『CMは本当か!?』どんなときもWiFiの評判・デメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「通信量無制限」「どんなときもつながる」ってどんなときもWiFiのCMの話は本当?安すぎるんだけど…。

と思って調べていますね。

これまでポケットWiFiやWiMAXを使っていたり、調べたことある方なら「どんなときもWiFiのあり得なさ」に逆に不信を感じるのも無理ないです。

筆者も「本当に無制限?どこでもつながるの?」と思ったので、実際に契約してテストしました。

どんなときもWiFiが届いた時の箱

結論から言うと本当に『通信容量無制限でどんなときも繋がって月額3,480円』で、これまでの業界の常識を覆すすごいサービスということが分かりました。本当に驚きました。

ポケットWiFiの導入・乗り換えを検討してる方は、どんなときもWiFiを前向きに検討してください。

どんなときもWiFiが他のサービスと決定的に違う点

大手キャリアじゃないWiFiサービスが、こんな大々的にCMするのも相当珍しいです。

(佐藤二朗さんのアドリブに絶妙な返しをする今田美桜さん最高です。)

このCMにも出ていますが、以下の3点が他のサービスと決定的に違う点です。

  • 通信容量無制限(月間・短期(1日・3日など)どちらの制限もなし)
  • 最適な回線に自動で繋がる(ドコモ・au・ソフトバンク 3社の回線が使える)
  • 海外でもそのまま使える(世界107ヵ国で使える(SIM差し込み不要))

それでいて月額料金が3,480円(海外利用時は別途)というのがすごいです。

日本国内で使う人が圧倒的に多いと思うので、太字の2点と料金について「本当なのか」検証したのでひとつずつ解説します。

 

どんな会社がやってるの?

「どんなときもWiFi」を運営しているのは株式会社グッド・ラックという会社です。

一般的には無名の会社ですが、モバレコエアー(モバレコAir)NEXT mobile(ネクストモバイル)なども運営している会社です。

そして親会社は通信回線の販売代理店の大手 株式会社オールコネクトで、光回線やWiMAX、SIM、スマホなどの他各種保険の販売取次もしているグループ企業の一員です。

「どんなときもWiFi」は新しいサービスですが、実績・信用・資本は十分と言えます。

1.本当に「通信容量無制限で使える」のか

通信制限についてのイラスト スクショ

どんなときもWiFiは「月間100GB」「3日10GB」「1日3GB」という通信量制限が一切ないです。

これが本当だったらすごいですよね?公式ページには以下のように書いてあります。

他社wifiルーターの場合、月間7GBまでは高速通信で利用ができる月間制限と、3日で10GB以上使うと制限がかかるヘビーユーザー規制のどちらかの通信制限を設けている場合がほとんど。どんなときもWiFiなら他社wifiルーターのような月間容量制限や通信制限を一切設けておりません!動画、ゲームなどのデータを大容量消費するコンテンツも安心してたっぷりとご利用いただけます。

ハッキリと「通信制限を一切設けておりません!」と書かれています。

他のポケットWiFiサービスは、大なり小なり制限が必ず設けられている中で、完全無制限が実現できるのは「クラウドSIM」という次世代通信技術を用いているからです。

1-1.1日100GB使っても制限されなかった【体験談】

本当にどんなときもWiFiが無制限・使い放題なのか試すために、1日100GB使ってみました。

Youtubeの4K対応動画を、最高画質の2160pで長時間閲覧しました。

Youtubeでテストした時の画像設定

2019年7月22日19時頃にスタートして翌16時頃までです。途中5、6時間 WiMAXのWi-Fiにつながってしまう不手際がありましたから長くかかりましたが、100GB以上通信したことを確認しました。

