと開通に伴う初期設定のサポートだけです。

その他の、プラン変更・解約・端末修理などは、ドコモショップでは一切対応してくれません。OCNモバイルONEのアプリやマイページから行うことになります。

「ドコモショップで契約できるだけ」で、なんでもサポートしてくれるわけではありません。

OCNモバイルONEのスマホは購入できない

OCNモバイルONEは「端末セットの安さ」が魅力ですが、OCNモバイルONEの端末はドコモショップでは買えませんので、注意してください。

OCNモバイルONEの端末を購入したい方は、OCNモバイルONE公式サイトから購入しましょう。

逆に、ドコモで販売しているスマホをドコモショップで購入して、OCNモバイルONEを契約することは可能です。

新コース・新コース以外の違い

OCNモバイルONEには、「新コース」と「新コース以外」の2つのプラン設定があり、新コースの方が安いです。

料金の他に下表の通り5点の違いがあります。(料金の違いは料金プランをご覧ください)

新コース 新コース以外
スマホセット 購入できる 購入できない
容量追加オプション 550円/1GB 550円/0.5GB
最低利用期間 なし 6ヶ月
(音声SIMカードのみ)
違約金 なし 1,100円
(音声SIMカードを最低利用期間内に解約した場合のみ)
節約モードの通信量 月間通信量の1/2 制限なし

「新コース以外」は、「節約モードの制限がない」のがメリットですが、「スマホセットが買えない」「追加容量が高い」「最低利用期間がある」「違約金がある」とデメリットが多すぎます。

ですから、現在OCNモバイルONEは「新コース」での契約が基本になります。

OCNモバイルONEのプラン・対応機種・手数料

料金 イラスト

料金プラン

音声通話SIMの場合
新コース 新コース以外
500MB/月 550円
110MB/日 990円
170MB/日 1,518円
1GB/月 770円
3GB/月 990円 1,210円
6GB/月 1,320円 1,595円
10GB/月 1,760円 2,530円
通信量超過後の速度 200kbps
(新コースはプラン通信量の1/2を使用すると更に速度制限される)
通話料 11円/30秒
(OCNでんわ対象外の通話は22円/30秒)
通話オプション ・10分かけ放題:935円
・トップ3かけ放題:935円
・完全かけ放題:1,430円

ドコモ回線のみ

OCNモバイルONEは、ドコモ回線のみの格安SIMです。

マイネオIIJmioNUROモバイルなど、複数キャリアから回線を選べる格安SIMが多い中、「ドコモ回線のみ」は珍しい存在です。

ですから、「au・ソフトバンクが強いエリア」でスマホを使っている人は選んではいけません。

通信量は10GBまで

OCNモバイルONEの料金プランは、1ヶ月 10GBが最大です。

通信量超過後や、節約モード(高速通信OFF)の通信速度が200kbpsで何もできない遅さなので、OCNモバイルONEは月々の通信量を使うだけと考えてください。

mineoの「パケット放題プラス」や、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」だと、少額の追加料金で、そこそこ使える低速通信や、サービスを限定した通信が使い放題になります。ですから、月々の通信量以上に使うことができます。

OCNモバイルONEには、↑こういうオプションがありませんので、使えるのは月々の通信量だけです。

5Gは非対応

OCNモバイルONEは、5G通信非対応です。

格安SIMで5G通信をしたい方は、mineo・IIJmio・NUROモバイルを選びましょう。無料で5Gオプションが利用できます。

または、サブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)・格安プラン(ahamo・povo・LINEMO)を選びましょう。

