@nifty WiMAXを申し込む前に必見の注意点とキャンペーン最新情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「niftyのWiMAXってどうなんだろう?」と思って調べていますね。

@nifty WiMAXは2019年7月現在 23,100円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中です。

他社よりキャッシュバックが受取りやすいので「特典はキャッシュバックが良い」という方におすすめです。

ただ申し込む前に知っておいた方いいことがあるので注意しましょう。知らないと「キャッシュバックを受取れなくなる」かもしれません。

もう1点「niftyだからできる」WiMAXを1年・2年だけ使うポイントも紹介しています。←これは意外と知られていません。

ここでは@nifty WiMAXについて以下の3点について詳しく解説しています。

ちょっと長いですが、最後まで読んでいただければ@nifty WiMAXの全てが分かります!

@nifty WiMAXの最新情報【2019年7月】

キャンペーン

@nifty WiMAX スクリーンショット

2019年7月現在 @nifty WiMAXは、新規契約で23,100円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを展開中です。(2019年7月1日~)

公式ページ:@nifty WiMAX

購入する端末に関係なく金額は一律で、受け取れるのは「機器発送月を含む12ヶ月目」です。特徴は受取り口座の登録手続きは開通直後からWEBマイページで行える点です。

ここが「niftyはキャッシュバックが受取りやすい」と言われる理由なので、詳しく【メリット】キャッシュバックが受取りやすいで解説しています。

基本条件

料金プラン

ギガ放題プラン 通常プラン(7GB)
利用開始月 0円 0円
1~2ヶ月目 3,670円 3,670円
3ヶ月目~ 4,350円 3,670円

通常プランは3年のみ、ギガ放題プランは3年・2年契約できますが、2年契約には特典が無いのでおすすめしません。

(1年・2年契約したい方は【メリット】1年・2年利用でも実質月額が安いをご覧ください。)

上記の料金には250円の@nifty基本料金が含まれているので、WiMAX以外にniftyのネット回線を利用している方は上記の金額より250円安くなります。

取扱端末・価格

  • Speed Wi-Fi NEXT W06:1円
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05:1円(クレードルセット 3,565円)
  • Speed Wi-Fi HOME L02:1円
  • WiMAX HOME 01:1円

2019年7月現在 最新の4端末すべて1円で購入できます。送料も無料です。

BIGLOBE WiMAXのように実質無料(24回の分割払いの同額値引き)ではないので、途中解約で残債を請求されることはありません。

その他の費用

初期費用 解約違約金
事務手数料:3,000円 1~12ヶ月目:19,000円
2~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円

初期費用・違約金ともに他のプロバイダーと差はありません。

ただ解約する場合、WiMAXの解除とnifty会員の解約 2つ手続きしないと、@nifty基本料金250円の請求が残ってしまいます。詳しくは【注意点】解約手続きがややこしいをご覧ください。

@nifty WiMAXのメリットと注意点

メリットと注意点

メリットと注意点は以下の通りです。

  • 【メリット】キャッシュバックが受取りやすい
  • 【メリット】実質費用が安い
  • 【メリット】1年・2年利用でも実質月額が安い
  • 【注意点】9ヶ月までプラン変更すると特典がもらえない
  • 【注意点】解約手続きがややこしい

ひとつずつ詳しく紹介します。

【メリット】キャッシュバックが受取りやすい

@nifty WiMAXは他のプロバイダーよりキャッシュバックが受取りやすいです。

niftyの他にGMOとくとくBB・BIGLOBE WiMAXがキャッシュバックキャンペーンを展開していますが、どちらも受け取り手続きが契約から約1年後からしか行えません。

ですから「手続きを忘れてしまって受取りそびれる方」が少なくないです。

それがniftyの場合、受取口座の登録が開通直後にWEB上のマイページから行えます。

受け取り方法・受取口座の登録は以下のQ&Aページで詳しく解説されています。

マイページにログインするのに必要なnifty ID・ログインパスワードは、入会後に届く書類(スタートキット)に記載されています。

@nifty スタートキット

スタートキットの@nifty 会員証

スタートキットが届いた時点で、マイページにログインして口座登録を済ませればキャッシュバックを受取れないことはありません。あとは振り込まれる時(機器発送月を含む12ヶ月目)を待つだけです。

