【ビットコイン積立】ビットフライヤーのかんたん積立のレビュー

【ビットコイン積立】ビットフライヤーのかんたん積立のレビュー

ビットフライヤー(bitFlyer)で、ビットコインの積立投資をはじめました!

詳しく設定手順を紹介しているので、「ビットコインの積立投資を始めたい」と思っている方は、ぜひ参考にしてください。

なんて大げさに書いてますが、設定が簡単すぎて拍子抜けでしたwww

この記事で分かること

  • ビットフライヤー(bitFlyer)かんたん積立の設定手順
  • 私がビットコイン積み立て投資をはじめた理由と投資額

実は私、まだ1ビットコインが12万くらいだった時に、1枚(?)買ってたんです。そして、一旦200万超えてから暴落した時、ほぼ底値の40万くらいで売ってしまった過去があります。

そんな悔やみきれない過去から「短期投資に向かない人」だと自覚しています。

だからこそ、思考停止で買い続けられる「積み立て投資」を選び、なお且つ「小遣い程度」ではじめました。その体験談も、本文に詳しく書いていますので、気になる方はご覧ください。

目次

  1. ビットフライヤー かんたん積立の設定手順
    1. ビットフライヤーの口座を開設する
    2. 購入資金を入金する
    3. スマホアプリをインストールする
    4. かんたん積立を設定する
  2. ビットコインの積立投資を始めた3つの理由
  3. 【毎月更新】ビットコイン積立の損益公開
  4. まとめ

ビットフライヤー かんたん積立の設定手順

手順 イラスト

ビットフライヤー かんたん積立の大まかな手順は、以下の4ステップです。

手順

  1. ビットフライヤーの口座を開設する
  2. 購入資金を入金する
  3. スマホアプリをインストールする
  4. かんたん積立を設定する

ひとつずつ、詳しく解説していきます。

1.ビットフライヤーの口座を開設する

まずは、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座を開設します。

口座開設に費用はかかりませんし、もし使わなかったとしても、維持費や月額料金などもかかりません。

個人の場合、必要な書類は免許証などの「本人確認資料」のみです。

1-1.ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤー スクリーンショット

ビットフライヤーは、ビットコインの取引量国内No.1で、「日本で仮想通貨の取引といえばここ」と言えるくらい代表的な取引所です。

取引アプリがシンプルで使いやすく、かんたん積立機能では、1回あたり1円から設定できます。

保有するビットコインは、80%以上をネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管しています。コインの送付についても、マルチ・シグネチャを採用しており、セキュリテイも万全です。

bitFlyerは実績・使い勝手・セキュリティに優れているので、ビットコインや暗号通貨を、はじめて取引する方にピッタリの取引口座です。

Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2020年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

1-2.口座開設の手順

口座開設は、最後の手続きの本人確認資料の提出まで10分程度の作業です。ここでは、その手順と注意点を紹介します。

大まかな手順は以下の7ステップで、私が少し手間取った太字の4つを別途解説します。

手順

  • メールアドレスの登録
  • パスワードの設定
  • 同意事項確認
  • 二段階認証の設定
  • 本人情報の入力
  • 取引目的の確認
  • 本人確認資料の提出
パスワードの設定

bitFlyer パスワードの設定

PCのマイページや取引画面、スマホアプリにログインする際のパスワードを設定しますが、条件が厳しいので予め考えておきましょう。

  • 9文字以上100文字以内
  • よく使われる文字列は使えない(「123456789」「asdfghjkl」など)
  • アルファベット小文字・アルファベット大文字・数字・記号のうち最低2種類を組み合わせる

私は、「キーボードを適当にタイピングして、途中に記号を追加する」という方法で作りました。これだと、完璧にランダムなパスワードを作れます。

二段階認証の設定

二段階認証の設定

マイページへの不正アクセスを防ぐための、確認コードによる二段階認証を設定します。確認コードの受け取り方は以下の3つから選べます。

  • 携帯電話のSMSで受け取る
  • 認証アプリを使う
  • メールで受け取る

私は「メールで受け取る」を選択しました。セキュリティ強化のために、数字4桁の暗証番号を設定して完了です。

「SMSで受取る」が簡単なのは分かっていますが、Yahoo!IDやメルカリなど他のサービスでも2段階認証でSMSを使ってるので、別の方法にしたかったからです。

「認証アプリを使う」はスマホが壊れたり、機種変する時に面倒だから最初から除外しました。自分の好みで好きな方法を選びましょう。

取引目的の確認

内部者登録の確認

取引目的の確認は、名前・住所などの個人情報の登録後に行います。内容は以下の5項目で、最後の「内部者」というのが聞き覚えのない言葉で少し戸惑いました。

  • 外国の重要な公人かどうかの確認
  • 職業の確認(会社員など)
  • 財務情報・取引目的・投資経験の確認
  • bitFlyerへの登録経緯の確認
  • 内部者登録の確認

