auホームルーター(スマートポート)とWiMAXどっちが良い?徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「auのホームルーターってどうなんだろう?」「WiMAXと違うの?」と思って調べていますね。

結論から言うと「auスマホ・携帯が2台以上あり、今後3年以上使う人」以外は料金が高いのでおすすめしません。

ほとんどの方は同じ端末・電波を使うWiMAX(ワイマックス)で契約した方が安くなります。

残念なことに、これを知らずに契約してる方が多いでので、今「auスマートポートが気になってる方」はくれぐれも注意してください。

ここではauのホームルーター(スマートポート)について以下の3点を詳しく解説しています。

ちょっと長いですが最後まで読んでいただければ、「自分がどこでホームルーターを契約するべきか」が分かります。ぜひ参考にしてください。

auのホームルーター「スマートポート」とは

auスマートポート

「auスマートポート」とはauの高速インターネットサービスの名称で、特徴は「工事不要で端末(ホームルーター)をコンセントにつなぐだけでネットが使える」という点です。

公式ぺージ:auスマートポート | au

ホームルーターというのは↓こういう端末です。

ホームルーター サイズ

コンパクトでシンプルなデザインなのでどこにでも置けるし、「ネット回線を引くのに工事がいらない」という手軽さから利用者が増えています。

ただこのサービスは冒頭にも書いたように、WiMAXと同じサービスです。

「WiMAXのau版」がauスマートポート

WiMAX(ワイマックス)はauのグループ企業 UQコミュニケーションズが運営するモバイル通信サービスです。「通信速度の速さ」「月間の通信量制限がない」「月額料金が安い」のが魅力です。

このサービスをUQコミュニケーションズはUQ WiMAXとして販売し、auはauスマートポートとして販売しています。

他にもヤマダ電機やヨドバシカメラ、GMOとくとくBBや@nifty、So-netなども同じサービスを販売しています。

WiMAX 代理店システム

一覧:主なWiMAX提供会社

auも数多くあるWiMAXの販売代理店(プロバイダー)のひとつで、「auスマートポートGMOとくとくBBのホームルーターも、使う端末・電波は同じ」というわけです。

違うのは「auスマホ・携帯利用者向けに料金設定している」ところです。

具体的にどこが違うのか次から詳しく解説します。

auスマートポートとWiMAX 料金設定の違い

auスマートポートとWiMAXの料金設定の違いは以下の5点です。

  1. auスマホ・携帯を9回線まで割引できる
  2. auスマートバリューの有無で料金が変わる
  3. 端末代が無料じゃない(毎月割で実質無料)
  4. 2年契約だけど残債が残る
  5. キャッシュバックなどの特典が無い

(全て頭に「auスマートポートは」が付きます。)

では、ひとつずつ詳しく解説します。

1.auスマホ・携帯を9回線まで割引できる

auスマートバリュー auスマートバリューmine 違い

auスマートポートで契約すると、「auスマートバリュー」で同じ住所の家族が使うauスマホ・携帯料金を最大9台まで1台当たり最大2,000円の割引を受けられます。

ですから、auスマホ・携帯の台数が多ければ多いほど、家庭の通信費がトータルで安くなります。

これがWiMAXの契約だと「auスマートバリューmine」で、割引できるのは1台だけで割引額は最大1,000円になります。

1-1.auスマートバリュー・auスマートバリューmine 割引額の違い

auスマートバリューとauスマートバリューmineの割引額の違いを表にまとめました。

料金プラン auスマートバリュー auスマートバリューmine
auピタットプラン (シンプルのみ)1GBまで 割引対象外 割引対象外
2GBまで 500円 500円
2GB超~20GB 1,000円 1,000円
auフラットプラン 1,000円 1,000円
データ定額1 最大2年間934円
3年目以降500円
500円
データ定額2/3・ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円 743円
データ定額5/20・
LTEフラット・ISフラット
最大2年間1,410円
3年目以降934円
934円
データ定額30 最大2年間2,000円
3年目以降934円
934円
出典:auスマートバリューauスマートバリュー mine

