WiMAXの機種変更は「無料」「キャンペーン」でも乗り換えが絶対お得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
機種変更はお得なのか?

WiMAX端末を「無料で機種変更できないかな?」「機種変のキャンペーンないかな?」と探していますか?

2年契約の更新時期だったり、ルーターが古くなってくると新しい端末に機種変更したくなりますよね。

でも最初に断言しておきますが「WiMAXは機種変更しちゃダメ」です。全くメリットありません。

機種変更じゃなくてプロバイダーを乗り換えれば約3万円もお得になります!

そんなわけで、ここではWiMAXの機種変更について以下の3点を詳しく解説しています。

この記事で分かること

  • 機種変更「無料」「キャンペーン」がダメな3つの理由
  • WiMAXは機種変更より乗り換えがお得と断言する根拠
  • 乗り換えにおすすめなプロバイダー 3選

WiMAXのルーターを「そろそろ機種変更したいな」と考えてる方は、機種変更する前にどうか最後まで読んでください。絶対参考になる内容になっています!

WiMAXの機種変更には2パターンあります!

機種変更 種類

WiMAXは契約しているプロバイダーごとに機種変更のシステムが違って、大きく分けて「独自の無料キャンペーン」と「UQ WiMAXの機種変更」の2パターンあります。

独自の無料キャンペーン UQ WiMAXの機種変更
・GMOとくとくBB
・Broad WiMAX
・UQ WiMAX
・BIC WiMAX
・ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+
・BIGLOBE WiMAX2+
・So-netモバイルWiMAX2+
・ASAHIネットWiMAX2+
・KuaLnet

上記の2つは内容が全く違うので、それぞれ自分が契約しているプロバイダーの方をご覧ください。(↑ここに記載がないプロバイダーは機種変更に対応してないです。)

まずは「独自の無料キャンペーン」の方を解説します。(UQ WiMAXの機種変更はこちら

WiMAXの機種変更 無料キャンペーンがダメな3つの理由

機種変更は×

機種変更が無料になるキャンペーンは、GMOとくとくBBBroad WiMAXが行っています。

それぞれの利用者は「機種変更しませんか?」「今なら無料ですよ」と、メールや電話でセールスを受けているからご存知かと思います。

公式ページ:WiMAX 2+の機種変更 | GMOとくとくBBWEBでカンタン機種変更 | Broad WiMAX

端末代が無料ですから魅力的に感じるかもしれませんが、以下の3つの理由から絶対に利用してはいけません。

  1. 事務手数料3,000円がかかる
  2. 契約期間がリスタートされる
  3. 月額割引・キャッシュバックなど特典がない

簡単に言えば「端末が無料なだけでデメリットの方が多い」わけです。それではひと項目ずつ詳しく解説します。

1.事務手数料3,000円がかかる

GMOとBroad WiMAXの機種変更無料キャンペーンは、端末代は無料ですが事務手数料 3,000円がかかります。

しかしこの事務手数料に関する記述がとても分かりにくく書かれています。

どちらも昔よりは少し分かりやすく書かれていますが、もっとハッキリ書いてほしいですね。

「3,000円の事務手数料くらいいいじゃないか、端末タダだし」と思ったら大間違いです。

この事務手数料が次の「契約期間がリスタートされる」に繋がる大きな落とし穴なんです。

2.契約期間がリスタートされる

機種変更 ≒ 再契約

機種変更すると、そこから新しく契約期間がスタートします。GMOは2年または3年、Broad WiMAXは3年契約です。

端末が新しくなるだけではなく、契約もセットで新しくなるので「再契約」に近いのが機種変更無料キャンペーンです。だから3,000円の事務手数料が必要なんです。

もちろん途中解約したら違約金が発生します。違約金の額は新規契約の時と同じです。

  • 1~12ヶ月目:19,000円
  • 13~24ヶ月目:14,000円
  • 25ヶ月目以降:9,500円

事務手数料がかかって、複数年契約が始まって、途中解約すると違約金がかかるんですから、再契約と言って間違いないと思います。

でも、2年・3年契約するのに特典が「端末無料」だけでは少ないと思いませんか?

