『違約金の負担なし』WiMAXから光への乗り換えたい人必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
WiMAXから光に乗り換えるポイント アイキャッチ画像

WiMAXから光回線に乗り換えたいと考えている人の、

  • 早く光に替えたいけどWiMAXの違約金が高くて…。
  • 違約金を負担してくれる光回線ないかな
  • もうネット回線選びで失敗したくない

こういう疑問や不安にお答えします。

この記事で分かること

  • WiMAXの解約違約金を負担してくれる光回線のおすすめ
  • 光に乗り換える注意点と乗り換え先の選び方
  • 解約した後のWiMAXルーター(端末)の活用法

WiMAXの解約違約金は、3年契約の1年目だと19,000円もします。特典の違約金9,500円がプラスされるBroad WiMAXのようなプロバイダーだと3万円近くなります。

ここでは、WiMAXの高額な違約金を負担してくれたり、早期のキャッシュバックで相殺できる光回線を3つ紹介しています。(最初に断っておきますが、違約金を「替わりに払ってくれる」サービスはありません。1度払ったものを還元してくれるシステムです。)

「使えなくて解約する」のに、2万、3万もの高い違約金を払いたくないですよね。

WiMAXから光回線に乗り換えたいと考えてる方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. WiMAXからの乗り換えにおすすめの光回線3選 おすすめ!
  2. WiMAXから光に乗り換える注意点
  3. 乗り換え先のサービスを選ぶポイント
  4. 解約後のWiMAXルーターはどうする?
  5. まとめ

WiMAXからの乗り換えにおすすめの光回線3選

ネット通が選ぶ3つのおすすめ

早速ですが、乗り換える時に元の回線の違約金を負担してくれるキャンペーンを実施している光回線を紹介します。

沢山ある代理店の中から、キャッシュバックの実績や受取りやすさで3つに厳選しました。

1.ソフトバンク光

ソフトバンク光は、「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」で最大10万円までの違約金や撤去工事費を還元してくれます。

さらに、WiMAXのような「ソフトバンク系のモバイル回線以外」からの乗り換えだと、最大24,000円かかる工事費分を還元(キャッシュバック or 月額料金割引)してもらえます。

これらは、代理店のキャンペーンではなく、ソフトバンクの公式キャンペーンで、プラス代理店のオリジナル特典も受け取れるのでさらにお得です。

おすすめはSoftBank 光 正規代理店の株式会社エヌズカンパニーです。

ソフトバンク光なら↓ここからの申し込みがおすすめ

エヌズカンパニー ソフトバンク光 スクリーンショット

月額料金 集合住宅:3,800円 戸建て:5,200円

こちらの代理店は、ソフトバンク公式キャンペーンの他に独自のキャンぺーン特典が受け取れます。

  • オリジナル特典A:33,000円キャッシュバック
  • オリジナル特典B:28,000円キャッシュバック+ハイグレードWi-Fiルータープレゼント

 

この代理店が良いのは、「キャッシュバックが受取りやすい」ところです。満額受け取るのにオプションの加入条件はないし、最短2ヶ月で振り込んでくれます。(ルーターは開通確認後 1週間程度で発送)

違約金の還元は、ソフトバンクとの手続きが必要なので6ヶ月後になりますが、それより早く代理店のキャッシュバックで違約金を相殺できます。

他の代理店だとキャッシュバックを満額受け取るのに、光電話や動画やセキュリティサービスの同時申し込みや、クレジットカードを作らされるところもありますし、受取れるのがもっと遅いです。

ソフトバンク光と言っても、ソフトバンクユーザー以外でも「違約金負担+工事費還元+代理店のキャッシュバック」で十分お得です。

\WiMAXからの乗り換えイチオシ/

【公式】ソフトバンク光はこちら

 

2.auひかり

auひかり ロゴ

auひかりにも「auひかり新スタートサポート」という違約金を負担してくれるキャンペーンがありますが、残念ながらWiMAXは対象外です。

WiMAXはKDDIのグループ企業 UQコミュニケーションズのサービスなので、「グループ内の乗り換え」と判断されているんだと思います。(ソフトバンク光もソフトバンクエアーやY!mobileは対象外)

それでも、代理店のキャッシュバックが最大総額52,000円と高額で、WiMAXの違約金を相殺するには十分な金額です。

おすすめはKDDI正規代理店の株式会社NNコミュニケーションズです。

auひかりなら↓ここからの申し込みがおすすめ

NNコミュニケーションズ auひかり スクリーンショット

月額料金 集合住宅:3,800円 戸建て:5,100円

この代理店は、キャッシュバックが高額でオプション条件もなく受取りやすいです。開通の翌月に受取れる代理店独自のキャッシュバックだけで、WiMAXの違約金を相殺できます。

下表の通りネットだけで20,000円、ネット+電話で27,000円のキャッシュバックが貰えます。

戸建て 集合住宅
ネット ネット+電話 ネット ネット+電話
代理店 20,000円 27,000円 20,000円 27,000円
プロバイダー 25,000円 20,000円
総額 45,000円 52,000円 40,000円 47,000円

