iPhoneとアンプ+スピーカーで高音質で音楽を聴く方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
iPhone+アンプ+スピーカーのイラスト

当記事では、iPhoneからアンプとスピーカーに繋いで、高音質・大音量で音楽を聴く方法を紹介します。

私はオーディオマニアじゃないので、安物の機材しか使っていません。トータル2万円くらいで再現できます。

「iPhoneの音楽をスピーカーで聴きたい!」と思ってる方は、ぜひ参考にしてください。

安物でも本物のスピーカーで聴くと、音が良いし「音楽を楽しんでる」雰囲気が出るのでおすすめです。

iPhoneに記録している音楽だけでなく、LINE MUSICなどのサブスクの音楽もスピーカーから高音質で聴けちゃいますよ。我ながら気に入っていますwww

ここで紹介しているのは有線接続なので、Bluetoothなどワイヤレスの機材を使いたい方は、他のサイトをご覧ください。

目次

  1. iPhoneからスピーカーに出力する2つの方法
  2. 私のiPhoneオーディオ機材の紹介
    • DAC(FX-AUDIO DAC-X6J)
    • アンプ(FX-AUDIO FX202A/FX-36A PRO)
    • スピーカー(パイオニア S-LM2B-LR)
    • プレーヤー(FiiO X3 2nd generation)
  3. 【まとめ】iPhoneでも高音質で音楽が楽しめる!

iPhoneからスピーカーに出力する2つの方法

iPhoneからスピーカーに出力するには以下の2つの方法があって、私は2つめの方法を使っています。

  • イヤホンジャックから音を直接出力する
  • デジタルデータを外部機器(DAC・アンプ)に出力する

私が後者を選んだ理由は単純で「音が良さそうだから」です。

イヤホンジャックからの出力を選ばなかった理由

イヤホンジャックからアンプ内蔵のスピーカー(アクティブスピーカー)に直接つないで音を出す方が、機材は少ないし簡単なんですが、それってイヤホンで聴いてる音を大きくしただけなんです。

私は↑これじゃ嫌だったんです。

折角スピーカーを導入して音楽を聴くなら、少しでも良い音(=イヤホンで聴く音じゃない音)で聴きたいと思いませんか?

実際過去にイヤホン端子で繋ぐだけのスピーカーを、いくつも買って使いましたが満足できませんでした。下写真のようなスピーカーです。左から

  • サンワサプライ マルチメディアスピーカー(MM-SPS1BK)
  • Creative Inspire T10 R3(IN-T10-R3)
  • FOSTEX アクティブスピーカー PM0.3(B)

私が過去に買ったアクティブスピーカー

一番左の丸い小さいのは論外ですが、他二つは出力も大きくてそれなりに良い音だと感じました。でも満足できなくてやめました。もうどれも手元に残っていません。

そして今のDAC・アンプを使う方法にたどり着きました。

正直に言うと、音質の差はアクティブスピーカーとすごい差があるわけではありません。機材が安ものですからね。でも素人ながら差は感じます。

分かりにくいのでカメラで例えると、iPhone11 Pro MAXとミラーレス一眼くらいの差はあると私は思ってます。

というわけでこのページでは、iPhoneからDAC・アンプ・スピーカーを使って音楽を聴く方法を紹介します。

私のiPhoneオーディオ機材の紹介

私のiPhoneを使ったオーディオ機材の全体が↓こちらです。

私のiPhone オーディオシステム

流れはiPhone ⇒ DAC ⇒ アンプ ⇒ スピーカーの4段階です。(パソコン・ディスプレイが目立ちますが、オーディオとは一切接続されていません。)

  • iPhone:iPhone8 Plus
  • DAC:FX-AUDIO DAC-X6J
  • アンプ:FX-AUDIO FX202A/FX-36A PRO
  • スピーカー:パイオニア S-LM2B-LR

ちなみに、iPhoneも含めて全部中古です。それぞれの価格が↓こちら。

  • iPhone 30,000円(ラクマ)
  • DAC 4,750円(メルカリ)
  • アンプ 2,900円(メルカリ)
  • スピーカー 5,650円+送料 1,030円(ヤフオク)

iPhoneはスマホですからオーディオ分から除いて、合計14,330円です。

厳密に言えば、スピーカーケーブルや各機材の接続用のオーディオケーブルなども買ってるので、トータル2万円くらいになってると思います。(スピーカースタンドは必要ないので除外しました。)

DAC(FX-AUDIO DAC-X6J)

DACは「Digital Analog Converter」の略で、スマホから出力されるデジタル信号を、耳に聴こえるアナログの音声信号に変換する機材です。

価格はピンキリで、高いものは10万、20万円以上の物も沢山あります。私がFX-AUDIO DAC-X6Jを選んだ理由は、「安い」「コンパクト」「チップを交換できる」の3点です。

FX-AUDIO DAC-X6J

中は下写真のような簡素な作りで、チップ(オペアンプ)を交換すると、音質の変化が楽しめます。

DAC-X6J 中身

純正はOPA2134というオペアンプですが、私が購入した中古はMUSE8920に交換済みで、更に自分でMUSE02に交換しました。こういう小細工が楽しめるのも魅力です。

