【失敗しない】工事不要のWiFiで無制限にインターネットを使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
工事不要インターネット 徹底解説

「工事不要で使えるWiFiないかな」と思って調べていますね。

  • 工事するのが面倒
  • 賃貸で工事ができない
  • どうせいずれ引っ越す
  • 光回線が引けないエリア

理由は色々ですが、工事不要のインターネット回線を探してる方は多いです。

ですから、無線のインターネット回線も増えていますが、間違ったサービスを契約して失敗・後悔している方も少なくないです。

ここでは数ある工事不要のWiFiサービスの中で『月々の通信量制限がなく、エリアが広く、料金が安い』サービスを紹介しています。

工事不要のネット回線を探している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 工事不要WiFi おすすめ3選+1
    • どこでもつながって使い放題【どんなときもWi-Fi】
    • 使い放題で契約期間なし【FUJI WiFi】
    • ソフトバンク回線が使い放題【ネクストモバイル】
    • プラス1.私も使ってる 工事なしWi-Fiの定番【WiMAX】
  2. 工事不要WiFiの失敗しない選び方
  3. 工事不要WiFiの基本とポイント
  4. よくある質問
  5. まとめ

工事不要WiFi おすすめ3選+1

工事不要WiFiの基本とポイントで詳しく解説しますが、工事せずにWiFiを使えるようにするということは、電波を使った無線のインターネット回線を使うということです。

少し前までは選択肢が少なかったし、「高い・遅い・使い放題じゃない」という負の三拍子がそろったサービスばかりで、おすすめできませんでした。

それがここ1年で大きく変わりました。

新しい技術・端末・サービスがどんどん登場して「安い・速い・使い放題」のおすすめできるサービスが増えました。

まずは、このページで紹介している工事不要Wi-Fiのおすすめサービス3つ+私が使っている1つの、計4つのサービスの概要を表にまとめました。ご覧ください。

月額料金 通信量 使用する電波 契約年数 解説
どんなときもWi-Fi 3,480円 使い放題 ソフトバンク
au
ドコモ
2年 こちら >>
FUJI WiFi 3,980円 使い放題 ソフトバンク
au
ドコモ
なし こちら >>
ネクストモバイル 3,180円 使い放題 ソフトバンク 2年 こちら >>
WiMAX 3,480円 月間の通信量制限なし
(3日10GBの制限あり)
WiMAX2+
au
3年 こちら >>

上3つがここ1年で登場した「月額3千円台で使い放題」というおすすめサービスです。

私が使っているWiMAXは「3日で10GB」という短期の通信量制限があるので、他3つのサービスより条件的に劣っていますが、通信速度は速いし根強い人気があります。

それぞれの特徴とおすすめの理由を詳しく解説します。

1.どこでもつながって使い放題【どんなときもWi-Fi】

どんなときもWiFi スクリーンショット

今、使い放題・無制限のWi-FiといえばどんなときもWiFiです。テレビCMでもよく見ますよね?

大手3キャリアの回線に対応していて、使う場所に最適な回線に自動でつながり、しかも容量無制限で使い放題です。動画もゲームも通信量を気にせず楽しめます。

持ち歩ける端末なので、家でも外出先でもこれ1台で1日中ネットが使えます。

どんなときもWiFi デパ地下でスピードテスト

月額料金は3,480円で契約期間が2年。初期費用は事務手数料の3,000円のみ。端末はレンタルですがレンタル料は無料なので、毎月かかる費用は月額料金の3,480円だけです。

\どこでも使えて無制限 3,480円/月/

【公式】どんなときもWiFiはこちら

 

私も実際に使いましたが、地下やビルの中などどこでもつながるし、通信速度も必要十分。1日で100GB使っても速度制限されませんでした。

2.使い放題で契約期間なし【FUJI WiFi】

FUJI WiFi スクリーンショット

前述のどんなときもWi-Fiと同じ大手3キャリアの回線が使えて通信量が無制限ですが、FUJI Wifi契約期間の制限がないのが特徴です。その代わり月額料金が少し高い3,980円になります。

15日までにWEB上のマイページから解約申請すれば、当月末に解約できます。

月額料金は3,980円で契約期間の縛りはなし。初期費用は事務手数料の3,000円のみ。端末のレンタル料は無料なので、毎月かかる費用は月額料金の3,980円だけです。

2年や3年の「長期契約はしたくない」という方は、FUJI Wifiの快適!クラウドプランがおすすめ。

\使い放題で契約期間の縛りなし/

【公式】FUJI WiFiはこちら

 

