WiMAX(W06・WX05)の充電器はセットで買う必要ない3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
WiMAXの充電器はセットで買っちゃダメ

WiMAXを申し込もうとしている人の、

  • 充電器付いてないけど買った方がいいのかな?
  • セットで買う充電器以外でも充電できるの?
  • WX05はクレードル使うと速くなるのかな?

こういう疑問にお答えします。

この記事で分かること

  • 申し込み時にセット販売の充電器を買う必要がない3つの理由
  • W06・WX05を今持ってる充電器を使って充電する方法
  • WX05のクレードル(充電台)を使ったテスト結果

私はWiMAX充電式ルーター W06・WX05・クレードルを実際に購入して使いました。もちろんセット販売の充電器は買わず、手持ちの充電器・ケーブルを使いました。

ですからWiMAX申し込み時の「充電器を買うかどうか」の悩みにズバリお答えできます。ぜひ参考にしてください。

目次

  1. WiMAXルーターには充電器が付属していない
  2. 【理由1】今あるUSB充電器(ACアダプタ)が使える
  3. 【理由2】セット販売の充電器(ACアダプタ)は高い
  4. 【理由3】WX05のクレードル(充電台)は効果がない
  5. 【結論】WiMAXの充電器はセット買う必要ない

WiMAXルーターには充電器が付属していない

2019年10月現在販売されている充電式のWiMAX端末はW06・WX05・W05の3機種で、どれにも充電器は付属していません。

WiMAXのモバイルルーター ラインナップ(W06・WX05・W05)

ですから申し込み時に「充電器を購入するかしないか」を選択するわけですが、

近くに『USBケーブル・ACアダプタは標準で付属しておりません。』と書かれると「買った方がいいのかも」と思っちゃいますよね。値段は1,800円~3,000円です。

でも充電器はセットで買う必要ないので、絶対に【購入しない】を選びましょう。

理由は以下の3点です。

  1. 今あるUSB充電器(ACアダプタ)が使える
  2. セット販売の充電器(ACアダプタ)は高い
  3. WX05のクレードル(充電台)は効果がない

ではひとつずつ詳しく解説しますね。

【理由1】今あるUSB充電器(ACアダプタ)が使える

WiMAXルーターの充電器は特別なものではないので、今手元にあるUSB充電器で充電できます。

スマホやデジカメの充電器ありますよね?

USB充電器というのは下写真のようなものです。この3つは我が家にあったUSB充電器です。

USB充電器の写真

スマホ・タブレット・デジカメなどを買った時に付いてくる物で、コンセントに挿してUSBケーブルで端末に接続して充電します。

この充電器がひとつでも家にあれば、WiMAX端末の充電ができます。

WX05付属のUSBケーブル

WX05・W05にはUSBケーブル(上写真)が付属しているので、なにも購入する必要はないです。

「USB充電器は持ってない」という方は充電器を購入しなきゃいけませんが、WiMAX端末とセットで買う必要はありません。【理由2】セット販売の充電器(ACアダプタ)は高いから読み進めてください。

W06は変換コネクタが使えるUSBケーブルが必要

W06は下写真の変換コネクタしか付属しないので、別途USBケーブルが必要です。

W06 TypeC変換コネクタ

MicroUSB Type-BのUSBケーブルがあればいい

W06付属の変換コネクタはMicroUSB Type-Bという規格を、W06で使われているType-Cという規格に変換するものですから、片側がMicroUSB Type-BのUSBケーブルを持っていれば使えます。

少し前のAndroidスマホ・タブレットやコンパクトデジタルカメラに付属していたUSBケーブルを確認してください。コネクタが下写真の形状をしていれば、変換コネクタが使えます。

Micro USB Type-B 端子形状

Micro USB Type-B端子の形状

最近のAndroidスマホ・タブレットはType-Cを採用しているので、変換コネクタを使わずにそのままWiMAX端末の充電に使えます。(下写真は私のスマホ(ASUS ZenFone5)のUSB Type-Cケーブル+充電器)

Micro USB Type-C 端子形状

Micro USB Type-C端子の形状

iPhone・iPadの充電ケーブルは使えない

iPhone・iPad付属のUSBケーブルは、端部が下写真のLightningコネクタでMicro USB Type-BではありませんからW06付属の変換コネクタが使えません。

Lightningコネクタの写真

Lightningケーブルしか持っていない方はUSBケーブルを買わなきゃいけません。

iPhone・iPadの充電器は使えるので、買うのはUSBケーブルだけで大丈夫です。

今USBケーブルを買うなら変換コネクタを使う必要がない↓こういうUSB TypeC-Aのケーブルがおすすめです。少し高いですが、最新の急速充電規格(QuickCharge3.0)に対応しているので便利です。

【理由2】セット販売の充電器(ACアダプタ)は高い

手元にUSB充電器がない方は充電器を買うことになりますが、セット販売の充電器は高いのでやめましょう。Amazonか100均で買うのがおすすめです。

セット販売のUSB充電器の価格

WiMAX端末とセット販売されるUSB充電器は以下の2種類で、充電器をセット販売しているほとんどのプロバイダは下表 左のTypeC共通ACアダプタ 01Uを定価で販売しています。

商品名 TypeC共通ACアダプタ 01U 共通ACアダプタ05
写真 TypeC共通ACアダプタ 01U 共通ACアダプタ05
定価 2,750円(3,025円) 1,700円(1,870円)
USB端子 USB Type-C MicroUSB Type-B

