安すぎ!? OCNモバイルONE 新コースの知っておくべき注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
OCNモバイルONE 新コース アイキャッチ画像

OCNモバイルOENの新コースが気になってる人の、

  • なんでこんなに安いんだろう…。
  • 落とし穴とかデメリットはないかな…。
  • 従来のコースとの違いは?

こういう疑問や不安にお答えします。

この記事で分かること

  • 新コースを申し込む前に知っておくべき注意点
  • 従来のコースと新コースの違い
  • 新コースを活用して無制限に安くスマホを使う方法

OCNモバイルONEの新コースは、従来コースや他の格安SIMと比べて安いのが魅力です。でも「なんで安いのか」が分かりませんよね?←実はここに注意点が隠れています。

私自身が今使っている格安SIM(BIGLOBEモバイル)から、OCNの新コースに乗り換えようと考えているので、徹底的に調べ上げました。ですから、同じように迷ってる方は参考になるはずです。

注意点さえ理解して納得できていれば、OCN モバイル ONEの新コースはコスパ最強の格安SIMですから、前向きに検討する価値は充分にありますよ!

目次

  1. 【注意点】高速・低速 2段階の通信量制限がある
    • ギガ死の後の「ダメ押し速度制限」
    • 節約モードが使い放題じゃない
    • 新コースから従来コースには変更できない
  2. 速度制限以外の新コースと従来コースの違い
  3. 【まとめ】注意点はあるが現在コスパ最強
  4. 【プラス1】新コース1GB+モバイルルーター

【注意点】高速・低速 2段階の通信量制限がある

OCNモバイルONEの新コースは、高速・低速 2段階の通信量制限があります。

従来のコースや他の格安SIMは、高速通信量を使い切ったあと月末までは、遅いながらも一定の速度で通信できまきます。

でも、新コースだとダメ押しでもう1段階速度制限が強化されるんです。

ちょっと分かりにくいので言い換えると「低速通信モードにも通信量制限がある」ということです。

ここを理解しないと、OCNモバイルONEの新コースは契約してはいけません。

特に注意してほしいのが↓以下の使い方をしている方です。

  • よく高速通信量が足りなくなる(ギガ死する)人
  • 高速通信オフで通信量を節約している人

以下で詳しく解説しているのでご覧ください。

ギガ死の後の「ダメ押し速度制限」

これについて公式ページでは以下のように書いていますが、正直分かりにくいです。

OCN モバイル ONEでは、当日または当月の基本通信容量と基本通信容量の繰り越し容量の合計通信量を超えた場合、通信速度が送受信時最大200kbpsの低速通信になりますが、新コースでは、月内の低速通信の通信容量が、基本通信容量の半分を超過した場合、低速通信の速度を更に制限させていただく場合があります。その他、重要事項のご案内をご確認ください。

出典:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/charge.html
OCN モバイル ONE 料金一覧(新コース)

しかも書かれているのが、新コース紹介ページの最下部の「ご注意事項」欄で全く目立ちません。

新コースのかなり重要なポイントなのに、こんな紹介の仕方ではダメですよね。天下のOCNなのに酷いです。というわけでココで詳しく解説します。

新コースの2段階の速度制限

3GB/月コースを従来コースと新コースで契約した場合の、速度制限の違いを図にしました。

従来コースと新コースの速度制限の違い

高速通信で3GB使い切ったあと、従来コースだと月末まで200kbpsで一定ですが、新コースだと200kbpsで1.5GB使うとさらに制限されます。(2段階目の制限速度の数値は示されていない。)

「高速通信と低速通信それぞれに通信量制限がある」ということです。

各コースの制限値が以下の通りです。高速通信量の1/2が低速通信で使えるデータ量です。

1GB/月 3GB/月 6GB/月 10GB/月 20GB/月 30GB/月
高速通信 1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
低速通信 0.5GB 1.5GB 3GB 5GB 10GB 15GB

