ポケットWiFiを半年使いたい人へのおすすめ3選と注意点を徹底解説

ポケットWiFiを半年使いたい人へのおすすめ3選と注意点を徹底解説

ポケットWiFiは半年でも、大容量を安く使えるサービスがあります。当記事では以下の3つの特徴のあるサービスを紹介しています。

  • 契約期間の縛りがない
  • 半年の利用でも料金が安い
  • 大容量使えてエリアが広い

「2年、3年の長期契約したくない」「仕事で半年だけポケットWiFiが必要」「光回線が開通するまでの繋ぎで」など、ポケットWiFiを半年だけ契約したい方は、ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること

  • 半年だけの利用でも「安くて使いやすい」ポケットWiFi3選
  • 半年使うポケットWiFi選び 3つの注意点
  • レンタルポケットWiFiを使っている人の評判

モバイル回線業界は、最近移り変わりが激しいです。そんな中「半年だけ使いたい」と考えるのは大正解です。過渡期の今、長期契約で縛られるのはリスクが高いです。

目次

  1. ポケットWiFiを半年使いたい人へのおすすめ3選
  2. 半年使うポケットWiFi選び 3つの注意点
    • 使える回線(電波)・通信量を確認する
    • 解約金・違約金が発生するサービスは選ばない
    • 解約手続きの締切日と端末の返却日を確認する
  3. レンタルのポケットWiFiを使っている人の評判
  4. まとめ
ポケットWiFiはワイモバイル株式会社のサービス名・登録商標なので、正確にはワイモバイル以外のWiFiルーターはポケットWiFiに該当しません。

しかし現在は『ポケットWiFi=モバイルWiFiルーター』と一般名称として使われているので、当ページではモバイルWiFiルーター全般をポケットWiFiとして紹介しています。

ポケットWiFiを半年使いたい人へのおすすめ3選

ネット通が選ぶ3つのおすすめ

ポケットWiFiを半年使いたい人におすすめのサービスは、以下の3つです。

  • WiMAX+5Gが縛りなし【FreeMax+5G】
  • 月100GB・縛りなし・安い【クラウドWiFi】
  • 月50GBまでで足りるなら【DMMいろいろレンタル】

自分が使うであろう1ヶ月の通信量や、料金をイメージしてご覧ください。

WiMAX+5Gが縛りなし【FreeMax+5G】

FreeMax+5G スクリーンショット

FreeMax+5Gは、WiMAX+5Gの端末をレンタルで使えて、契約期間の縛りなしです。それでいて月額4,800円と安いので、半年使うポケットWiFiに最適です。

これまでも、BIGLOBEやカシモWiMAXなど契約期間の縛りがないプロバイダはありましたが、端末が新品買い取りだったので、半年などの短期で解約すると高額な残債の支払いがありました。

通信量は無制限で、auの5G電波も使えます。最低レンタル期間は1ヶ月で、15日までの解約申請で当月末解約ですから、最短2ヶ月でも違約金を気にせず使えます。

実質料金は、6ヶ月でトータル32,100円(1ヶ月あたり5,350円)+返送送料です。

この金額で、通信量無制限で5Gも使えて、契約期間の縛りなしはお得です。

レンタルなので端末の扱いは気をつけなきゃいけませんが、月額275円で破損・故障も全額補償になる「安心補償ライト」を付けられます。気になる方は補償オプションを付けましょう。

\縛り・端末代なしのWiMAX+5G/

【公式】FreeMax+5Gはこちら

月100GB・縛りなし・安い【クラウドWiFi】

クラウドWiFi スクリーンショット

クラウドWiFiは、月100GB使えるポケットWiFiが、契約期間の縛りなしで月額3,718円で使えます。初期費用は3,300円かかりますが、端末レンタル代は無料。

月100GB使えるポケットWiFiで「月額3,718円」は、2年契約するサービスと同等の最安水準です。安い上に「契約期間の縛りなし」という破格の条件です。

実質料金は、6ヶ月でトータル25,608円(1ヶ月あたり4,268円)+返送送料です。

クラウドSIM型のサービスなので、大手3キャリアの電波が使えますが、クラウドWiFiはソフトバンク回線がメインになっています。ソフトバンクのスマホが使えるエリアならどこでも使えます。

