ビッグローブ光・楽天ひかりの比較 どっちを選ぶべきか徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビッグローブ光 楽天ひかり 比較

ビッグローブ光と楽天ひかりで迷ってる人の、

  • 楽天ひかりって本当にお得なの?
  • 基本料1年無料って、嬉しいけど裏はない?
  • 自分はどっちがお得なんだろう…。

こういう不安や疑問にお答えします。

この記事で分かること

  • 楽天ひかりを選ぶべき人・ビッグローブ光を選ぶべき人
  • ビッグローブ光と楽天ひかりの条件の比較分析
  • 条件がわかりにくい「楽天ひかり」の注意点

楽天ひかりは「基本料1年無料」というキャッチーな特典が注目されますが、それ以外の工事費やスマホのセット割などの条件はビッグローブ光の方が優れています。

ビッグローブ光・楽天ひかり、それぞれをおすすめする具体例も紹介しています。光回線選びで迷っている方は、当記事をぜひ参考にしてください。

目次

  1. 【結論】楽天モバイルの「1年無料」ユーザーなら楽天ひかり
  2. ビッグローブ光・楽天ひかり 徹底比較
  3. 楽天ひかり 5つの注意点
    1. 基本料1年無料は楽天モバイル利用者のみ
    2. 楽天ひかりにはスマホのセット割がない
    3. 工事費の割引がない
    4. 開通工事が遅いという評判がある
    5. 通信速度が遅いという評判もある
  4. 楽天ひかりをおすすめする人・ビッグローブ光をおすすめする人 おすすめ!
  5. まとめ

【結論】楽天モバイルの「1年無料」ユーザーなら楽天ひかり

結論

楽天ひかりは、楽天モバイルの「プラン料金1年無料」ユーザーならおすすめです。それ以外の方は、ビッグローブ光を選びましょう。

理由は以下の2点です。

  • 楽天ひかりの「基本料1年無料」は楽天モバイルユーザーのみ
  • 楽天ひかりはスマホ代が安くなるセット割がない

簡単に説明すると、楽天ひかりのメイン特典「基本料1年無料」は楽天モバイルユーザー限定なので「楽天モバイルを使っている人」というのが前提になります。

そして、メインの特典以外にスマホ代が安くなるセット割がないので、これから楽天モバイルに乗り換える人はお得感がありません。

しかし楽天モバイルの「プラン料金1年無料」ユーザーは、セット割がなくても関係ありません。

だから楽天モバイルの「プラン料金1年無料」ユーザーに限定されるわけです。

\基本料1年無料/

【公式】楽天ひかりはこちら

 

ビッグローブ光なら、au・UQモバイル・BIGLOBEモバイルのセット割があるので、メインの特典「40,000円キャッシュバック・工事費実質無料」の他に、スマホ料金も安くなります。

だから「今楽天モバイルを使ってる人」以外は、ビッグローブ光がおすすめです。

\40,000円キャッシュバック/

【公式】ビッグローブ光はこちら

 

ここからは、上記の結論に至った比較結果や、楽天ひかりの注意点などを詳しく解説しています。気になる方はご覧ください。

ビッグローブ光・楽天ひかり 徹底比較

ビッグローブ光と楽天ひかりの基本条件を、まとめたので下表をご覧ください。

ビッグローブ光 楽天ひかり
種類 光コラボ
対応エリア 全国のフレッツ光対応エリア
契約期間 3年
初期費用 3,300円 880円
工事費 戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円 ⇒ 実質無料
戸建て:19,800円
集合住宅:16,500円
月額料金 戸建て:5,478円
集合住宅:4,378円
戸建て:5,280円
集合住宅:4,180円
スマホセット割 au(auスマートバリュー)
UQモバイル(ギガMAX月割)
BIGLOBEモバイル(光SIMセット割)
楽天モバイル
特典 40,000円キャッシュバック
工事費実質無料
無線LANルーター 1年無料
引越しの光回線工事費無料
楽天モバイル利用で月額料金1年無料
(楽天モバイル利用者以外は、月額料金1年割引)