テスト終了時のスピードテストの結果が↓こちらです。

テスト終了時のスピードテストの結果

下り21Mbps・上り13Mbps・Ping 34msです。普通に快適にネットができる通信速度でした。

翌日も翌々日も1日中使っていましたが、速度制限で遅くなったことは一度もありませんでした。

ですからどんなときもWiFiの「通信量無制限」は本当です。

「1日100GB」は普通に使っていて絶対にあり得ない異常な通信量です。私はこれまで普通に使って消費した1日の最大通信量は5.24GBでした。Amazonプライムで動画をたくさん観た日です。今回テストした「1日100GB」がどれだけ異常な通信量かわかりますよね。

1-2.クラウドSIMだからSIM個別の制約がない

クラウドSIMは「1つの端末で複数のSIMカードが使える」最新の技術です。

クラウドSIM 解説画像

SIMカードはクラウドSIMサーバーで管理されているので端末にSIMカードは挿さっていません。

従来の物理的なSIMカードを挿して使うサービスは、その1枚のSIMカードに割り当てられている回線・通信量しか使えません。例えば↓これはWiMAX2+の端末(W05)とSIMカードです。

WiMAXのSIMカード

通信できる回線はWiMAX2+とau 4G LTE回線だけで、通信量はWiMAX2+が3日10GB・au 4G LTEが月間7GBです。オーバーすると速度制限されます。

これがクラウドSIMだと、クラウド上でSIMが自動で変更されるので速度制限されません。

1-2.契約後に制限が追加されることもない

「クラウドSIMだから通信容量無制限で使える」という原理は分かっても、「契約してから通信量制限されると嫌だな」って思いますよね?

気になったのでチャット窓口で聞いてみました。

通信量制限に関するチャットでの問い合わせ

「先のことは分からない」と言われるかと思ったら、「契約途中に月間GB数の制限をかけることはございません」と答えてくれました。

というわけで『どんなときもWiFiの通信容量無制限は本当』だと分かりました。

\どこでも使えて無制限 3,480円/月/

【公式】どんなときもWiFiはこちら

1-3.速度制限されるケースもある

ただ、どんな無茶なことをしても速度制限されないわけじゃありません。

速度制限されるケース

公式ページには以下のように書いてあります。

※国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

出典:https://donnatokimo-wifi.jp/charm

「違法・異常な使い方をしなければ大丈夫」で、普通に動画を観たりゲームをするくらいでは、速度制限されることはありません。

YoutubeとAmazonプライムビデオの通信量を実測してレビューしています。動画サービスの通信量が気になる方は絶対参考になります!

2.本当に「どんなときもつながる」のか

どこでも繋がる に関するイラスト

どんなときもWiFiの名前の由来でもある「どんなときも繋がる」という特徴が「どのように実現されているのか」「本当なのか」を解説します。

2-1.ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線を自動で選択

どんなときもWiFiのサービス・端末は、ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線全てに対応しています。

