BIGLOBEでんわは評判悪い?通話品質や使い方・料金を利用者が徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BIGLOBEでんわの通話品質やアプリの使い勝手はどうなのか気になって調べていますね。

私も今現在使っているから自信を持って言えますが、通話品質・アプリの使い勝手どちらもなんの問題もないです!

通話料が安くなるし、オプションを利用すれば標準通話料の1/3以下に節約できます。

ここではBIGLOBEでんわについて以下の3点を詳しく解説しています。

BIGLOBEでんわがどんなモノなのか気になってる方は、このページを読んでもらえれば全て解決しますのでどうぞご覧ください。

BIGLOBEでんわの評判&体験レビュー

2019年11月現在 私はスマホにBIGLOBEモバイルのタイプAのSIMを挿して、電話アプリにBIGLOBEでんわを使っています。

そんな実際に使っている私が「BIGLOBEでんわの評判・体験レビュー」を紹介します。

2018年4月からシステムが変わっています!

BIGLOBEでんわ リニューアル

もう1年以上前になりますがBIGLOBEでんわはリニューアルしました。

ネット上にはリニューアル前の評価を紹介しているページも残っているので注意してください。

リニューアルで変わった点は以下の3点です。

  • 通話料が10円/30秒(不課税)から9円/30秒(税別)に変更
  • 通話オプションが2種類から4種類に増えた
  • 固定電話にも番号通知されるようになった

リニューアルで使い勝手が良くなっています。個人的に3番目の「固定電話にも番号通知されるようになった」は大きいです。

詳しくは固定電話にも通知される料金とオプションをご覧ください。

実は「BIGLOBEモバイル 2回目」です。

実は3年前の2016年4月~9月末までの5ヶ月もBIGLOBEモバイルを使っていました。でも「固定電話に番号通知されない」のがネックになってドコモにMNPしました。

そこからドコモを2年使って、BIGLOBEでんわがリニューアルされて「固定電話にも通知されるようになった」のでBIGLOBEモバイルに戻ってきました。

通話品質について

BIGLOBEでんわはプレフィックス方式(電話回線利用)で通話料を安くしているので通話品質は良いし、電話番号も変わりません。

通話品質が低下しやすいし、電話番号が変わってしまうIP電話(ネット回線利用)ではありません。

プレフィックス方式とは

プレフィックス方式は、電話をかけるときに電話番号の先頭に特番を付けて発信することで、専用の中継電話設備を経由して相手の電話にかかる方式です。

中継設備を経由しますが、利用する回線は電話回線ですので通話品質が低下しないのが特徴です。

この中継電話会社は基地局やアンテナなどのインフラを持っていませんので料金設定を安くできます。

これによって通常20円/30秒する通話料が、BIGLOBEでんわの場合 9円/30秒まで安くなります。

通話品質はキャリア並み

BIGLOBEでんわを使っていて「通話品質が悪い」「声が途切れる」「時間差がある」という不具合を感じたことはありません。

話してる相手からも「変だよ」とか言われたことはありません。

ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアの通話品質と同等です。

固定電話にも通知される

2018年4月のリニューアル前は、固定電話に発信すると番号通知されませんでしたが、今は固定電話にも番号通知されるので不審がられることはありません。

実家の固定電話に掛けて「通知されてる?」と聞いて確認したので間違いありません。

通知されないと「取ってもらえない」

近頃、固定電話に知らない番号・非通知でかかってくる電話は不審がられます。

セールスが多いし、高齢者だと振り込め詐欺の心配もあります。

ですから非通知だと、電話を掛けても取ってもらえないことが多いです。

ナンバーディスプレイに加入していてると、音声で「不明な電話番号からです」とアナウンスされてしまいますので、余計に不審がられます。

リニューアル前の2016年に使っていた頃は、実家の固定電話に掛けても取ってもらえなかったり、取ってくれても第一声の「もしもし」が不信感たっぷりで、こちらが名前を言ってから「あ~お前だったのか~」と言われる始末でした。

