WiMAXで観るAmazonプライム 画質や時間数・速度制限を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「WiMAXでAmazonプライム観れるかな?」と気になって調べていますね。

大丈夫です!WiMAXでバッチリAmazonプライムビデオを観られます。弱虫ペダル・ゴールデンカムイ・鬼滅の刃 全部WiMAX+プライムで観ました。

スマホのデータ通信で観てた頃より、通信量を気にせずたっぷり観られるようになりました。Amazonプライムビデオをよく観る方にWiMAXはおすすめです。

とは言え、WiMAXも無制限ではないので画質や時間などに少し注意しないといけません。

このページを読んでもらえれば、以下の3点が分かる内容になっています。

  • Amazonプライムビデオを観た時の通信量の目安と実測値
  • 速度制限を受けずに観られる画質と時間
  • WiMAXが速度制限された時に見られるのかどうか

最後にAmazonプライムを観るのにおすすめのWiMAX端末も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

目次

  1. WiMAXでAmazonプライムビデオは観れます!
  2. Amazonプライムの通信量を実測しました
  3. 速度制限を受けずに観られる時間は?
  4. 速度制限された時に「観れるか観れないか」を検証
  5. Amazonプライム ミュージックの通信量
  6. AmazonプライムにおすすめのWiMAX端末
  7. 契約するならカシモWiMAXがおすすめ
  8. まとめ

WiMAXでAmazonプライムビデオは観れます!

冒頭でも書きましたが、WiMAXでAmazonプライムビデオは観れます。

私はアニメやバラエティ番組を中心に1日30分~1時間半くらい観ていました。

端末はスマホメインで、たまにノートパソコンをテレビにHDMI接続して観ます。割合はスマホ7:テレビ3くらいです。

ゆっくりテレビの前に座って観る時間がなかなか取れなくて、お風呂に入りながらとか、食事しながらスマホで観ている感じです。我が家のネット回線はWiMAXだけなので、全てWiMAXで観ています。

まずは、Amazonプライムビデオを観るのに必要な通信環境について解説します。

Amazonプライムビデオに必要な通信環境

Amazonプライムビデオを観るのにスペックの高い通信環境は必要ありません。DVDレベルの標準画質なら0.9Mbpsの通信速度でも観られます。

Amazon Prime Video ヘルプでは以下のように案内されています。

標準画質(SD) 高画質(HD) 超高画質(UHD)
画質レベル DVDと同程度 Bru-rayと同程度 高画質の4倍の画質
必要な速度 900kbits(0.9Mbps) 3.5Mbps 15Mbps

超高画質はFire TV Stick 4K、4K対応のスマートテレビ、一部のスマホ(Xperia XZ Premium・AQUOS R)だけしか対応していないので、スマホやタブレット、4K以外のテレビでは観られません。

そんな超高画質でも15Mbpsの通信速度で観れるので、Amazonプライムビデオはどの画質でもWiMAXで問題なく観られます。

ただ超高画質は通信量がすごく大きいので、WiMAX向きじゃありません。

標準画質(SD)・高画質(HD)がAmazonプライムビデオで一般的な画質なので、通信速度は3.5Mbpsで足りるわけです。

WiMAXの通信速度は、電波状況次第ですが10~100Mbpsの範囲なので高画質でも問題なく観られます。

通信速度より通信量が大切!

AmazonプライムビデオをWiMAXで観るには、通信速度よりも通信量が大切です。

通信量を考えながら画質を調整して観ないと、速度制限され易くなってしまいますので注意しましょう。(速度制限についてはこちらで解説しています。)

消費する通信量の目安は利用する端末(パソコン・iPhone/iPad・Android端末)によって違います。

以下、それぞれの端末の画質設定のスクリーンショットです。

【端末別】Amazonプライムビデオ 通信量の目安
小さくて数字が読みにくいので表に書き起こしました。数字は1時間当たりの通信量の目安です。

画質 PC iPhone/iPad Android端末
最高画質 6.84GB 5.8GB 0.46GB
高画質 1.4GB 1.8GB 0.33GB
標準画質 0.38GB 0.6GB 0.27GB

Android端末は標準画質(SD)まで

PCとiPhone/iPadは近い数字ですが、Android端末だけが通信量が少ないです。これは、Android端末が一部の機種を除いて標準画質(SD)しか対応していないからです。

