固定電話の代わりに携帯(スマホ)を安く使う方法3選+実践録

固定電話の代わりに携帯(スマホ)を安く使う方法3選+実践録

固定電話の代わりにスマホを使いたいと思ってる方の、

  • 固定電話を解約したい
  • でも家に「電話なし」はちょっと…
  • 使う機会が少ない電話に高い料金払いたくない

こういう要望にお答えします。

この記事で分かること

  • 固定電話の代わりのスマホを安く使う方法3選
  • 固定電話の代わりに楽天モバイルを使ってる筆者の実践録
  • スマホを安く購入する方法・注意点

私は固定電話を解約して2年半以上経ちますが、今は楽天モバイルを代わりに使っています。通話料は無料だし、通信しないので月額料金は0円ですよ。

多少気になる点はありますが、無料で電話が使えるのは有り難いです。個人同士の連絡はLINEばかりですが、役所や病院、お店の予約や問い合わせなど、月に30分くらいは使っています。

「固定電話の代わりにスマホを使いたい」と思ってる方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 【実践録】固定電話の代わりにスマホを使用中
  2. 電話をよく使うなら通話料無料の【楽天モバイル】
  3. ほぼ発信しないなら基本料0円の【povo2.0】
  4. 端末セットが安い【OCNモバイルONE】
  5. 安くスマホを購入する方法
  6. まとめ

【実践録】固定電話の代わりにスマホを使用中

固定電話 いらないの記事で詳しく紹介していますが、私は2019年4月にADLSの解約と共に固定電話をやめました。

この記事を書いてる2021年11月時点で、固定電話を解約して2年半が経っています。

最近まで、固定回線の代わりの電話は置いていなかったんですが、今は初代iPhoneSEに楽天モバイルのSIMカードを挿して固定電話の代わりにしています(下写真)。

初代iPhoneSE 楽天モバイル

楽天モバイルは、国内通話無料ですし、通信量が1GB未満なら基本料もかかりません。どんなに電話しても、月々の支払いはユニバーサルサービス料の数円だけです。

しかも、まだ契約から3ヶ月の料金無料期間なので、ユニバーサルサービス料も払っていません。

家は光回線(ビッグローブ光 2年プラン)がありますから、無料期間の3ヶ月が過ぎても基本料0円で使えます。我ながら良い固定電話の代替を見つけたと思います。

\0円で固定電話の代わりに/

【公式】楽天モバイルはこちら

固定回線の代わりにスマホを置くようになった理由

留守番 イラスト

ズバリ、「子供が留守番中に、親と連絡する手段が欲しかった」です。

子供が大きくなり、親なしで留守番する機会が出てきたんです。そんな時、家に電話がないと「親に連絡する手段がない」と気づいたんです。

固定電話解約から2年半以上、電話は親のスマホ2台だけで、学校の連絡網や病院、各種会員登録にも携帯番号を登録して「不便はなかった」ですが、子供の成長で状況が変わりました。

スマホ回線に楽天モバイルを選んだ3つの理由

使用する回線を楽天モバイルにした理由は、以下の3点です。

  • 国内通話が無料
  • 通信量1GB未満なら基本料0円
  • 契約事務手数料無料

通話料無料で基本料無料、さらに初期費用の契約事務手数料も無料ですから、通信量さえ気をつければ導入・維持にほぼお金がかからないわけです。

最低利用期間・違約金もありませんので、ダメなら解約すればいいと思ってました。どこで儲けているか不思議ですが、利用者にはメリットしかありません。

使って分かった楽天モバイルの気になる点

楽天モバイルの気になる点は、以下の3点です。

  • 通話品質は良くはない
  • パートナー回線のローミング終了
  • 着信できないことがある
通信品質について

通信品質は、固定電話や他のキャリアの通話品質より劣ります。私はLINEの無料通話のちょっと下くらいと感じています。

でも、普通に相手の声は分かるし、タイムラグもありません。実用上問題ない通話品質です。ほんの少しノイズが混じってるような、クリアじゃない感じがします。

パートナー回線について

楽天モバイルは、自社の楽天回線エリアを補完するために、楽天回線が繋がらない場所ではパートナー回線(auの電波)が使えます。

しかし2021年10月から、パートナー回線の提供を終了するエリアを大幅に広げました。

他でもない、我が家も今は楽天エリア外なので、提供終了前に楽天回線エリアにならなければ、圏外になってしまいます。(今はまだパートナー回線が使えています。)