FUJI WiFiは使い放題の他に、通信量の上限が決まっている3つのプランがあります。自分の使う通信量が分かってる方は、上限ありプランの方が少し安くなります。

FUJI WiFiのプラン スクリーンショット

ただプランの変更には1,500円の手数料が必要で、旧プランで使っていた端末の返送送料も負担しなきゃいけません。どのプランにするかよく考えてから申し込みましょう。

3.ソフトバンク回線が使い放題【ネクストモバイル】

ネクストモバイル スクリーンショット

ネクストモバイルで使えるのはソフトバンク回線のみですが、使い放題プランが月額3,100円で安いのが魅力です。

ソフトバンクのスマホエリア内に住んでいて「少しでも安い方が良い」という方はネクストモバイルがおすすめです。

契約期間は2年。初期費用は事務手数料の3,000円のみ。端末は購入方式ですが端末代は0円ですので、毎月かかる費用は月額料金の3,100円だけです。

この価格で「使い放題」「端末代0円」というのは、現時点でポケットWiFi業界最安クラスです。

\3,100円/月でソフトバンク回線が使い放題/

【公式】ネクストモバイルはこちら

端末は持ち歩けるモバイルルーターの他に、据置型のホームルーターも選べますが、ホームルーターはソフトバンク回線の一部の周波数の電波しか対応していないのでエリアが狭いです。

HT100LN

モバイルルーターなら主要な周波数に対応しているので広いエリアで使えます。絶対モバイルルーターを選びましょう。私は実際にホームルーターで契約して失敗しました。注意してください。

プラス1.私も使ってる 工事なしWi-Fiの定番【WiMAX】

L02の外観

どんなときもWi-Fiなどの使い放題サービスが登場するまでは、工事なしWi-Fiの定番と言えばWiMAXでした。

私は2019年6月にホームルーターのL02でWiMAXを契約して、自宅兼事務所のネット回線として今現在も使っています。

通信速度は下り65~100Mbps・上り1~3Mbps・Ping65~90msくらいで、仕事でもプライベートでも使っていて不満はありません。気になるのは、たまに引っかかる速度制限です。

WiMAXの速度制限について

WiMAXは月間の通信量制限はありませんが、混雑回避のための短期の通信量制限があります。制限値が3日間で10GBです。

どれくらいで引っかかるかというと、私の場合「高画質設定でVODの映画を3日連続で観る」と4日目の夜に制限されます。スマホ画質なら大丈夫なんですが、PCをテレビにつないで観るといけません。

速度制限された時のスピードテストの結果が↓こちら。

2020年1月5日に速度制限を受けたWiMAXのスピードテスト結果

下り1.04Mbps・上り0.95Mbps・Ping85ms

下り・上り共に1Mbpsになります。Youtubeの360p画質なら止まらず観られるレベルです。WEBやSNSのチェックは「少し遅い」と感じますが、スマホのパケ死状態のような遅さではありません。

速度制限されるのは夜だけだし、遅いなりに使えます。それに私はVODを頻繁に観ないので滅多に制限されませんから、WiMAXでも実用上の問題はありません。

でも、他に使い放題のサービスがある以上、通信量制限のあるWiMAXはおすすめできません。

電波状況がシビアで障害物の影響を受けやすい

WiMAXが主に使う電波は、周波数の高い2.5GHz帯の電波です。

この電波は、障害物を回り込んだり透過することが苦手で、電波状況がかなりシビアです。

キッチリ電波を受信できればスマホ回線より速い通信速度が出ますが、少し外れると「遅くて使えない」「圏外」という結果になります。苦手なのは地下や建物の窓から離れた部屋などです。

下画像はWiMAXのホームルーター(L02)を、我が家の北側 数メートル離れた2つの窓際でスピードテストした結果です。

2つの設置場所で通信速度の違いがわかるスピードテストの結果

下り85.7Mbpsと2.07Mbpsで、40倍以上の差があることがわかります。同じ家の中で数メートル離れるだけでこんなに差が出るのがWiMAXです。

これに対して、先に紹介した3つのサービスが使う大手キャリアのスマホ回線は、障害物を回り込んだり透過するので、わずかな場所の違いで通信速度が大きく変わるようなことはありません。

「つながれば速い」よりも「どこでもつながる」方が絶対良いですよね?だからWiMAXはおすすめしません。

この電波の特性は、WiMAXだけでなくソフトバンクエアーが使うAXGPも同じです。さらにソフトバンクエアーはWiMAXよりエリアが狭いので、もっとおすすめできません。

結論

というわけで、工事不要で導入できるWi-Fiのおすすめは、使い放題でスマホ回線を使っていてつながりやすいどんなときもWi-FiFUJI WiFiネクストモバイルの3つです。

WiMAXやソフトバンクエアーも良いサービスなんですが、通信量制限があって電波状況がシビアなのでおすすめできません。

次項で具体的な選び方を解説するので、ぜひ参考にしてください。

工事不要WiFiの失敗しない選び方

ここでは先に紹介した3つのおすすめサービスの、具体的な選び方を解説しています。

それぞれ「こんな人におすすめ」という例をまとめました。

サービス こんな人におすすめ
どんなときもWi-Fi ロゴ ・家でも外でも常にWi-Fiを使いたい
・地方や山間部・離島にも行くことがある
FUJI WiFi ロゴ ・2年・3年などの長期契約したくない
・使う期間が決まっている(短い)
ネクストモバイル ロゴ ・ソフトバンク回線だけ使えれば十分
・できるだけ安くWi-Fiを使いたい