公式ページ:@nifty WiMAX

キャッシュバック額は中途半端

キャッシュバックの受取りやすさはメリットですが、金額が中途半端なので魅力が半減します。

それは実質費用・実質月額の比較表を見ると一目瞭然です。

下の比較表は、最新端末(W06)をギガ放題プランで契約した時の安いプロバイダー ベスト10です。

条件:ギガ放題・端末 W06【2019年7月時点】
順位 サービス名 キャンペーン 月額料金合計 キャッシュバック 実質費用 実質月額 備考
1位 GMO キャッシュバック 160,032 ▲32,000 131,032 3,448 最新
2位 GMO 月額割引 128,310 131,310 3,456 最新
3位 JPWiMAX CB+月額割引 135,200 ▲10,000 128,200 3,465 最新
4位 DTI 月額割引 134,190 137,190 3,610 最新
5位 AsahiNet CB+月額割引 145,860 ▲10,000 138,860 3,654 最新
6位 Broad WiMAX 月額割引 135,363 138,913 3,656 最新
7位 nifty キャッシュバック 159,590 ▲23,100 139,491 3,671 最新
8位 BIGLOBE キャッシュバック 160,690 ▲23,000 140,690 3,702 最新
9位 カシモWiMAX 月額割引 138,127 141,127 3,714 最新
10位 BIGLOBE 月額割引 140,600 143,600 3,779 最新

キャッシュバック特典23,100円の@nifty WiMAXは7位という結果になりました。

1位のGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンより3年間で8,459円も高いです。GMOはキャッシュバック額が32,000円なので、この違いが丸ごと差になっている状態です。

2019年6月上旬までは、@nifty WiMAXのキャッシュバック額は30,000円だったので、「キャッシュバックの受取りやすさ」というアドバンテージを踏まえておすすめできたんですが、こんなに少なくなってしまうとおすすめできません。

【メリット】1年・2年利用でも実質月額が安い

@nifty WiMAXの特典はキャッシュバックなので「違約金はかかりますが、受け取った後に解約しても損しない」のはメリットです。

特典が月額料金の割引だと「3年間で分割して受け取る」ので、途中解約すると「特典を全額受け取れない」上に違約金も払うことになるので途中解約の金銭的な負担が大きいです。

それがキャッシュバックキャンぺーンなら、特典を受け取ってしまえばキャッシュバックから違約金を払えるので実質的な負担を抑えられます。

月額割引のキャンペーン(GMOとくとくBB)と@nifty WiMAXの利用年数の変化による実質月額の違いを表にしましたのでご覧ください。

3年 2年 1年
GMOとくとくBB
(月額割引)
3,536円 3,810円 4,414円
@nifty 3,671円 3,723円 3,507円

GMOの月額割引キャンペーンは3年使うと安いですが、2年・1年だと受け取れる特典が減るので実質月額が高くなります。逆にniftyは1年だけ使うのが一番安いです。

ですから実質費用の安さが7番目でも、@nifty WiMAXは↓こういう方におすすめです。

  • 「3年間使い続けるか分からない」
  • 「1年だけ使いたい」
  • 「WiMAXは使っても2年だな」
この使い方の解約する時期や注意点は以下の記事に詳しく解説しています。気になる方はご覧ください。

【注意点】9ヶ月までプラン変更すると特典がもらえない

機器発送月を含む9ヶ月目までプラン変更するとキャッシュバック特典がもらえません。

キャッシュバックの注意事項に以下のように書かれています。

※機器発送月を含む9カ月目までに本サービスを解除(初期契約解除を含む)またはプラン変更申請された場合、キャッシュバック特典の対象外となります。また、キャッシュバックの振り込みが完了する前に@niftyを解約された場合もキャッシュバック特典の対象外となります。