解約の締切日が毎月15日で少し早いです。解約月の15日までに、問い合わせフォームから解約依頼するのを忘れないようにしましょう。(解約依頼が16日以降になると、解約が翌月末になります。)

\月100GBが安くて縛りなし/

【公式】クラウドWiFiはこちら

月50GBまでで足りるなら【DMMいろいろレンタル】

DMMいろいろレンタル スクリーンショット

DMMいろいろレンタルは、在庫があれば安いです。月間50GBまでで、料金は180日で14,740~18,570円です。往復送料でプラス1,100円かかります。

実質料金は、15,840~19,670円(1ヶ月あたり2,640~3,278円)です。

通信量は月間50GBまでなので、前項までの2つよりギガ数が少ないです。1日換算だと1.66GBです。

使えるエリアはソフトバンクのスマホエリアです。

契約時に180日後の返却予定日が指定されます。返却予定日までに返却されないと、1日あたり550円の延滞金が発生するので注意しましょう。(延長したい場合は、事前に延長手続きをしましょう。)

DMMは月50GBで足りる人には安いですが、貸出中で在庫がなく予約扱いになる場合が多いです。ラインナップを1つずつチェックして確認しましょう。

\50GBで足りるなら安い/

【公式】DMMいろいろレンタルはこちら

半年だけ使うポケットWiFi【まとめ】

ここで紹介した3つのサービスは、どれも「年単位の長期契約ではない」「料金が安い」サービスです。違うのは通信量・使える回線(電波)・契約期間です。違いをまとめて表にしました。

通信量 回線(電波) 契約期間
FreeMax+5G 制限値なし WiMAX・au回線 なし
クラウドWiFi 100GB/月 ソフトバンク回線 なし
DMMいろいろレンタル 50GB/月 ソフトバンク回線 180日(延長可)

この中で一番大事なのが通信量ですから、以下の選び方で間違いありません。

おすすめはFreeMax+5G

ネット通のおすすめは、WiMAX+5Gを縛り・端末代なしで使えるFreeMax+5Gです。

高額な端末代がネックで短期利用に向かなかったWiMAX+5Gですが、FreeMax+5Gは端末が0円レンタルで、尚且つ契約期間の縛りもないです。

そして、通信量の制限がない使い放題で月額4,800円は本当に安いです。どうぞご検討ください。

半年使うポケットWiFi選び 3つの注意点

注意点 イラスト

ここでは、ポケットWiFiを「半年だけ」という条件付きで選ぶ上での、注意点を3つ紹介します。

【注意点1】使える回線(電波)・通信量を確認する

ポケットWiFiは色んなタイプがあるので、使える回線(電波)・通信量の確認して、しっかり納得してから申込みましょう。

大手キャリアのLTE回線が無難

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のLTE回線を使ったサービスだと、エリアの心配がありませんし、地下や屋内でも繋がりやすいです。

通信量に関しては、各サービスの申し込みページをしっかり確認しましょう。速度制限の条件は「よくある質問」に書かれてる場合もあるので要注意です。

プラチナバンドが使えるかが重要

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアは、プラチナバンドと呼ばれるエリアが広く・繋がりやすい周波数帯を保有しています。

プラチナバンドは本家のサービスではもちろん使えますが、卸先のサービスでは「プラチナバンドが使えないサービス」もあります。それが、格安のポケットWiFiサービスどこよりもWiFiです。

どこよりもWiFi 800MHz注意書き

どこよりもWiFiは、ドコモ回線を使用するサービスですが、上画像のように800MHz帯は不可となります。と注意書きがされています。

プラチナバンドが使えないと、建物内の奥まった場所や地下、地方や山間部で繋がりにくかったり、圏外になったりします。ですから、プラチナバンドが使えるサービスを選びましょう。