このデメリットが解消されて固定電話にも通知されるようになったのは本当に良かったです。

アプリの使い勝手

標準電話アプリ並みに使える

BIGLOBEでんわ あぷり

私はAndroidスマホ(ZenFone5)でBIGLOBEでんわアプリを使っていますが、標準の電話アプリと同等に使えています。

発信履歴・着信履歴は連絡先とリンクするので名前で表示されるし、アプリ上で連絡先の検索・登録もできます。よく使う連絡先はお気に入り登録できます。

2016年より各段に使いやすくなっている

リニューアル前の2016年の頃は、BIGLOBEでんわアプリと連絡先がリンクできていなくて、間違えて標準電話アプリから発信してしまうことがよくありました。(通話料が高くなる)

それが今は全くありません。

BIGLOBEでんわアプリで連絡先が使えるので、標準の連絡先機能を使う必要がありません。ネット上の電話番号リンクをタップしても自動でBIGLOBEでんわアプリが立ち上がります。

今のBIGLOBEでんわアプリはとても使いやすいです。

累積通話時間がわかるのが良い

BIGLOBEでんわ 通話時間

地味に嬉しいのは、アプリ上で通話時間の概算がわかるところです。

BIGLOBEでんわと通常発信それぞれ、課金単位の30秒ごとに計算してくれます。

この時間を見れば「通話オプションを利用するか」「どのオプションにするか」の目安になりますので、通話料の節約に役立ちます。

110番・フリーダイヤルなどは自動切替される

BIGLOBEでんわアプリから緊急発信(110番など)・フリーダイヤルにかけても、自動で標準発信に切り替わるので、いちいち標準の電話アプリから発信する必要はありません。

BIGLOBEでんわでフリーダイヤルにかけた場合

他のページではBIGLOBEでんわのデメリットとして「BIGLOBEでんわから掛けられない電話番号がある」と解説しているところもありますが、緊急通報やフリーダイヤルもBIGLOBEでんわからかけられます。

BIGLOBEでんわを使い始めてから緊急通報を使ったことはないですが、その他の電話番号で発信できなかったことは一度もないです。

料金とオプション

通話料を大きく節約できる

BIGLOBEでんわの通話料は9円/30秒で、標準通話料(20円/30秒)の約半分です。通話オプションを活用することでもっと節約できます。

実際に私は2019年4月に45分30秒使いましたが、通話オプションを使うことで標準通話料の1/3以下になりました。

2019年4月の通話時間

45分30秒がそれぞれの通話料でいくらになるか表にまとめました。

通話時間 標準通話料 BIGLOBEでんわ
20円/30秒 9円/30秒 通話パック60
45分30秒 1,820円 819円 600円

標準通話料だと1,820円になるところが、通話オプションの通話パック60を使うことで600円になりました。

通話オプションが豊富

BIGLOBEでんわの通話オプションの種類が他の格安SIMより多く4つもあります。

  • 通話パック60(600円):1,080円分(最大60分)の国内通話
  • 通話パック90(830円):1,620円分(最大90分)の国内通話
  • 3分かけ放題(600円):国内通話3分以内かけ放題
  • 10分かけ放題(830円):国内通話10分以内かけ放題

「通話が少ない人」「短い通話の回数が多い人」「長めな通話する人」など電話の使い方によってオプションが選べます。

通話時間と適したオプションを表にしました。

通話時間 オプション名 料金
33分~60分かけている 通話パック60 600円/月
60分以上で1回の通話が3分以内 3分かけ放題 600円/月
60分以上で1回の通話が10分以内 10分かけ放題 830円/月
60分以上かけていて1回の通話が10分を超える 通話パック90 830円/月

私は先月通話時間が45分30秒だったので、通話パック60を選びました。

短い電話の回数が多い方は3分かけ放題・10分かけ放題が使えます。通話時間が90分を超える方は、10分かけ放題で「10分をオーバーしたら掛け直す」など上手く使えば通話料を節約できます。

通話オプションは後付けできる

BIGLOBEでんわの通話オプションは申し込んだ当月に適用してくれるので、通話時間をチェックしていて、「今月は多いな」と分かってから申し込んでも間に合います。

私も2019年4月24日に「通話時間が33分を超えた」と分かってから通話パック60に申し込みました。その時のスクリーンショットが下画像です。今月の通話時間から適用になります。とハッキリ書いてあります。

