【2019年5月版】WiMAXキャンペーンおすすめ3選&失敗しない選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WiMAXをどこどのキャンペーンで契約するかって悩みますよね。

調べれば調べるだけ「GMOが良い」「いやSo-netだ」「Broad WiMAXしかない」などなど色んな説が出てきますから、迷うのも無理はありません。

というわけで、ここでは2010年4月からWiMAXの情報サイトを作り始めてもう丸9年、常に最新のキャンペーン情報をチェックしている私が選ぶベスト3を紹介します。

「やっぱり違った」なんて後悔はさせません。

当サイトでは、おすすめする明確な根拠とメリット・デメリットを、誰にでも分かりやすく解説しています。ぜひ参考にしてください。

このページはWiMAXのキャンペーンに関する以下の4点を詳しく解説しています。

最後まで読んでいただければ、自分がどこでWiMAXを契約したらいいのか納得できる答えが見つかります。

WiMAX キャンペーンおすすめ3選【2019年5月】

早速ですが当サイトがおすすめするキャンペーンはズバリこの3つです。

  • 【最新端末がが安い】GMOとくとくBB 月額割引
  • 【キャッシュバックが受取りやすい】@nifty WiMAX
  • 【W05で実質費用最安】novas WiMAX
理由は非常に分かりやすくてシンプルです。

最新端末(W06)の実質費用で比較したらGMOの月額割引キャンペーンが安かったからイチオシで、

キャッシュバックが欲しい方はGMOより@nifty WiMAXの方が受取りやすいから2番手。

novas WiMAXはちょっと古い端末のW05が業界最安値で使えるから選びました。

以下の料金比較表をご覧ください。左から順に実質費用が安くなるプロバイダー・キャンペーンで並べました。(画像をクリックすると別タブで拡大画像が開きます。)

条件:ギガ放題・端末 W06またはW05【2019年5月時点】
おすすめ販売店3選

それぞれ選んだ根拠・メリット・デメリットを詳しく解説しています。

【実質費用が最安】GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン スクリーンショット

3年間の実質費用が最安なのがGMOとくとくBBの月額料金が安くなるキャンペーンでした。今は期間限定で5,000円のキャッシュバックが追加されているので非常にお得です。

他の月額割引キャンペーンとは実質費用が↓これだけ違います。

GMO
とくとくBB
So-net BIGLOBE DTI Broad
WiMAX
カシモ
WiMAX
122,830円 133,320円 133,320円 133,430円 134,902円 137,048円
差額 +10,490円 +10,490円 +10,600円 +12,072円 +14,218円

5,000円のキャッシュバックを含めての差額ですが、GMOとくとくBBが安いのは明らかです。

メリット
  • 月額料金の合計が最安
  • 特典の受取り手続きが必要ない
  • 最短で申し込み当日に発送してくれる
デメリット
  • 5,000円キャッシュバックは受取り手続きが必要

「GMOのキャッシュバックは評判悪いから月額が安いBroad WiMAXが良い」と紹介してるサイトをよく見ますが、Broad WiMAXよりGMOとくとくBBの方が約1万2千円も安いです。

メインの特典は月額料金の割引ですから受取れないこともないし、「安くWiMAXを使いたい方」はGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンがベストです。

受付時間に間に合えば平日だけでなく土日・祝日も申し込み当日に発送してくれます。

【キャッシュバックが受取りやすい】@nifty WiMAX

@nifty WiMAX スクリーンショット

@nifty WiMAXは「特典はキャッシュバックが良い」という方向けに選びました。キャッシュバック額はGMOとくとくBBの方が2,000円大きいですが、受取れる早さ・受取りやすさがniftyの魅力です。

niftyはキャッシュバックが受取りやすい!

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンと言えばGMOですが「受け取るのが難しい」と評判が良くありません。理由は「受取り手続きが契約から1年後しかできない」からです。

niftyの場合、受取り口座の登録が「開通後すぐにWEB上のマイページからできる」というのがポイントです。

振込予定月の前月ににメールが届きますが、それは「登録してない方はお願いします」というメールで、口座登録の手続きは開通直後からできます。開通してすぐに済ませれば忘れません。

キャッシュバック特典の受け取りまでの流れは、公式ページのQ&Aページに詳しく掲載されています。気になる方は契約前に確認してください。

メリット
  • 30,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 受取手続きが簡単で、受取り損なうリスクが少ない
デメリット

キャッシュバック額はGMOより2,000円少ないですが、受け取れなかったら元も子もないです。「キャッシュバックキャンペーンが良い方」は早く受け取れて手続きが簡単な@nifty WiMAXがおすすめです。