同じアニメをAndroidスマホ(ASUS Zenfone5)とiPhoneSEで観たとき、下写真のようにAndroidスマホの画面にはHDマークが表示されません。

Amazonプライムビデオ iPhone・Android 画質条件の違い

Android端末の最高画質は「SD画質のなかでちょっと良い画質」という意味です。『他の端末より少ない通信量で画質が良い』わけではありません。

Prime Videoの対応デバイスと機能 | ヘルプ

PC・iPhone/iPadの最高画質設定は要注意

PC・iPhone/iPadには、通信量が多い最高画質の設定があります。この設定のまま再生すると通信量の消費が桁違いに大きいです。

次項で詳しく解説しますが、約30分のアニメ1本観たときの通信量が、高画質の時より最高画質は約8倍も大きかったです。

確かに画質は最高画質の方が精細で色鮮やかに感じましたが、多く見積もっても2割増しくらいで、8倍もデータ量が増えてるようには感じませんでした。

しかも何度も何度も停まりました。停まる時間は一瞬なんですがコマ送りのようになります。約30分の間に30回以上停まってとても煩わしかったです。

通信速度はクリアしてるはずなので、PCのスペックか、テレビにHDMI出力してるのも関係してるかもしれませんが、最高画質で観ても全然快適じゃなかったです。

PC・iPhone/iPadの最高画質設定は「通信量が激増する割にメリット少ない」ので注意しましょう。

Amazonプライムの通信量を実測しました

Amazonプライムビデオを、Androidスマホ・iPad mini・PC+テレビの3端末で色々再生して、通信量を測定しました。(テレビは32インチの普通の液晶テレビで4Kではありません。)

それぞれ測定に使ったアプリ・機能は以下の通りです。

測定結果を表にまとめました。一番右の列が通信量です。

端末 画質 タイトル 時間 通信量
スマホ
(Android)
標準画質 キングダム シーズン1-1
無名の少年
50分 242.7MB
標準画質 弱虫ペダル シーズン1-6
ウェルカムレース
24分 91.1MB
高画質 相席食堂 シーズン2018-5
武井壮と横澤夏子の旅 前編
20分 130MB
最高画質 相席食堂 シーズン2018-1
かたせ梨乃 琵琶湖 沖島
20分 345.8MB
iPad mini キングダム シーズン1-3
友よ…!
25分 118MB
弱虫ペダル シーズン1-5
総北高校自転車競技部
24分 310MB
日本をゆっくり走ってみたよ(4K UHD)
シーズン1-1日本一周、始めてみたよ
30分 423MB
最高 サンゴ礁の冒険(4K UHD) 30分 674MB
PC+テレビ 標準 ゴールデンカムイ シーズン1-3
カムイモシリ
24分 82.9MB
標準 弱虫ペダル シーズン1-11
肉弾列車!!
24分 103.7MB
高画質 弱虫ペダル シーズン1-8
スプリントクライム!!
24分 471.5MB
高画質 弱虫ペダル シーズン1-10
ピークスパイダー
24分 335MB
最高画質 弱虫ペダル シーズン1-7
追いつきたい!
24分 1.67GB

実際の通信量を測定して分かったことがこの4点です。

  • 公式の通信量の目安より少ない
  • 最高画質にしたときの通信量の増え方がすごい
  • 標準画質ならアニメ1本 100MB前後で観られる
  • iPad・PC+テレビの高画質設定は通信量が多い

PC+テレビの最高画質の1.67GBには本当に驚きました。高画質で216.5MBですから約8倍です。画質はそこまでアップしないので高画質設定は絶対使っちゃいけません。

逆に意外と少ないと感じたのが、標準画質でのアニメ1本の通信量です。

テレビだとちょっと画質の粗さが気になりますが、スマホ・iPadなら全然問題ありません。1本100MBで観られるなら1日10本みても速度制限を気にする必要ありません。

PC+テレビで1時間観た時の通信量

下写真のようにPCと32インチのテレビをHDMI接続して、1時間Amazonプライムビデオを観ました。

PCとテレビを繋いでテストしている時の写真

画質のチェックのために標準画質と高画質を切り替えながら「弱虫ペダル」「相席食堂」を観て、通信量の合計が540MBでした。画質の割合は標準7:高画質3くらいの割合でした。

1時間観て540MBは少ないですよね。私も驚きました。

ここまでのテストを踏まえて、次項では速度制限を受けずに観られる時間の目安を紹介します。

速度制限を受けずに観られる時間は?