プロバイダーのキャッシュバックの受取り時期は、選ぶプロバイダーによって違いますが「開通月+3~4ヶ月」かかります。

キャッシュバックの受取りが2段階になりますが、総額が最大52,000円と大きいのが魅力です。

auスマホを利用している方は、光電話をセットにしないとスマホ代が安くなる「auスマートバリュー」が適用されませんので注意してください。

そしてネット+電話の方がキャッシュバック額が大きいですし、戸建ての場合 37,500円もする工事費相当額の割引を受けられます。(集合住宅の場合、工事費は30,000円で「ネットのみ」でも割引される。)

というわけでauひかりは、auスマホ利用者で、なお且つ光電話の用途もある「一般世帯向き」になります。auスマホの台数が多いほどお得になります。

\auスマホユーザーの一般世帯向き/

【公式】auひかりはこちら

 

3.NURO光

NURO光 ロゴ

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光回線で、他の光回線より速くて安いのが魅力です。

違約金負担のキャンペーンはやっていませんが、45,000円キャッシュバックを2ヶ月後に貰えるので、WiMAXの違約金を相殺してもお釣りがきます。

NUROひかりなら↓ここからの申し込みがおすすめ

NURO光 スクリーンショット

月額料金 集合住宅:4,743円 戸建て:4,743円

NURO光は公式サイトの特設ページからの申し込みがお得です。理由は「キャッシュバックが高額で受け取れるのが早いから」です。金額はオプション条件なしで45,000円です。

40,000円かかる工事費も、30回分割で毎月の支払い分と同額を割引してくれるので実質無料です。

他にも代理店などの受付窓口がありますが、受取れるのが1年後だったり手続きが煩雑でおすすめできません。WiMAXの違約金を相殺するなら早く受取りたいですからね。

NURO光の提供エリア(関東・東海・関西と、九州・北海道の一部)に住んでいて、光に乗り換えるなら「速いネット回線が良い」という方におすすめです。

NURO光電話をセットにすれば、ソフトバンクのスマホ代も安くなります。

\速い光回線に乗り換えたい!/

【公式】NURO光はこちら

 

ソフトバンク光をイチオシにする理由

おすすめ スタンプ

ここまで、3つの光回線を紹介しましたが、イチオシはソフトバンク光です。理由は単純で「違約金の還元+キャッシュバック」があるからです。

特に違約金が高額な方ほどメリットが大きいです。

逆に、WiMAXを使い始めて1、2年経って違約金が減額されている方は、auひかりNURO光がお得になります。キャッシュバックが高額なので、違約金を相殺してもかなり残りますからね。

ドコモユーザーはドコモ光だけど

ドコモのスマホを使っている方は、「ドコモ光」が良いと思われるかもしれませんが、ドコモ光はネットのみだと特典が少ないし、満額受け取るには条件が厳しいのでおすすめしません。

ドコモ光で一番人気のGMOとくとくBBの場合、キャッシュバックは最大20,000円ですが、ひかりTV for docomo(2,500円/月)DAZON for docomo(980円/月)を契約しなきゃいけません。

それぞれ90日以上の利用が条件ですから、3ヶ月分の月額料金で10,440円にもなってしまいます。

ネットのみの契約だと5,500円しかもらえません。しかも受け取れるのは最短で5ヶ月目の最終営業日です。これでは、違約金を相殺できないのでおすすめできません。

ソフトバンク光にして、違約金還元とキャッシュバックを受け取って、2年後の更新でドコモ系の光回線に乗り換えた方がお得だと思います。

WiMAXから光に乗り換える注意点

注意点 イラスト

光回線の違約金還元キャンペーンを利用する際の3つの注意点を紹介します。

  • 違約金は1度は払わなきゃいけない
  • 違約金を支払った証明書が必要になる
  • 光回線はWiMAXと同じ名義で契約する

それではひとつずつ詳しく解説します。

【注意点1】違約金は1度は払わなきゃいけない

違約金を負担してくれるとは言え、自分の代わりにWiMAXの契約先に払ってくれるわけではありません。1度自分で払ったものを、手続きをして還元してもらうシステムです。

ソフトバンク光の場合、以下の順序になります。

  • Step1.光回線の申し込み
  • Step2.工事・開通
  • Step3.WiMAXの解約・違約金の支払い
  • Step4.違約金還元の手続き(お申し込み日から180日以内)
  • Step5.違約金還元(課金開始日を1ヶ月目として6ヶ月目)

「違約金を負担してくれるキャンペーン」というのは、「あとから同額を還元してくれるもの」と理解して下さい。

それと、光回線の申し込み時にはWiMAXを契約中じゃなきゃいけません。解約 ⇒ 申し込みでは還元してもらえないので注意しましょう。

【注意点2】違約金を支払った証明書が必要になる

違約金の還元を受けるには、「自分がいくら違約金を払ったのか」を証明しなきゃいけません。自己申告では用途・金額も信憑性がありませんからね。

どんな書類が証明書になるのかは、ソフトバンク光の場合SoftBank 光 証明書アップロードの方法に詳しく書いてありますが、以下の3点がハッキリ分かる書類が必要です。

