WiMAXの新料金プラン徹底解剖!デメリットもあるので要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WiMAXも2019年10月から新料金プランがスタートしましたが、残念ながら大幅な負担増になりました。

大手携帯キャリアと同じく以下の3点が改正の主軸ですが、

  • 「端末代の大幅割引なし」
  • 「解約違約金は1,000円」
  • 「期間条件なしも選べる」

旧プランと比べて実質月額で約1,000円も高いです。

これまで無料だった端末代が「全額負担になった」のは大きいです。端末代はUQ WiMAX・家電量販店系プロバイダーは15,000円、BIGLOBE WiMAXだと19,200円です。

それに2年契約できるのは良いですが、ハイスピードプラスエリアモードが有料(1,005円/月)になってしまいました。

ホント「総務省 余計なことしてくれたな」という感じです。

ここではそんな「WiMAXの新料金プラン」を徹底解剖して、デメリットや注意点を解説しています。

11月6日現在、まだ旧プランで契約できるプロバイダーがほとんどです。「3年契約で解約違約金が高い」というデメリットはありますが、新料金プランより実質費用が安いのは間違いありません。

安くWiMAXを使いたい方はGMOとくとくBBをチェックしてください。11月からキャッシュバック額を上げて、全機種統一にしました。

法律で規制されているわけですから、近い将来こういうキャンペーンはやめざるを得ないはずです。ここにきての還元額アップにGMO最後の意地を感じます。旧プランで契約したい方はお早めに。

新「ギガ放題」プランについて

【微妙】月額料金が500円安くなって3,880円

新料金プランのギガ放題は月額料金が3,880円です。従来のプランは4,380円でしたから500円の値下げになります。

値下げされてもギガ放題の通信量に関する以下の2つの条件は同じです。

  • 1ヶ月あたりの通信量制限なし
  • 3日間で10GB使うと翌日の夜(18時頃~翌2時頃)に1Mbpsに速度制限される

というわけで、ギガ放題プランの使い勝手は変更ありません。

【注意】「別途機種代金」がいくらになるのか!?

月額料金の下に別途機種代金と書かれています。これがいくらになるのかが重要です。

新料金プランの「別途機種代金」と書かれている部分のスクリーンショット

旧プランだとUQ WiMAXの場合、20,000円の端末を3,800円で端末を販売していました。UQ以外の代理店(プロバイダー)契約だと0円(または1円)が当たり前でした。

しかし、今回の改正電気通信事業法では「端末実質0円」など、端末代の割引で契約を促すことを禁止しています。

月額料金が500円安くなって3,880円になっても、「別途機種代金」で相殺されてしまいます。

端末代は15,000円 or 19,200円

端末代はUQ WiMAX・家電量販店系プロバイダーが15,000円、BIGLOBE WiMAXが19,200円です。

UQ WiMAXは契約時の一括払いのみで、家電量販店は500円×30回払い、BIGLOBEは800円×24回払いでの分割払いに対応しています。

いずれにしても、旧プランで無料だった端末代が全額負担になったのは大きいです。

月額料金は500円安くなりましたが端末代が全額負担になってしまったので、新料金プランでは「利用料+端末代=月額料金」として考えないといけません。

【良い】契約期間の選択肢が増えた

新料金プランは契約期間の選択肢が以下の5つに増えました。

  • 3年
  • 2年(自動更新あり)
  • 2年(自動更新なし)
  • 1年
  • 期間条件なし

ただ、プロバイダーによって扱う契約期間が違うのがとてもややこしいです。

3年 2年
(自動更新あり)
2年
(自動更新なし)
1年 期間条件
なし
家電量販店 UQ WiMAX
家電量販店
UQ WiMAX
家電量販店
BIGLOBE UQ WiMAX
家電量販店

無くなったかと思った3年契約も実は残っていて、3年契約だと2年・1年契約だと1,000円の契約解除料が9,500円になるという、よくわからない設定です。

でも3年契約だとハイスピードプラスエリアモードが無料で使えます。

【注意】6ヶ月以上使うなら期間条件なしは高い

期間条件なしの場合、いつでも違約金なしで解約できますが、月額料金が170円高くなって4,050円になります。

この170円というのが微妙な料金設定で、「6ヶ月以上使うなら期間条件なしより2年契約した方がお得」と分かりました。

2年契約で解約違約金を払って解約した場合と、期間条件なしで解約した場合の料金を比較
利用月数 2年契約 期間条件なし
月額料金 +解約違約金 1,000円
1ヶ月 3880 4880 4050
2ヶ月 7760 8760 8100
3ヶ月 11640 12640 12150
4ヶ月 15520 16520 16200
5ヶ月 19400 20400 20250
6ヶ月 23280 24280 24300
7ヶ月 27160 28160 28350
8ヶ月 31040 32040 32400
9ヶ月 34920 35920 36450
10ヶ月 38800 39800 40500

半年以内で解約する前提なら、WiMAX レンタルを利用した方が安いし、「期間条件なし」は実質的にはメリットの無い契約条件だと思います。

更新期間が1ヶ月から3ヶ月に延長

旧プランでは解約金なしで解約できる期間が1ヶ月しかなかったですが、3ヶ月に延長されました。

2年契約は契約月から25ヶ月が契約期間で、契約期間の最終月+2ヶ月が更新期間になります。

例えば2019年10月に契約したら、2021年10月~12月の3ヶ月間が更新期間です。この間に解約すれば1,000円の違約金は必要ありません。

(家電量販店の3年契約だと更新月は旧プランのまま1ヶ月です。)

【悪い】ハイスピードプラスエリアモードが有料

従来プランでは3年・4年契約するとハイスピードプラスエリアモードが無料で使えました。

それが新料金プランの2年・1年契約だと有料です。ハイスピードプラスエリアモードを1ヶ月中に1度でも使うと月額1,005円のオプション料金が加算されます。

ハイスピードプラスエリアモードとは

WiMAX回線の他にau 4GLTE回線が使えるようになる通信モードです。LTEはWiMAXよりエリアが広くつながりやすいので、WiMAXの電波が入りにくい場所や圏外の場所でもルーターが使えるようになります。(通信量は契約プランに関係なく1ヶ月7GBまで)

ルーターを持ち歩いて使う人はハイスピードプラスエリアモードが使えた方が便利です。

ハイスピードプラスエリアモードが使えた方が、WiMAXルーターの使える範囲が広がって便利ですが月額1,005円は高いと思います。

まとめ「ポイントになるのは端末代の負担額」

UQ WiMAXの新料金プランが従来のプランと比べて良いところは以下の3点です。

  • 契約期間の選択肢が増えた(3年・2年・1年・期間条件なし)
  • 解約違約金が安くなった(最大19,000円 ⇒ 1,000円 or 9,500円)
  • 更新期間が長くなった(1ヶ月 ⇒ 3ヶ月)

ただ良いことばかりではありません。気になるのが以下の4点です。

  • 端末代の負担が増える(0円 ⇒ 全額負担))
  • 2年・1年契約だとハイスピードプラスエリアモードが有料(1,005円/月)
  • 6ヶ月以上使うなら「期間条件なし」は割高

端末代はプロバイダーによって違って、15,000円のところと19,200円のところがあります。いずれにしても旧プランの0円に比べて大幅な負担増です。

まだ端末代0円の旧プランで募集しているプロバイダーも多いので、端末代を払いたくない方は旧プランで申し込みましょう。