3.月額割引・キャッシュバックなど特典がない

WiMAXは新規契約の場合「端末無料」は当たり前で、それにキャッシュバックまたは月額料金の割引という特典が付きますが、機種変更だと「端末無料」だけです。

機種変更と新規契約で3年間の合計費用がどれくらい違うのか計算してみました。

GMOとくとくBB
(月額割引キャンペーン)
Broad WiMAX
機種変更 新規契約 機種変更 新規契約
初月+2ヶ月 4,263円 2,590円 不明 2,726円
3~24ヶ月 4,263円 3,344円 3,411円
25ヶ月目以降 4,263円 4,263円 4,011円
3年間の合計 157,731円 136,757円 135,363円
条件:ギガ放題プラン【2020年6月時点】

太字で書いた数字が安い方なので「新規契約の方が安い」ことが分かります。

Broad WiMAXは機種変更のページをリニューアルして、機種変更後の月額料金が分からなくなりました月額料金の変動額はご契約中の料金プランによって異なりますので、ご了承ください。と書いてあります。

計算すると3年間でGMOで20,974円、Broad WiMAXで10,665円安いです。

これでハッキリと機種変更じゃなくて新規契約した方がお得ということが分かります。

機種変更 無料キャンペーンの口コミ・評判

ここではGMOとくとくBBとBroad WiMAX ユーザーの機種変更に関する評判のうち、「機種変更しない」「したけど失敗だった」という方の口コミを紹介します。

GMOとくとくBB 利用者の口コ

やっぱり「機種変更すると契約がリセットされる」という点が引っかかってるようです。

Broad WiMAX 利用者の口コミ

「事務手数料3,000円かかる」「契約期間がリセットされる」という点に気付いてる方は躊躇してることが分かります。

機種変更してから「別の契約に切り替わってた」ことに気づいて後悔してる方もいました。

【まとめ】機種変更 無料キャンペーンは「絶対だめ」

ここまで読んでいただけたら分かると思いますが、GMOとくとくBBとBroad WiMAXの機種変更無料キャンペーンは利用してはいけません。

端末代は無料でも、2年または3年契約がリスタートするし特典が付かないのでもったいないです。

UQ WiMAXの機種変更は「端末代が15,000円必要」だからダメ

UQ WiMAXの機種変更に対応しているプロバイダーは以下の6社です。

  • UQ WiMAX
  • BIC WiMAX
  • ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+
  • BIGLOBE WiMAX2+
  • So-netモバイルWiMAX2+
  • ASAHIネットWiMAX2+
  • KuaLnet

この機種変更は、2019年10月からこれまでの利用期間に関係なく端末代が15,000円かかるようになってしまいました。改正電波通信事業法の施行に伴う変更です。

それ以前は、利用期間によって以下のように端末の負担額が違いました。

利用開始~12ヶ月 13~18ヶ月 19~21ヶ月 22~33ヶ月 34ヶ月目~
W06・L02 20,000円 12,000円 6,000円 2年:2,000円
3年:6,000円
2,000円
WX05・W05・
HOME 01・L01s
20,000円 12,000円 6,000円 2年:0円
3年:6,000円
0円

他のプロバイダーで新規契約すれば無料でもらえる端末を、「15,000円払って機種変更する」なんてあり得ないですよね?

WiMAXは機種変更より乗り換えが絶対お得!

2020年6月現在 WiMAXの機種変更を考えてる方はプロバイダーを乗り換えた方が絶対お得です。

理由はこの3点です。

  1. WiMAXはプロバイダーを変えるデメリットがない
  2. 端末代無料は当たり前
  3. 新規契約特典が2~3万円分もらえる

それではひとつずす詳しく解説します。

WiMAXはプロバイダーを変えるデメリットがない

WiMAXはどのプロバイダーで契約しても、回線はUQコミュニケーションズの通信網なので、エリア・速度・端末・・料金プランの条件・通信制限のルールなどは同じです。

「UQ WiMAXだから速い」「GMOとくとくBBだと遅い」なんてこともありません。

強いて言えばサポート体制(電話のつながりやすさ・フリーダイヤルかどうかなど)が違いますが、

機種変更しようと考えてる方は既にWiMAXを利用しているので、サポートに電話する機会はほとんど無いはずです。

スマホのように電話番号やキャリアメールがあるわけでもないので、WiMAXでプロバイダーを乗り換えるデメリットはほとんどありません。

端末代0円は当たり前

端末代は0円

WiMAXは新規契約の場合 端末代0円(または1円)は当たり前です。

発売時期に関係なく最新端末でも0円です。

機種変更だと「端末代無料」を大々的にPRしますが、新規だったらそんなの当たり前です。

きっと今使ってるWiMAX端末も新規契約時は0円でしたよね?