ギガ放題プラン ⇔ 通常プランの変更は1ヶ月単位で変更できますが、契約から9ヶ月間は変更しないようにしましょう。

【注意点】解約手続きがややこしい

@nifty WiMAXの料金システム

@nifty WiMAXは上の図のように@nifty会員とWiMAX 2つの契約からなっています。

ですから、WiMAXだけ解約しても@nifty会員が残っていると、毎月250円(税込270円)請求されてしまいます。

実際に以下のような方もいます。

「10年くらい前に解約したはず」と書いてあるので、丸10年だったと仮定すると合計32,400円になります。恐ろしいですね。

ですから解約する場合は「WiMAX・@nifty会員セットで解約する」と覚えておいてください。公式ページの以下のページが分かりやすいです。

@nifty WiMAXの口コミ・評判

@nifty WiMAXの口コミ・評判をネット上から集めました。公平を期すために良い評判・悪い評判両方ピックアップしました。参考にしてください。

出典:ニフティ WiMAX – Twitter検索

良い口コミ・評判

「サポートの良さ」「料金の安さ」「キャッシュバックの受取りやすさ」を評価してる方がいました。

GMOとくとくBBと比べると契約者が少ないので、口コミの数も少ないですね。

悪い口コミ・評判

富士通がノジマにniftyを売却したのが2017年4月で、その頃からWiMAXに限らず格安SIMのNifMoも特典額が減ったと私も感じていました。

他に「回線速度の遅さ」を訴えてる方が何人かいました。無線通信は電波状況や混雑具合で速度が安定しないので、安定した速さを求める方は光回線がおすすめです。

@nifty WiMAXをおすすめする人しない人

おすすめ・おすすめしない イラスト

おすすめな人

キャッシュバックの受取りやすさが@niftyの一番のメリットなので、おすすめな人は↓こうなります。

  • 特典はキャッシュバックが良い人
  • 3年間使い続けるかどうか分からない人
  • WiMAXを1年だけ使いたい人

イレギュラーな使い方になりますが「キャッシュバックを貰ってから解約する」という使い方も特典がキャッシュバックの@niftyなら損しません。

他の主要プロバイダーと同様に、スマートバリューmine・ギガMAX月割も利用できますので、auスマホ・UQ mobileユーザーにもおすすめです。

公式ページ:@nifty WiMAX

おすすめしない人

  • キャッシュバックより月額料金が安い方が良い人
  • 実質費用が最安のプロバイダーを使いたい人

2019年7月現在 @nifty WiMAXは実質費用の安さは7番目なので、最安を求める方にはおすすめできません。

今現在最安クラスで条件が良くておすすめなのは、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

今契約するならGMOとくとくBBがおすすめ

2019年7月現在「最新端末を最安クラスで使えて条件が良い」プロバイダーはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

@niftyが7位だった比較表で2位だったのがこのキャンペーンで、@niftyより3年で8,181円も安いです。

最新端末のW06が一番安いのはGMOのキャッシュバックキャンペーンですが、特典を受取り損なうリスクがある割に、月額割引キャンペーンと実質月額が8円しか変わりません。ですから当サイトでは月額割引キャンペーンをおすすめしています。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン スクリーンショット

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンは、以下の3つの条件が揃っているので「一番条件が良い」として紹介しています。

  • 3年間の実質費用・実質月額が最安クラス
  • 端末代が0円で即納
  • 特典が確実に受取れて毎月の料金が安い

どれくらい月額料金が安いのか、@nifty WiMAXと比較しました。3年間で3万円以上安いです。

@nifty WiMAX GMOとくとくBB
(月額割引)
差額
利用開始月(日割り) 0円 2,170円 +2,170円
1~2ヶ月目 3,670円 -1,500円
3ヶ月目以降 4,350円 3,480円 -870円
3年間合計 164,388円 128,310円 ‐31,280円

メインの特典が月額料金の割引なので、キャッシュバックのように「受け取れるのが1年後」「手続きを忘れて受け取れなかった」という心配もありません。

というわけで、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンを選べば間違いありません。以下申込み手順も紹介していますので参考にしてください。

GMOとくとくBBの申し込み手順と注意点

ここからはGMOとくとくBBを申し込む手順と「失敗や損をしないための注意点」を解説します。

  • 手順1.エリアを確認する
  • 手順2.公式ページから申し込む
  • 手順3.端末はWX05
  • 手順4.契約プランは「ギガ放題」
  • 注意点.申し込み完了ページを保存しておく
  • 注意点.契約翌月にオプションを解約する