圏外になたとしても、楽天リンクはWiFiに繋がっていれば、非通知になるけど「発信できる」ことが分かったので、私は「もし圏外になっても使える」と判断しました。

着信できないケースについて

これは、固定電話の代替ではなく、自分のスマホに楽天モバイルを使っていた時の話です。

2ヶ月の間に3回、私に電話しようとした人に「電話できなかったよ」と言われました。圏外のような音声アナウンスが流れたそうです。もちろん私は圏内にいました。

電話の着信ができないのは困るので、これが原因で私個人のスマホはLINEMOに乗り換えました。

ただ家用の電話に関しては、発信のみの利用(各方面への登録は個人のスマホにしている)なので、私は「たまに着信できないケースがあっても問題ない」と判断しました。

子供との連絡は、LINEのメッセージ・無料通話を使っているので、こちらも問題ありません。

それよりも、「通話料無料・基本料無料」を優先したわけです。

 

まとめ

いくつか気になる点はあるものの、無料で電話できて、基本料0円で運用できる点を重視して、楽天モバイルを固定電話の代わりのスマホとして使っています。

今更、固定電話の代わりに高い料金払いたくないし、とても満足しています。私のように「安さ重視」の方は楽天モバイルがおすすめです。

楽天回線エリアなら、パートナー回線のローミングが終了しても関係ありません。エリアチェックは↓こちらでできます。

\楽天エリア拡大中/

楽天回線エリアマップはこちら

「楽天モバイルでは不安だ」という方は、au回線のpovo2.0、ドコモ回線のOCNモバイルONEがおすすめです。

 

1.電話をよく使うなら通話料無料の楽天モバイル

楽天モバイル スクリーンショット

楽天モバイルは、国内通話かけ放題なので「電話をよく使う人」におすすめです。通信量を1GB未満にすればほぼ0円で利用できます。

無料で国内通話かけ放題

楽天モバイルは、オプションや特典ではなく標準で国内通話かけ放題(=通話料無料)です。

条件は、楽天リンク(RakutenLink)という専用アプリから発信するだけです。

Rakuten Linkアプリ アイコン

楽天リンクは、少し音質が悪いですが、相手の声は分かるし遅延もありません。実用上全く問題ないレベルです。(稀に聞き取れないほど音質が悪い時もあります。)

詳しい感想は楽天リンクの体験レビューで紹介しています。気になる方はご覧ください。

通話料以外も色々無料だから気軽に試せる

楽天モバイルは、利用開始から3ヶ月間プラン料金無料ですから、費用を気にせず気軽に試せます。

他社だと契約時にかかることが多い事務手数料(3,300円)・SIM発行手数料(400円程度)も、楽天モバイルはありません。

そして通話料が無料で、通信量を1GB未満にすれば3ヶ月以降もプラン料金が0円です。

楽天モバイル 料金設定
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
0円 1,078円 2,178円 3,278円

最低利用期間・MNP転出手数料もありませんから、解約時の負担もありません。

本当に一体「どこで利益をあげているのか」不思議な設定ですが、電話機能をできるだけ安く使いたい人にピッタリのサービスです。私も使っています。

\0円で固定電話の代わりに/

【公式】楽天モバイルはこちら

 

2.ほぼ発信しないなら基本料0円のpovo2.0

povo2.0 スクリーンショット

auの格安プランpovo2.0は、基本料無料でトッピングしなければ0円です。通話料は22円/30秒ですが、ほぼ発信しないのであれば格安で使えます。

通話・データをトッピングして使う

povo2.0は、基本料0円でデータ通信や通話オプションをトッピング(課金)して使う珍しいサービスです。データ通信と通話のなトッピングメニューが↓こちらです。

データトッピング 通話トッピング
・データ使い放題(24時間):330円
・データ追加 1GB(7日間):390円
・データ追加 3GB(30日間):990円
・データ追加 20GB(30日間):2,700円
・データ追加 60GB(90日間):6,490円
・データ追加 150GB(180日間):12,980円
・5分以内通話かけ放題:550円/月
・通話かけ放題:1,650円/月

「データトッピングなし」や、トッピングしたギガを使い切ると、通信速度は128kbpsになります。128kbpsという通信速度は非常に遅いですが、LINEのメッセージ送受信、無料通話は可能です。

通話料は22円/30秒です。

固定電話の代わりで家に置いておくスマホで、家にWiFiがあれば、スマホにギガは必要ないので、使用した通話料のみでスマホを維持できます。

エリア・通話品質の心配はない

povo2.0は、au直下の格安プランなので、エリア・電波はauと同じです。ですから、エリアや圏外の心配はありません。

通話に関しても、格安SIMのプレフィックス電話・楽天モバイルのRCS規格と違い、一般的な電話規格を使っていますので、高品質な通話ができます。

無料で使い続けることはできない

povo2.0は、支払い0円のまま使い続けることはできません。

公式サイトの「よくある質問」のページに、以下の記述があります。

トッピングの購入を一定期間実施しなかった場合、どうなりますか?