  • 契約者の名前
  • サービス名
  • 違約金の金額が分かる内訳

WiMAXを解約する前に、契約しているプロバイダーの会員ページで、どういう仕様の請求書・明細書がダウンロードできるか確認しましょう。

【注意点3】光回線はWiMAXと同じ名義で契約する

WiMAXと光回線は同じ名義じゃないと、違約金の還元は受けられません。

ソフトバンク光の場合、適用条件に以下の項目があります。

・ 証明書に記載の契約者が、本キャンペーンのお申し込み者本人または家族(同一の苗字に限る)であること。

もし、光回線を違う名義で契約したい場合は、WiMAXを解約する前に名義を変更するのもひとつの方法です。

乗り換え先のサービスを選ぶポイント

WiMAXから乗り換える光回線を選ぶポイントを3つ紹介します。

  • スマホと系列を合せるべきかを決める
  • 受け取れるキャッシュバック額・時期を確認する
  • 工事費無料の条件を確認する

どれも細かいことですが、申し込んでから後悔しないために大事なポイントです。

スマホと系列を合せるべきかを決める

光回線は「使っているスマホと系列を合せると良い」というのが定説ですが、WiMAXを利用していた方の場合、1人で使っているケースが多いと思いますので、定説に縛られる必要はないです。

というのも、スマホ代が安くなる額は多くて1,000円/月ですから、1人利用だと大きくありません。

しかもソフトバンク・auの場合、ネット契約だけではスマホ代の割引が適用されず、光電話などのオプション加入が条件になります。

ドコモはオプション条件はありませんが、光回線の特典が少なくてWiMAXの違約金を相殺したら特典が残らないのでおすすめできません。

WiMAXから光への乗り換えの場合、違約金負担や高額キャッシュバックで選んだ方が良いと思います。

同じキャリアのスマホ・携帯が3台以上ある場合は、家族割もありますし光回線を合わせた方がお得になり易いです。

受け取れるキャッシュバック額・時期を確認する

光回線選びで一番大事なのは「自分が受け取れるキャッシュバック額・時期」を知ることです。

『最大●万円キャッシュバック』みたいな書き方の場合、満額のキャッシュバックを受け取るのに何個もオプションに加入しなきゃいけないケースが多いです。

例えば「光回線+電話+テレビ+セキュリティ」などです。ひと昔前は「クレジットカードの申し込み」「●人への紹介」なんて条件もありました。

全部必要なオプションならいいですが、要らないオプションを契約して出費が増えるのは本末転倒です。

ですから「ネットのみ」または「ネット+電話」で、いくらキャッシュバックが貰えるかをチェックするのが大事です。併せて「いつ受け取れるか」も確認しましょう。

工事費無料の条件を確認する

多くの光回線は、工事費無料・工事費実質無料のキャンペーンを実施していますが、必ずどんな条件か確認しましょう。

月賦で支払う金額と同額を割引してくれるケースが多いんですが、月賦の回数が異常に多いと途中で解約すると残債を一括で払うことになります。

例えばauひかりの戸建てタイプの場合、ネット+電話の契約で37,500円の初期費用を60回分割(5年間)で割引きしてくれます。

ただ、光回線の契約期間は3年なので3年後の更新月に解約すると、約2年分の残債15,000円を支払わなきゃいけません。

5、6年以上使うつもりなら良いですが、短いスパンで見直したい方にはおすすめしません。

ですから、工事費の分割・割引期間ができるだけ短いサービスを選ぶのがベターです。

解約後のWiMAXルーターはどうする?

将来使う可能性があるなら取っておく

UQ WiMAX・BIGLOBE WiMAXでSIMのみの契約ができますので、将来WiMAXを使う可能性があるなら取っておきましょう。端末さえあれば、短期で契約することもできます。

UQ WiMAXなら「期間条件なし」で契約することもできますし、2年契約しても違約金は1,000円です。BIGLOBE WiMAXは1年契約で、違約金は1,000円です。

今の複数年の違約金が高い契約よりも、少ない負担で使うことができます。

使わないならオークション・フリマで売る

「もうWiMAXなんて二度と使わん!」と言う方は、早々にヤフオクやフリマアプリで売ってしまいましょう。

最新端末なら、状態にもよりますが8,000円~10,000円くらいで売れます。

私はテストで使うルーターを売ったり買ったりしますが、ヤフオクの方が少し高く売れる気がしています。

まとめ

この記事では、WiMAXから光回線への乗り換えで、違約金を負担してくれるサービスや、高額なキャッシュバックで相殺できるサービスを紹介してきました。

色々調べた結果、おすすめはソフトバンク光の代理店株式会社エヌズカンパニーでした。

違約金を還元してくれるだけでなく、33,000円のキャッシュバック+工事費無料でお得です。キャッシュバックの受取り手続きも簡単だし、最短2ヶ月で受け取れるところも魅力です。

光回線ならWiMAXより速く、沢山使えるのは間違いありません。WiMAXの通信速度や通信制限に困っている方は、ぜひ参考にしてください。