ピタットプラン・フラットプランは変わりませんが、それ以外のプランだと割引額が191円~1,066円も違うことが分かります。

auスマホ・携帯が2台以上ある場合は、9台まで割引が受けられて割引額も大きいauスマートポートだと、家庭の通信費全体で節約できます。

2.auスマートバリューの有無で料金が変わる

auスマートポートは、auスマートバリューを使うと月額料金が588円安くなります。

さらに、LTEオプションも無料になってLTEの月間通信量も30GBまで増えます。

WiMAXの各プロバイダーは、auスマートバリューmineの有無で料金・通信量は変わりません。

LTEオプション利用料とは

WiMAX2+とau 4G LTEの電波を両方使う通信モード(=ハイスピードプラスエリアモード)の利用料です。

WiMAX2+だけよりもエリアが広くなり通信速度も速くなります。

具体的な料金を表にまとめました。

auスマートポート 1~25ヶ月目 26ヶ月目以降 LTEオプション利用料
auスマートバリュー専用プラン 3,792円 4,292円 無料(月間30GBまで)
ホームルーター単独利用の場合 4,380円 4,880円 1,005円/月(月間7GBまで)

月々588円の差ですから年間7,056円、3年使えば21,168円も違います。

auスマートポートの料金設定は「auスマートバリューありき」の仕様だということが分かります。

2-1.【注意】auスマートバリューを外すと月額料金が高くなる

auスマートポートは、auスマートバリューを使うことで月額料金が3,792円まで安くなりますが、途中でauスマートバリューを外すと月額料金が4,880円まで上がります。

実に月額1,088円も高くなってしまいます。

auスマホ・携帯が2台以上あってauスマートバリューが使える方でも、今後格安SIMに乗り換えたり、端末の買い替えで他のキャリアにMNPする可能性がある方は要注意です。

3.端末代が無料じゃない(毎月割で実質無料)

無料 実質無料の違い

WiMAXの多くのプロバイダーは、ホームルーターの端末代が0円または1円ですが、auスマートポートは端末代が28,080円を3年分割で毎月同額を割り引く実質無料です。

「実質無料なんだからいいじゃん」ではなく、端末代を払い終える3年より早く解約すると「残債を支払わなきゃいけなくなる」のが問題です。

これは次項の契約期間とも連動する話しです。

4.2年契約だけど残債が残る

WiMAXは3年契約ですが、auスマートポートは2年契約できます。

ただ、前項で紹介したように端末代は3年分割なので、2年で解約すると1年分の残債が残ります。

契約を更新して、端末代を払い終える3年で解約しようとすると9,500円の契約解除料がかかります。

というわけで、auスマートポートの使用期間は以下の3択になるわけです。

  • 「2年使って残債を払う」
  • 「3年使って契約解除料を払う」
  • 「4年使う」
auスマートポートで、余計な費用(残債・契約解除料)を払いたくなければ4年使うことになります。

26ヶ月目から月額料金が500円高くなるし、auスマートバリューを外すとさらに高くなるので、auスマホ・携帯も同じ期間使うことになります。

大手キャリアにありがちな「非常にわかりにくい料金設定」と言わざるを得ません。

5.キャッシュバックなどの特典が無い

WiMAXは3万円前後のキャッシュバックか月額料金割引の特典が付きますが、auスマートポートにはキャッシュバックなどの特典がないです。

※auスマートポートはauショップでの契約なので、店舗によってはキャッシュバックや割引・プレゼントなどの特典を付けている場合もあります。

ですから「ホームルーターの実質費用」で比較するとWiMAXよりもかなり高くなります。

auスマートポートとWiMAXの料金比較表を作りました。(画像をクリックすると別タブで拡大画像が開きます。)