簡単に言うと、「bitFlyerが取り扱っている仮想通貨の発行に関係している人ですか?」という確認です。関係している人が内部者に当たります。

直接関係していなくても、関係会社・株主・役員・従業者・配偶者・同居者も内部者に該当します。

内部者なんて聞いたことない言葉で少し戸惑いましたが、落ち着いて読めば簡単で、私は一切関係していませんので「内部者に該当しません」を選択しました。

本人確認資料の提出

本人確認資料の提出

本人確認資料の提出は、スマホで運転免許証やマイナンバーカードを読み込んで行います。

基本的に、表示される指示通りにすれば簡単なんですが、私は、QRコードから表示させた専用ページからカメラが立ち上がらず手間取りました。

原因は「iPhoneの標準ブラウザをChromeに替えていた」ことでした。ブラウザをSafariに戻したらカメラが動きました。

iPhoneユーザーで、専用ページからカメラが起動しない方は、ブラウザをSafariに戻しましょう。設定方法を忘れた方は、以下のページが参考になります。

【iOS14】iPhoneでデフォルトのブラウザアプリを変更する方法 – iPhone Mania

 

この本人確認資料の提出が終われば、口座開設手続きは終了です。

本人確認資料提出終了

あとは、bitFlyerによる本人確認審査が完了すれば、購入資金を入金して仮想通貨の取引を始められます。私は審査完了まで1日半かかりました。

2.購入資金を入金する

かんたん積立を設定するには、初回の購入金額以上のアカウントへの入金が必要です。

入金方法は「銀行口座から振り込む」「コンビニから入金する」の2パターンです。

2-1.銀行口座から振り込む

銀行口座から振り込む場合、入金に使う銀行口座の登録が必須です。銀行口座を登録して承認されないと、振込先の口座がわかりません。

下画像は、パソコンの銀行口座登録画面です。

銀行口座の登録

銀行口座の名義は、bitFlyerのアカウント名義と同じ必要があります。注意しましょう。

金融機関は、住信SBIネット銀行・イオン銀行・ペイジーが使える銀行だと、入金が「原則即時反映」されます。他の金融機関だと「原則翌営業日までの反映」になります。

私はPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)を登録しています。ネットから振り込めるし、振込手数料が145円で安いのが魅力です。入金の反映も割と早かったです。

すぐ取引を始めたいなら「コンビニ入金」

長い目で見れば、口座を登録しておいた方が使いやすいですが、初回は口座の登録 ⇒ 承認 ⇒ 振り込み ⇒ 入金の反映という4ステップを踏むので、1日~2日時間がかかります。

ですから、すぐに取引を始めたい方は、「コンビニから入金する」を選びましょう。

2-2.コンビニから入金する

コンビニからの入金は、管理画面(下画像)で金額を指定して、コンビニで支払う流れです。

コンビニ入金

使用できるコンビニは、ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキです。

ローソン・ファミリーマート・ミニストップは、店頭の端末(Loppi・Famiポートなど)で手続きして申込券を発行し、レジで支払います。

セイコーマート・デイリーヤマザキは、直接レジで「オンライン決済番号」を伝えて支払います。

どのコンビニでも、入金額+330円の手数料がかかります。注意しましょう。

3.スマホアプリをインストールする

かんたん積立は、スマホアプリ専用の機能ですので、スマホアプリをインストールしましょう。

ビットコインならbitFlyer 仮想通貨 取引ウォレット

ビットコインならbitFlyer 仮想通貨 取引ウォレット

bitFlyer, Inc.無料posted withアプリーチ

アプリに利用料などはなく、無料で使えます。

4.かんたん積立を設定する

スマホアプリでかんたん積立を設定します。まず設定画面に入る手順です。

かんたん積立 設定1

右下 三本線の【メニューアイコン】をタップ ⇒ 【かんたん積立】をタップ ⇒ 【積立を設定する】をタップ このあと、初回のみ利用規約の同意画面(下画像)が表示されます。

かんたん積立 利用規約

規約を読んだら右側にチェックを入れて、下の【同意する】をタップで、設定画面に入れます。

4-1.通貨を選ぶ

まず、積立する通貨を選びます。(同じ金額・積立頻度でも通貨ごとに設定します。)

通貨を選ぶ

かんたん積立はビットコインだけでなく、bitFlyerで取り扱う仮想通貨全てで利用できます。2021年11月現在 以下の13種類です。

ビットコイン・リップル・イーサリアム・ポルカドット・テゾス・ステラルーメン・ネム・ペーシックアンテンショントークン・イーサクラシック・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・モナコイン・リスク

