WiMAXにクレードルは必要かいらないかは利用者の意見で分かった件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレードルとは

WiMAXの契約で「クレードルを買うか買わないか」は誰しも悩むところです。

答えはズバリ「充電のためなら不要・有線接続できる機器があるならメリットがある」です。

これは、UQコミュニケーションズのアンケートや、WiMAX利用者への意識調査アンケートからも読み解けました。

WiMAXの契約でクレードルを買うべきかどうか悩んでいる方は参考になるはずです。そして最後には「自分にクレードルがいるのか・いらないのか」答えが出ますので最後までお付き合いください。

クレードルとは「有線接続できる充電台」のこと

クレードルとはWiMAXのルーターを乗せる台で、充電や有線接続などに使います。

WX04 クレードル

クレードルと言われると聞き馴染みがないですが充電台と言われれば分かりますよね?スマホにはありませんが、ガラケーは本体とセットで付いてきた↓これです。

ガラケーの充電台

WiMAXも本体とセットにしてくれれば「いる・いらない」と悩むこともないんですが、WiMAXは別途有料(3,000~3,500円くらい)のオプションパーツになります。

ガラケーのように充電だけに使うものではなく、LANケーブルをつないで有線接続するためにも使います。

この高くないけど安くもない微妙な価格が「買うべきか、必要ないか」悩みを深くします。

ここからはWiMAX利用者がクレードルをどう評価しているか、口コミを集めたのでユーザーの生の意見を参考にしてください。

WiMAX利用者のクレードルの評判

まず、UQコミュニケーションズの公式アカウントによるクレードルの利用方法のアンケート結果をご覧ください。

クレードルを使ってる人・使ってない人がそれぞれほぼ半々で、クレードルを使っている人の約半分が充電のみ、残りの半分が有線LAN接続に使っていることが分かります。

では実際に必要派・不要派それぞれの生の意見をご覧ください。

(ここからは独自に募集したWiMAXユーザーへの意識調査アンケートの結果です。)

クレードルはいる・必要・便利という意見

  • 帰ったらクレードルにルーターを置くのが習慣になってる。コンパクトで邪魔にならないし、充電し忘れることがなくて良い。有線LAN接続は使ったことないから使い道は充電のみ。(30代 男性)
  • 家のパソコンとWiMAXを有線接続するために買いました。有線接続した方が接続が安定するし速度も少し速くなるから重宝してます。パソコンは無線接続できてもクレードル使って有線でつないだ方が良いと思う。(40代 男性)
  • 窓際の電波の入りが良いところにほぼ置きっぱです。もうすぐ1年になるけど快適に使えてます。(30代 女性)
  • 無線LAN接続だと通信が安定しないけど、LANケーブルで接続すると途切れることもなく快適です。スマホとタブレットしかないならいらないけど、LANケーブルを挿せる機器がある人ならクレードルはあっても良いと思う。(20代 男性)
  • 3,000円そこそこで買えるんだから、買って損はないと思う。邪魔になるっていう人もいるけど、縦置きできるから逆に場所取らないし良いと思う。W05は充電時ハイパフォーマンス自動切替をONにしてると、クレードルに置くと自動でモードが切り替わるのですごく便利です。(50代 男性)

クレードルはいらない・無くてもいいという意見

  • 家は光回線だからWiMAX使わないし、充電はiPadのACアダプタで普通にできるから別に困ったことないです。(30代 女性)
  • クレードルは「使うだろう」と思って買ったけど、結局使わなくなってしまった。期待してたほど速くならないし、クレードル使うより窓際の電波がよく入る場所に置いた方が効果がありました。(30代 男性)
  • パソコンは無いし、PS4とか有線LAN接続する機器も持ってないから別にいらないと思ったから買わなかった。(20代 男性)
  • ほぼ持って出てて家に置いてることはないので買いませんでした。逆に自宅専用のネットで使うならあっても良いと思う。(30代 女性)
  • クレードルに置きっぱなしにしてたらバッテリーが過充電で膨張してパンパンになってクレードルに置けなくなった。初期不良だったようで無償交換してもらえたし、ファームウェアのアップデートで交換後に再発はしなかったけど、何かと面倒でうんざりした。(40代 男性)

まとめ『充電のためだけならいらない、有線接続したい人だけ』

ひとりひとり意見がバラバラでまとめにくいですが、要点をピックアップすると

  • 充電はクレードルがなくてもできる
  • コンパクトだからあっても邪魔にはならない
  • クレードルで有線接続すると接続が安定する
  • モード切替の手間が省けるのが便利(W05)

このような結果になりました。

有線LAN接続を使わない人で充電台としてしか使わないならクレードルはいらない。逆に有線接続したい人や、少しでも通信品質を上げたいならクレードルがあると良いと言えます。

どうしてこういう結論になるのか、WiMAXルーターの充電と有線接続についてもう少し掘り下げて解説します。

充電のためだけならクレードルは要らない

WiMAXルーター本体にはUSBケーブルが付属しているので、パソコンのUSBジャックやスマホ・タブレットのACアダプターに挿せば充電できます。クレードルは必要ありません。