新規契約特典が2~3万円分もらえる

新規契約特典 3万円 イラスト

月額割引・キャッシュバックなど特典がないで解説したように、端末代無料キャンペーンで機種変更しても「端末無料」以外の特典がないです。

それが新規契約なら端末代無料+2万円以上の新規契約特典が受け取れます。

おすすめプロバイダーGMOとくとくBBの特典額

  • GMOとくとくBB(月額割引):月額料金値引 23,275円
  • GMOとくとくBB(キャッシュバック):27,200円キャッシュバック

機種変更を利用せず更新月でプロバイダーを乗り換えるだけで、これだけの特典が受け取れるんですから乗り換えた方が断然お得です。

乗り換えにおすすめなプロバイダーはこの2つ

ここからは乗り換えにおすすめのプロバイダーを2つ紹介します。

まずは料金の比較表からご覧ください。最新端末をギガ放題プランで契約した時、実質費用・実質月額が安くなるプロバイダーベスト10です。

条件:ギガ放題・端末 WX06【2020年4月時点】
順位 サービス名 キャンペーン 月額料金合計 キャッシュバック 実質費用 実質月額 備考
1位 GMO キャッシュバック 160,032 ▲27,200 135,832 3,575 3年
2位 GMO 月額割引 136,757 ▲3,000 136,757 3,599 3年
3位 DTI 月額割引 134,190 137,190 3,610 3年
4位 Broad WiMAX 月額割引 135,363 138,913 3,656 3年
5位 カシモWiMAX 月額割引 138,127 141,127 3,714 3年
6位 So-net 月額割引 150,035 153,035 4,027 3年
7位 AsahiNet 月額割引 150,150 153,150 4,030 3年
8位 hi-ho 月額割引 153,040 156,040 4,106 3年
9位 BIGLOBE キャッシュバック 114,720 ▲15,000 102,720 4,109 25ヶ月
10位 BIGLOBE キャッシュバック 62,140 ▲15,000 58,940 4,210 13ヶ月
実質月額とは、月額料金・端末代・事務手数料・解約金・残債など使用期間中にかかる全ての費用の合計から、キャンペーンの還元額を引いた実質費用を使用月数で割って算出した金額です。

おすすめは背景がピンク色のGMOとくとくBBの月額割引キャンペーン・Broad WiMAXの2つです。

それではひとつずつ詳しく紹介します。

【イチオシ】実質費用が安い GMOとくとくBBの月額割引

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン スクリーンショット

2020年6月現在 WiMAXの主要プロバイダーの中で、最新端末での契約が最安クラスで条件が良いのがGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

ギガ放題で月々3,344円(最初3ヶ月は2,590円)端末代0円。

1位のキャッシュバックキャンペーンとの差は3年間でたった925円で1ヶ月あたり24円です。特典が月額料金の割引なので特典を受取り損なうリスクがありません。

どれくらい月額料金が安いのか、回線元のUQ WiMAXと比較しました。3年間で端末代と月額料金で合計25,000円以上安いです。

端末代 月額料金
0~2ヶ月 3~24ヶ月 25ヶ月目以降
UQ WiMAX 15,000円 3,880円
GMOとくとくBB
(月額割引キャンペーン)
0円 2,590円
(-1,290円)
3,344円
(-536円)
4,263円
(+383円)
GMOとの差額 -15,000円 -3,870円 -11,792円 +4,979円
3年間合計 -25,683円

メインの特典が月額料金の割引なので特典を確実に受取れます。特典が全額キャッシュバックだと「受け取れるのが1年後」だし「失敗して受け取れなかった」というリスクがあります。

実質費用が安い上に特典も受取りやすいですから、当サイトではGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンをイチオシにしています 。

GMOとくとくBBの申し込みの流れや注意点は以下の記事で詳しく解説しています。申込みの際加入することになる2つのオプションの解約など、細かいけど知っておいた方が良い情報が満載です。

更新月がまだでも違約金を負担してくれるBroad WiMAX

Broad WiMAX 違約金負担の乗換キャンペーン

Broad WiMAXは他社のWiMAXから乗り換える場合の違約金を19,000円まで負担してくれます。

ですから、「更新月がまだだけど機種変更したい」という方にBroad WiMAXはおすすめです。

ただ、比較表をご覧になれば分かりますが「実質費用はあまり安くない」です。

イチオシとして紹介したGMOの月額割引より3年間の実質費用で約2,000円高いです。

できれば「更新月まで使ってGMOに乗り換えた方がお得」ですが、端末の調子が悪い・壊れたなど急を要する場合はBroad WiMAXの解約金負担キャンペーンは心強い味方になります。

Broad WiMAXは乗り換えにはおすすめですが、初めてWiMAXを使い始める人にはおすすめしません。

理由は色々あるので↓気になる方はこちらの記事を参照してください。

まとめ

WiMAXの機種変更について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?まとめると以下の通りです。

  • GMO・Broad WiMAXの無料キャンペーンは絶対使っちゃダメ
  • UQ WiMAXの機種変更は端末代が15,000円かかるからダメ
  • 機種変更するよりプロバイダーを乗り換えた方が3万円以上お得
  • 乗り換えにおすすめなのはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

WiMAXはどのプロバイダーでもサービスは同じですから乗り換えるデメリットはありません。

ですから機種変更・契約期間の更新ではなく、解約してプロバイダーを乗り換えるのがWiMAXの賢い使い方です!どうぞ参考にしてください。