ビッグローブ光のキャンペーンを比較して分かった意外な結論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビッグローブ光 公式・代理店のキャンペーン比較

ビッグローブ光を「どこから申し込もうか」考えてる人の、

  • キャンペーンはどこがお得なんだろう?
  • 公式よりお得な代理店はあるのかな?
  • そもそもビッグローブ光って安いのか?

こういう疑問にお答えします。

この記事で分かること

  • ビッグローブ光をおすすめする人・しない人
  • 公式キャンペーンと代理店キャンペーンの違い

いきなり結論を書きますが、ビッグローブ光のキャンペーンは「auセット割を使う人」しかおすすめしません。これは公式・代理店どちらもです。「自分が契約するなら」と考えて本気でチェックしたので間違いないです。

auセット割を使わない人は、ビッグローブ光より安いSo-net光プラスがおすすめです。戸建てタイプの場合、ビッグローブ光より3年で21,200円も安いです。

この結論にいたった理由を、順を追って解説します。ビッグローブ光が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 【結論】auセット割を使う人におすすめ
  2. ビッグローブ光のキャンペーン比較
    • 光回線のみ・3年契約の場合
    • 光回線+光電話・3年契約の場合
  3. ビッグローブ光をおすすめする人・しない人
  4. まとめ

【結論】auセット割を使う人におすすめ

ビッグローブ光をおすすめできるのは「auセット割を使う人だけ」です。

ビッグローブ光 auセット割

auセット割は、auスマホ・携帯ユーザーだと最大1,200円 光回線の料金が安くなる割引プランで、現在ビッグローブ光を含め4つの光回線しか使えません。

その中で一番安いのがビッグローブ光のキャンペーンです。

戸建てタイプの場合 3年間117,080円で使えて、実質月額は3,252円です。集合住宅タイプなら2,252円になります。すごく安いですよね。

しかし、auセット割を使わない場合だと、ソネット光プラスの方が3年間で21,200円(戸建てタイプの場合)安くなりますのでビッグローブ光はおすすめしません。

auスマートバリューや、BIGLOBEモバイルとのセット割を使う場合も同じです。

というわけでネット通では、auセット割を使うならビッグローブ光で、auセット割を使わないならソネット光プラスにするのがベストという結論になりました。

【公式】ビッグローブ光はこちら

【公式】ソネット光プラスはこちら

 

ここからは、↑この結論にいたった理由を詳しく解説しています。参考にしてください。

ビッグローブ光のキャンペーン比較

まずは、ビッグローブ光の公式キャンペーンと、主要な代理店4社のキャンペーンを比較しました。条件は「光回線のみ」「光回線+光電話」で、どちらも3年契約です。

忙しい方のために結果を先に書くと、光回線のみは公式キャンペーンで、光電話とセットなら代理店の株式会社NEXTからの申し込みがおすすめです。

以下、↑この結論にいたった理由を詳しく解説します。

光回線のみ・3年契約の場合

まず、光回線のみ・3年契約の条件で比較しました。比較表をご覧ください。

条件:光回線のみ・3年利用
キャッシュバック 月額料金 工事費 IPv6ルーター
ビッグローブ公式 25,000円
(12ヶ月後)
戸建て 4,980円
集合住宅 3,980円
実質無料
(40回分割 同額値引)
1年無料
NNコミュニケーションズ 26,000円
(2ヶ月後)
同上 同上 なし
NEXT 26,000円
(2ヶ月後)
同上 同上 6ヶ月無料
LBフォース 26,000円
(2ヶ月後)
同上 同上 6ヶ月無料
アウンカンパニー 26,000円
(2ヶ月後)
同上 同上 6ヶ月無料

公式と比べて代理店が優れているのは、「キャッシュバック額が1,000円多い」「キャッシュバックを早く受け取れる」の2点でした。

代理店が劣っているのは、IPv6ルーターの無料レンタルが「6ヶ月」または「なし」という点です。公式だと無料期間が1年なので、月額500円×6ヶ月の差ですから3,000円の違いです。