USBケーブル・ACアダプター

写真左がUSBケーブルで、右はiPhoneの純正ACアダプターです。この2つだけでWiMAXルーターの充電はできます。

WiMAX利用者の評判に「コンパクトだから邪魔にならない」「縦置きできて良い」という意見もありましたが、そのためだけに3,000~3,500円は高いと思います。

ですから私は「充電のためにクレードルを買う必要はない」と思います。

本体にもクレードルにもACアダプタは付属してない

実はルーター本体にもクレードルにもACアダプタは付属していません。

これは意外と知られてなくて箱を開けて驚く方も多いです。

スマホやタブレットを持っている人なら必ず1つや2つあるはずですから不便はしません。でも、ACアダプタくらい付けてくれても良いような気がします。

もしUSBのACアダプタがなければ、Amazonや楽天でも買えるしダイソーなら200円で買えます。

クレードルの「有線接続できる」だけじゃないメリット

クレードル LAN接続

WiMAXはクレードルを使って有線接続することで、

  • 「通信速度が速くなった」
  • 「接続が安定した」
  • 「通信が途切れなくなった」

という意見がありました。「古いパソコンで無線LAN接続できないから」ではなく「あえて有線接続するメリット」があるわけです。この点をもう少し詳しく解説します。

クレードルで通信品質が良くなった人の口コミ

アンケートだけでなくネットにも同じ意見がありました。

WX03でWウィングアンテナの効果を体感しました!

WiMAX2+のエリアギリギリの場所で、通信品質が実用範囲なのか知るためにTry WiMAXでWX03を借りました。

その際、クレードル有り・無しで電波インジケータ―の違いを撮りました。

WX03 クレードル無し

上がクレードル無し・下がクレードルありです。

WX03 クレードルあり

電波インジケータ―の目盛りが明らかに変化しました。

電波状況が良い場所では変化はないですが、このように悪い場所だとクレードルの有無による電波状況にハッキリ違いを感じられます。

有線接続で通信品質が良くなる理由

WiMAXを無線接続(Wi-Fi)で使う場合、WiMAXルーターと接続機器(スマホ・タブレット・パソコンなど)は電波でつながっている状態です。

無線接続に使う電波の周波数は2.4GHz帯5GHz帯の2種類があります。

2.4GHz帯はBluetoothや無線接続のキーボードやマウスに使われている周波数で、コードレス電話や電子レンジなどの家電にも使われています。

同じ周波数帯の電波は干渉しやすいので、通信速度が落ちたり場合によっては接続が途切れることもあります。

「電子レンジを使うとネットが遅くなる」というのはこの電波干渉の影響です。

一方5GHz帯はというと、あまり使われていない周波数なので電波干渉は少なく通信速度も速いですが、壁や家具など障害物に弱く電波が遠くまで届きにくい特徴があります。

それが有線接続だとLANケーブルで直接つながるので、電波のように外部要因の影響を受けません。有線接続だとWiMAX本来の通信速度が出るわけです。

WiMAXをデスクトップパソコンやPS4など有線接続できる機器で使うなら、クレードルを使った有線接続がおすすめです。

クレードルを買うならセット購入がベスト

クレードルはWiMAXを契約するときに本体とセットで購入するのが安いです。

別売りで後から買うこともできますがセット購入より高くなってしまいます。

WX05 クレードルの価格

2019年5月現在の最新端末 WX05のクレードルの価格がこちらです。特記がない場合は税別価格

プロバイダー(セット)

プロバイダー 価格
UQ WiMAX 2,700円
GMOとくとくBB(キャッシュバック) 実質3,000円
カシモWiMAX 3,500円
@nifty WiMAX 3,565円
GMOとくとくBB(月額割引) 3,686円
BIGLOBE WiMAX
So-netモバイルWiMAX
Broad WiMAX

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは、キャッシュバック額の減額分を実質費用として記載しています。

ネットショップ(別売り) 2019年5月2日時点

ショップ 価格
楽天 3,769円(送料・税込)キャラバンユウ楽天市場店
UQアクセサリーショップ 3,686円+送料540円
Amazon 4,178円(送料・税込)

UQ WiMAXが2,700円で最安ですが、この価格にはカラクリがあります。

UQ WiMAXのWX05 販売価格

まず、本体だけでも端末代が3,800円必要で、それがクレードルセットになると6,500円になって差額が2,700円というだけで全然安くありません。

一番安いのはGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの実質3,000円です。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用する方は、同時購入しないと損です。

その他の販売店なら、契約時にセットで買ってもあとでAmazon・楽天で買ってもほぼ同じでした。

まとめ

WiMAXのクレードルが「必要か・必要ないか」答えは出ましたでしょうか?

充電のためだけなら必要なくて、有線接続できる機器がある人は接続が安定して速度が速くなる可能性があるのでクレードルがあると良いです。

WX05+クレードルがおすすめ

デスクトップパソコンやPS4など有線接続できる機器をWiMAXで使うなら、クレードルを使って有線接続した方が通信速度が安定します。

有線接続できる機器を持っていないなら、クレードルは必要ないので本体のみで契約しましょう。