そして利用するエリア・場所によって、最適な電波を自動で選択して通信できるんです。

3キャリア解説画像

これもクラウドSIMを採用しているから出来る特徴です。

例えば、ドコモの電波で通信しながら移動した場所が、ドコモの電波よりソフトバンクが強かった場合、自動でソフトバンクの電波を使って通信するようになります。

使う環境によってクラウド上でSIMカードの割り当てを変えているわけです。

3キャリアのLTE回線なら、どれかひとつでも最近は滅多に圏外になることはありません。

それが3キャリア全て使えて自動で選択してくれるわけですから、『どんなときもWiFiがどんなときも繋がるのは本当』と言えます。

3キャリア全ての電波が飛んでいない場所は例外ですが、、、。

2-2.地下でも問題なく使える【体験談】

大手キャリアのLTE回線が使えるので、地下でも問題なく使えるのが驚きでした。デパ地下でスピードテストした時の写真がこちらです。

どんなときもWiFi デパ地下でスピードテスト

下り45.0Mbps・上り26.4Mbps・Ping 43msでした。普通に快適にネットができる通信速度です。

写真では見にくいですが、ソフトバンク回線につながっています。そして、私が使っている中ではほぼ100%ソフトバンク回線が選ばれていて快適に通信できています。

私が元々使っていたWiMAXは地下だと圏外になることが多いので、この「地下でもつながる」特徴はメリット大きいです。

2-3.混雑時に速度低下することもない

「どんなときも繋がっても、格安SIMみたいに遅くなるのは嫌だな」って思いますよね。

格安SIMは昼12時台や夜18~21時台に混雑して通信速度が低下します。

気になったのでチャット窓口で聞いてみました。

速度低下に関するチャットでの問い合わせ

ハッキリ「そのような事はございませんので。」という返答をいただきました。

平日の昼12時台にスピードテストした結果

2019年7月23日(火)の昼12時台に、私が使っている格安SIMのBIGLOBEモバイル(au回線)とどんなときもWiFiで交互にスピードテストしました。

左端にLTEマークがついているのが格安SIMで、WiFiマークがどんなときもWiFiです。

どんなときもWiFiと格安SIM 通信速度の比較

圧倒的にどんなときもWiFiの方が速いです。

特に2回目の12時25分頃のテスト結果が顕著で、格安SIMは下り0.53Mbpsしか出ていないのに、どんなときもWiFiは22.6Mbpsも出ています。

夜18~21時台も遅いと感じたことはありません。

どんなときもWiFiの評判・口コミを調べても、格安SIMのような極端な速度低下に関する口コミは見当たりませんでした。

というわけで『どんなときもWiFiは速度低下の心配もない』です。

\どこでも使えて無制限 3,480円/月/

【公式】どんなときもWiFiはこちら

 

3.本当に「3,480円で使い放題」なのか

どんなときもWiFiの料金

どんなときもWiFiは、2019年11月現在 クレジットカード払いでの契約で2年間ずっと3,480円という料金設定です。

「通信容量無制限」「どんなときも繋がる」ポケットWiFiサービスが3,480円で使えるというのは凄いです。

※WiMAXのギガ放題プランで通常4,380円、キャンペーンで安くなって3,480円(GMOとくとくBB)です。でも、WiMAX2+は3日10GB、LTEは月間7GBの制限があって完全無制限ではありません。

ただ、他のサービスの話ですが「契約時は安かったのに徐々に値上がりする」というケースがよくあります。気になったのでチャット窓口で聞いてみました。

料金に関するチャットでの問い合わせ

「絶対値上げはない」という言葉は聞けませんでしたが、「2年間3,480円で使える」という点は確認できました。端末のレンタル代は無料なので、端末代が加算されることもありません。

というわけで『どんなときもWiFiの3,480円で使い放題は本当』だと分かりました。

3-1.口座振替だと3,980円+200円になる

3,480円というのはクレジットカード払いの場合のみで、口座振替だと3,980円+200円の手数料なので4,180円になります。「200円の手数料がかかる」という注意書きが見にくいので注意しましょう。

口座振替の手数料に関する記述

月額4,180円でも「通信容量無制限」「どんなときも繋がる」なら安いです。

どんなときもWiFi 4つのデメリット

どんなときもWiFiは「無制限で繋がりやすくて安い」3拍子そろったサービスですが、契約前に知っておいた方がいいデメリットもあるので注意しましょう。

  1. 端末がレンタル
  2. 端末が大きい
  3. 2年縛りがある
  4. 通信速度が速くない

追記:4つのデメリットのうち「端末が大きい」「通信速度が速くない」は、実際に使ってみてデメリットと言う程ではありませんでしたので修正しました。

1.端末がレンタル

どんなときもWiFiで使う端末(D1)は購入ではなくレンタルですから、解約したら返却しなきゃいけません。(端末は新品でレンタル代は無料)

返却は「解約月の翌月5日まで」に送料自己負担で返送します。

返却期限を過ぎたり、返却した端末が故障していた場合は18,000円の請求(機器損害金)が発生します。

また、利用中の不注意で落下や破損・水没などで故障した場合も、18,000円で新品交換となります。「修理可能でも新品交換になる」とQ&Aページにハッキリ書いてあります。