@nifty WiMAXのキャンペーン最新情報と、申し込む前に知っておいた方がいい注意点を以下の記事で詳しく解説しています。うっかりすると「キャッシュバックが貰えなくなる」ので申し込む前に必ずご覧ください。

関連記事

【W05が業界最安値】novas WiMAX

novas WiMAX W05キャンペーン スクリーンショット

novas WiMAXは最新端末より1年古いW05限定プランの月額料金がとても安くて、2019年5月現在 業界最安値なので選びました。

申込みが多すぎて発送が追いつかない人気ぶりです。

どれくらい安いかというと、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンより3年間で約1万円安いです。

GMOとくとくBB
(月額割引)
novas WiMAX
(W05限定プラン)
差額
利用開始月(日割り) 2,170円 0円 -2,170円
1~2ヶ月目 1,980円 -190円
3ヶ月目以降 3,480円 3,270円 -210円
3年間合計 124,830円 115,140円 ‐9,690円
メリット
  • 月額料金が安い(3,270円(初月0円・1~2ヶ月目 1,980円))
  • 実質費用が業界最安値
デメリット
  • 端末が1年古いW05

W05は2018年発売の1年前のモバイルルーターですが、「2018年一番売れたWiMAX端末」で評価も非常に良いです。今も使っている人が多いWiMAXルーターです。

「W05でも大丈夫」「とにかく安くWiMAXを使いたい」という方はnovas WiMAXがおすすめです。

2年契約できるWiMAXキャンペーンを探している方へ

2019年5月現在 WiMAXの2年契約はおすすめしません。理由は分かりやすくこの1点だけです。

  • 割引や特典がないので3年契約よりかなり割高になるから

今のWiMAX 2年契約は、キャッシュバックや月額料金の割引などのキャンペーンが全くありません。

2年契約・3年契約の実質料金比較

2019年5月現在 最新の端末 Speed Wi-Fi NEXT W06・Speed Wi-Fi HOME L02の料金を比較してみました。

3年契約は最安で使える「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン」、2年契約は最新端末でも2年契約できる「WiMAXの本家 UQ WiMAX」で比較しました。

GMOとくとくBB
(月額割引キャンペーン)
UQ WiMAX
契約年数 3年 2年
事務手数料 3,000円 3,000円
端末代 0円 3,800円
月額料金 3,480円
(最初3ヶ月2,170円)
4,380円
(最初3ヶ月3,696円)
特典 5,000円
キャッシュバック
なし
合計費用 122,830円 114,248円
1ヶ月換算 3,320円 4,570円

UQ WiMAXの2年契約の方が1ヶ月あたり1,250円も高いことが分かります。さらにLTE回線を使うと1,005円のオプション料金が加算されます。

いくら契約期間が1年短くても、ここまで条件が悪いとおすすめできません。

どうしても2年契約したい方は「3年契約の途中解約」をご検討ください。

3年契約の途中解約がおすすめ

実質費用を計算すると、3年契約を満了しても途中解約しても実質月額にほぼ差がないことが分かりました。

さらに3年契約だと最新端末が選べるハイスピードプラスエリアモードが無料で使えます。

GMOとくとくBB
契約年数 3年 3年
25ヶ月で解約
端末代 0円
事務手数料 3,000円
利用料合計 155,769円 108,876円
特典 32,000円
キャッシュバック
違約金 なし 9,500円
実質費用 126,769円 89,376円
実質月額 3,426円 3,438円
条件:ギガ放題・端末WX05 クレードル無し【2019年5月時点】

ただ↓この二つのポイントが重要です。

  • キャッシュバックキャンペーンを選ぶ
  • 違約金が9,500円になるタイミングで解約する

月額割引キャンペーンは合計約3万円の還元額を、3年(36ヶ月)かけて受け取るので、3年間満了しないと全額受け取れません。ですから途中解約には向きません。

キャッシュバックなら特典を一括で受け取れるので、あとは「いつ解約するか」です。

解約違約金が高いと折角もらったキャッシュバックが相殺されてしまいますので、9,500円まで安くなる25ヶ月目がベストです。

GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーンがベスト

この使い方は、違約金9,500円を払わなきゃいけませんからキャッシュバック額が多くないといけません。

となると、どの端末でも一番キャッシュバック額が多いGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがベストです。

W06 WX05 W05 L02 HOME01
本体のみ 32,000円 32,000円 37,150円 31,400円 31,400円
クレードル付き 29,000円 32,950円