対応機種

OCNモバイルONEの対応機種は、「SIMフリースマホ」「SIMロック解除されたスマホ」「ドコモで販売されたSIMロック解除されていないスマホ」です。

ドコモ回線のみを扱う格安SIMなので、ドコモのSIMロックがかかっていても使えます。

ただ、「データ通信のみ」のSIMカードを使う場合は、ドコモで販売されたスマホでもSIMロック解除が必要です。注意してください。

OCNモバイルONEの動作確認端末ページ スクリーンショット

申し込む前に、最終確認で公式ページの動作確認済み端末一覧ページ(上写真)で確認しましょう。

SIMカードとセットで購入できる端末

OCNモバイルONEでは、SIMカードとセットで端末を購入できます。下表が2022年11月4日時点のラインナップと価格です。

条件:他社からの乗り換え(MNP)の場合
iPhone Android
iPhoneSE3 64GB 48,950円 moto g52j 5G 22,200円
iPhoneSE3 128GB 51,810円 Motorola edge30 pro 72,200円
iPhoneSE3 256GB 75,570円 Redmi Note 11 Pro 5G 27,200円
iPhone13 128GB 109,450円 Redmi Note 10T 17,200円
iPhone13 mini 128GB 90,090円 Redmi Note 11 7,200円
iPhone12 256GB 104,610円 AQUOS wish 13,800円
iPhone12 128GB 82,170円 OPPO A55s 5G 7,205円
iPhone12 64GB 85,008円 AQUOS sense6 4GB 23,600円
iPhone12 mini 256GB 87,428円 AQUOS sense6 6GB 27,700円
iPhone12 mini 128GB 72,908円 Xiaomi 11T Pro 8GB/128GB 41,840円
iPhone12 mini 64GB 90,090円 AQUOS R6 105,710円
iPhoneSE2 128GB 44,220円 moto g50 5G 4,180円
iPhoneSE2 64GB 43,263円 Mi 11Lite 5G+Xiaomi Pad 5 52,553円
Android Mi 11Lite 5G 19,740円
OPPO A77 7,199円 OPPO Reno5 A 13,860円
moto g32 7,205円 AQUOS sense5G 20,555円
Nothing Phone(1) 54,939円 AQUOS sense4 plus 23,749円
OPPO Reno7 A 27,200円 AQUOS sense4 12,314円
Xperia 10 IV 41,569円 OPPO A73 5,593円

赤字の3機種は、現在価格.comの人気スマホランキング TOP20にランクインしているスマホです。どれもコスパに優れた最新機種でおすすめです。

OCNモバイルONEは端末セットの安さが魅力です。特に他社からの乗り換え(MNP)と同時にスマホを購入すると、上表の価格で非常に安いです。

今、新しいスマホが欲しい人は、同じくスマホセットが安いIIJmioと価格を比較して、安い方で購入しましょう。

 

手数料・違約金

OCNモバイルONEは、契約時に手数料がかかります。

契約時の初期費用は、契約事務手数料 3,300円と、SIMカード発行料 433円の合計3,733円です。

「新コース」には最低利用期間がありませんので、いつ解約しても違約金はかかりません。

「新コース以外」の音声通話SIMは、6ヶ月の最低利用期間があり、期間中に解約すると1,000円の解約金が発生します。

乗り換え(MNP転出)の際は、どちらのコースも手数料はかかりません。

OCNモバイルONEのキャンペーン

キャンペーン イラスト

OCNモバイルONEは、現在目立ったキャンペーンは実施していません。

適用される人が限られるキャンペーンが以下の4つです。詳しくはキャンペーン一覧をご覧ください。

  • マルシェルでのお買い物で最大1GB/月プレゼント
  • goo blog 報酬は最大30,000dポイント
  • 60歳からの特典(最大12ヶ月間0.5GB増量)
  • 買い替え応援プログラム

OCNモバイルONEの評判

評判 イラスト

通信速度の評判

通信速度に関しては「昼の通信速度が遅い」「帯域増強したようだ」「田舎は速いみたい」「制限速度が遅い」という口コミがありました。

他の格安SIMと比べると、通信速度に関する口コミが賛否どちらも少ない印象です。

料金・プランの評判

料金・プランに関しては、「端末が安かった」「間違って旧コースに申し込んでしまった」という口コミがありました。

確かに、旧コース(新コース以外)と新コースは、公式ページ上でわかりにくい取り扱いになっています。料金がかなり違う(旧コースが高い)ので、申込む際は料金をよく確認しましょう。

バッテリー消費に関する口コミ

OCNモバイルONEを使うと「バッテリーの消費が激しい」という口コミを沢山見かけます。

OCNモバイルONEのメリット・デメリット

メリット・デメリット イラスト

メリット1.500MB/月プランが安い

OCNモバイルONEの「500MB/月プラン」は、10分相当の無料通話がついて550円/月です。

通信量は少ないですが、ドコモ回線でエリアの不安はないし、「楽天エリア外で安くスマホを持ちたい」という方にはおすすめです。

ガラケーからの乗り換えや、子供の初めてのスマホにピッタリです。通話が多い方は、通話オプションを活用しましょう。

メリット2.音声通話オプションの種類が豊富

OCNモバイルONEは、音声通話オプションの種類が豊富です。上手く使えば大幅に通話料を節約できます。

10分かけ放題 トップ3かけ放題 完全かけ放題
10分以内通話料0円
935円
通話料上位3番号が通話料0円
935円
国内通話料0円
1,430円

「10分かけ放題」「完全かけ放題」は名前の通りの条件です。「トップ3かけ放題」は、1ヶ月の通話料のうち上位3番号への通話が0円になるというものです。

電話する相手が決まっていて「時間を気にせず話したい」という方にピッタリの通話オプションです。このタイプの通話オプションは他社にはありません。

通話料で今「1,000~1,500円以上払ってる」という方は、OCNモバイルONEを使うと通話料の節約になります。

通話オプションは当月から適用される

通話オプションは、申し込み・変更手続きの当月から適用されます。

ですから、月末にOCNモバイルONEアプリで通話明細をチェックし、通話料や相手先を確認して、「オプションを付けたほうが安くなる」と分かった時点でオプションを変更しても間に合います。

