【最新】通話料が無料の格安SIMはココだ!必見のキャンペーン活用術

【最新】通話料が無料の格安SIMはココだ!必見のキャンペーン活用術

通話料が無料の格安SIMを探していますね?

  • 0円じゃなくなる楽天モバイルから乗り換えたい
  • 通話料をできるだけ安く抑えたい
  • とにかく通話が安いスマホが1台欲しい

こういう要望にお答えします。

この記事で分かること

  • 通話料が無料になる3つの格安SIMサービス
  • 標準で通話料無料の楽天モバイルの注意点
  • 【番外編】通話オプションが安いサービス

私はポケットWiFi・格安SIM・光回線を中心に、「初めての人にも分かりやすく」をモットーに、10年以上ネットで情報発信しています。ぜひ参考にして下さい。

LINEなど通話無料のアプリが増えて、電話番号を使った通話は減っています。

それでも、標準価格の22円/30秒で通話していたら、地味に料金が高くなります。それがちょっと通話が多い人だと馬鹿になりませんよね。通話料が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 【結論】楽天モバイル以外はキャンペーン利用しかない
  2. 【最新】通話料が無料になる格安SIM情報 おすすめ!
    • 楽天モバイル(Rakuten Link利用)
    • mineo(10分かけ放題 6ヶ月無料)
    • LINEMO(5分かけ放題 1年無料&6ヶ月実質無料)
  3. 楽天モバイル RakutenLinkの3つの注意点
    • 【注意点1】着信しないことがある
    • 【注意点2】音声が途切れることがある
    • 【注意点3】圏外になりやすい
  4. mineoをおすすめする2つの理由
    • 【理由1】月額660円で維持できる
    • 【理由2】専用通話アプリが不要
  5. 【番外編】通話オプションが安いサービス
  6. まとめ

mineo(マイネオ)

【結論】楽天モバイル以外はキャンペーン利用しかない

結論

キャンペーンを利用せず、標準で通話料が無料のサービスは、楽天モバイルのRakutenLinkアプリを使った通話しかないのが現状です。

ただ、2022年7月から0円利用が廃止されて、通信量が1GB未満でも1,078円/月の利用料が発生するようになりました。よって、利用料0円で通話料も無料のサービスはなくなりました。

残念ですが、「基本料無料で通話し放題」というのが異常だったので、潔く諦めましょう。そして、天下の楽天が音を上げたわけですから、今後も完全無料のサービスは現れないでしょう。

ですから今後「スマホの通話料無料」を実現させるには、以下の2つの選択肢しかありません。

  • 月額1,078円払って楽天モバイルを使う
  • 通話オプションが無料になるキャンペーンを利用する

当記事でおすすめしているのは、mineo(マイネオ)です。6ヶ月間10分かけ放題が無料で使えて、同じく6ヶ月間 基本料660円でマイそくプランが使えます。

要するに、半年間 月額660円で10分かけ放題になるわけです。

\キャンペーンは8月31日まで/

【公式】mineoはこちら

詳しいことは、当ページ後半のmineoをおすすめする2つの理由で解説しています。

 

【最新】通話料が無料になる格安SIM情報

最新情報

楽天モバイル(Rakuten Link利用)

楽天モバイル ロゴ

楽天モバイルは、通話アプリのRakutenLinkを利用すれば通話料無料です。相手がRakutenLinkアプリを使用していなくても、固定電話でも関係なく無料です。

5分・10分などの連続通話時間の条件がないので、時間を気にせず電話できます。

スマホ標準の通話アプリから発信すると、22円/30秒の通話料がかかります。また、0570で始まるナビダイヤルなど、付加サービス付きの電話は通話料が発生します。

楽天モバイルの通話料以外の条件

楽天モバイルのプランは、RakutenUN-LIMIT VIIひとつだけで、通信量に応じて3段階に変化します。(2022年6月までは、通信量1GB未満で「基本料0円」という設定がありましたが、廃止されました。)