ビッグローブ光・楽天ひかりの共通点

どちらも、NTTのフレッツ光回線の卸販売を受け、プロバイダーとセットで販売している「光コラボ」の光回線です。ですから、NTT東日本・西日本のフレッツ光が対応しているエリア全域で使えます。

そして契約期間は3年。(ビッグローブ光は代理店契約なら2年契約できるが、実質月額が高くなるし比較条件がわかりにくくなるので割愛します。)

ビッグローブ光・楽天ひかり 3つの違い

ビッグローブ光と楽天ひかりの違いで重要なのが、「特典」「工事費」「スマホのセット割」の3点です。それぞれを詳しく解説します。

特典

メインの特典は、ビッグローブ光が「キャッシュバック」で、楽天ひかりが「月額料金の割引」です。

2021年10月現在、ビッグローブ光 公式キャンペーンのキャッシュバックは40,000円です。これは、建物の種類(戸建て・集合住宅)や、スマホキャリアには関係しません。

楽天モバイル利用の有無で特典内容が大きく変わる

楽天ひかりは、系列サービスの楽天モバイルを使っているか否かで割引額が変わります。

楽天モバイル利用者 楽天モバイル非利用者
戸建て 集合住宅 戸建て 集合住宅
0~11ヶ月目:0円
12~36ヶ月目:5,280円
0~11ヶ月目:0円
12~36ヶ月目:4,180円
0ヶ月目:0円
1~12ヶ月目:3,080円
13~36ヶ月目:5,280円
0ヶ月目:0円
1~12ヶ月目:1,980円
13~36ヶ月目:4,180円
63,360円 50,160円 26,400円 26,400円

赤字の部分が、特典で安くなっている月額料金で、下の行は特典総額です。

楽天モバイルを使っている人だと、特典総額が戸建て63,630円・集合住宅50,160円と高額になりますが、非利用者は約半分になってしまいます。注意しましょう。

工事費

工事費は、ビッグローブ光が「実質無料」で、楽天ひかりが「割引なし」です。それと、「支払い期間」も違います。これも表にまとめたのでご覧ください。

ビッグローブ光 楽天ひかり
戸建て 集合住宅 戸建て 集合住宅
550円×36回=19,800円
毎月同額を値引き
初回715円
451円×35回=16,500円
毎月同額を値引き
330円×60回=19,800円 330円×50回=16,500円

ビッグローブ光は、分割回数が36回で毎月同額が値引きされるので「実質無料」です。楽天ひかりは、工事費が「割引なし」なので毎月330円の支払いが発生します。

楽天ひかりは3年で解約すると残債の支払いがある

そして、契約期間の3年で解約した場合、戸建て24回(7,920円)・集合住宅14回(4,620円)の残債を支払うことになります。

ビッグローブ光の分割回数は、契約期間と同じ3年(36回)なので、解約しても残債はありません。

スマホのセット割

スマホのセット割は、ビッグローブ光が「au・UQモバイル・BIGLOBEモバイル」に対応していて、楽天ひかりは「楽天モバイル」だけです。

楽天ひかりは2年目以降割引がなくなる

楽天ひかりのスマホのセット割は、楽天モバイルの料金が割り引かれるのではなく、「楽天ひかりの月額料金が1年無料になる」というものです。

ですから、2年目以降は「スマホのセット割がなくなる」ということです。

ビッグローブ光は3年間でスマホ代が19,800円安くなる

ビッグローブ光の場合、以下の金額が両者の契約が続いている限り「スマホ料金」が割引されます。

  • au(auスマートバリュー):550円~2,200円(プランにより異なる)
  • UQモバイル(ギガMAX月割):550円
  • BIGLOBEモバイル(光SIMセット割):550円(ベーシックコース月額料金含む)