低速通信の200kbpsでも相当遅くて、Youtubeだと低画質の144pがギリギリ遅延なく観られるレベルです。WEBページやSNSの閲覧は遅すぎてかなりストレスを感じます。

それから、もう一段階制限されるわけですから「実用できないレベル」と考えた方がいいでしょう。

他のサービスで、パケ死したあとに低速通信でギリギリ食いつないでた方は、それすら出来なくなります。申し込む前によーく考えましょう。

節約モードが使い放題じゃない

節約モードとは、高速通信量を節約するために「わざと低速で通信する」通信モードです。

節約モードは従来コースだと使い放題だったんですが、新コースは高速通信量の1/2しか使えません。これは前項で紹介した「パケ死した時の低速通信量と同じ」です。

例えば…

新コースを3GB/月コースで契約して、節約モードで高速通信量を節約しながら20日間で3GB使い切ってしまったとしましょう。

この時、既に節約モードで1.2GB使っていたら、低速通信量は0.3GBしか残っていないわけです。

残り10日間もあるのに、低速で0.3GB使うと2段階目の速度制限が発動します。

ですから、節約モードを使って高速通信量を節約してスマホ使っている方は注意してください。

2段階目の速度制限を受けると、音楽ストリーミングサービス(Spotify・LINE MUSICなど)も使えないレベルまで遅くなるかもしれません。

新コースから従来コースには変更できない

新コースで契約すると、コース内での通信量の変更はできても、従来コースへの変更はできません。

逆の従来コース ⇒ 新コースは変更できるのにおかしいですよね。

新プランには、最低利用期間や解除料がないので他に乗り換える際の障壁はないですが、乗り換えるには、必ず以下の手数料が発生します。

  • MNP転出手数料(3,000円)
  • 転入先の事務手数料(3,000円)
  • SIM発行手数料(394円)

最低でも合計6,394円(税別)かかるわけです。

「本当にOCNの新コースで良いのか」よく考えたうえで申し込みましょう。

ここまで紹介してきた2段階の速度制限の他にも、新コースと従来コースの違いがあります。良いところも沢山あるので要チェックです。

速度制限以外の新コースと従来コースの違い

チェックリスト イラスト

料金がかなり安い

新コースは従来コースよりかなり安い料金設定になっています。比較表を作りました。

新コース 従来コース 差額
1GB/月コース 1,180円
3GB/月コース 1,480円 1,800円 -320円
6GB/月コース 1,980円 2,150円 -170円
10GB/月コース 2,880円 3,000円 -120円
20GB/月コース 4,400円 4,850円 -450円
30GB/月コース 5,980円 6,750円 -770円

特に3GBプランは、通信量が少ない割に差額が大きいのでお得です。

この料金設定は他の格安SIMと比べても安いです。

他社の格安SIMと比べても安い

他社の3GBプランだと、以下の通り1,600円が相場ですから新コースの1,480円は安いです。

プラン 通信量 金額 備考(キャンペーン特典など)
UQmobile
(スマホプランS)
3GB 1,980円 通話オプション加入とau IDの登録で通信量1GB増量
mineo
(Dプラン 3GB)
3GB 1,600円
BIGLOBEモバイル
(3ギガプラン)
3GB 1,600円 初月無料・3ヶ月間800円/月値引き
LINEモバイル
(コミュニケーションフリー 3GB)
3GB 1,690円 月額基本料 5ヶ月間半額
楽天モバイル
(組み合わせ 3.1GBプラン)
3.1GB 1,600円