というわけでネット通では、特典総額を考えて「公式キャンペーンの方がお得」と判断しました。公式でもauセット割は使えるので、auスマホ1台の方もお得に使えます。

公式キャンペーン:ビッグローブ光

ただ公式はキャッシュバックが1年後なので、「早く受取りたい方」はキャッシュバック還元率100%・ルーターを6ヶ月無料でレンタルしてくれる株式会社NEXTがおすすめです。

株式会社NEXTはキャンペーンの選び方に注意

株式会社NEXTは、キャッシュバックキャンペーンが2パターンあって、光回線のみでも35,000円受け取れるキャンペーンが選べます。

しかし、工事費の割引が減って、結果的に特典総額が減る(=負担が増える)ので注意しましょう。

条件:光回線のみ・3年利用・戸建てタイプ
キャッシュバック 工事費割引 特典総額
26,000円 750円×40回 56,000円
35,000円 300円×40回 47,000円

一見すると、キャッシュバックが増えて「お得そう」に感じるんですが、月々の工事費負担が450円増えるので、3年使うと16,200円の負担増です。

26,000円から35,000円に9,000円キャッシュバックが増えても全然お得じゃありません。選ぶなら工事費実質無料の方のキャンペーンです。

ただ、auセット割を使わない場合、ソネット光プラスの方が安くなるので注意しましょう。詳しくはこちらで解説しています。

 

光回線+光電話・3年契約の場合

続いて光回線+光電話・3年契約の条件で比較しました。

条件:光回線+光電話・3年利用
キャッシュバック 月額料金 工事費 IPv6ルーター
ビッグローブ公式 25,000円
(12ヶ月後)
戸建て 4,980円
集合住宅 3,980円
実質無料
(40回分割 同額値引)
1年無料
NNコミュニケーションズ 30,000円
(2ヶ月後)
同上 同上 なし
NEXT 30,000円
(2ヶ月後)
同上 同上 6ヶ月無料
LBフォース 30,000円
(2ヶ月後)
同上 同上 6ヶ月無料
アウンカンパニー 30,000円
(2ヶ月後)
同上 同上 6ヶ月無料

公式キャンペーンだとキャッシュバックが25,000円で「光回線のみの契約と同額」ですが、代理店だと30,000円で「光回線のみより4,000円増額」されます。

代理店はIPv6ルーターのレンタル期間が短いですが、その差額3,000円を加味しても代理店の方がお得です。

というわけでネット通では、光電話をプラスするとキャッシュバックが増額される「代理店の方がお得」と判断しました。

代理店は条件が同じなので、どこから申し込んでも良いんですが「キャッシュバック還元率100%」の株式会社NEXTがおすすめです。

申し込みページ:株式会社NEXT

ただ、auセット割を使わない場合、ソネット光プラスの方が安くなるので注意しましょう。詳しくは次章で解説しています。読み進めてください。

ビッグローブ光をおすすめする人・しない人

おすすめ・おすすめしない イラスト

ビッグローブ光は「auセット割を使う人」におすすめですが、「auセット割を使わない人」はソネット光プラスの方が安いです。

auセット割とは

auセット割は、auスマホ・携帯ユーザーだと「光回線の利用料が安くなる」割引プランです。

割引額は使っているauのプランによって違いますが、月々500円か1,200円です。
(適用条件はauセット割をご覧ください。)

仮に1,200円割引きされるプランだったとしたら、ビッグローブ光の月額料金が戸建て3,780円・集合住宅 2,780円まで安くなった上に、25,000円のキャッシュバックが貰えます。

auスマートバリューと違うの?

auスマホ・携帯ユーザーが受けられる光回線とのセット割には、auスマートバリューもありますが全く別物です。

auセット割とauスマートバリューの条件の違いを表にまとめました。

auセット割 auスマートバリュー
・光回線の利用料の割引(最大1,200円)
・適用されるのは1台分のみ
・光回線のみで適用できる
・au利用料の割引(最大1,000円)
・最大10台まで適用できる
・光電話(500円/月)の利用が条件

ポイントは「光電話の利用が条件か」と「複数台の割引けるか」です。

auスマートバリューは、複数台のauスマホ・携帯を割引できますが光電話(500円/月)の利用が条件です。auセット割は1台分しか割引できませんが、光電話を使う必要がありません。