ここでは2021年4月にスタートしたWiMAX+5Gの制限内容で解説しています。旧プランのWiMAX2+はもっと厳しいので注意してください。ですから、今WiMAXを契約するなら新しいWiMAX+5Gがおすすめです。

WiMAXの3日15GB制限とは

WiMAXの速度制限には以下の2つがありますが、上の3日15GB制限が大事です。

  • 3日間で15GB使用した場合
  • プラスエリアモードで15GB使用した場合

なぜ大事なのかというと、WiMAXを使う人の一番身近にある制限だからです。

3日15GB制限の公式ページの要件がこちら↓

直近3日間の通信量が15GBをオーバーすると、翌日の夜(18時頃~翌2時頃)に概ね1Mbpsに速度制限されます。この制限はスマホの制限と比べるとかなりゆるいです。

制限されるのは夜だけで、直近3日の通信量が145GBを下回れば解除されますし、制限速度もゆるいです。でも、できれば制限されたくないですよね。

スマホで観るなら標準画質で1日10時間

Amazonプライムビデオをスマホで観る

スマホで観るなら標準画質で16時間は余裕で観られます。

私の測定結果では30分あたり約100MBでしたが、誤差を見込んで1時間あたり300MBで計算しています。

スマホで10時間もAmazonプライムビデオ観てたら、通信量より先にバッテリーがなくなりそうですが、本当にそれくらい観られます。

高画質だとAndroidは10時間、iPhoneだと8時間くらい観られます。

PC+テレビで観るなら高画質で1日4時間弱

Amazonプライムビデオをテレビで観る

PC+テレビで観るなら高画質で4時間弱観られます。

私の測定結果では30分あたり400~560MBだったので、誤差を見込んで1時間あたり1.3GBで計算して5GBなら約3.8時間です。

アニメなら標準画質で観ても少し粗いけど観られるレベルだったので、長く観たい日は標準画質にするのもいいでしょう。テレビ番組や実写の映画だとかなり粗く感じるので高画質じゃないと気になります。

Amazonプライムビデオの現実的な視聴時間

前項で紹介した時間数は、WiMAXをAmazonプライムビデオにだけ使った場合なので現実的とは言えません。

実際には、WEBブラウジング、各種SNSの閲覧・投稿、スマホゲーム、メール、LINE、音楽ストリーミング、Youtubeなどでも使うので、WiMAXを契約するネットのヘビーユーザーなら1日で1~1.5GBは使うでしょう。

となると、残りは3.5~4GBなのでAmazonプライムビデオは「スマホの標準画質で4時間(1.2GB)、テレビの高画質で2時間(2.6GB)」が妥当な視聴時間だと思います。

テレビで観る暇がなければスマホでもっと観てもいいし、ちょっと贅沢に高画質で観るのもアリです。

自分の観たい時間数、端末、画質と比較して「WiMAXでも大丈夫だな」と思えた方にWiMAXはおすすめです。

速度制限された時に「観れるか観れないか」を検証

WiMAXが1Mbpsに速度制限された時に、Amazonプライムビデオが観られるかどうか検証しました。

1Mbpsの速度制限中のスピードテスト結果

テストしたのは6月29日の夜です。スピードテスト(上写真)するとキッチリ上り・下り共に1Mbpsに制限されていました。

スマホは標準画質から上がらないけど普通に観れる

標準・高画質・最高画質と切り替えながら検証しましたが、最高画質設定でも標準画質以上の画質には上がりませんでした。その代りロード待ちで停まることなく観られます。

普段から標準画質で観てるし、粗さを感じずに楽しめました。

速度制限時にスマホでAmazonプライムビデオが観られるか検証中

ただいつもと違う点もあります。以下の2点です。

  • 「再生開始の遅さ」
  • 「冒頭2分半の画質がかなり悪い」

再生ボタンをタップしたらいつもはすぐスタートするのに、グルグルマークが表示されて5秒くらい待ちました。それに、最初の2分半が標準画質より3割くらい悪い画質で再生されます。