ただ、他社は2段階の通信量制限はありませんので、高速通信量を使い切ったあとや、低速モードでの通信は低速(200kbps)で一定です。

容量追加のコストが半額

新コースだと高速通信容量の追加が半額になります。従来コースだと0.5GBで500円ですが、新コースだと1.0GBで500円。

追加は、公式スマホアプリのOCNモバイルONEアプリで簡単にできます。

新コースの1.0GB/500円という単価は、他社サービスと比べても安いです。

  • UQmobile:100MB(200円)・500MB(500円)
  • mineo:100MB(150円)
  • BIGLOBEモバイル:100MB(300円)
  • LINEモバイル:0.5GB(500円)・1GB(1,000円)・3GB(3,000円)
  • 楽天モバイル:100MB(300円)・500MB(550円)・1GB(980円)

他社だと1GB追加すると980円~3,000円もしますから、500円はかなり安いです。

「1GBも要らない」と思っても、利用期限が3ヶ月あるので「余らせて失効させてしまう」という心配はありません。安心して使えます。

最低利用期間・解約違約金なし

新コースは音声通話SIMでも最低利用期間・解約違約金がないです。

OCNモバイルONE 新コース 最低利用期間・解約違約金について

従来コースだと、音声通話SIMだけ6ヶ月の最低利用期間があり、期間内の解約だと1,000円の解約違約金がかかります。たった1,000円ですが、無い方が良いですよね。

【まとめ】注意点はあるが現在コスパ最強

OCNモバイルONE 新コースの注意点は「高速・低速 2段階の通信量制限がある」という点でした。

ですから、「よくギガ死する人」「高速・低速を切り替えて通信量を節約する人」は注意が必要です。2段階目の速度制限が発動すると、使い物にならなくなりますからね。

↑これを踏まえた上で、以下のメリットがあります。

  • 料金がかなり安い
  • 容量追加のコストが半額
  • 最低利用期間・解約違約金なし

ここまでご覧になって、OCNの新コースをどう感じましたか?

私はギガ死することはないし、低速に切り替えて節約もしないので、基本料金の安さに魅力を感じます。BIGLOBEモバイルから乗り換えるならOCNの新コースでしょう。

2段階の通信量制限について「私は大丈夫」と思った方は、OCNモバイルONEの新コース おすすめです。

\新コースはコスパ最強!!/

【公式】OCNモバイルONEはこちら

 

プラスα.新コース1GB+モバイルルーターが最強

ここからはOCNモバイルONE 新コースの使い方についてプラスαの情報です。

特に「月々の通信量が多い人」は、スマホ代の大きな節約になります。ぜひ参考にしてください。

4,280円/月でスマホを使い放題にできる

「4,280円でスマホが使い放題になる」ってかなり安いですよね?使い放題だから通信量を気にする必要もなくなります。

具体的には、スマホはOCNモバイルONE 新コース 1GB/月コースで運用して、使い放題のモバイルルーター(ネクストモバイル 使い放題プラン)を持つんです。

OCNモバイルONE 新コース+ネクストモバイル使い放題プランの組み合わせ

料金は、新コース 1GB/月 1,180円+NEXTmobile 使い放題プラン 3,100円=4,280円です。

これならスマホの通信量が1GBしかなくても、データ通信はモバイルルーター経由になるので通信量が足りなくなることはありません。今なら10分かけ放題を付けても4,580円/月です。

ネクストモバイルとは

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を使ったサービスで、2019年11月から使い放題プランをはじめました。

ネクストモバイルのプラン表 スクリーンショット

ソフトバンクのスマホが繋がるエリアならどこでも使えて、通信量は使い放題無制限 3,100円/月。端末代0円なので初期費用は事務手数料の3,000円だけです。

私も実際に使いましたが、本当に使い放題だったし通信速度も1日中安定して速かったです。

新コースの20GBプラン以上ならルーター併用の方が安い

OCNの新コースは20GB/月で4,400円、30GB/月で5,980円ですから、1GB+モバイルルーターの4,280円の方が安くなります。

しかも使い放題ですから、通信量を気にしなくてもいいです。

ですから、20GB以上のプランを検討してる方は、この使い方の方が安くて使いやすいです。

OCN モバイル ONEネクストモバイルの組み合わせを、ぜひ検討してみてください。