WiMAX+5Gは、標準モードではプラチナバンドが使えませんが、オプションのプラスエリアモードを使えば1ヶ月あたり15GB使えます。ただし、1,100円のオプション料金がかかります。

【注意点2】解約金・違約金が発生するサービスは選ばない

2年・3年など長期契約のサービスや、高額な端末代の残債が発生するので選ばないようにしましょう。

半年で解約すると、以下のように2万円以上の違約金が発生するサービスもあります。

どこよりもWiFi ZEUS WiFi
2年
Mugen WiFi
2年
端末代の残債
550円✕(36-使用月数)
月額基本料1ヶ月分 3,300円

2年または3年間使い続けるなら、違約金・残債は発生しないので問題ないですが、半年だと数千円~1.5万円以上の負担があります。

長期契約のサービスと、契約期間のないサービスだと、圧倒的に長期契約のサービスの方が多いので、要注意です。

おすすめ3選で紹介したサービスは、違約金がないので安心してください。

【注意点3】解約手続きの締切日と端末の返却日を確認する

ポケットWiFiを半年で解約するつもりなら、以下の3点は申込み前に必ず確認しましょう。

  • 解約手続きの締切日:解約手続きの締日(前後で解約日が変わる日)
  • 解約日:解約が成立する日
  • 端末の返却日:端末を発送または到着しなきゃいけない日

おすすめ3選で紹介したサービスの場合、以下の条件になります。

手続き締切日 解約日 端末の返却日
FreeMax+5G 15日まで 当月末 解約月の翌月の1日午前中までに発送
クラウドWiFi 15日まで 当月末 解約月の翌月の3日までに発送
DMMいろいろレンタル なし お届け日から180日後 お届け日から180日後

少しわかりにくいので、具体的に解説します。

FreeMax+5G

15日までの解約申請で、当月末日が解約日になります。そして、翌月の1日午前中までに追跡できる方法で発送しなきゃいけません。

11月末で解約したい場合、11月15日までに申請します。端末は12月1日午前中までの発送です。

クラウドWiFi

15日までの解約申請で、当月末日が解約日になります。そして、翌月の3日までに追跡できる方法で発送しなきゃいけません。

11月末で解約したい場合、11月15日までに申請します。端末は12月3日までの発送です。

DMMいろいろレンタル

申込み時に、端末が届く日から180日後で解約日が確定するので、解約手続きの必要はありません。ただ、解約日と返却日が同じなので、2、3日前に発送することになります。

 

解約日が申請した「当月末」や「翌月末」だったり、返却日が「発送した日」のところがあれば「到着する日」だったり様々です。申込み前にしっかり確認しましょう。

返却日に間に合わないと、1ヶ月分の利用料を請求されてしまいます。注意しましょう。

レンタルのポケットWiFiを使っている人の評判

WiMAXは地方に弱いし、屋内だと圏外になりやすいので注意しましょう。

 

通信制限ってストレスですよね。通信容量はある程度余裕をみましょう。

 

半年はかかりませんが、光回線の工事待ちの期間をレンタルWiFiでしのぐ人も多いです。

 

3日で10GB制限なので、恐らくWiMAXを使われてるんだと思います。ゲームのアプデは通信量が多いので要注意です。

 

あちゃー、ディスプレイが割れてますね。この場合、保証オプションに入っていないと、弁済金を払う羽目になります。

出典:WiFi レンタル – Twitter検索ポケットWiFi レンタル – Twitter検索

まとめ

当記事では、「ポケットWiFiを半年だけ使いたい人」に向けて、おすすめサービスや注意点を紹介してきました。まとめると、

  • おすすめは、FreeMax+5G・クラウドWiFi・DMMいろいろレンタルの3つ
  • なかでもFreeMax+5Gが、通信量の制限なしで縛りなしで安いからイチオシ
  • 申込み前に、通信回線・通信量・解約手続きの締切日・解約日・返却日を確認しましょう。

短期で使えて、なお且つ安いサービスはとても少ないです。プロ目線で選んだおすすめ3選を、ぜひ参考にしてください。

それでは、ポケットWiFiで充実したネットライフをお過ごしください。