条件:ギガ放題・端末 L02【2019年7月時点】
auスマートポート WiMAX 料金比較

auスマートポートは解約時期で残債・契約解除料がかかるので、使用期間2年・3年・4年それぞれ、WiMAXは実質費用の安いおすすめプロバイダー3社(GMOとくとくBB・@nifty・So-net)と本家 UQ WiMAXをセレクトしました。

auスマートポートの実質月額より、最安でWiMAXが使えるGMOの方が約600~800円安いことが分かります。

auスマートポートは特典が無いので「auスマートバリューでスマホ・携帯代を割引しないと高い」です。

auのホームルーターがおすすめな人おすすめしない人

おすすめ・おすすめしない イラスト

auスマートポートとWiMAX 料金設定の違いを踏まえて、auのホームルーターがおすすめできる人とおすすめできない人を解説します。

おすすめできる人

auのホームルーターをおすすめできるのは「auスマホ・携帯が2台以上あり、今後3年以上使う人」だけです。

auスマートポートの「キャンペーンなどの特典が無く実質費用が高い点」を、auスマートバリューのスマホ・携帯代の割引でカバーできるからです。

2台より3台、3台より4台、、、auスマホ・携帯が沢山あればあるほど安くなります。

公式ぺージ:auスマートポート | au

おすすめできない人

auスマートポートをおすすめしない(=WiMAXで契約した方がいい)人は↓こういう方です。

  • auユーザーじゃない人
  • auユーザーでもauスマホ・携帯が1台だけの人

auユーザーじゃないと、auスマートバリューが使えないので月額料金が高くなるし、「スマホ・携帯代が安くなる」メリットを全く活かせません。

auスマホ・携帯が1台だけの方は、WiMAXのauスマートバリューmineでもスマホ・携帯代が安くなるし、WiMAXの新規契約特典も受け取れますから、WiMAXの方が安くホームルーターが使えます。

WiMAXでホームルーターを契約するならGMOとくとくBBがおすすめ

2019年7月現在「L02を最安で使えて条件が良い」プロバイダーはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

L02の契約で実質費用・実質月額が安いプロバイダーベスト5が↓こちらです。

条件:ギガ放題・端末 L02【2019年7月時点】
順位 サービス名 キャンペーン 月額料金合計 キャッシュバック 実質費用 実質月額 備考
1位 GMO 月額割引 128,310 131,310 3,456 L02
2位 JPWiMAX CB+月額割引 135,200 ▲10,000 128,200 3,465 L02
3位 GMO キャッシュバック 160,032 ▲31,050 131,982 3,473 L02
4位 DTI 月額割引 134,190 137,190 3,610 L02
5位 AsahiNet CB+月額割引 145,860 ▲10,000 138,860 3,654 L02
実質月額とは、月額料金・端末代・事務手数料・解約金・残債など使用期間中にかかる全ての費用の合計から、キャンペーンの還元額を引いた実質費用を使用月数で割って算出した金額です。

1位がGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンという結果になりました。実質月額が3,456円です。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン スクリーンショット

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンは、以下の3つの条件が揃っているので「一番条件が良い」として紹介しています。

  • 3年間の実質費用・実質月額が最安
  • 端末代が0円で即納
  • 特典が確実に受取れて毎月の料金が安い

どれくらい月額料金が安いのか、回線元のUQ WiMAXと比較しました。3年間で36,000円以上安いです。

UQ WiMAX GMOとくとくBB
(月額割引)
差額
利用開始月(日割り) 3,696円 2,170円 -1,526円
1~2ヶ月目
3ヶ月目以降 4,380円 3,480円 -900円
3年間合計 164,388円 128,310円 ‐36,078円

メインの特典が月額料金の割引なので、キャッシュバックのように「受け取れるのが1年後」「失敗して受け取れなかった」という心配もありません。

というわけで、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンを選べば間違いありません。以下申込み手順も紹介していますので参考にしてください。

GMOとくとくBBの申し込み手順と注意点

ここからはGMOとくとくBBを申し込む手順と「失敗や損をしないための注意点」を解説します。

  • 手順1.エリアを確認する
  • 手順2.公式ページから申し込む
  • 手順3.端末はL02
  • 手順4.契約プランは「ギガ放題」
  • 注意点.申し込み完了ページを保存しておく
  • 注意点.契約翌月にオプションを解約する