ですから、「一人暮らしでauスマホを使ってる人」や「固定電話は必要ない」という人はauセット割の方が使いやすい割引プランです。

auセット割は使えるサービスは少ない

現在auセット割が使える光回線は、以下の4社しかありません。
(auの名前を冠している割引なのに「auひかり」で使えないという不思議な割引プランです。)

  • ビッグローブ光
  • ソネット光プラス(代理店経由のみ)
  • DTI光
  • AsahiNet光

このうちソネット光プラスは代理店経由のみで、「auセット割と工事費無料特典が併用できない」という条件付きで、実質費用が高くなるの除外します。

auセット割が使えるサービスの料金比較

ソネット光プラスを除く他3社で実質費用を比較しました。

条件:戸建てタイプ・3年利用
ビッグローブ光 DTI光 AsahiNet光
事務手数料 3,000円 800円 800円
月額料金
(auセット割後)
4,980円
(3,780円)
4,800円
(3,600円)
1~2年 4,800円
3年目 5,080円
(1~2年 3,600円
3年目 3,880円)
工事費 30,000円
(40回分割 同額値引き)
18,000円 18,000円
キャッシュバック ▲25,000円 ▲12,000円 ▲18,000円
実質費用 117,080円 136,400円 133,760円
実質費用には3年で解約した場合の工事費の残債を加算して計算しています。

ご覧の通り「ビッグローブ光が約16,000~20,000円安い」という結果になりました。

というわけで、auセット割を使うならビッグローブ光がおすすめです。

【公式】ビッグローブ光はこちら

 

auセット割を使わないならソネット光プラスが安い

auセット割を使わないなら、ソネット光プラスの方が安いのでおすすめです。

ソネット光プラスは、キャッシュバックはありませんが2年間の月額料金が業界最安値レベルに安くて、戸建て2,980円・集合住宅1,980円です。

戸建てタイプで料金を計算してみましたので、比較表をご覧ください。

条件:戸建てタイプ・3年利用
ビッグローブ光 ソネット光プラス DTI光
事務手数料 3,000円 3,000円 800円
月額料金 4,980円 2,980円 1~2年 4,800円
3年目 5,080円
工事費 30,000円
(40回分割 同額値引き)
24,000円
(60回分割 同額値引き)
18,000円
キャッシュバック ▲25,000円 ▲12,000円
実質費用 160,280円 151,080円 163,600円
実質費用には3年で解約した場合の工事費の残債を加算して計算しています。

ソネット光プラスが一番安くて、ビッグローブ光より3年間で9,200円安いです。

実際にはIPv6対応WiFiルーターが、ソネットは永年レンタル無料なのに対して、ビッグローブ光は1年なので2年目以降のレンタル代(500円/月)が加わって21,200円の差になります。

というわけで、auセット割を使わないならソネット光プラスがおすすめです。

【公式】ソネット光プラスはこちら

 

auスマートバリューを使う場合も同じ

auスマートバリューは、ビッグローブ光・ソネット光プラスどちらでも使えて、適用条件や割引額も同じです。

ですから、上記の実質費用に光電話基本料(500円/月)をプラスするだけですから、21,200円の差は変わりません。

というわけで、auスマートバリューを使う人もソネットの方が安いです。

BIGLOBEモバイルとのセット割があってもソネットの方が安い

ビッグローブ光には、格安SIMのBIGLOBEモバイルとのセット割もあります。

公式ページ:光☆SIMセット割

ただ、割引額は月々300円と少ないです。1年あたり3,600円、3年使っても10,800円です。

ソネット光プラスとの差は21,200円ですから、BIGLOBEモバイルを使っている人でもソネットの方が安いです。

まとめ

当記事ではビッグローブ光のキャンペーンについて、公式・代理店だけでなく他社サービスも含めて比較検証してきました。

その結果、ビッグローブ光がおすすめなのは「auセット割を使う人だけ」だと分かりました。

auセット割を使わない方はSo-net光プラスの方が安くなります。

光回線選びの参考にしてください。