割引されるのが「スマホ料金」なので、光回線の実質料金には反映されませんが、3年間で19,800円お得になります。

楽天ひかり 5つの注意点

ビッグローブ光・楽天ひかりの違いを踏まえて、5つの注意点を紹介します。

1.基本料1年無料は楽天モバイル利用者のみ

楽天ひかりのメインの特典「基本料1年無料」は、楽天モバイルの利用者のみです。利用中じゃなくても、楽天ひかりを申し込んだ翌月15日までに、楽天モバイルを申し込めば適用されます。

楽天モバイルを使っていない人・使わない人は、無料ではなく割引があります。しかし、割引総額が戸建てで36,960円、集合住宅で23,760円も少ないです。

他に補足する特典はありませんので、楽天モバイルを使わない人にはおすすめできません。

2.楽天ひかりにはスマホのセット割がない

楽天ひかりには、スマホのセット割がありません。(前項で紹介した楽天モバイル利用者向けの「基本料1年無料」は光回線の割引特典で、スマホ代の割引ではありません。)

ビッグローブ光や他の光回線の場合、キャッシュバックや月額料金の割引などのメインの特典は、スマホ回線に関係なく適用されます。それプラス、スマホ代が安くなるのが光回線とスマホのセット割です。

というわけで、楽天ひかりを使っても「楽天モバイルの料金は安くなりません」ので注意してください。

楽天モバイルのプラン料金が無料の人は関係ない

2021年4月7日までの「プラン料金1年無料」の期間中に楽天モバイルに申し込んで、現時点で楽天モバイルの基本料が無料の方は、セット割がなくても関係ありません。

というよりも、楽天ひかりの「基本料1年無料」のキャンペーンが、↑このユーザーを狙った楽天の囲い込み戦略とも解釈できます。

これから楽天モバイルに替える方は要注意

楽天ひかりと併せてこれから楽天モバイルに替えようと考えている方は、スマホ代は正規料金のままで割引がないので、注意してください。

3.工事費の割引がない

楽天ひかりには工事費の割引がありません。他社の光回線は、契約期間の縛りがないサービス以外は、ほとんどのサービスで工事費はかかりません(実質無料含む)。

楽天ひかりでかかる標準工事費は、戸建て19,800円(330円×60回)・集合住宅16,500円(330円×50回)です。

基本料が1年無料でも、毎月工事費の請求はありますので完全無料ではありません。2年目以降は、基本料 戸建て5,280円・集合住宅4,180円に、工事費 330円がプラスされます。

3年で解約すると残債の支払いがある

楽天ひかりの契約期間は3年(36ヶ月)ですが、工事費の支払回数は 戸建て60回・集合住宅50回なので、3年経っても払い終わっていません。

ですから解約する場合は、工事費の残債を支払うことになります。

光回線は3年で事業者変更した方がお得

光回線は、「1度引いたら引っ越すまで同じ」という感覚かもしれませんが、契約期間の区切りで事業者変更して特典をもらったほうがお得です。

ですから、契約期間終了時(解約時)に「いくら負担があるのか」も重要なポイントです。

4.開通工事が遅いという評判がある

楽天ひかりは「開通工事が遅い」という評判もあります。Twitterから抜粋しました。

地域や申し込んだ時期にもよると思いますが、「5月に申し込んで工事が9月末」という方もいました。流石に4ヶ月は長すぎますね。

ただ、この記事を書いている6月頃というのは、4月の年度変わりで引っ越した人が光回線を申し込んで、楽天ひかりに限らず光回線の工事が混み合う時期でもあります。

だから「開通工事が遅い」という口コミが目についたのかもしれません。

5.通信速度が遅いという評判もある

楽天ひかりには「通信速度が遅い」という評判もあります。みんなのネット回線速度(みんそく)の光回線の通信速度ランキングで、楽天ひかりは44位で187.31Mbpsでした。