ここを見ながら申し込めば間違いありません。ぜひ参考にしてください。

手順1.エリアを確認する

まず自分がWiMAXを使いたい場所が通信エリア内かをサービスエリアマップでチェックしましょう。

自宅や職場など頻繁に使う場所は、必ずピンポイントエリア判定も確認しましょう。①で建物種別を選んで、②で住所を入力するだけです。

ピンポイントエリア判定で「○」と判定されれば大丈夫です。

GMOとくとくBBは申し込み住所がエリア判定で「○」なのに、「通信速度が遅い」など通信品質に満足できない場合は、違約金なしで20日以内のキャンセルが可能です。

エリア判定で「○~△」「△」と判定されて使えるか判断できない場合は、Try WiMAXで実際の端末を借りてチェックしましょう。回線元 UQ WiMAXのサービスで15日間無料です。申し込み方法や注意点は以下のページで解説しています。

手順2.公式ページから申し込む

申し込みは必ず公式ページから行いましょう。

公式ページ:月額割引キャンペーン

上記以外の申込みページからだと、キャッシュバック額が少なかったり、解約違約金の条件が違う場合もありますので注意しましょう。

手順3.端末はL02

次に端末を選びます。ホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME L02です。

GMOとくとくBB 機種選択画面 L02

2019年7月現在 最新のホームルーターで通信速度の速さが魅力です。同じ電波状況ならライバル機種のHOME 01よりL02の方が通信速度が速いです。

HOME01も実際に購入してL02と通信速度や性能を比較検証しています。以下の比較記事をご覧ください。

手順4.契約プランは「ギガ放題」

契約プランは「ギガ放題プラン」を選びましょう。

GMOとくとくBB プラン選択画面

ギガ放題プランでも端末発送月+2ヶ月間は通常プランと同じ料金で利用できるので契約時はギガ放題を選択しましょう。

最長3ヶ月思いっきり使ってみて、7GBで足りるなら通常プランに変更すればいいです。

あとは、「個人情報・支払い情報などを入力」「入力内容を確認」で申し込み完了です。

注意点.申し込み完了ページを保存しておく

申し込みが完了すると、完了ページに会員情報(ID・パスワード・メールアドレス・接続情報)が表示されます。

ここに表示されている情報で、会員ページ・WEBメールにログインすることができます。

GMOとくとくBB 申し込み完了ページ

通信量の確認・オプションの解約や毎月100ポイントもらえるGMOポイントを月々の支払いに使うなど、会員ページのBBnaviは、すぐにログインできる状態にしておくべきです。

スマホだとかなり長いページになりますが、スクショで記録して分かるようにしておきましょう。

GMOとくとくBB 会員登録証

後日、会員情報が記載された書類が郵送で届きますが、スマホに保存されていた方が見返しやすいです。

注意点.契約翌月にオプションを解約する

申し込み時に加入した以下のオプション2つ(安心サポート・Wi-Fi(公衆無線LAN))は、必要なければ端末発送月の翌月に解約しましょう。

GMOとくとくBB オプション選択画面

どちらも利用料は最大2ヶ月無料なので「端末発送月と翌月までは無料」です。

端末発送月の翌月に解約すれば料金はかかりません。オプションには1ヶ月の最低利用期間が設定されていて「端末発送月内は解約できません」ので、翌月に忘れず解約しましょう。

GMOとくとくBBの評判やキャッシュバックの受取り方などは、以下のページで詳しく解説しています。

まとめ

ここまでauのホームルーター(auスマートポート)について、WiMAXとの料金設定の違いを詳しく解説してきました。

要点をまとめると以下の5点でした。

  • auスマートポートはWiMAXのホームルーターと同じ
  • auスマホ・携帯利用者向けの料金設定になっている
  • auスマホ・携帯を複数台持ってると割引額が大きくてお得になる
  • auスマートバリューを外すと月額料金が上がる
  • 2年契約だけど端末代が3年分割だから4年使うことになる

結論は「auスマホ・携帯が2台以上あり、今後3年以上使う人」はおすすめできますが、それ以外の人はWiMAXで契約した方がお得です。

当サイトイチオシのGMOとくとくBB 月額割引キャンペーンなら、端末代0円で月額3480円(最初3ヶ月2,170円)で使えます。

ホームルーターをどこで契約するかの参考にしてください。