条件:RakutenUN-LIMIT VII
3GBまで 20GBまで 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円

ですから、通信量を3GBまでに抑えれば、月々1,078円で通話し放題というわけです。

契約事務手数料は無料で、契約期間の縛りもありません。乗り換え(MNP転出)にも手数料はかかりません。プラン変更に伴うキャンペーンで、10月31日まで通信量が1GB以下だと実質無料で使えます。

\1,078円で通話し放題/

【公式】楽天モバイルはこちら

 

【注意】楽天モバイルの通話は不具合がある

次章の楽天モバイル RakutenLinkの3つの注意点で解説していますが、着信しない不具合や、たまに音声が途切れることがあります。

言葉を選ばず正直に言うと「安かろう悪かろう」なサービスの典型です。

私もメインの電話番号に使っていた時期がありますが、何度も「電話が通じない」と言われたので、止むを得ず他社に乗り換えました。

mineo(10分かけ放題 6ヶ月無料)

mineo ロゴ

mineo(マイネオ)は、2022年8月31日までのキャンペーンで、10分かけ放題の通話オプション(550円/月)を6ヶ月間無料で使えます。新規申し込みの場合、利用開始月から適用です。

2022年7月の申し込み・利用開始なら、12月まで10分かけ放題が無料です。

1回の通話が10分以内で収まる方は、通話料は加金されません。10分を超えた分の通話料は、11円/30秒で課金されます。例えば、通話時間が12分だったとしたら44円です。

mineoの通話料以外の条件

mineoは、マイピタ・マイそく2つのプランがあって、下表の設定になっています。

条件:デュアルタイプ(音声通話SIM)
マイピタ 1GB 5GB 10GB 20GB
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
マイそく スタンダード(1.5Mbps) プレミアム(3Mbps)
990円 ⇒ 6ヶ月660円 2,200円 ⇒ 6ヶ月1,870円

マイピタプランは、月ごとの高速通信量のある一般的なプランです。

マイそくプランは、月ごとの高速通信量がなく、「低速通信が使い放題」というプランです。(使い放題になる代わりに、月~金の昼12時台は32kbpsまで遅くなります。)

通信速度はスタンダードが1.5Mbps、プレミアムが3Mbpsです。

今は、キャンペーンでマイそくプランが、6ヶ月330円引きで使えるので、スタンダードなら月額660円です。通話オプションも6ヶ月無料ですから、6ヶ月間 660円で10分かけ放題というわけです。

初期費用は、契約事務手数料は3,300円で、SIMカード発行手数料440円です。契約期間の縛りはなく、乗り換え(MNP転出)にも手数料はかかりません。

\6ヶ月 10分かけ放題無料/

【公式】mineoはこちら

 

【感想】管理人はマイそくプラン使用中

私は今、マイそく スタンダードを使っていますが、スマホならYouTubeも止まらず見れるし、意外と低速通信だけでも使えます。

平日の昼は使い物になりませんが、そこは諦めてWi-Fiが使える場所に居るようにしています。

LINEMO(5分かけ放題 1年無料&6ヶ月実質無料)

LINEMO ロゴ

LINEMO(ラインモ)は、キャンペーンで5分かけ放題の通話オプション(550円/月)が、1年間無料で使えます。

割引期間は「契約から1年間」と決まっているので、通話オプションに加入しなくても割引期間にカウントされます。申し込み時に「通話準定額」を選択するのを忘れないようにしましょう。

LINEMO 通話オプション選択画面

1回の通話が5分以内で収まる方は、通話料は加金されません。10分を超えた分の通話料は、22円/30秒で課金されます。例えば、通話時間が7分だったとしたら88円です。

mineoの方が、無料期間は短いですが、通話時間が10分で超過後の料金も11円/30秒で安いです。

LINEMOの通話料以外の条件

LINEMOは、スマホプラン・ミニプラン2つのプランがあって、下表の設定になっています。

ミニプラン(3GB) スマホプラン(20GB)
990円 ⇒ 半年間実質無料 2,728円

今は、ミニプランで契約すると、利用料990円と同額分を6ヶ月間 PayPayポイントで還元してくれます。ですから半年間実質無料で使えます。

ですから、ミニプランで契約すれば、6ヶ月間 3GBの通信+5分以内の通話が実質無料というわけです。(PayPayポイント還元はミニプラン限定特典です。通信量20GBのスマホプランは対象外です。)