まず共通ACアダプタ05ですが、こちらはUSBコネクタが現行のWiMAX端末のType-Cではないので論外です。安くても絶対買ってはいけません。

次にTypeC共通ACアダプタ 01Uですが、これは最新の急速充電規格(QuickCharge3.0)に対応している充電器なので性能が良く、急速充電非対応の充電器より速く充電できます。

ただ、充電器+USBケーブルで3,000円は高すぎます。

Quick Charge非対応機種と比較した場合、Quick Charge 3.0は約4倍もの速度で充電することができます。(充電比率80%程度までの充電を想定)Quick Charge対応機器を使用すれば、大幅に充電時間を短縮できます。

出典:Quick Charge(クイックチャージ)とは – サンワサプライ株式会社

同じ充電規格対応でも1,700円で買える

TypeC共通ACアダプタ 01Uと同じQuick Charge 3.0に対応する商品は、Amazonで合計1,700円くらいで買えますからセット販売より1,000円以上安いです。

私は2016年購入の2口の急速充電器と、スマホ(ASUS ZenFone5)付属のUSBケーブルを使って充電しています。(下写真)

W06を充電してる時の写真

対応規格はQuick Chargeではありませんが十分速いです。

充電器・USBケーブルは100均でも買える

最新規格の急速充電に対応してなくてよければ、100均・コンビニでも買えます。

充電器を購入するときは以下のような文言が書いてある商品を選びましょう。

  • 高速充電
  • 急速充電対応
  • 最大出力 5V-2A
  • 最大出力2.4A

100均だと↑こういう商品は100円じゃなくて200円、300円する場合もありますが、一番安い充電器よりもバッテリーに供給する電流の量が多いので早く充電できます。

ダイソーなら300円の以下の商品がおすすめです。2本USBケーブルが挿せて合計の最大出力2.4Aの充電器です。

ダイソー USB充電器

USBケーブルは別売りなので、片側は充電器に挿せるType-Aでもう片方がType-Cのケーブル(下写真)を買いましょう。

ダイソー USBケーブル

この2点だと「高速充電」「3.0A」と書いてある写真左のUSBケーブルがおすすめです。USBケーブルは100円で買えるので、充電器と併せて400円で揃います。

コンビニでも買えるけど高い

USB充電器・USBケーブルはコンビニでも買えますが高いです。

コンビニは定価販売なので、USB充電器が1,000~1,500円 USBケーブルが1,000円前後です。合計2,000~2,500円もします。

100均の商品より品質・性能は良いですが割高です。時間があるなら家電量販店へ行くか、Amazonで注文した方が安く揃います。

【理由3】WX05のクレードル(充電台)は効果がない

WX05には別売りオプションでクレードル(充電台)があります。

WX05 クレードル

簡単に充電できるだけでなく、補助アンテナによる「通信性能の向上効果」と、LANケーブル接続による「通信速度の安定・向上効果」があると言われていますが買うほどじゃありません。

私は実際に購入してWX05のクレードル(充電台)をテストしましたが、なんの効果も感じませんでした。

クレードルで通信品質は良くならない

補助アンテナというのは、クレードルの写真の両サイドに立ち上がってる透明な壁のような部分です。

これがあることで「通信性能が向上する」と説明書にも書いてありますが、私は全く効果を感じませんでした。

WX05 クレードルの取扱説明書

詳しい検証結果はWX05のクレードルの効果に書いていますが、↓こういう結果が出ました。

  • 電波受信レベルはほとんど変わらない
  • Wi-Fi接続での通信速度はほとんど変わらない
  • LANケーブルで接続しても通信速度が変わらない

通信品質の改善効果を期待して購入したのでとても残念でした。

私に言わせると、WX05のクレードルは充電台の効果しかありません。だから買う必要ありません。

通信速度の速さならW06がおすすめ

W06 WX05 実機比較

通信品質の向上を期待してWX05+クレードルを買うなら、W06の購入をおすすめします。

W06とWX05の比較で書いていますが、WX05よりW06の方が明らかに通信速度が速かったです。平均値だけ抜粋します。

下り(Mbps) 上り(Mbps) Ping(ms)
W06 WX05 W06 WX05 W06 WX05
平均 65.5 39.9 5.2 4.1 88.0 82.5

下り・上りはW06の勝ちで、Ping値(反応速度)だけわずかにWX05が勝っていました。

というわけで、WX05よりW06の購入をおすすめします。

【結論】WiMAXの充電器はセット買う必要ない

ここまで読んでいただいて、WiMAXの申し込み時に充電器やクレードルをセットで買う必要がないことが分かっていただけたかと思います。要点は以下の3点でした。

この記事の要点

  • 買わなくても家にあるUSB充電器で充電できるから
  • 家に充電器がなくても、Amazonや100均で買った方が安いから
  • WX05のクレードルには通信品質改善効果がないから

申し込みの最終段階で「充電器は付属してないけど買いませんか?」なんて、ひっかけ問題みたいで意地悪ですよね。間違えて高い充電器を買ってしまう人も多いと思います。

この記事を読んだ皆さんは間違わないように注意してください。

WiMAXはどこで申し込もうと考えてますか?同じサービスでも申し込み先で実質費用が3万円以上違います。以下のページで安く使えるプロバイダーを紹介しているので参考にしてください。