WiMAXで観るAmazonプライム 画質や時間数・速度制限を解説

「WiMAXでAmazonプライム観れるかな?」と気になって調べていますね。

大丈夫です!WiMAXでバッチリAmazonプライムビデオを観られます。今はプライム会員を止めたので観ていませんが、プライム会員だった頃はWiMAXで毎日Amazonプライムのアニメを観ていました。

スマホのデータ通信で観てた頃より、通信量を気にせずたっぷり観られるようになりました。Amazonプライムビデオをよく観る方にWiMAXはおすすめです。

とは言え、WiMAXも無制限ではないので画質や時間などに少し注意しないといけません。

このページを読んでもらえれば、以下の3点が分かる内容になっています。

  • Amazonプライムビデオを観た時の通信量の目安と実測値
  • 速度制限を受けずに観られる画質と時間
  • WiMAXが速度制限された時に見られるのかどうか

最後にAmazonプライムを観るのにおすすめのWiMAX端末も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

続きを読む

WiMAX2+のホームルーター比較!L02・HOME01を使った感想

WiMAX2+のホームルーター「L02とHOME01 どっちが良いんだろう」と思って調べていますか?

このページでは、私が実際に両方の機種を使って試した比較レビューを書いています。そして、L02とHOME01のどちらが良いのかもハッキリ断言しています。

↓以下のような公式のスペックの数値では計れない内容で、ホームルーターの使用感に直結することばかりです。

  • 実際にテストした通信速度
  • アンテナの感度と受信レベル
  • Wi-Fi接続の安定感
  • Wi-Fi電波の飛距離 など

WiMAXのホームルーター選びで悩んでる方は必ず参考になります。ぜひご覧ください。

最新機種「HOME02」発売

2020年1月にHOME01の後継機WiMAX HOME 02が発売されました。

そしてHOME01は主要プロバイダーで取り扱い終了しました。ですから、今WiMAXのホームルーターを比較するなら「HOME02とL02」です。

そして私のおすすめはL02です。詳しくはHOME02 レビューに書いています。ご覧ください。

続きを読む

WiMAX HOME 01の使用者によるレビュー 私がおすすめしない理由

WiMAX HOME 01を本当に使った私のレビュー

「WiMAX HOME01をホントに使ってる人の感想聞きたいな」と思って調べていますね。

私は本当にHOME01を買って使いました。

メインはライバル機種のSpeed Wi-Fi HOME L02ですが、どうしても気になったのでHOME 01も買ってしまいました。

レビューをシェアするので、ぜひ参考にしてください。

いきなり要点を書いてしまいますが、L02と比べてHOME01は「洒落にならないくらい通信速度が遅い」です。私がテストした結果では下りの数値で100Mbps以上も違うことがありました。

このページを読むだけで、HOME01を買うべきか否かがハッキリ決まります。WiMAXのホームルーターの機種で悩んでる方は必読です!

後継機 HOME02発売(2020年1月30日)

HOME01の後継機 HOME02が発売されて、HOME01は販売終了しました。このページはHOME01のレビューですから、今後はHOME02 レビューをご覧ください。

続きを読む

使用者によるSpeed Wi-Fi HOME L02の詳しすぎるレビュー

WiMAXのホームルーターが気になってる方の、

  • Speed Wi-Fi HOME L02の性能はどうなのかな…。
  • 実際に使ってる人の通信速度の感想が知りたい。
  • ライバル機種のHOME02とどっちがいいんだろう…。

こういう疑問にお答えします。

この記事で分かること

  • Speed Wi-Fi HOME L02のどこよりも詳しいレビュー
  • HOME02とL02の比較と「どちらを選ぶべきか」の結論
  • L02を安く安心して契約できるキャンペーン

私はSpeed Wi-Fi HOME L02を自宅兼事務所のネット回線として毎日使っています。HOME02やモバイルルーターも色々試した上でL02を選んだという経緯があるので、レビューには自信があります。