基本的には「どんなときもWi-Fiが最強」です。3キャリアの電波が使えるからエリアが広く、通信量が使い放題で、月額料金が安い(3,480円)ですから選んで間違いありません。

公式ページ:どんなときもWiFi

でもどんなときもWi-Fiが全ての人にピッタリなわけじゃありません。

「2年契約したくない」という方は契約期間の縛りがないFUJI Wifi「もう少し安い方がいい」という方はソフトバンク回線が使い放題のネクストモバイルを選びましょう。

工事不要WiFiの基本とポイント

光・モバイル回線の違い イメージ

工事不要のインターネット回線(WiFi)は「無線通信=電波を使う」サービスです。

光回線のように宅内に光ケーブルを引き込む必要がありませんから、工事不要で「契約して端末が届けばすぐにWiFiが使える」のがメリットです。

おすすめしている3つのサービスの場合、どんなときもWi-Fi・FUJI WiFiは端末が届いたら「電源をONにするだけ」です。SIMカードがないのでSIMカードを挿す手間もありません。

ただ「工事不要で簡単にWi-Fiが使える」というメリットの他に「無線通信ならではのポイント」が1つあるので、そこを理解した上で利用するかどうか決めてください。

【ポイント】通信品質が電波状況に左右されやすい

電波を使って通信するので、障害物や他の電波との干渉などの影響で通信品質が低下します。

光回線も部屋までの配線方法や、他の人と共用している回線やプロバイダーが混むと速度低下しますが、無線のインターネットの方がその振れ幅が大きいです。

ただ、ここでおすすめしている3つのサービスは、大手キャリアのスマホ回線を使っているので、比較的通信品質は安定しています。実際に使っている人のツイートを見ると分かります。

【ポイント】異常な使い方をすると制限される

使い放題・無制限を謳うサービスでも、無線通信のサービスは「なにをやっても無制限ではない」です。それぞれ以下のように注意書きされています。

サービス 通信量に関する注意書き
どんなときもWi-Fi ロゴ 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。
FUJI WiFi ロゴ データ容量の制限無しプランとなりますが、著しくネットワークを占有する程の大容量通信をされた場合のみ、ネットワーク品質の維持及び公正な電波利用の観点から通信速度を制限する場合があります。
ネクストモバイル ロゴ 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信、違法性があると判断した場合のみ速度制限、ご利用の停止を行う場合がございます。

著しくネットワークを占有するレベルという言葉が全て入っています。

具体的な通信量は明示されていませんが、管理者に「占有するレベル」と判断されたら速度制限されるわけです。

ただ私は、どんなときもWi-Fiとネクストモバイルでテストのために、「1日で100GB」使ってみましたが、テスト中も後も一切速度制限されませんでした。

あくまでひとつの例ですが、1日で100GB使えたら十分じゃないですか?

よくある質問

オンラインゲームは出来る?

スマホのLTE回線でプレイできるゲームなら、無線回線でもプレイできます。

逆に向かないのは、回線の反応速度(PING値)が重要な速いアクション・対戦ゲーム・シューティングゲームなどです。

無線回線の場合、電波状況が良くてもPing値が40~60ms、悪い場所だと100~150ms程度まで下がります。これは使う場所によるので、反応速度が重要なゲームでの利用がメインなら、光回線を引いた方が間違いないです。

動画は普通に観れる?

動画は画質によります。スマホで観る画質なら全く問題ないですが、テレビにつないで高画質の動画・映画を観たい方は、4K画質だとロード待ちで頻繁に止まります。

通信量に関しては使い放題なので、気にせず観られます。

4K画質で動画・映画を見たい方は、光回線を選びましょう。

家族でも使えるの?

家族でネットを使う時のポイントは、ルーターの接続台数と通信量です。

まず接続台数ですが、以下の通り5~15台接続できます。

どんなときもWi-Fi FUJI WiFi ネクストモバイル
D1 GlocalMe G3 FS030W
5台 5台 15台

5台でも2、3人家族なら問題ないでしょう。通信量は使い放題なので気にする必要ありません。

まとめ

工事不要で使えるWi-Fiは、今は「スマホと同じエリアで使える・使い放題・安い」が当たり前です。

中でも以下の3つがおすすめ

使い放題ですから動画やゲームも通信量を気にせず楽しめるし、持ち歩いて使えるからスマホの通信量も節約できます。

以前に比べて格段に条件・通信品質が良くなっているので、自信を持っておすすめできます。ぜひ参考にしてください。