【決まる!】ビッグローブ光とソネット光の比較と間違いない選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビッグローブ光・ソネット光 徹底比較

ビッグローブ光ソネット光プラスで、どちらにしようか迷ってますね?どちらも光コラボの人気サービスです。

このページでは、以下の5つの項目で両者を徹底比較して「どっちが良いか」を検証しました。

  • 月額料金
  • 工事費
  • 無線LANルーター
  • スマホとのセット割
  • 解約金

いきなり結果から言うと、以下の3つの答えが出たので、自分が該当するケースで選んでもらえば間違いありません。

ひとつに絞れたら良かったんですが、使う人の状況によって条件が変わるので結果もおのずと変わります。本文でこの結果になった理由を詳しく解説しています。

目次

  1. ビッグローブ光とソネット光の比較
    • 【比較1】月額料金はソネット光プラスの方が安い
    • 【比較2】工事費はビッグローブ光の方が負担が少ない
    • 【比較3】無線LANルーター永年無料のソネット光プラス
    • 【比較4】スマホとのセット割はビッグローブ光の方が豊富
    • 【比較5】解約金は同じだがビッグローブは移転工事費無料
    • おすすめ! 【結論】どっちがお得かは「スマホのセット割」で決まる
  2. まとめ

ビッグローブ光とソネット光の比較

ビッグローブ光とソネット光プラスの比較の前に、共通点を理解しておきましょう。両者はエリア・回線設備・最大通信速度が同じです。

どちらも光コラボレーションの光回線で、NTT東日本・西日本のフレッツ光が使えるエリア全域に対応しています。地域や建物で「どちらか一方だけ使える・使えない」ということはありません。

使用する回線設備も同じですから、最大通信速度も1Gbps(1000Mbps)で同じです。

この共通点を踏まえて、「月額料金・工事費・無線LANルーター・スマホとのセット割・解約金」の5項目で比較します。

各項目の比較より結論を早く知りたい方は【結論】どっちがお得かは「スマホのセット割」で決まるをご覧ください。

【比較1】月額料金はソネット光プラスの方が安い

月額料金はソネット光プラスの方が安いです。

下表の通り、3年間で戸建て28,800円・集合住宅30,000円も差があります。

戸建て 集合住宅
ビッグローブ光 ソネット光 ビッグローブ光 ソネット光
1・2年目 4,980円 3,480円 3,980円 2,480円
3年目 4,980円 5,580円 3,980円 4,480円
合計 179,280円 150,480円 143,280円 113,280円

ビッグローブ光には25,000円のキャッシュバックがありますが、差額からキャッシュバックを引いても戸建て3,800円・集合住宅5,000円もソネット光の方が安いです。

月額料金だけを比較すれば、ソネット光プラスの安さが目立ちますが、料金は「工事費・スマホとのセット割」も大きく関係してきますので、月額料金の差だけで決め手はいけません。

【比較2】工事費はビッグローブ光の方が負担が少ない

工事費はどちらも実質無料ですが、ビッグローブ光の方が負担額は少ないです。

実質無料というのは「分割払いの支払額と同じ額を毎月割引してくれる」仕組みで、分割支払いが終わるまで解約しなければ無料になります。

「実質無料なのに負担額に差がある」というのがどういう事かというと、どちらも「契約期間よりも分割支払いの期間が長い」ので、1回目の更新月で解約すると工事費の残債の支払いが発生します。

戸建て 集合住宅
ビッグローブ光 ソネット光 ビッグローブ光 ソネット光
工事費 30,000円 24,000円 27,000円 24,000円
支払い額 750円×40回 400円×60回 675円×40回 500円×48回
残債 3,000円 9,600円 2,700円 6,000円

ソネット光プラスの方が工事費自体は安いですが、支払い期間が長いので3年で解約した場合の残債が多くなります。

ですから戸建て6,600円・集合住宅3,300円 ビッグローブ光の方が安いです。

3年で解約しなきゃいいんですが、どちらも特典(キャッシュバック・月額料金割引)は受取り終わっているので、2回目の3年間はかなり割高になりますし、途中解約すると20,000円の解約金が発生します。

ですから、更新月に解約して他の光コラボに乗り換えて特典を受け取るのが得策です。

【比較3】無線LANルーター永年無料のソネット光プラス

インターネットに無線接続するのに必須の無線LANルーターを、ソネット光は永年無料で貸してくれます。

一方ビッグローブ光は、1年間だけ無料なので、2年目からは500円/月で「レンタルを継続する」か、「自分で購入する」かの二択になります。

無線LANルーターは機種にもよりますが8,000円程度なので、2年目・3年目の2年間使うことを考えたら、自分で購入した方が良いです。

というわけで、無線LANルーターに関してはソネット光プラスの方が8,000円負担が少ないです。

【比較4】スマホとのセット割はビッグローブ光の方が豊富

スマホとのセット割はビッグローブ光の方が種類が多いです。

ビッグローブ光 ソネット光
・auスマートバリュー
・auセット割
・光☆SIMセット割
・auスマートバリュー

auスマートバリューは両方使えますが、auセット割・光☆SIMセット割はビッグローブ光のみです。

このスマホとのセット割の選び方が重要なので、詳しく解説します。

auスマホが3台以上あるなら【auスマートバリュー】

auスマホが3台以上あるならauスマートバリューが適しています。最大10台までスマホ料金が1台あたり最大1,000円安くなりますから、台数が多いほどお得です。

ただし、ひかり電話サービスを利用するのが条件になります。

ひかり電話が本当に必要ですか?