あんしん補償オプション未加入状態でお客様の過失による故障(破損・水没・全損など)が発生した場合は修理可能品であっても新品と交換させていただきます。その場合の代金は機種代金18,000円(税抜)がお客様負担となります。

出典:よくある質問|【公式】どんなときもWiFi

2.端末が大きいけど許容範囲【体験談】

どんなときもWiFiで使う端末(D1)は、他のポケットWiFi端末よりひと回り大きいので、持ち歩く時に少し荷物になります。どんなときもWiFiの端末は数値で見ると大きく感じますが、実際はそうでもありません。

iPhone8・601HW(ソフトバンク)と比較しました。

D1とiPhone8・601HW サイズ比較

iPhone8 D1 601HW
138.4×67.3×7.3mm
148g
127×65.7×14.2mm
151g
109.9×65.1×15.5mm
135g
サイズ表記:高さ×幅×厚さ

高さ×幅はiPhone8よりひと回り小さいですが、厚みがiPhone8の7.3mmの約2倍 14.2mmあります。ただ、実際には大きさはそれほど気になりません。手に持った写真がこちら。

WiMAXとどんなときもWiFiの端末

WiMAXのモバイルルーター W06とほぼ同じ大きさでした。ポケットは厳しいですが、バッグに入れて持ち歩くなら気にならない大きさです。

3.2年縛り・自動更新がある

どんなときもWiFiは2年縛りがあるので、契約期間内の解約は契約解除料が必要です。

0~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
更新月(25ヶ月目) 0円
26ヶ月目以降 9,500円

自動更新もあって、更新後は月額料金が500円(クレジットカード払いの場合)上がるので注意しましょう。

2019年11月に契約すると2021年12月が更新月になります。解約はマイページの契約解除申請フォームからの連絡か、カスタマーセンターに電話しての手続きになります。

「25日までの受付で当月末の解約」なので、更新月はなるべく早めに解約手続きを済ませましょう。

4.実効速度が速い【体験談】

どんなときもWiFiの端末(D1)は、最近のポケットWiFi端末のなかでは最大通信速度が遅いです。

WiMAXとY!mobileの最新端末と比較しました。

端末 下り 上り 同時接続台数
どんなときもWiFi U2s 150Mbps 50Mbps 5台
WiMAX W06 1.2Gbps
(無線接続時 867Mbps)
75Mbps 16台
WX05 440Mbps 75Mbps 10台
Y!mobile 801HW 972Mbps
(無線接続時 588Mbps)
37.5Mbps 16台

ただ、どの数値も理論上の最大通信速度なので、実際にこの速度で通信できるわけではありません。

肝心なのは実際の通信速度(実効速度)です。WiMAXと比較しながらスピードテストした結果がこちらです。

下り(Mbps) 上り(Mbps) Ping(ms)
どんWiFi WiMAX どんWiFi WiMAX どんWiFi WiMAX
ホームセンター 駐車場 12.7 29.4 17.0 4.22 45 80
ホームセンター 店内(奥) 12.4 13.0 4.96 0.22 39 89
地下街 16.5 圏外 3.82 圏外 45 圏外
デパ-トB1 45.0 圏外 26.4 圏外 43 圏外
デパート6F 窓際 26.9 32.1 17.2 1.7 39 79
デパート6F 店内(奥) 33.1 18.3 25.7 0.07 38 90
丸亀製麺 駐車場 17.82 44.0 15.58 1.41 39 79
郊外 住宅街 29.6 35.2 15.3 1.3 41 89
平均 24.3 28.6 15.7 1.5 41 84

下りはWiMAXの方が速いですが、上り・Ping(反応速度)はどんなときもWiFiの全勝です。しかも数値の差がすごくて、平均値だと上りは10倍・Ping値は半分です。