逆に月末に「オプションは必要ない」と分かれば、月額無料の「OCNでんわ」に変更すれば、1日まで遡って適用されて、オプション料金は請求されません。

OCNモバイルONEなら、通話オプションを付けたり外したりして、通話料を節約できます。

メリット3.スマホセットが安い

OCNモバイルONEは、定期的に行われる端末セールでスマホセットが安いです。

iPhone・Android 両方取り扱っていますが、特にAndroidスマホが安いです。機種によっては1万円以下で購入できます。セール会場は↓こちらです。

今おすすめのスマホセット3選

高価なスマホが性能が良いのは当たり前なので、ネット通では安くてコスパが良い機種を紹介します。

OPPO Reno7 A moto g52j 5G Redmi Note 11 Pro 5G
OPPO Reno7 A
27,200円(MNP)
市場想定売価格44,800円
moto g52j 5G
22,200円(MNP)
市場想定価格39,800
Redmi Note 11 Pro 5G
27,200円(MNP)
市場想定価格44,800円
大ヒットしたReno 5Aの後継機種で、防水・防塵・おサイフケータイ対応で、有機ELディスプレイ搭載。ミドルハイレンジ向けCPUと6GBメモリを搭載し、動作も機敏です。内部メモリは128GB・バッテリーは4,500mAh。現在コスパ最強スマホです モトローラの日本オリジナルモデルで、防水・防塵・おサイフケータイ対応です。長く使えるスペックで、ディスプレイもキレイでリフレッシュレート120Hzに対応。シンプルなAndroid OSで使いやすいと評判です。 6.67型の有機ELディスプレイがとてもキレイで発色が良いです。こちらも防水・防塵・おサイフケータイ対応。ミドルスペックで非常にコスパが良いです。ただ一部対応していないアプリがあるので要注意です。

今、スマホセットの購入を考えてる方は、機種選びの参考にしてください。どの機種もセール価格が非常に安いので、お買い得です。

デメリット1.節約モード(高速通信オフ)が使い放題じゃない

OCNモバイルONEで現在主流の「新コース」は、節約モード(高速通信オフ)が使い放題ではないです。

月間通信量の1/2を使うと、更に速度制限されてしまいます。3GB/月プランなら、節約モードで1.5GB使うと更に遅くなるわけです。

OCNモバイルONEの節約モードの通信速度は「200kbps」なので、元々非常に遅いです。

200kbpsだと、動画を普段の画質で見ることはできないし、radikoや音楽ストリーミングサービスも低音質になります。SNSやWEB閲覧はかなり遅さを感じます。

なんとか使えるのは、メール・チャット(LINEなど)のテキストメッセージの送受信くらいです。

それが更に遅くなる(具体的な速度は明記されていない)わけです。

ですからOCNモバイルONEの場合、節約モードを使って通信量を節約するより、少し通信量に余裕のあるプランを選ぶのがおすすめです。

デメリット2.「新コース以外」は割高

OCNモバイルONEは料金プランで解説したように、「新コース」と「新コース以外」があります。

そして、「新コース以外」は割高で、条件が悪いのでおすすめしません。

メリットは「節約モードが使い放題」という点だけなので、同じように低速使い放題のマイネオ(mineo)が良いでしょう。

「新コース以外」と料金設定が近いし、フリータンクで月1GBまで通信量を増やせます。

どうしてもOCNモバイルONEが良いなら、「新コース」でひとつ容量の多いプランを選びましょう。

「新コース以外」で3GBを考えていたなら、「新コース」の6GBにするということです。それでも100~200円高くなるだけです。

まとめ

まとめ イラスト

当記事では、OCNモバイルONEについて、要点をシンプルに分かりやすく解説してきました。まとめると、

  • スマホセットが安い
  • 通話オプションを活用して節約できる
  • 10GB/月までだから通信量が多い人は使えない

通信量が月10GB以上の人は、プランがないのでダメですが、通信量が少なくて「スマホセットが欲しい人」には、端末代も含めたトータルのスマホコストを抑えられます。

その他、完全かけ放題オプションがあるので「通話料を節約したい人」にもおすすめです。

スマホセットが安いので、注文が多くて出荷遅延も発生しています。早く欲しい人はお早めに。

\MNPで端末セットが安い/

【公式】OCNモバイルONEはこちら