最後の有料トッピングの有効期限の翌日(有料トッピングのご購入がない場合、povo2.0のSIMを有効化した日)から180日の間、有料トッピングのご購入がない場合、順次利用停止させていただきます。
※期間内の従量通話料とSMS送信料の合計額が660円(税込)を超えている場合を除きます。

利用停止後30日の間に有料トッピングのご購入がない場合、順次契約解除させていただきます。

「povo2.0を使い始めた日」か「最後のトッピングの有効期限の翌日」から180日の間にトッピングするか、通話とSMSで660円使うかしないと、利用停止されてしまいます。

1ヶ月あたり110円(最大2.5分)の通話でクリアできる

180日間(半年)で660円ですから、1ヶ月あたり約110円です。通話料は22円/30秒ですから、1ヶ月あたり2.5分通話すれば半年で660円はクリアできます。

もしくは、最安のトッピング【データ使い放題(24時間)330円】を半年に1度使えば、スマホ(電話番号)を維持できます。

 

楽天モバイルのエリア・通話品質に不安を感じる方で、ほぼ発信しない(着信がメイン)という人におすすめです。ただ、通話が増えると高くなるので要注意です。

\安心のエリア・通話品質/

【公式】povo2.0はこちら

 

3.端末セットが安い OCNモバイルONE

OCNモバイルONE スクリーンショット

OCNモバイルONEは、端末セットが1円から購入できます。月額550円で使えるコースもあるので、固定電話の代わりをスマホセットで用意したい方におすすめです。

スマホが1円から購入できる

OCNモバイルONEは、Androidスマホ・iPhoneともに1円から購入できます。

OCNモバイルONE

ラインナップは↑こちらのページから確認できます。

1円~数千円で買えるスマホはロースペックですが、通話だけで使うのであれば、問題ありません。今ならOPPO A73がおすすめです。

通話以外にSNSやゲームもするのであれば、15,000~20,000円程度のミドルハイクラス、写真や動画もキレイに撮りたいなら、それ以上のハイクラスのスマホを選びましょう。

セール端末は1GB以上のコースしか申し込めない

OCNモバイルONEの最安プランは、月550円の500MBコースですが、セール端末を購入する場合、月770円の1GBコースからしか申し込めません。

開通後のコース変更はできるし、コース変更による違約金などはありません。

ただし、開通月はWEBからコース変更できません。翌月にコース変更した場合、翌々月適用になりますので、2ヶ月は1GBコースを使うことになります。(電話なら開通月にコース変更できる)

月550円で500MB+10分相当の無料通話付き

最安プランの500MB/月コースには、500MBの通信量に220円分無料通話が付きます。

OCNモバイルONEの通話サービスOCNでんわは、通話料が11円/30秒ですから、220円分で最大10分です。

使用する電波はドコモなのでエリアの心配はありません。電話はプレフィックス電話なので、楽天モバイルより通話品質は良いです。

OCNでんわは専用アプリなし

他の格安SIMの場合、専用アプリを使わないと通話料が安くなりませんが、OCNモバイルONEはスマホ標準の通話アプリから発信しても、自動でプレフィックス番号が付加されて通話料が安くなります。

OCNの他、IIJmio・イオンモバイルもアプリ不要になりましたが、以下のサービスは専用アプリの利用が条件です。間違って標準アプリから発信すると、22円/30秒の通話料になります。

  • 楽天モバイル ⇒ 楽天リンク(RakutenLink)
  • mineo ⇒ mineoでんわ
  • BIGLOBEモバイル ⇒ BIGLOBEでんわ
  • LINEモバイル ⇒ いつでも電話