契約事務手数料は無料で、契約期間の縛りもありません。乗り換え(MNP転出)にも手数料はかかりません。通話時間が5分以内なら「とりあえず半年使ってみる」のも全然アリです。

\6ヶ月 実質無料/

【公式】LINEMOはこちら

 

楽天モバイル RakutenLinkの3つの注意点

注意 イラスト

ここでは、楽天モバイルの通話アプリ RakutenLinkの3つの注意点を、詳しく解説しています。

楽天モバイルは、RakutenLinkアプリを使って発信すれば、時間・回数の制限なく通話料が無料ですが、注意点を理解していないとかなり後悔します。

楽天モバイルの契約を考えている方は、この章を最後まで必ず読んで下さい。

【注意点1】着信しないことがある

楽天モバイルは、着信しないことがあります。

普通に、電波が通じている(楽天回線・パートナー回線)のに、着信しないんです。これは私も実際に2021年9月~12月に経験して、すごく困りました。

掛けた方は、自動音声のアナウンスが流れるだけで、発信音も鳴らない。受ける側は、着信音が鳴らないので電話に気づかないという状態です。

直後に「着信がありました」というSMSが届くときもあれば、なにも通知がないこともあります。通知がある時はすぐに折り返せますが、通知がないと着信に気づく方法はありません。

私の場合、実際に会った時に「どこに居たの?電話繋がらなかったぞ」と言われました。

着信しない時の傾向がわからない

困るのは、どんなときに着信しない症状が現れるか、傾向がわからないところです。

傾向がわかれば予防することができますが、わからないので手の打ちようがありません。

2022年6月現在も困っている人がいる

公式には2021年12月に「対応完了した」という発表をしています。(下リンク参照)

(12/28更新) iPhoneをご利用の際に着信に失敗する事象について ※弊社ネットワークのソフトウェアアップデート作業が完了しました | 障害情報 | 楽天モバイル

しかし、今も「着信しない」症状に困っている人がいる状態です。

電話は「つながらないことがある」では済まないツールです。仕事用の電話はもちろんですが、プライベートでも大事な電話が着信しなかったら大変です。

私は、この症状を自覚してすぐに他社に乗り換えましたが、今後契約する方も注意してください。

【注意点2】音声が途切れることがある

楽天モバイルの通話は、たまに音声が途切れて聞こえない時があります。これも私の経験談です。

頻度は多くないですが、通話中に予兆もなく短い時間(1、2秒)音声が途切れます。急に途切れるので「ん?あれ?」と驚き「すいません、もう一度お願いします」と聞き返す羽目になります。

