So-net WiMAXのキャンペーンをおすすめしないハッキリした理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「So-netのWiMAXって安そうだけど」「他と比べてどうなのかな?」と思って調べていますね。

So-netはGMOやBroad WiMAXと比較するとブランドの知名度もあるし安心感ありますよね。

でも条件を見ると「料金が高い」ので全然おすすめできません。最安のプロバイダーと比べると3年間で2万円以上高いのが現状です。

千円そこそこの差ならブランドイメージで選ぶのもアリですが、2万円の差は大きすぎます。

もう結論を書いてしまいましたが、ここではSo-net WiMAXのキャンペーンをプロ目線で徹底的に調べた結果を詳しく解説しています。So-net WiMAXが気になってる人は申し込む前にぜひご覧ください。

So-net WiMAXのキャンペーンを『高い』と断言する根拠

冒頭で「最安のプロバイダーと比べると3年間で2万円以上高い」と書きましたが、その根拠を順を追って解説します。

So-netモバイルWiMAX

So-netのWiMAXが「2019年6月からキャンペーンの条件を大きく変えた」のが原因です。

変更前は契約期間の3年間通じてギガ放題プランが3,620円だったんですが、6月から1年目が3,380円で2年目以降は4,379円という条件になってしまいました。

これによって3年間の実質費用・実質月額が大きく変わりました。

条件:ギガ放題プラン
サービス名 キャンペーン 月額料金合計 キャッシュバック 実質費用 実質月額
新キャンペーン So-net 月額割引 150,035 なし 153,035 4,027
旧キャンペーン So-net 月額割引 133,940 なし 136,940 3,604
※実質月額とは、月額料金・端末代・事務手数料・解約金・残債など使用期間中にかかる全ての費用の合計から、キャンペーンの還元額を引いた実質費用を使用月数で割って算出した金額です。

3年間の実質費用が16,095円、実質月額が423円も高くなってしまいました。

この条件が他のプロバイダーと比較してどうなのかも見てみましょう。

他のプロバイダーとSo-netの料金を比較

So-netのWiMAXを他のプロバイダーと料金を比較したら、16社18キャンペーン中12位という結果でした。最新の実質費用・実質月額の比較表をご覧ください。

条件:ギガ放題・端末 W06【2019年7月時点】
順位 サービス名 キャンペーン 月額料金合計 キャッシュバック 実質費用 実質月額 備考
1位 GMO キャッシュバック 160,032 ▲32,000 131,032 3,448 最新
2位 GMO 月額割引 128,310 131,310 3,456 最新
3位 JPWiMAX CB+月額割引 135,200 ▲10,000 128,200 3,465 最新
4位 DTI 月額割引 134,190 137,190 3,610 最新
5位 AsahiNet CB+月額割引 145,860 ▲10,000 138,860 3,654 最新
6位 Broad WiMAX 月額割引 135,363 138,913 3,656 最新
7位 nifty キャッシュバック 159,590 ▲23,100 139,491 3,671 最新
8位 BIGLOBE キャッシュバック 160,690 ▲23,000 140,690 3,702 最新
9位 カシモWiMAX 月額割引 138,127 141,127 3,714 最新
10位 BIGLOBE 月額割引 140,600 143,600 3,779 最新
11位 novas WiMAX 月額割引 144,860 147,860 3,891 最新
12位 So-net 月額割引 150,035 153,035 4,027 最新
13位 hi-ho 月額割引 153,040 156,040 4,106 最新
14位 ヤマダ電機 店内商品値引 164,388 167,388 4,405 最新
15位 エディオン 店内商品値引 164,388 167,389 4,405 最新
16位 ビックカメラ 店内商品値引 164,388 167,389 4,405 最新
17位 ヨドバシカメラ 店内商品値引 164,388 167,389 4,405 最新
18位 UQ WiMAX キャッシュバック 164,388 ▲3,000 168,188 4,426 最新

同じ端末・同じ回線・同じプランで契約して、最安のGMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーンとの差が3年で22,003円もあります。

こんなに料金の差があると、流石におすすめできません。

「料金が高いのでおすすめできない」というのが前提ですが、So-net独自のメリットもあるので紹介します。

So-net WiMAX独自の3つのメリット

【メリット1】契約期間中に格安で機種変更できる

機種変更

WiMAXは3年契約なので基本的に3年間同じ端末を使うことになりますが、So-netなら1年7ヶ月使うと6,000円で機種変更できます

通常新しいWiMAX端末は20,000円ですが、契約時に限って無料にしてくれています。端末0円=新規契約特典というわけです。

契約時には最新の端末を選んでも、1年経てば性能の良い新しい端末が出ます。普通に使っていれば2年で壊れることはないですがバッテリーの経年劣化で電池の持ちが悪くなり始めます。