新品だと↑これくらいの価格ですが、ヤフオクやメルカリに結構中古が出ているので、中古が気にならない人はおすすめです。ACアダプターが別売りなので、セットになってる中古が特におすすめ。

iPhoneとの接続はUSBケーブル

iPhoneとの接続はUSBケーブルを使っています。ただ、USB TypeB ⇔ Lightningなんて都合の良いUSBケーブルはありません。

DACとiPhoneの接続ケーブル

ですから、昔使っていたプリンターのUSBケーブル(USB TypeB ⇔ TypeA)に、USB TypeA(メス)⇔ Lightningという変換ケーブルを使って接続しています。変換ケーブルは↓こちら

本当はオーディオ用の高価なケーブルやアダプターを使うべきなんでしょうが、私はそこまで細かくこだわっていません。

アンプ(FX-AUDIO FX202A/FX-36A PRO)

アンプはDACから出力された音を、増幅させてスピーカーに届ける機材です。

FX-AUDIO FX202A/FX-36A PRO

これを選んだ理由は「安い」「コンパクト」はDACと同じで、「評判が良い」の3点です。Amazonのレビューで、多くの人が「値段以上だ」と評価しています。

私はこれしか使ったことがないので比較できませんが、良い音だと思います。DACと同じメーカーで、サイズも似ていたので収まりもバッチリです。

DACとはピンケーブル・スピーカーとはスピーカーケーブル

DACとアンプの接続は、端子がピン形状のRCAオーディオケーブル(下写真)で接続しています。

AT564A/1.0

ピン オーディオケーブル

アンプとスピーカーは、スピーカーケーブル(下写真)で接続しています。

スピーカーケーブル

端部にバナナプラグという端子が付いたスピーカーケーブルを買うと、抜き差しが簡単みたいですが、私はプラグが付いていない物を買ったので直接繋いでいます。交換しないので不便しません。

スピーカー(パイオニア S-LM2B-LR)

スピーカーは、言わずもがなですが最終的に音が出る箱です。私はパイオニア S-LM2B-LRを選びました。

パイオニア S-LM2B-LR

スピーカーは値段もですが、ブランド・サイズ・形・素材など選択肢が多すぎて、素人には何を選んだらいいかサッパリわかりません。これを選んだ理由は「安い」「サイズ」「材質」です。

私の場合、コンパクトじゃないとデスクに置けないし、スピーカースタンドのサイズがあったので、かなり絞り込めました。あとは、木目が見える材質が良かったので、これに決めました。

ヤフオクでほぼ無傷の中古が5,650円だったので安く買えたと思います。定価は20,381円もするもののようです。

公式ページ:S-LM2 シリーズ | オンキヨー&パイオニア株式会社

音質も充分満足しています。低音もしっかり出るし、中高音ものびやかに鳴ります。必要十分すぎる音質です。

【まとめ】iPhoneでも高音質で音楽が楽しめる!

ここまで紹介したDAC ⇒ アンプ ⇒ スピーカーのセットに、iPhoneを接続して音楽を楽しんでいます。

iPhoneのロックを解除してLightningケーブルを挿すだけで、自動でDACを認識してDACに出力してくれます。(稀にiPhoneのスピーカーから音が鳴ることがありますが、Lightningの抜き差しで直ります。)

iPhoneにDAX-X6Jを接続した画面

iPhoneのスピーカーから聴くより絶対に音が良いし、DACやアンプの効果で解像度や定位感をしっかり感じられます。iPhoneがしっかり高音質なオーディオとして機能してくれます。

左右分離タイプのスピーカーで音楽を聴くと、それだけでワンランク上に感じます。もっと良い機材を使えば音質も向上するんでしょうが、私は今の音で満足してます。

iPhoneに保存してる音楽ファイルだけでなく、LINE MUSICなどのサブスクの音楽も聴けますよ。

DACから直接ヘッドフォン・イヤホンでも聴ける

私のiPhoneはイヤホンジャックがないiPhone8 Plusなので、手持ちのヘッドホン・イヤホンを直挿しできませんが、DACにイヤホンジャックがあるのでDAC経由で使っています。

DACを通すので音質も上がるし、有線ヘッドホン・イヤホンが使えるし一挙両得です。

ステレオミニプラグ変換アダプター

ただDACのイヤホンジャックは、普通の細いタイプじゃない太い6.3mm標準ジャックなので変換プラグが必要です。私が買った物は500円くらいです。

手間だけど楽しいiPhoneオーディオ

ここまで長々と書いてきましたが、iPhoneにアンプ・スピーカーを繋いで音楽を聴く方法でした。

こうして振り返ってみると、メインの機材以外にも細かいものを色々買って「浪費してる」と反省しました。

iPhoneの音楽をスピーカーで聴くだけなら、Bluetoothのスピーカーを1個買えば済む話しなんですが、中古の安い物とは言えこんなに機材を揃えているんですからね。

これは「音楽は有線で繋いで聴きたい」という昭和生まれの古めかしいこだわりでしょうね。共感できる方は参考にしてくださいwww