我が家はピンポイントエリア判定で「△」の場所ですが、アンテナ・Wi-FiがパワフルなSpeed Wi-Fi HOME L02のお陰で快適にネットが使えています。

L02の性能が気になってる方は絶対に参考になるので、ちょっと長いですが最後までご覧ください。

続きを読む

WiMAX契約前に必読 ハイスピードプラスエリアモードの全解説

WiMAXの「ハイスピードプラスエリアモードってよくわからないな」と思って調べていますね。

簡単に言うとWiMAXの端末でauのスマホ回線で通信するモードです。WiMAXの電波よりも「エリアが広い・速度が速い・つながりやすい」ので便利な通信モードです。

でも、通信量や制限の条件でメインでは使えない予備の通信モードですから、ハイスピードプラスエリアモードでの利用を前提にWiMAXを契約してはいけません。

スマホ回線(LTE)をメインに使いたい方は別のサービスを選ぶべきです。

このページを読めば、ハイスピードプラスエリアモードの注意点・メリット・使い方を理解していただけます。ぜひ参考にしてください。

続きを読む

Youtubeのデータ通信量の目安を画質ごとに検証&上手に減らす方法

Youtubeを見るとどれくらい通信量を消費するか気になりますよね。

スマホのパケット量が足りなくて「ユーチューブ見たいけどパケ死が怖くて我慢してる」なんて人もいると思います。

そんな方のために、Youtubeの10分動画で画質ごとにデータ通信量を測定し、1時間・1ヶ月の目安の通信量を算出しました。

残りの通信量と照らし合わせて、Youtubeをどの画質で観ればいいか判断できます。

他にも「Youtubeのデータ通信量を減らす方法」も詳しく解説しています。来月から我慢せずYoutubeが観られるように対策しましょう。

私は最近、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションで、Youtube見放題になりました!月額480円です。レビュー記事もご覧ください。

続きを読む

WiMAXの速度制限を徹底解説!3日10GB制限の全てが分かるページ

WiMAX気になってるけど「速度制限されまくったら嫌だな」と思って調べていますね。

速度制限される条件は3つありますが、一番気になるのはギガ放題プランの3日10GBの制限だと思います。

このページで以下の3点の疑問が解決できます。

この記事で分かること

  • 制限速度ってどれくらいなの?
  • 本当にユーチューブが普通に見れるの?
  • どれくらい使うと制限されるの?

私は自宅兼事務所でWiMAXのホームルーターL02をネット回線として使っています。そんな私がが「実際に速度制限を受けた感想」を詳しくレビューしていますので内容は確かです。

このページを最後まで読んでもらえれば、WiMAXの速度制限のすべてが分かります。契約前に絶対知っておいた方がいい内容なので、WiMAXを契約しようか悩んでる方は必見です。

続きを読む

WiMAXは無制限じゃない!契約前に知るべき3日10GB制限の現実

「WiMAXって無制限なのかな」と気になって調べていますね。

「ギガ放題」とか「月間データ容量上限なし」など、思わせぶりな言葉でPRしているので「無制限なのかも」って思っちゃいますよね。

結論から言うと「WiMAXには通信量に応じた速度制限があります!」無制限ではありません。

無制限だと思って契約すると必ず後悔するので、WiMAXの制限がどういう条件なのか理解した上で申し込みましょう。

WiMAXの通信量・速度制限についてハッキリ分かっていない人は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

WiMAXを最安で使えるプロバイダー6選【使い方で安い業者は違う!】

「WiMAXを最安値で使いたい」と思って調べていますね。

ここではプランや端末・使用期間など、以下の6つのパターンそれぞれの最安プロバイダーを紹介しています。

  • とにかく最安で使いたい
  • 最新端末を使いたい
  • 1年だけ使いたい
  • 通常プラン(7GBプラン)で使いたい
  • 口座振替で使いたい
  • レンタルで使いたい

最後まで読んでいただければ、自分の使い方にあった最安値のWiMAXプロバイダーが見つかります!

他のサイトの「●●が最安」と断定して発信してる情報には注意してください。

その契約と自分の希望(プラン・端末・支払い方法など)が違っていたら、それは自分にあった最安なプロバイダーとは言えません。

繰り返しになりますが「自分の使い方にあった最安のWiMAXを選ぶ」のが大切です。

続きを読む

AKG K550の改造 リケーブル化(ソケット取付)&ケーブル短縮してみた

純正ケーブル短縮化 完了後

AKG K550をリケーブルできるように改造しました。

私は普段電化製品を改造したりするタイプではないので、道具を買い揃えるところから始めましたが、改造は無事に成功しました。

私が行った改造は↓この2点です。

改造後3ヶ月使っていますがノイズもなく快適に使えています。K550のケーブルの長さに困ってる方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む