普段と違うので気にはなりますが、再生が停まってブチブチ途切れるよりは全然良いです。

まとめると「スマホはスタートが悪いけど、標準画質で停まらず観られる」となります。

PC+テレビの高画質はギリギリアウト

PC+テレビは高画質と標準画質でそれぞれ『弱虫ペダル』を1本ずつ観ました。

標準画質だとロード待ちで停まることなく普通に観られました。高画質設定だとコロコロ画質が変わって気になりました。

トータルで考えると高画質(HD)になってる時間が半分弱はありましたが、標準画質レベルや標準以下に下がる時もあって、かなり気になりました。私はギリギリアウトだと思いました。

速度制限時にテレビでAmazonプライムビデオが観られるか検証中

画質が安定する標準画質の方が快適に観られます。

ついでに通信量もチェックしたら標準画質 89MB・高画質 268MBでした。

速度制限されていない時と比較して標準画質の通信量は変わらないですが、高画質は100~200MB少なかったです。

「足りない通信量の分画質が悪くなった」わけです。

それと、標準画質・高画質どちらの設定の時も冒頭2分半の画質がかなり悪いです。これはスマホで観たときと同じ現象です。

まとめると「PC+テレビは冒頭の画質が悪いけど、標準画質で停まらず観られる」となります。

【断言】速度制限されても標準画質で観られる!

WiMAXで1Mbpsの速度制限されても、Amazonプライムビデオは「標準画質で普通に観られる」ことが分かりました。

「再生されるのに時間がかかる」「冒頭2分半の画質が悪い」という気になる点はありますが、それ以降は停まらないし標準設定なら画質が変化して気になることもありません。

WiMAXが速度制限されてもAmazonプライムビデオは意外と快適に観られます。安心してください。

Amazonプライム ミュージックの通信量

ついでじゃないですが、Amazonプライムミュージックの通信量も測定しましたのでシェアします。

ビデオに比べると、全然小さいですが高音質設定で流しっぱなしとかだと、地味に通信量を消費しますので注意しましょう。音質毎の通信量がこちらです。

音質 測定値(30分) 2時間あたり 1GBで聴ける時間数
自動 35MB 140MB 14.5時間
高音質 73.5MB 294MB 7時間
調整された音質と速度 30.2MB 120.8MB 17時間
最速ストリーミング 18MB 72MB 28.5時間

デフォルト設定の【自動(推奨)】と【調整された音質と速度】がほぼ同じ通信量で、【最高音質】はその2倍、【最速ストリーミング】だと半分でした。わかりやすいですね。

1日2時間聞いても通信量はとても少なくて、高音質でも約300MBです。最速ストリーミングなら1日中流しっ放しにしても1GB消費しません。

Amazonプライムミュージックは、相当な時間数を聴く人以外は通信量を気にする必要ありません。

今回の通信量テストをしながら、音質を変えて散々聞き比べましたが私には音質の違いが分かりませんでした。高音質と最速ストリーミングの違いもです。

Amazonプライムビデオのように動画だと画質の違いはハッキリ分かりますが、音質の違いは苦手です。

テストに使用したヘッドホンは、AKG K550という大型ヘッドホンです。

AmazonプライムにおすすめのWiMAX端末

WiMAXの端末には持ち歩くモバイルルーターと、据え置き型のホームルーターの2種類あります。それぞれAmazonプライムビデオでWiMAXを使う方におすすめ端末をここで紹介します。

どちらもおすすめする理由はひとつ「通信速度の速さ・安定感」です。

WiMAXは無線通信なので、光回線などと比べると通信速度が不安定になりやすいです。Amazonプライムビデオを観てる最中に途切れたり、急に接続が遅くなるようなことは避けられるように、通信速度が速くて安定している端末を選びました。

持ち歩くならモバイルルーターのGalaxy 5G Mobile Wi-Fi

モバイルルーターならGalaxy 5G Mobile Wi-Fiがおすすめです。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

WiMAX+5Gのモバイルルーター SCR01

2021年4月にスタートしたWiMAX+5Gのモバイルルーターです。プランの条件変更もあって、前機種のWiMAX2+のWX06よりエリア・通信速度・通信量の面で確実に使いやすくなっています。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiを実際に使ったレビューや、WX06との比較は以下のページで詳しく書いています。