ここを見ながら申し込めば間違いありません。ぜひ参考にしてください。

手順1.エリアを確認する

まず自分がWiMAXを使いたい場所が通信エリア内かをサービスエリアマップでチェックしましょう。

自宅や職場など頻繁に使う場所は、必ずピンポイントエリア判定も確認しましょう。①で建物種別を選んで、②で住所を入力するだけです。

ピンポイントエリア判定で「○」と判定されれば大丈夫です。

GMOとくとくBBは申し込み住所がエリア判定で「○」なのに、「通信速度が遅い」など通信品質に満足できない場合は、違約金なしで20日以内のキャンセルが可能です。

エリア判定で「○~△」「△」と判定されて使えるか判断できない場合は、Try WiMAXで実際の端末を借りてチェックしましょう。回線元 UQ WiMAXのサービスで15日間無料です。申し込み方法や注意点は以下のページで解説しています。

手順2.公式ページから申し込む

申し込みは必ず公式ページから行いましょう。

公式ページ:月額割引キャンペーン

上記以外の申込みページからだと、キャッシュバック額が少なかったり、解約違約金の条件が違う場合もありますので注意しましょう。

手順3.端末はW06 or L02

次に端末を選びます。持ち歩くタイプのモバイルルーターならSpeed Wi-Fi NEXT W06です。

GMOとくとくBB 機種選択画面

2019年7月現在 W06が最新で通信速度の速さが魅力です。同じ電波状況ならライバル機種のWX05よりW06の方が通信速度が速いです。

「WiMAXを持ち歩いて使いたい」という方はW06で間違いないです。

GMOとくとくBB 機種選択画面 L02

「WiMAXは家用のネット回線」「持ち歩く事はない」という方はホームルーターのL02です。

手順4.契約プランは「ギガ放題」

契約プランは「ギガ放題プラン」を選びましょう。

GMOとくとくBB プラン選択画面

ギガ放題プランでも端末発送月+2ヶ月間は通常プランと同じ料金で利用できるので契約時はギガ放題を選択しましょう。

最長3ヶ月思いっきり使ってみて、7GBで足りるなら通常プランに変更すればいいです。

あとは、「個人情報・支払い情報などを入力」「入力内容を確認」で申し込み完了です。

注意点.申し込み完了ページを保存しておく

申し込みが完了すると、完了ページに会員情報(ID・パスワード・メールアドレス・接続情報)が表示されます。

ここに表示されている情報で、会員ページ・WEBメールにログインすることができます。

GMOとくとくBB 申し込み完了ページ

通信量の確認・オプションの解約や毎月100ポイントもらえるGMOポイントを月々の支払いに使うなど、会員ページのBBnaviは、すぐにログインできる状態にしておくべきです。

スマホだとかなり長いページになりますが、スクショで記録して分かるようにしておきましょう。

GMOとくとくBB 会員登録証

後日、会員情報が記載された書類が郵送で届きますが、スマホに保存されていた方が見返しやすいです。

注意点.契約翌月にオプションを解約する

申し込み時に加入した以下のオプション2つ(安心サポート・Wi-Fi(公衆無線LAN))は、必要なければ端末発送月の翌月に解約しましょう。

GMOとくとくBB オプション選択画面

どちらも利用料は最大2ヶ月無料なので「端末発送月と翌月までは無料」です。

端末発送月の翌月に解約すれば料金はかかりません。オプションには1ヶ月の最低利用期間が設定されていて「端末発送月内は解約できません」ので、翌月に忘れず解約しましょう。

GMOとくとくBBの評判やキャッシュバックの受取り方などは、以下のページで詳しく解説しています。

まとめ

@nifty WiMAXは「キャッシュバックが受取りやすい」プロバイダーですが6月半ばからキャッシュバック額が減ってしまい、実質費用が高くなってしまいました。

ですから今おすすめなのは、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。@nifty WiMAXより3年で8,000円以上も安いです。

ただ、@niftyはソコン通信の時代から実績のあるプロバイダーですから安心感もあるし、サポートも定評があります。キャッシュバックも受取りやすいし、安さにこだわらない方なら選ぶのもアリです。

ただ、以下の2つの注意点だけはよく理解してから申し込みましょう。

  • 9ヶ月までプラン変更すると特典がもらえない
  • 解約するときは@nifty会員契約も解約する

申し込む際は必ず公式ページを利用しましょう。他のページ経由だと特典や違約金の条件が違う場合があります。