ホームルーターを短期(1年・半年)使いたい人へのおすすめと注意点

ホームルーターを短期(1年・半年)使いたい人へのおすすめと注意点

1年や半年など短期使えるホームルーターを探していますね?

  • 2年・3年契約はしたくない
  • 解約する時に違約金を払うのは嫌だ。
  • できるだけ安く、通信量が多いサービスが良い

こういう疑問・要望にお答えします。

この記事で分かること

  • 契約期間・違約金のリスクが少なく、短期間使えるホームルーターのおすすめサービス
  • 端末の購入から契約、開通までの手順の具体的な解説
  • 短期利用に向かないホムルーターサービス2つ

私はポケットWiFi・格安SIM・光回線を中心に、「初めての人にも分かりやすく」をモットーに、10年以上ネットで情報発信しています。ぜひ参考にして下さい。

ホームルーターは工事なしで、すぐにWi-Fiが使えるようになります。ポケットWiFiよりアンテナやWiFiが強力なので、短期間使う家用のネット回線にピッタリです。ぜひ参考にして下さい。

目次

  1. ホームルーターを短期間使う最善の方法 おすすめ!
  2. WiMAXのホームルーターを短期間使う手順
    • 1.中古のホームルーターを買う
    • 2.BIGLOBE WiMAXでSIMのみで契約する
    • 3.ホームルーターにSIMカードを挿す
    • 4.ホームルーターを窓際に設置する
  3. home5G・ソフトバンクエアーがダメな理由
  4. まとめ

ホームルーターを短期間使う最善の方法

結論

ホームルーターを半年・1年など短期で使うなら、WiMAX+5Gのホームルーターを中古で買って、SIMカードのみで契約するのがベストです。

端末は、メルカリ・ヤフオクなどで9千~1万円程度で買えて、WiMAXの利用料は月額4,191円です。

当記事でおすすめしてるBIGLOBE WiMAXは1年契約なので、1年使えば違約金はなし。半年の解約でも違約金は1,100円です。

端末セットで契約していないので、解約時に残債の支払いはありません。

WiMAX+5Gは、月間の通信量制限がなくて、2022年2月に短期の通信量制限値が撤廃された>ので、常識的な範囲でたっぷり使えます。

「高い違約金」「端末代の残債」という短期利用のデメリットがほぼなく、月額4,191円で使い放題はすごくお得です。

ホームルーターを短期間使いたい人は、この方法で間違いありません。

↓ここからは、この方法を選んだ3つの理由を詳しく解説しています。

  • 【理由1】ホームルーターの中古が安い
  • 【理由2】SIMのみ契約でも利用料が安い
  • 【理由3】3日制限が廃止されて使いやすくなった

気になる方はご覧ください。

【理由1】ホームルーターの中古が安い

WiMAX+5Gのホームルーターは、新品だと21,780円(UQ WiMAXの場合)しますが、オークションやフリマアプリで未使用・ほぼ新品が安く手に入ります。

2022年6月時点の相場は、↓これくらいです。

  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11:9千~1万円程度
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L12:8千~1万円程度

下画像は、2022年6月7日にメルカリでL11を検索した時の販売状況です。

メルカリのL11の相場(2022年6月7日時点)

使い終わったら、また売ればいい

ホームルーターを短期間使って不要になったら、またオークション・フリマアプリで売ればいいです。

使用した分少し価格を下げて、送料を負担したとしても、販売手数料込で2、3千円の出費で済むはずです。売却を念頭に、できるだけキレイに使い、箱や説明書は捨てずに置いておきましょう。

【理由2】SIMのみ契約でも利用料が安い

WiMAX+5Gは、SIMカードのみで契約できるし、プロバイダを選べば割引特典も使えるので安く使えます。当記事でおすすめしているのは、BIGLOBE WiMAXです。

SIMカードのみの契約でも、月々737円引きの4,191円/月で使えます。この金額は、端末セットで契約した場合と同じです。(15,000円のキャッシュバックは、端末セットの契約が条件なので受け取れません。)

これが、ドコモ home5GだとSIMのみで契約ができないし、ソフトバンクエアーは例外的に端末持ち込み契約ができますが、割引が適用されないので高いです。

詳しくはhome5G・ソフトバンクエアーがダメな理由をご覧ください。

【理由3】3日制限が廃止されて使いやすくなった

WiMAX+5Gは、2022年2月に混雑回避のための「3日で15GB」という一律の制限条件を廃止しました。これにより、通信量を気にせず使えるようになりました。

制限がある頃は、3日間の通信量が15GBを超えると、翌日の夜(18時頃~翌2時頃)に通信速度が1Mbpsに制限されていました。

制限されないように使っても、1日平均5GBは使えたんですが、それでも「足りない」「また制限かかった」という人が多く、兎に角評判の悪い制限でした。

その制限が今はなくなりましたので、↓こういう口コミもあります。

ただし、今も1世代前のWiMAX2+は「3日で10GB」の制限が残っています。制限がなくなったのは現行サービスのWiMAX+5Gだけです。口コミを調べる時は注意して下さい。