@nifty・BIGLOBEは端末に関係なく一律30,000円で、クレードルは別途 3,130~3,686円必要です。

解約違約金は12ヶ月までが19,000円・13~24ヶ月まで14,000円で、25ヶ月目以降9,500円になりますからこのタイミングで解約するのがベストです。

公式ページ以外からだとキャッシュバック額が少なくなる場合があるので注意してください。

他のWiMAXから乗り換えがお得なキャンペーン

Broad WiMAX 違約金負担の乗換キャンペーン

WiMAXからWiMAXへの乗り換えにおすすめなのが、違約金を19,000円まで負担してくれるBroad WiMAXです。

更新月がまだ先だけど↓こんな風に思ってる人におすすめ。

  • 「端末の調子が悪い(壊れそう)」
  • 「新しいWiMAX端末が欲しい」
  • 「月額料金が高いから抑えたい」

違約金ゼロで月額料金も安くなる

乗り換えたい人の多くは「新しい端末が欲しいから」なんですが、月額料金の節約効果が意外と大きいので、今払ってる料金が↓Broad WiMAXの月額料金より高い方におすすめです。

初月 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25ヶ月目以降
2,726円(日割り) 2,726円 3,411円 4,011円

特にUQ WiMAX・家電量販店で契約した方や、キャッシュバックキャンペーンを使った方は月額料金が高いので、Broad WiMAXに乗り換えると月額料金が大幅に安くなります。

「違約金を負担せずに、新しい端末が0円で月額料金も安くなる」こんなに乗り換えに適したキャンペーンは他にありません。

他のWiMAXから乗り換えるならBroad WiMAXで決まりです。

家電量販店のWiMAX キャンペーンがダメな理由

家電量販店でもWiMAXが契約できるし、キャンペーンを展開していますが以下の理由で選んではダメです。

  • 特典額が少なすぎる
  • 店内商品値引でWiMAX料金が安くならない

詳しく解説します。

特典額が少なすぎる

2018年11月~12月に以下の量販店を調べた結果、特典が一番高額なケースで16,200円でした。

  • ヤマダ電機
  • エディオン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ケーズデンキ

エディオン WiMAX キャンペーンPOP

↑これはエディオンのキャンペーンPOPですが、ヨドバシカメラもほぼ同じ条件のキャンペーンをしていました。他の量販店は特典額が最大10,800円というお店が多かったです。

ネットから申し込める販売店だと、特典は30,000~40,000円が相場ですから、最大16,200円というのは明らかに少なすぎます。

店内商品値引でWiMAX料金が安くならない

家電量販店の特典は店内商品を同時購入した価格からの値引きで、WiMAX利用料の割引や現金でのキャッシュバックじゃありません。

品揃え豊富な大型店舗なら欲しい家電製品のひとつやふたつ必ずありますが、WiMAXの契約をした上で、「商品買ってくれたら値引きします」という特典ではWiMAXのコストが安くなっているとは言えません。

考え方次第ですが、私は「WiMAXの特典として回りくどい」と思います。

百歩譲ってネット系の販売店より特典額が大きければ良いですが、5,000円~15,000円では話になりません。

家電量販店の販売員に分からないことを聞くのは良いですが「その場の流れで契約しない」が鉄則。必ず他の契約先と料金やキャンペーンを比較して冷静に判断しましょう。

色んな量販店に行って調査した感想は、以下のページで詳しく紹介しています。

WiMAXのキャンペーン選ぶ4つのポイント

WiMAXのキャンペーンを納得して選ぶには絶対知っておいた方が良い3つのポイントを最後に紹介します。

  • キャンペーンは実質費用・月額で比較する
  • キャッシュバック or 月額割引を選ぶ
  • 2年契約にこだわらない
  • 最新端末で契約する

ひとつずつ詳しく紹介します。

1.キャンペーンは実質費用・月額で比較する

特典総額一番安い時期の月額料金だけを見ていては、本当にお得な販売店・キャンペーンは見つかりません。

WiMAX キャンペーン スクリーンショット

それぞれの販売店が、自分に一番都合の良い数字をアピールしているので、表示されてる額の大きさ・安さはただの客寄せパンダです。

特に「最安級」という言葉には要注意です。「最安」だけど「最安」ではないことがほとんどです。

実質費用・実質月額での比較が必須です。

当サイトで言う実質費用とは、初期費用・端末代と契約期間中の利用料の合計からキャンペーンで還元される額を引いた、契約期間中にかかる合計費用で、実質月額は実質費用を契約期間の月数で割った金額のこと指す。

当サイトでは実質費用・月額での比較を軸に、それぞれの販売店のメリット・デメリットを加味しておすすめのキャンペーンを3つ選んでいます。

(結果をご覧になりたい方はWiMAX キャンペーンおすすめ3選をどうぞ。)