ひかり電話は光回線を使った固定電話のことで、基本料500円+通話料がかかります。

基本料は従来の固定電話の1,700円よりはかなり安いし、通話料も全国一律8円/3分で安いです。

ただ、1人1台スマホを持つ時代に固定電話の必要性は下がっています。私はADSLを解約した時に固定電話も廃止しましたが、全く不便はありません。

ひかり電話の基本料は、auスマホ1台分の割引で相殺できますから負担増にはなりませんが、「スマホの割引を受けるためだけのひかり電話」なら固定電話を止めるという選択肢もアリです。

auスマートバリューがauスマホのセット割の王道ですが、「ひかり電話の必要性」と併せて「今後も高いauを使い続けるのか」も考えた方がいいでしょう。

auスマホ1、2台だけなら【auセット割】

auスマホが1、2台だけならauセット割が適しています。割引が適用されるのは1台だけですが、スマホのプランによって500円か1,200円光回線の料金が割引されます。

auスマートバリューと違うのは、光回線の料金が割り引かれるところと、ひかり電話を使う必要がないところです。

ですから、固定電話が必要なくて、auスマホの台数が少ない方は、auスマートバリューよりもauセット割がおすすめです。

公式ページ:auセット割|ビッグローブ光

格安SIM(BIGLOBEモバイル)を使うなら【光☆SIMセット割】

今、格安SIMのBIGLOBEモバイルを使ってる方や、今後「格安SIMに乗り換えたい」と考えている方は、光☆SIMセット割が適しています。

BIGLOBEモバイルの利用料が実質500円安くなります。
(内訳は利用料の割引が300円にベーシックコース月額料金200円が必要なくなって、合計500円です。)

割引額は大きくありませんが、元々安い格安SIMの料金からの500円引きですから、割引き比率は大きいです。例えば3ギガプランだと、月額1,600円ですが1,100円で使えるようになります。

【比較5】解約金は同じだがビッグローブは移転工事費無料

解約金の金額はどちらも20,000円で同じですが、解約に関係する条件が少し違います。表にまとめました。

ビッグローブ光 ソネット光
解約金 20,000円
更新月 36ヶ月目(1ヶ月) 37・38ヶ月目(2ヶ月)
移転工事費 無料 9,000円

引っ越しする時の移転工事費が無料なのがビッグローブ光で、更新月が長いのがソネット光です。

2つの違いのうち「移転工事費無料」の方がメリットが大きいと思うので、契約期間の3年以内に引っ越しする可能性がある方は、ビッグローブ光がおすすめです。

更新月はスマホの通知設定をしよう!

光回線の更新月は忘れやすいので、スマホのカレンダーアプリやリマインダー機能で、更新月に通知が届くように契約時に設定しましょう。

解約金無料で解約できる更新期間は、短いより長い方が絶対に良いですが、「1ヶ月で忘れる人は2ヶ月あっても忘れる」と私は思います。そもそも3年後の更新月を覚えておくなんて無理な話です。

ですから、更新月の長さで選ぶよりも「忘れない対策をする」方が得策です。

【結論】どっちがお得かは「スマホのセット割」で決まる

ここまで「月額料金・工事費・無線LANルーター・スマホとのセット割・解約金」の5項目で比較してきましたが、結論は『どっちがお得かは「スマホのセット割」で決まる』です。

まず、セット割を無視した料金の差が↓こちです。

戸建て 集合住宅
ビッグローブ光 ソネット光 ビッグローブ光 ソネット光
月額料金 179,280円 150,480円 143,280円 113,280円
キャッシュバック ▲25,000円 なし ▲25,000円 なし
解約時の工事費残債 3,000円 9,600円 2,700円 6,000円
無線LANルーター 8,000円 永年無料 8,000円 永年無料
総額 165,280円 160,080円 128,980円 119,280円
差額 -5,200円 -9,700円

ソネット光の方が戸建て5,200円・集合住宅9,700円安いという結果になりました。

ですから、どちらでも使える「auスマートバリューを使う場合」「セット割を使わない場合」は、差額は変わりませんのでソネット光の方がお得です。

でも「auセット割を使う場合」は、最大で月額1,200円の割引を受けられるので3年で総額43,200円になります。差額を大きく上回るのでビッグローブ光の方がお得になります。

最後に「光☆SIMセット割を使う場合」は、月額500円スマホ代が安くなるので3年で総額18,000円になります。

この割引額だと、戸建て・集合住宅どちらもSo-netの差額を大きく上回るので、ビッグローブ光の方がお得になります。

【公式】ビッグローブ光はこちら

【公式】ソネット光プラスはこちら

 

まとめ

ここでは、光コラボの人気サービス ビッグローブ光とソネット光プラスを比較して、どっちを選ぶべきかを解説してきました。

そして以下の結論となりました。

比較した「月額料金・工事費・無線LANルーター・スマホとのセット割・解約金」の5項目では、それぞれ優劣がありましたが、総合すると「スマホのセット割で決まる」という結論にいたりました。

ビッグローブ光とソネット光プラスで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。