完全な通信量無制限ではない

制限値はなくなりましたが、完全な無制限ではないという点を理解した上で申し込んで下さい。公式ページにも以下の注意書きがあります。

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

出典:WiMAX +5Gサービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について|UQ WiMAX【公式】

具体的な通信量の記述はありませんが、非常識な使い方や、ネットワークに負荷をかける使い方をすると、制限される場合があるということです。

本当の意味での制限なしで使いたい方は、短期間の利用でも光回線を選びましょう。以下のページでは、契約期間の縛りがない光回線サービスを紹介しています。

WiMAXのホームルーターを短期間使う手順

手順 イラスト

ここでは、前章で紹介した「WiMAX+5Gのホームルーターを中古で買って、SIMカードのみで契約する」具体的な手順を紹介しています。

1.中古のホームルーターを買う

まず、中古のWiMAX+5Gのホームルーターを買いましょう。現在販売されている機種は以下の2機種です。

  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L12

L11が2021年8月発売のZTE製、L12が2021年11月発売のNECプラットフォームズ製です。ヤフオク・メルカリなどで、9千~1万円前後で購入できます。

L12の方が新しいですが、不具合やエラーの口コミがあるので、L11がおすすめです。私も実際に使っていましたが、安定して速い通信速度で使えていました。

詳しくはSpeed Wi-Fi HOME 5G L11 レビューをご覧ください。

【注意】WiMAX2+のホームルーターはダメ

現在中古市場に流通しているWiMAXのホームルーターは、「WiMAX+5G」と「WiMAX2+」2つの系統があります。そして、購入するのはWiMAX+5Gのホームルーターです。

WiMAX+5Gが現在も契約できるサービスで、WiMAX2+は新規契約できません(一部のプロバイダを除く)。

ですから、WiMAX2+のホームルーターを買っても、SIMカードを契約することができません。WiMAX+5GのSIMカードを使うこともできないので、ホームルーターとして使えません。

どんなに安くても、WiMAX2+のホームルーターを買ってはいけません。

2.BIGLOBE WiMAXでSIMのみで契約する

続いて、WiMAX+5Gの回線の契約です。端末は必要ないので、「SIMカードのみ」で契約します。

現在SIMカードのみで契約できるのは、UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXの2社で、BIGLOBE WiMAXの方が安いのでおすすめです。

下表の通り、BIGLOBEは初月利用料が無料で、月額料金がわずかに安いです。契約期間が1年に設定されていますが、解除料が1,100円なので気にする必要ありません。

SIMのみ契約の場合
BIGLOBE WiMAX UQ WiMAX
初期費用 申込手数料:3,300円 新規事務手数料:3,300円
初月利用料 0円 4,298円
(日割り)
月額料金 4,191円 4,268円
契約期間 1年
(契約解除料:1,100円)
なし
\SIMのみ契約なら/

【公式】BIGLOBE WiMAXはこちら
【公式】UQ WiMAXはこちら

端末セットだと残債の支払いが発生する

BIGLOBE WiMAXは、端末セットにすると15,000円のキャッシュバックを、開通1ヶ月目に受け取れます。

しかし、端末代として1~24ヶ月目まで913円の支払い(総額21,912円)が発生します。端末代と月額料金(4,191円)を合計すると、5,104円/月です。

端末代からキャッシュバックを引くと6,912円で、この金額が実質端末代になります。

ですから、1万円前後で中古の端末を買うより計算上は安くなります。

しかし、半年・1年で解約すると、端末代の支払いは24回なので、残債の支払いが発生します。半年で解約すると16,434円(+契約解除料 1,100円)、1年だと10,956円です。

1ヶ月目に15,000円のキャッシュバックを受け取っているので、残債はほぼ相殺できますが、「解約するサービスに1万円以上払いたいか?」という問題です。

残債を払っても良いから「キャッシュバックが欲しい」「端末は新品が安心だ」という方は、BIGLOBE WiMAXの端末セットでの契約でも大丈夫です。

3.ホームルーターにSIMカードを挿す

ホームルーターとSIMカードが揃ったら、「ルーターにSIMカードを挿す」という手順になります。

下画像は、私が使っていたSpeed Wi-Fi HOME 5G L11です。

L11 SIMカード挿入場所

底面の細長い蓋を開けた、緑の丸の部分がSIMカード挿入口です(上画像)。

SIMカードの表・裏、挿入方向を間違えないように挿しましょう(下画像)。(挿入口の下にSIMカードの向きを表すイラストが描かれているのでよく確認しましょう。)

L11 SIMカード 挿入方向

爪で最後まで押し込むと、そこで止まりますので、蓋を戻して下さい。(L12も同じように底面にSIMカード挿入口があります。)