4-2.積立頻度・積立日を指定する

続いて、積立頻度・積立日を指定します。

積立頻度

積立頻度は、以下の4つの選択肢から選べます。

  • 毎日1回
  • 毎週1回
  • 毎月2回(1日と15日)
  • 毎月1回

毎週1回と毎月1回は、それぞれ曜日・日付を設定できます。購入時間は設定できません。任意の時間に購入されます。

4-3.積立金額を決める

続いて、積立金額を指定します。1回あたり1円~100万円まで設定できます。

積立金額

500円以下の金額で指定したい場合は、右下の【キーボードボダン】をタップして、金額を直接入力します。

4-4.確認する

最後に、設定内容を確認します。

かんたん積立 設定内容の確認

設定内容に間違いがなければ、【内容を確定する】をタップします。

これで、かんたん積立の設定完了です。手順で時間がかかるのは、口座開設の本人確認資料の審査と、入金に使う銀行口座の審査です。他はさくさく簡単に進みます。

ビットコインを「積立投資」で始めた3つの理由

3つのポイント

  • ビットコインをもう一度買いたかった
  • 自分は売買して差益を得るのは向かない
  • 少額から気軽に始められる

一番に、「ビットコインをもう一度買いたかった」と常々思っていました。

冒頭にも書きましたが、私はビットコインがまだ12万円程度だった2017年2月に「1BTC」買って、一旦200万円超えたあと暴落し、反発する直前の2019年2月に42万円で売りました。

30万円のプラスですから全然損はしていませんが、完全に売り時を誤りました。

その後大きく値上がりし、時にガクッと下がることもありましたが、史上最高値を更新し続けている状況を、他人事ながら苦々しく見ていました。

だから「もう一度」なんです。

でも、↑この経験から「自分は売買して差益を得るのは向かない」と分かってました。

というのも、売った時の決め手が「これ以上下がったら困る」で、仮想通貨の将来性や技術的なこと、未来のことを全く考えていませんでした。

今も仮想通貨のことを詳しく調べていませんし、世界の情勢にアンテナを張っているわけでもありません。チャートの読み方もわからない程度です。

そんな自分が「売買して差益を得る」なんてできるわけありません。だから「積立投資」なんです。

そしてビットフライヤーのかんたん積立は「少額から気軽に始められる」のが決め手でした。

かんたん積立の積立金額と頻度

ここでは、私が設定している「かんたん積立」の積立金額と頻度を紹介します。

ビットコイン イーサリアム
・毎週1回
・水曜日
・1,000円
・毎月1回
・20日
・1,000円

1年は52週なので、ビットコインが年間5万2千円。イーサリアムは月1回なので1万2千円。年間合計 6万4千円の投資です。

年間だとそこそこありますが、1ヶ月あたり5千円強です。

短期トレードは向いてないので、ビットコイン・イーサリアム どちらもガチホする気満々です。

と言っても、1BTCが700万円以上する今の相場で考えると、10年で52万(0.0742BTC)、20年で104万(0.1485BTC)しか買えません。

こんな量でガチホとか言ってるのが恥ずかしいですwww

【毎月更新】ビットコイン積立の損益公開

ここでは、毎月月初めに「前月までの累積積立額」と「保有コイン数」「時価総額」を比較して損益を公開します。

2021年11月には、ビットコインを2回、イーサリアムを1回購入しました。この記事を更新している12月6日時点の相場で損益を計算してみました。

記事更新時の相場

2021年12月6日 16時19分時点の相場

ビットコイン イーサリアム 購入額
数量 レート 数量 レート
11月17日 0.00014319 6,983,674 1,000
11月20日 0.00196314 509,386 1,000
11月24日 0.00014973 6,678,662 1,000
合計 0.00029292 0.00196314 3,000
記事更新時の損益
12月6日 0.00029292 5,469,496 0.00196314 459,554 2,504
(-496)

ちょっと分かりにくいですが、3,000円分買って12月6日時点の相場で2,504円ですから、マイナス496円でした。

考察

私が口座を開設してた11月上旬は、1BTCが740万円近かったですが、購入した時は700~670万円くらい。そして、今は約547万円、、、実に200万円も下がっています。

たった2,000円分ですから数百円のマイナスで済んでますが、大きく投資してる人は気が気じゃないでしょうね。ま、積立ですから下がっても半月で答えを出そうなんて思っていませんので、まだまだ継続します。

まとめ

まとめ イラスト

当記事では、ビットフライヤー(bitFlyer)の「かんたん積立」を始めた体験談を紹介してきました。

口座開設や設定は「あっけないくらい簡単」ですし、1円/回から始められるので、「仮想通貨を買ってみたい」という初心者や、「仮想通貨の積立投資をしたい人」におすすめです。

私は、1ヶ月5千円ちょっとで設定しました。たった5千円ですが、今後ビットコインのニュースを他人事じゃなくて、当事者目線で見ることになるとニヤけています。

過去の失敗の経験を活かし、コツコツ買い続けて10年後、20年後に少しでもプラスになっていたら良いと思っています。