2.キャッシュバック or 月額割引を選ぶ

キャッシュバック・月額割引 どっち

WiMAXのキャンペーンを選ぶには、キャッシュバック・月額割引 どちらの特典が良いか決めておくとスムーズに選べます。

ここではそれぞれ「こんな人におすすめ」というタイプを紹介します。

2-1.キャッシュバックがおすすめな人

  1. WiMAXを最安で使いたい
  2. 特典は一括でガバッと受取りたい
  3. 受取り手続きを忘れない
  4. 2年過ぎたら解約するかもしれない

キャッシュバックは月額割引よりも特典総額が大きい(30,000~35,000円)ので実質費用は安くなります。

ただ実際に受け取れるのは5ヶ月~12ヶ月後(販売店によって異なる)で、事前の手続きが必須です。手続きを忘れると失効してしまうので絶対に手続きを忘れてはいけません。

特典はキャッシュバックで還元されるので、月額料金はUQ WiMAXとほぼ同じ4,300円前後(ギガ放題の場合)です。

特典を一括で受け取れるので、違約金が安くなるタイミングで解約するという選択肢もありです。

2-2.月額割引がおすすめな人

  1. 必ずしも「最安」じゃなくてもいい
  2. 月々の支払が安い方が嬉しい
  3. 受取り手続きを忘れそうだし面倒だ
  4. 3年間解約するつもりはない

月額割引はキャッシュバックより特典総額がやや少ない25,000~30,000円程度です。

特典総額は少ないですが、月額料金が3,600円前後で使えるのが魅力。キャッシュバックキャンペーンより1ヶ月あたり700~900円安いです。

受取りに手続きが必要ないので、特典を「受取り忘れた」「受け取れなかった」ということがありませんが、契約期間を満了しないと全額受け取れませんので、途中解約すると損です。

3.2年契約にこだわらない

2年契約が絶対じゃない

WiMAXの契約は2年契約にこだわってはいけません。理由は分かりやすくこの1点だけです。

  • 割引や特典がないので3年契約よりかなり割高になるから
3年契約なら実質月額3,320円(GMOとくとくBB 月額割引)で使えるところ、2年契約だと4,570円(UQ WiMAX)で1ヶ月あたり1,250円も高いです。さらにLTE回線を使うと1,005円のオプション料金が加算されます。

具体的な料金の比較表は2年契約・3年契約の実質料金比較をご覧ください。

どうしても2年契約したい方は3年契約の途中解約がおすすめです。

4.最新端末で契約する

2019年5月現在 おすすめのWiMAX端末はSpeed Wi-Fi NEXT W06です。

W06

2019年5月時点 一番新しいモバイルルーターで、スペックを比較すると最大通信速度も速いし、高性能ハイモードアンテナ・ビームフォーミングなど電波状況のよくない場所での通信品質を上げる機能が備わっています。

W06 WX05 W05 WX04
発売日 2019/1/25 2018/11/8 2018/1/19 2017/11/1
下り最大
HS
558Mbps 440Mbps 558Mbps 440Mbps
下り最大
HS+A
1.2Gbps 440Mbps 758Mbps 440Mbps
上り最大
HS
30Mbps 30Mbps 30Mbps 30Mbps
上り最大
HS+A
75Mbps 75Mbps 112.5Mbps 75Mbps
通信時間
(HS・ノーマル)
540分 690分 540分 690分
サイズ
幅×高さ×厚さ
128×64×11.9 111×62×13.3 130×55×12.6 111×62×13.3
重さ 125g 128g 131g 128g
メーカー HUAWEI NECプラットフォームズ HUAWEI NECプラットフォームズ
凡例:HS:ハイスピードモード(WiMAXのみ)
   HS+A:ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX+au 4G LTE)
スペック参照:WiMAX(ワイマックス)端末一覧|【公式】GMO とくとくBB

関連記事

まとめ

いかがでしょうか、自分に合ったWiMAXキャンペーンは決まりましたでしょうか?

WiMAXのキャンペーンは「2年契約にはこだわらず、キャッシュバックか月額割引 どちらか好みの特典で、実質費用・月額が安いキャンペーンを最新端末で契約する」のが合理的ですと解説してきました。

そして2019年5月時点のおすすめはこの3つです。

自分が「実質費用の安さ」「月額料金の安さ」のどちらかを重視するのか、または「いつも新しい機種を使いたい」のかで考えると、シンプルに決まりやすいです。

WiMAXのキャンペーン選びの参考にしてください。