完全かけ放題オプションもある

OCNモバイルONEには、「完全かけ放題」の通話オプションもあります。料金は1,430円です。

11円/30秒換算で65分分ですから、65分を超えたらオプションを付けた方が安いです。他に935円のオプションが2つあります。

しかも、通話オプションは後付けできるので、月の下旬にマイページから追加すれば、その月の通話料を節約できます。(月末日はマイページから利用開始・変更・解約できない)

 

OCNモバイルONEは、端末を購入したい人におすすめです。月額料金も安いし、通話オプションで通話料も抑えられます。

\端末セットが安い 1円~/

【公式】OCNモバイルONEはこちら

 

安くスマホを購入する方法

固定電話の代わりにスマホを使う場合、前章で紹介したように利用料は非常に安いです。

問題は「端末をいかに安く手に入れるか」です。

電話だけで使うなら、中古でもスペックが低くても問題ありません。

iPhoneなら、iPhone6s第一世代のiPhoneSEでも大丈夫です。Androidスマホなら、OPPO A73・Reno 3Aあたりは、すごく安く手に入ります。

ここでは3つの方法を紹介します。

家族・友人の使わなくなったスマホを貰う

とりあえず、周りの家族・友人に「使わなくなったスマホない?」と聞きましょう。意外と持ってる人多いです。

格安で譲ってもらうか、場合によってタダでくれるかもしれません。

その場合、必ずSIMロック解除されているかを確認しましょう。基本的にSIMロックされたスマホは、そのキャリアでしか使えません。

当記事で紹介したサービスだと、povo2.0は「auのSIMロックがかかっている端末」でも使えます。楽天モバイルOCNモバイルONEは、SIMロックが解除されていないと使えません。

オークション・フリマアプリで中古を買う

オークションやフリマアプリには、中古・ほぼ新品・新品未開封など、いろんな状態のスマホが出品されていて、安く手に入ります。

おすすめは、ミドルロークラスのAndroidスマホの新品です。例えば、OPPO A73だとメルカリで12,000円(送料込み)で買えます。

OPPO A73はAmazonだと15,000円くらいします。

通電確認だけしたほぼ新品や、数ヶ月だけ使った美品だと、ミドルハイクラスでも3万円以下で買えます。

それに比べてiPhoneは割高です。iPhone7・iPhone8の中古なら安いですが、iPhone11以降は中古で、「割れ・傷のない程度のいいもの」は5万円以上します。

長く使われたものはバッテリーも劣化しています。バッテリー最大容量は85%以上欲しいところです。商品説明にバッテリー最大容量の記載がない場合、出品者に問い合わせましょう。

iPhoneは利用者が多いので、出品されている商品数も多いですが、高いし程度の良いものを見つけるのが難しいです。ですから私は、Androidスマホをおすすめしています。

OCNモバイルONEをスマホセットで契約する

OCNモバイルONEは、スマホセットが安いです。頻繁に行っているセール期間中だと1円で買えることもあります。

OCNモバイルONE 中古iPhone サムネイル

↑このように、中古のiPhoneも取り扱っています。SIMカードとセットなので、オークション・フリマアプリより安めで、特にiPhone7・iPhone8・iPhoneXRは安いです。

Androidスマホは、各レベルのスマホが豊富に揃っています。

オークションやフリマアプリで買うのに不安がある方は、OCNモバイルONEでSIMカードと端末のセット購入がおすすめです。

\端末セットが安い 1円~/

【公式】OCNモバイルONEはこちら

楽天モバイルでもスマホセットは買えますが、値引きが楽天ポイントでの還元になります。その点OCNモバイルONEは、端末価格が直接割り引きされているのが分かりやすいです。

まとめ

まとめ イラスト

当記事では、固定電話の代わりにスマホを安く使う方法を、実践録を交えて詳しく紹介してきました。

私は、電波や通信品質に不安はありますが、通話料・基本料0円で使える楽天モバイルを使っています。

これまで個人のスマホを使ってた電話も、↑このスマホを使うようにしたので、個人のスマホ料金も少し安くなりました。通話料も基本料も無料で、ひとつ電話番号が持てるってすごい時代ですね。

楽天モバイルに不安を感じる方は、基本料無料(通話従量制)のpovo2.0(au回線)か、完全かけ放題の通話オプションがあるOCNモバイルONE(ドコモ回線)がおすすめです。

いずれにしても、基本料は0円または数百円の格安です。固定電話の基本料1,870円+通話料より確実に安くなります。

「固定電話の代わりにスマホを使いたい」という方は、是非参考にしてください。