WiMAXは「下りは速いけど上り・Ping(反応速度)が悪い」ので、下りの数値ほどレスポンスはよくありません。

逆にどんなときもWiFiは「下りの速度はそこそこでも上り・Pingが良い」のでレスポンスが良いです。

具体的には、リンクやボタンをクリック(タップ)してから表示が切り替わるまでの待ち時間がWiMAXより短いです。

サクサク表示が切り替わって快適なのはどんなときもWiFiです。

\どこでも使えて無制限 3,480円/月/

【公式】どんなときもWiFiはこちら

 

どんなときもWiFiの評判・口コミ

通信容量について

  • 「普通のポケットWiFiならとっくに制限が掛かっているけど、どんなときもWiFiならそんなことならないんですよね。」
  • 「平均一日あたりの通信量は120GBほど。よく通信制限かからないなと思う。」
  • 「どんなときもWiFiは一切規制なし、Ps4のゲームダウロードしても大丈夫でした。」

Youtubeをよく観る方、観る方じゃなくて動画を作成・アップする側の方、PS4でゲームする方など、他のサービスは通信量制限があって使えない方の評価が高いです。2番目の方は1日120GBというからすごい通信量ですね。

つながりやすさについて

  • 「どんなときもWiFi 、月曜夕方の大阪難波駅。地下だけど問題なく」
  • 「どんなときもwifiが初めてauに繋がった!!」
  • 「どんなときもWiFi届いた。(中略)WiMAX山間部弱すぎ」

地下や山間部でもつながる点を評価している方がいます。2番目の方は「auに繋がった」と書いてますが、どんなときもWi-Fiはソフトバンク回線に接続することが多いのでau回線は珍しいです。au回線でも通信速度が出ているので安心です。

通信速度について

  • 「今朝のどんなときもWifi速度テスト」
  • 「オンラインゲームもストレスフリー。」
  • 「実家のモデムより速い気がする!」
  • 「どんなときもWiFi凄いなぁ。音ゲーでもサクサク繋がる!」
  • 「騙して金取ってると言われても致し方ないレベルの通信速度。良かったのは最初の1週間くらい…」

多くの利用者がどんなときもWi-Fiの通信速度には満足しています。ただ最後の方のように通信速度の極端な遅さに困っている方もいます。ドコモ・au・ソフトバンク どの回線に接続しているのかが気になります。

他のサービスと比較して

  • 「どんなときもwifi使いはじめて4日ほど、wimaxよりいいわ。」
  • 「「どんなときもwifi」を契約したので、スマホのパケットを6GB→500MBに落とせるか実験中」
  • 「WiMAXから「どんなときもWiFi」に乗り換えて快適です。」

WiMAXから乗り換えて「通信量制限が無いから快適」と評価している方が多いです。2番目の方はスマホのパケットを一切使わないテスト中だそうです。どんなときもWi-Fiなら3キャリアのスマホエリアで繋がるから、スマホのパケット代節約にもなります。

どんなときもWiFiの評判【まとめ】

2019年3月17日のサービス開始から7ヶ月、口コミ・レビューの数を見ると凄い勢いで利用者を伸ばしているので、口コミの数も非常に多いです。

そして口コミの数の割に悪い評価が非常に少ないのも特徴的です。

通信速度・通信量・料金 どれも良い評価が圧倒的に多いです。

ただ、「いつか制限されるんだろ」「この金額で成立するのか」など、既存サービスと「サービス内容と料金のバランス」が違い過ぎて、通信量制限の追加や値上げを心配している口コミもありました。

2019年11月現在の評価をまとめると「利用者が心配するくらいコスパの良いサービス」と言えます。

\どこでも使えて無制限 3,480円/月/

【公式】どんなときもWiFiはこちら

 