4.ホームルーターを窓際に設置する

いよいよ最後の手順です。ホームルーターは置き場所が非常に重要なので、必ず確認して下さい。

ホームルーターのベストな設置場所は、電波状態の良い方角の窓際です。実際にパソコンやスマホを使う場所から遠くても、圧倒的に電波状態が有線です。

実際に私がホームルーターを設置していたのは、下写真の通りトイレの窓枠の上でした。

L11 置き場所

ウォシュレット用のコンセントがあるので電源も取れるし、まったく問題ありません。(写真では外していますが、100均の突っ張り棒2本で支えていました。)

電波状態の良い場所を探す方法

ここでは、私が使っていたSpeed Wi-Fi HOME 5G L11を例に紹介しています。

まずは、端末のアンテナランプを見て、以下のようにアンテナランプが3つ点く場所を探しましょう。

L11 アンテナピクト

続いて、ブラウザから入れる端末の管理ページか、スマホアプリの推奨位置機能を使い、詳しい電波状態を確認します。CからSまで5段階で評価してくれます。

L11 推奨位置

置き場所は「高さ」もポイントです。床に置くのと目線の高さでは電波状態が変わります。家具や椅子・脚立などに置いて電波状態をチェックしましょう。

あとは、スマホ・タブレット・PCのWi-Fi設定で、本体底面のステッカーに書いてあるSSIDを探し、パスワードを入力すれば、Wi-Fiが使えるようになります。

home5G・ソフトバンクエアーがダメな理由

注意 イラスト

ホームルーターは、前章までに紹介したWiMAX+5Gの他に、ドコモhome 5G・ソフトバンクエアーがありますが、どちらも短期の利用には向きません。その理由を詳しく紹介します。

ドコモhome5GはSIMのみ契約できない

docomo HOME 5G

ドコモ home5Gは、SIMのみで契約ができません。端末とセットでの購入のみになります。

端末代が39,600円ですが、月々サポートで36ヶ月 月額1,100円引きされるので、36ヶ月使えば端末代は実質無料なんですが、半年・1年の短期で解約すると高額な残債を払うことになります。

ですから、ドコモ home5Gの短期利用はおすすめしません。

SIMフリーだから格安SIMは使える

ドコモ home5Gの端末は、SIMフリーなので理論上は格安SIMなどのSIMカードが使えます。

例えば、home5Gに楽天モバイルのSIMカードを挿して、アクセスポイント(APN)設定すれば使えます。

楽天モバイルなら3,278円で使い放題になります。設定は別に難しくはありませんが、全て自己責任になりますので注意して下さい。

端末は、オークションやフリマアプリで1万円前後で購入できます。(設定の手順は「home5G 楽天モバイル」で検索すれば、解説ページが沢山出てきます。)

ソフトバンクエアーは持ち込み新規可

ソフトバンクエアーは、端末持ち込みの新規契約が可能です。ソフトバンクの「よくある質問」のページに、以下の記述がありました。

Q. [SoftBank Air]手持ちの機器(Airターミナル)を持ち込んで新規契約や機種変更をすることはできますか?

A. お手持ちの機器(Airターミナル)をご利用してご契約をご希望の場合は、カスタマーセンター(別ウィンドウで開きます)までお問い合わせください。

出典:[SoftBank Air]手持ちの機器(Airターミナル)を持ち込んで新規契約や機種変更をすることはできますか? | よくあるご質問(FAQ) | ソフトバンク

割引が使えないから利用料が高い

ソフトバンクエアーを回線契約のみで契約すると、端末代・レンタル代が不要なので、支払いは月額料金だけになります。

高額な端末代と分割払いの長さがネックだったので、使いやすくはなるんですが、端末セットだと適用される割引(以下)が利用できない可能性があります。

  • SoftBank Airスタート割(1,188円×24ヵ月割引)
  • U-25 SoftBank Air 割引(2,200円×24ヵ月割引・契約事務手数料 3,300円無料)

そうなると、月額料金が標準の5,368円になります。(実際の料金は、カスタマーセンターに問い合わせて下さい。)

今どき、「電話対応のみ」という状況を考えると、お得なキャンペーン特典がついているとは考えにくいです。

当ページでおすすめしてるBIGLOBE WiMAXの4,191円より1,177円も高いです。

まとめ

まとめ イラスト

当記事では、ホームルーターを半年や1年の短期で使うおすすめの方法と手順、注意点を紹介してきました。まとめると、

  • WiMAX+5Gのホームルーターを中古で買って、SIMカードのみで契約するのがベスト
  • WiMAX+5Gは、中古端末が安く、SIMのみ契約ができ、通信量制限もない
  • ドコモ home5G・ソフトバンクエアーは短期利用向きじゃない

回線の契約は、SIMのみ契約でも安いBIGLOBE WiMAXがおすすめです。月額4,191円で使えます。

本文中にも書きましたが、WiMAX2+のホームルーターはいくら安くても買ってはいけません。必ずWiMAX+5G対応のL11・L12のいずれかを買いましょう。