そんな時期に格安で機種変更できるのは利用者にとって嬉しいサービスです。

もちろん機種変更しても契約期間は延長されません。

契約から1年7ヶ月で機種変更したら1年5ヶ月後には違約金なしで解約できます。

ここで他社のWiMAXに乗り換えれば、また新しい端末を無料で手に入れることができるわけです。

上手く活用すれば、格安で新しい端末を使い続けられます。

GMOとくとくBBとBroad WiMAXも契約期間途中で機種変更できて、しかも端末代が無料なんですが、機種変更した時点から新たに2年または3年契約がスタートする再契約に近い制度なので利用するメリットはありません。

以下のURLがそれぞれの機種変更申込ページですが、

GMOとくとくBB:https://gmobb.jp/lp/wm2change/
Broad WiMAX:https://wimax-broad.jp/lp/norikae3/

契約が延長される点についての説明がとても分かりにくいです。こんな条件の機種変更は受けるべきではありません。

関連記事

【注意】無料になる2年10ヶ月まで待つのダメ

So-net 機種変更 告知

公式ページには↑このように『2年10ヶ月目以降は機種変更0円~』と書かれていますが、無償で機種変更した場合6ヶ月以内に解約すると端末を元通りの状態で返却しなきゃいけません。

もし端末を壊したり汚したり、返却しなかったりすると20,000円も請求されます。

3年契約の更新月には解約しないと損(=継続するより他の販売店で新規契約した方が得)ですから、2年10ヶ月で機種変更すると新しい端末は2ヶ月しか使えない上に、端末代2万円を請求される可能性があります。

ですから、1年7ヶ月経ったら「できるだけ早く機種変更する」か「最後まで使うか」どちらかです。

機種変更にかかる費用が無料になる2年10ヶ月まで待つのはダメです。

【メリット2】3種類のオプションが12ヶ月無料で使える

So-netは月額料金の割引の他に、地味にお得な特典があります。

So-net 同時申し込みで無料になるオプション

2019年7月現在、以下の3つのオプションがWiMAXと同時申し込みで12ヶ月0円で利用できます。

  • カスペルスキー セキュリティ 500円/月
  • So-net 安心サポート 300円/月
  • So-net くらしのお守り 450円/月

このうちおすすめなのがカスペルスキー セキュリティです。

カスペルスキー セキュリティは有名なセキュリティソフトで強くて軽いと定評があります。特典では1年間 パソコン・スマホ・タブレット合計5台のセキュリティ対策に利用できます。

公式ページ:カスペルスキー セキュリティ 製品情報|カスペルスキー

これだけで月額500円 1年分ですから6,000円分お得です。

安心サポートはデジタル機器が苦手な人の強い味方

So-net 安心サポート

安心サポートはWiMAXに限らずパソコン・インターネットの疑問やトラブルを相談できて、場合によっては遠隔操作で解決してくれるサービスです。

公式ページ:So-net 安心サポート | 有償サポートサービス | So-net

無料なのは毎月1回だけですが、パソコンやインターネットなどデジタル機器が苦手な人には心強いサービスです。

【メリット3】So-net接続会員だと月200円安い

So-net接続コース会員だと月額料金が200円安くなるので、実質費用が3年間で7,400円(200円×37ヶ月)安くなります。

So-net接続コース会員というのは、簡単に言うと「光回線のプロバイダーにSo-netを使ってる人」のことです。(接続コース会員じゃない方は読み飛ばしてください。)

それでも、最安のGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンとの差が22,003円あるので、7,400円安くなってもまだ14,603円の差があります。

「契約先をまとめる」という意味ではメリットがありますが、他社と比較するとまだまだ高いです。

So-netモバイルWiMAXの口コミ・評判

ここではSo-netモバイルWiMAXを選んだ人の口コミ・評判を紹介します。

出典:So-net WiMAX – Twitter検索

月額料金の安さを重視してSo-netを選んでる方が多いことが分かります。ただ、キャンペーン内容が変更されてからは「料金が安くない」ので注意しましょう。

【まとめ】So-netはメリットもあるけどおすすめしない

さて、ここまでご覧になって自分がSo-netを選ぶべきかどうか分かりましたでしょうか?

おさらいするとSo-net WiMAXの特徴は↓この4つでした。

  • 実質費用は最安のGMO(キャッシュバック)と22,003円の差がある
  • 契約期間中に格安で機種変更できる
  • 3種類のオプションが12ヶ月無料で使える
  • So-net接続会員だと月200円安い

一番上の価格差 22,003円が大きすぎて、他3点のメリットを相殺してしまってると言えます。

というわけで、2019年7月現在 So-netのWiMAXはおすすめしません。

契約するならGMOとくとくBBがおすすめ

2019年7月現在「最新端末を最安クラスで使えて条件が良い」プロバイダーはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

冒頭の比較表では2位でしたが、1位のキャッシュバックキャンペーンとの差は278円しかないので、特典を受取り損なうリスクがない月額割引キャンペーンを当サイトではおすすめしています。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン スクリーンショット

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンは、以下の3つの条件が揃っているので「一番条件が良い」として紹介しています。