どんなときもWiFiをおすすめする人しない人

おすすめ・おすすめしない イラスト

おすすめな人

どんなときもWiFiをおすすめな人は、簡単にいうと「ポケットWiFiが欲しい人全般」です。

通信容量無制限、3キャリアのLTE回線が使える、料金が安い(3,480円/月)という、他のどんなサービスにも勝る内容なので、今ポケットWiFiの導入を考えてる方にはイチオシです。

次項のおすすめしない人に該当しないなら、どんなときもWiFiで決まりです。

公式ページ:どんなときもWiFi

おすすめしない人

ポケットWiFiが欲しい人全般におすすめできますが、以下のような方にはおすすめしません。

  • ホームルーターが欲しい人
    (LANケーブルで接続したい・家でしか使わない・充電するのが面倒)
  • 3キャリアのうちauしか入らないエリアで使いたい人
  • 5台以上同時接続して使いたい人
  • 端末がレンタルのサービスがが嫌な人

家でだけしか使わない方はホームルーターの方が「充電を気にしなくていい」「LANケーブルで接続できる」ので使い良いです。

スマホ以外にルーターが増えると、充電する端末が増えて意外と面倒です。

口コミ・評判の通信速度についてでも書きましたが、どんなときもWiFiの端末(D1)はauのプラチナバンドの周波数 Band18に対応していません。主にドコモ・ソフトバンクを使うサービスです。

ですから「auしか入らない場所でも使う」と分かってる方は、どんなときもWiFiはやめましょう。

どんなときもWiFiに発生した通信障害

2019年8月31日~9月3日までどんなときもWiFiに通信障害が発生しました。内容は「電波を拾わない」「拾うまでに異常に時間がかかる」というもの。

9月3日夕方に復旧しましたが、結果的に約4日に渡り通信障害が続いたことで利用者は大変な不便を被りました。一部のユーザーがTwitterで状況をつぶやいています。

公式ページでは「利用者が急増したことでクラウドSIM提供会社側のリソース不足が発生したことが原因」と説明しています。

公式ページ:8月31日~9月3日に発生した接続不具合に関するお詫び

通信サービスにこういう障害はつきもので、どんなサービスでも多かれ少なかれ起きますが、数時間から長くて半日程度で解消します。それが今回は4日も続いてしまったことが問題です。

これについては「クラウドSIMの技術が複数キャリアにまたがったサービスの為、問題の特定にお時間が掛かってしまい」と説明しています。

どんなときもWiFiが「低価格で通信量無制限」という他にないサービスを実現できるのは、↑この「クラウドSIM」という技術のお陰ですが、今回の通信障害で新進気鋭のサービスの脆さを露呈した結果になりました。

私も実際に使って「非常に良いサービスだ」と感じていますが、「今後障害が起きる可能性はある」と私は思います。

これから契約する方は「今回のような通信障害が起きる可能性がある」という点を理解した上で契約しましょう。そこも含めて低価格・無制限のどんなときもWiFiです。

逆にこういう障害が不安な方は実績のあるWiMAXの方がおすすめです。

まとめ

どんなときもWiFiは、今までのポケットWiFi・モバイル回線サービスとは一線を画す斬新なサービスで、以下の3点が他のサービスと決定的に違う点です。

  • 通信容量無制限(月間・短期(1日・3日など)どちらの制限もなし)
  • 最適な回線に自動で繋がる(ドコモ・au・ソフトバンク 3社の回線が使える)
  • 海外でもそのまま使える(世界107ヵ国で使える(SIM差し込み不要))

それでいて月額料金が3,480円(海外利用時は別途)というのがすごいです。

この特徴は、クラウドSIMという次世代通信技術を採用することで成立しました。

「通信量無制限」「繋がりやすい」「安い」サービスを探している方はどんなときもWiFiがイチオシです。

\どこでも使えて無制限 3,480円/月/

【公式】どんなときもWiFiはこちら

他にもクラウドSIM型の通信量無制限のサービスが続々とスタートしています。知名度・実績はどんなときもWiFiの圧勝ですが、料金的にはよくばりWiFiの方が安いです。