ベスト5とビッグローブ光の通信速度は以下の通りです。

  • 1位:コミュファ光 – 653.13Mbps
  • 2位:NURO光 – 472.47Mbps
  • 3位:eo光 – 440.06Mbps
  • 4位:TNCひかりdeネット – 438.61Mbps
  • 5位:NCV光 – 423.22Mbps
  • 37位:ビッグローブ光 – 234.78Mbps

ちなみに、有名どころの光コラボの順位と速度が↓こちら。

  • 25位:ソフトバンク光 – 295.75Mbps
  • 28位:ソネット光 – 282.42Mbps
  • 33位:OCN光 – 248.94Mbps
  • 36位:ドコモ光 – 240.01Mbps
  • 38位:ぷらら光 – 225.45Mbps

楽天ひかりの44位に対し、ビッグローブ光も37位ですから順位の差は大きくないですが、他の光コラボサービスの速度と比べて、楽天ひかりの187.31Mbpsは低めに感じます。

通信速度を求めるなら、コミュファ光・eo光などの電力系光回線や、フレッツ光と関係しない独自回線のNURO光がおすすめです。

楽天ひかりをおすすめする人・ビッグローブ光をおすすめする人

ここまで紹介してきた内容を踏まえて、楽天ひかり・ビッグローブ光 それぞれをおすすめする人を紹介します。

楽天ひかりをおすすめする人

楽天ひかりをおすすめするのは、以下の2つが両方が揃っている人です。

楽天モバイルの「プラン料金1年無料」ユーザー

楽天モバイルユーザーの中でも、「プラン料金1年無料」のユーザーは、スマホのセット割がなくても関係ないので、楽天ひかりがおすすめです。

スマホの基本料が無料で、なお且つ、光回線の基本料も1年無料になるお得感は凄いです。

楽天市場でよく買い物する人

楽天ひかりを使えば、楽天市場の買い物で貯まる楽天ポイントがSPU+1倍になります。楽天モバイルの利用でもプラス1倍になるので、この時点で3倍です。

さらに、支払いに楽天カードを使えば、+2倍なので併せて5倍になります。

というわけで、「楽天市場でよく買い物する人」は、楽天ひかりがおすすめです。

\基本料1年無料/

【公式】楽天ひかりはこちら

 

ビッグローブ光をおすすめする人

ビッグローブ光をおすすめするのは、簡単に言うと「前項の2つに該当しない方」です。

楽天モバイルを使っていない人は、楽天ひかりのメイン特典「基本料1年無料」が受けられませんので、ビッグローブ光で40,000円のキャッシュバックを受け取った方が安いです。

今auを使っていれば「auスマートバリュー」が使えるし、これからUQモバイルやBIGLOBEモバイルに替えれば、スマホ代が月額550円安くなります。

他にも、工事費が実質無料になるし、無線LANルーターのレンタル代も1年無料になります。

というわけで、「楽天モバイルを使っていない人」はビッグローブ光がおすすめです。

\40,000円キャッシュバック/

【公式】ビッグローブ光はこちら

 

まとめ

当記事では、ビッグローブ光と楽天ひかりを比較して、それぞれをおすすめする人を紹介してきました。要点をまとめると以下の通りです。

この記事のまとめ

  • 楽天ひかりは、楽天モバイルの「プラン料金1年無料」ユーザーしかおすすめしない
  • 楽天ひかりは「工事費の割引がない」「スマホのセット割がない」など注意点がある
  • 楽天モバイルユーザー以外はビッグローブ光がおすすめ

楽天ひかりの「基本料1年無料」は、特典総額が6万円以上になるのでお得ですが、「スマホのセット割がない」ので、これから楽天モバイルに乗り換えるほどではないと思います。

しかし「プラン料金1年無料」ユーザーは、セット割がなくてもデメリットはないので、楽天ひかりをおすすめできます。

そうでない方は、楽天ひかりを選ぶメリットはありませんので、ビッグローブ光がおすすめです。

ビッグローブ光と楽天ひかりで迷っていた方は、ぜひ参考にしてください。