  • 3年間の実質費用・実質月額が最安クラス
  • 端末代が0円で即納
  • 特典が確実に受取れて毎月の料金が安い

どれくらい月額料金が安いのか、So-net WiMAXと比較しました。3年間で21,725円安いです。

So-net WiMAX GMOとくとくBB 差額
利用開始月(日割り) 0円 2,170円 +2,170円
1~2ヶ月目 3,380円 -1,210円
3~12ヶ月 3,480円 +100円
13~37ヶ月目 4,379円 -899円
3年間合計 150,035円 128,310円 -21,725円

メインの特典が月額料金の割引なので、キャッシュバックのように「受け取れるのが1年後」「失敗して受け取れなかった」という心配もありません。

というわけで、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンを選べば間違いありません。以下申込み手順も紹介していますので参考にしてください。

GMOとくとくBBの申し込み手順と注意点

ここからはGMOとくとくBBを申し込む手順と「失敗や損をしないための注意点」を解説します。

  • 手順1.エリアを確認する
  • 手順2.公式ページから申し込む
  • 手順3.端末はWX05
  • 手順4.契約プランは「ギガ放題」
  • 注意点.申し込み完了ページを保存しておく
  • 注意点.契約翌月にオプションを解約する

ここを見ながら申し込めば間違いありません。ぜひ参考にしてください。

手順1.エリアを確認する

まず自分がWiMAXを使いたい場所が通信エリア内かをサービスエリアマップでチェックしましょう。

自宅や職場など頻繁に使う場所は、必ずピンポイントエリア判定も確認しましょう。①で建物種別を選んで、②で住所を入力するだけです。

ピンポイントエリア判定で「○」と判定されれば大丈夫です。

GMOとくとくBBは申し込み住所がエリア判定で「○」なのに、「通信速度が遅い」など通信品質に満足できない場合は、違約金なしで20日以内のキャンセルが可能です。

エリア判定で「○~△」「△」と判定されて使えるか判断できない場合は、Try WiMAXで実際の端末を借りてチェックしましょう。回線元 UQ WiMAXのサービスで15日間無料です。申し込み方法や注意点は以下のページで解説しています。

手順2.公式ページから申し込む

申し込みは必ず公式ページから行いましょう。

公式ページ:月額割引キャンペーン

上記以外の申込みページからだと、キャッシュバック額が少なかったり、解約違約金の条件が違う場合もありますので注意しましょう。

手順3.端末はW06 or L02

次に端末を選びます。持ち歩くタイプのモバイルルーターならSpeed Wi-Fi NEXT W06です。

GMOとくとくBB 機種選択画面

2019年7月現在 W06が最新で通信速度の速さが魅力です。同じ電波状況ならライバル機種のWX05よりW06の方が通信速度が速いです。

「WiMAXを持ち歩いて使いたい」という方はW06で間違いないです。

GMOとくとくBB 機種選択画面 L02

「WiMAXは家用のネット回線」「持ち歩く事はない」という方はホームルーターのL02です。

手順4.契約プランは「ギガ放題」

契約プランは「ギガ放題プラン」を選びましょう。

GMOとくとくBB プラン選択画面

ギガ放題プランでも端末発送月+2ヶ月間は通常プランと同じ料金で利用できるので契約時はギガ放題を選択しましょう。

最長3ヶ月思いっきり使ってみて、7GBで足りるなら通常プランに変更すればいいです。

あとは、「個人情報・支払い情報などを入力」「入力内容を確認」で申し込み完了です。

注意点.申し込み完了ページを保存しておく

申し込みが完了すると、完了ページに会員情報(ID・パスワード・メールアドレス・接続情報)が表示されます。

ここに表示されている情報で、会員ページ・WEBメールにログインすることができます。

GMOとくとくBB 申し込み完了ページ

通信量の確認・オプションの解約や毎月100ポイントもらえるGMOポイントを月々の支払いに使うなど、会員ページのBBnaviは、すぐにログインできる状態にしておくべきです。

スマホだとかなり長いページになりますが、スクショで記録して分かるようにしておきましょう。

GMOとくとくBB 会員登録証

後日、会員情報が記載された書類が郵送で届きますが、スマホに保存されていた方が見返しやすいです。

注意点.契約翌月にオプションを解約する

申し込み時に加入した以下のオプション2つ(安心サポート・Wi-Fi(公衆無線LAN))は、必要なければ端末発送月の翌月に解約しましょう。

GMOとくとくBB オプション選択画面

どちらも利用料は最大2ヶ月無料なので「端末発送月と翌月までは無料」です。

端末発送月の翌月に解約すれば料金はかかりません。オプションには1ヶ月の最低利用期間が設定されていて「端末発送月内は解約できません」ので、翌月に忘れず解約しましょう。

GMOとくとくBBの評判やキャッシュバックの受取り方などは、以下のページで詳しく解説しています。

まとめ

So-netモバイルWiMAXは、キャンペーンが縮小されて実質費用が高めなプロバイダーになってしまいました。機種変更や1年無料で使えるオプションなど独自のメリットはありますがおすすめできません。

So-net接続コース会員で月200円安くなっても、最安のプロバイダーと1万4千円以上も差があります。

今契約するならGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンが「料金が最安クラスで条件が良い」のでおすすめです。