通話オプションの契約

ただ「翌月は必要ない(かもしれない)」なら、月内に解約手続きをしておかないと月をまたいでからの解約だと翌月も月末まで適用になります。

詳しくは通話オプションの変更は翌月からになるで解説しています。

BIGLOBEでんわの通話オプションは、上手く使えば通話料をガッツリ節約できます。

留守電が有料オプション

au・ソフトバンクだと無料の留守番電話ですが、BIGLOBEモバイルは有料オプション(290円/月)になります。キャリアのスマホでよく留守番電話機能を使っていた方は注意しましょう。

BIGLOBEでんわの評価【まとめ】

BIGLOBEでんわの評価

使っている者の感想として、BIGLOBEでんわは「使いやすい通話アプリ」だと思います。

アプリの使用感に不満はないし、通話料も標準の1/3も安くなりました。

BIGLOBEモバイルを使っていれば、月額基本料・初期費用も必要ありませんから、「BIGLOBEモバイルを使っている」「これから使おうと思っている」という方は、ぜひ利用してください。

BIGLOBEでんわを使う上での注意点

BIGLOBEモバイルは使いやすくて通話料を節約できる通話アプリですが、以下の注意点があります。

  • アプリを使い忘れると通話料が高い
  • 通話オプションの変更は翌月からになる
  • 完全かけ放題のオプションはない

ひとつずつ詳しく解説します。

アプリを使い忘れると通話料が高い

BIGLOBEでんわは、BIGLOBEモバイルを契約していてもアプリから発信しないと通話料は安くなりません。

スマホにプリインストールされている電話アプリから発信すると20円/30秒の通話料がかかります。

私は下写真のようにホーム画面から電話アプリを消して、アプリ一覧画面だけに表示されるようにしました。

ホーム画面とアプリ一覧画面

標準の電話アプリが目に入ってしまうと「ついうっかり使ってしまう」ということがありますからね。

BIGLOBEでんわのダウンロード:‎App StoreGoogle Play

着信通知からの発信に注意

アプリを使い忘れる可能性が一番高いのは「着信通知からの発信」です。

私はAndroidスマホ(ZenFone5)を使っていますが、通知からそのまま発信しようとすると標準アプリを使う仕様になっています。

約8ヶ月使ってきて1度だけありました。明細を見て気づきました。「BIGLOBEモバイル 音声通話料(国内宛)20円」がそれです。

BIGLOBEでんわアプリの使用ミス

通知で着信に気付いても、一旦ホーム画面からBIGLOBEでんわアプリを起動させて、着信履歴を確認してから発信しましょう。

通話オプションの変更は翌月からになる

通話オプションには「変更」というシステムがありません。オプションプランを変更したい場合は「申込み ⇒ 解約 ⇒ 申し込み」という流れになります。

それぞれ適用は、申し込みが当月から、解約が月末までなので、オプション契約中の月途中から「変更したい」と思っても変えられるのは翌月からになります。(画像上)

通話オプションの申込み・解約のサイクル

月ごとにオプションを変更したい場合は、画像下のように申し込みと同じ月内に解約しなきゃいけません。月によって通話量に差がある方は通話オプションの申し込み・解約のサイクルに注意しましょう。

完全かけ放題のオプションはない

BIGLOBEでんわには完全かけ放題のオプションはありません。

BIGLOBEモバイルだけでなく、格安SIMには完全かけ放題の通話オプションはありません。

(イオンモバイルにはありますが、IP電話方式なので電話番号が050に変わります。)

完全かけ放題が必要な方は、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)かY!mobileを選びましょう。

BIGLOBEでんわ【まとめ】

ここまで、BIGLOBEでんわの評価と注意点を詳しく紹介してきました。

評価をまとめると以下の4点になります。

  • 2018年4月のリニューアル以降使いやすくなった
  • 通話品質は良くて、固定電話にも番号通知される
  • アプリは標準電話アプリ並みに使える
  • 通話オプションが豊富で後付けできるのが良い

注意点は以下の3点です。

  • BIGLOBEでんわアプリを使い忘れないようにする
  • 通話オプションを月単位で変更したいなら月内に解約する
  • 完全かけ放題のオプションはない

トータルで考えてBIGLOBEでんわは「使いやすい通話アプリ」だと思います。

「BIGLOBEモバイルを使っている」「これから使おうと思っている」という方は、ぜひ利用してください。