家用なら置くだけWi-FiのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11

私もホームルーターを使っていますが、持ち歩いて使わないならホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11がおすすめです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

置くだけWi-Fiなのでコンセントに差すだけで使えて、モバイルルーターのように大きさの制約がないのでアンテナの感度やWi-Fi性能も強力です。

外で使うことがないなら、ホームルーターの方が通信品質が安定するのでおすすめです。

契約するならカシモWiMAXがおすすめ

2021年6月現在「SCR01・L11を最安で使える」キャンペーンは、カシモWiMAXです。

下表の通り実質月額で比較すると、カシモWiMAXが4,705円で業界最安です。

条件:【2021年6月時点】
順位 サービス名 キャンペーン キャッシュバック 端末代 実質費用 実質月額 備考
1位 カシモWiMAX 月額割引 0 178,800 4,705 3年
2位 Broad WiMAX キャッシュバック
月額割引
▲5,000 0 186,444 4,906 3年
3位 UQ WiMAX キャッシュバック
月額割引
▲5,000 21,780 126,780 5,071 2年
4位 エディオン 月額割引 21,780 131,780 5,271 2年
5位 ビックカメラ 月額割引 21,781 131,781 5,271 2年
実質月額とは、月額料金・端末代・事務手数料・解約金・残債など使用期間中にかかる全ての費用の合計から、キャンペーンの還元額を引いた実質費用を使用月数で割って算出した金額です。

カシモWiMAX 5Gプランのメリット・デメリット

カシモWiMAX 5Gプラン スクリーンショット

カシモWiMAXの5Gプランは、実質月額が安いのが最大のメリットですが、他にも申し込む前に知っておくべきメリット・デメリットがあります。以下ご覧ください。

メリット

  • 実質月額が最安
  • 端末代が0円
  • 初月利用料が0円
  • オプションモード(プラスエリアモード)が無料
  • 月額料金が一定(4,750円)

デメリット

  • 契約期間が長い(3年)
  • 違約金が高い(最大16,000円)
  • 3年以内の解約だと端末代25,000円を請求される

端末代0円で実質月額が安いのは魅力ですが、契約期間が長く、3年以内に解約すると違約金+端末代で高額な支払いが発生する点が要注意点です。

カシモWiMAXは『3年使う』と断言できるならおすすめ

カシモWiMAXのデメリットは、契約期間内に解約した場合の請求額だけなので、『3年使う』と断言できるならおすすめです。デメリットはありません。

カシモWiMAX +5Gページへ

下ボタンから表示される公式ページは、最初WiMAX2+の最安級プランが表示されます。右上の【+5Gプラン】をクリックしてから条件確認 ⇒ 申し込みに進んでください。

\WiMAX+5Gが最安/

【公式】カシモWiMAXはこちら

3年使うかわからないならUQ WiMAXがおすすめ

3年使うかわからない方は、WiMAXの本家 UQ WiMAXがおすすめです。

WiMAX+5G はじめる割

端末代で21,780円(一括 or 605円×36回)かかりますが、月額料金は「WiMAX+5G はじめる割」で25ヶ月間4,268円です。さらに今だけ5,000円のキャッシュバックが付きます。

2年契約でも、違約金は1,100円なので負担を気にせず解約できます。そして実質月額は、カシモWiMAXより366円高いだけです。

実質月額はわずかに高いですが、解約する時の負担が少ないメリットは大きいです。

\5,000円キャッシュバックあり/

【公式】UQ WiMAXはこちら

まとめ

AmazonプライムビデオはWiMAXで通信速度・通信量どちらも問題なく観られます。

3日15GBの制限内で毎日「スマホの標準画質で4時間、テレビの高画質で2時間」も観られます。他用途にWiMAXをあんまり使わないならもっともっと長く観られます。

スマホ・タブレット・4KじゃないテレビでAmazonプライムビデオを観る方におすすめです。

逆に、最高画質で観たい方や4KテレビでAmazonプライムビデオを楽しみたい方は、通信量が足りませんのでおすすめしません。光回線にしましょう。

WiMAXは「Amazonプライムビデオをたっぷり観たいけど光を引くは嫌だ」という方におすすめ。

今契約するならがベストです!