LINEやMessengerの無料通話だとたまにありますが、電話番号を使う通話はめったにありません。

基本的には、音質はクリアで悪くないし普通に使えるんですが、たまに途切れることがあります。大事な話しをしているときだと困ります。

【注意点3】圏外になりやすい

これは通話アプリとは関係ないですが、楽天モバイルは圏外になりやすいです。これは楽天モバイルに割り当てられているLTEの周波数帯の問題です。

楽天モバイルが使えるLTEの周波数は、1.7GHz帯のBand3だけです。700MHz~900MHzのプラチナバンドは割り当てられていない状況です。

ドコモ・au・ソフトバンクは、プラチナバンドでエリアの広さ・繋がりやすさを実現しているので、これがない楽天モバイルは圏外になりやすいです。

具体的には、エリアマップで圏内でも、ビルや鉄筋コンクリートの建物の中や、15階以上の高層階、地下は圏外になりやすいです。

圏外だと、Wi-Fiが使えないと当然電話も使えません。電話だけでなく、QR決済やポイントアプリも使えないので結構困ります。

近い将来、プラチナバンドが割り当てられれば劇的に好転する可能性もありますが、今はこういう状況です。

mineoをおすすめする2つの理由

おすすめ スタンプ

当ページでは、通話料が無料になる格安SIMとしてmineoをおすすめしています。

6ヶ月の期間限定の条件ですが、それでも「mineoをおすすめする理由」について、ここで詳しく紹介します。

【理由1】月額660円で維持できる

mineoは、2022年8月31日までの申し込みで、6ヶ月間 月額660円で10分以内の国内通話がかけ放題になります。この金額は、楽天モバイルの基本料1,078円よりも418円安いです。

本来は、基本料と通話オプションで月額1,540円する組み合わせですが、以下の3つのキャンペーンを併用した結果660円になります。

  • 10分かけ放題440円割引キャンペーン(~8/31)
  • かけ放題キャンペーン
  • マイそく月額基本料金割引キャンペーン(~8/31)

1つ目と2つ目のキャンペーンで、10分かけ放題(550円)が無料になり、3つ目で基本プラン(990円)が安くなります。

6ヶ月という期間限定ですが、この安さは活用するべきです。割引が終わったら、終わったタイミングで、その時通話料が安いサービスを探すのがベストです。

「マイそく月額基本料金割引キャンペーン」が適用されるのは、利用開始月の翌月からなので、初月は、月額料金 990円の日割りで請求されます。通話オプションは初月無料です。

【理由2】専用通話アプリが不要

mineoの「10分かけ放題」は、専用の通話アプリが不要で、スマホの標準通話アプリで発信できます。

これが地味ですが、かなり大きなメリットです。

専用通話アプリは使いにくい

楽天モバイルは、専用アプリのRakutenLinkを使わないと通話料無料になりません。

それなのに、iPhoneだと標準アプリに着信されるので、着信履歴が標準アプリにだけ残って、RakutenLinkには残りません。

ですから折り返すときに、【標準アプリで確認 ⇒ RakutenLinkの電話帳から発信する】という流れになります。

電話帳に登録されていない番号だと更に面倒で、【標準アプリで確認 ⇒ 電話番号をコピー ⇒ RakutenLinkに貼り付け ⇒ 発信】となります。

慌てていると、間違って標準アプリから発信してしまい、22円/30秒の通話料で課金されます。

半年という期間限定でも、料金が安くて使いやすいmineoがおすすめです。キャンペーンは2022年8月31日までなので、お見逃しなく。

\6ヶ月 10分かけ放題無料/

【公式】mineoはこちら

 

【番外編】通話オプションが安いサービス

こちらでは、番外編として通話料無料ではないですが、通話オプションが安いサービスを3つ紹介します。

基本料無料 5分かけ放題550円 povo2.0

povo ロゴ

auの格安プラン povo2.0は基本料無料で、必要な機能だけトッピングするという特殊な料金体系で、5分かけ放題のトッピングが月額550円です。

データ通信が必要なければ、5分かけ放題だけをトッピングすれば、月額550円で使えます。基本料がないので、通話だけを考えたら月々の負担が少ないサービスです。

【公式】povo2.0はこちら

5分を超えた通話の場合、超過分は22円/30秒で課金されます。通信トッピング無しだと、通信速度は128kbpsです。

6ヶ月通話オプション410円引き IIJmio

IIJmio ロゴ

IIJmioは、2022年7月31日までのキャンペーンで、通話オプションが最大6ヶ月 410円引きになります。料金は以下のとおりです。

5分かけ放題 10分かけ放題 時間無制限
500円 ⇒ 90円 700円 ⇒ 290円 1,400円 ⇒ 990円

さらに、ギガプランが6ヶ月間300円引きになるので、2ギガプランが550円になります。5分かけ放題とセットにしても月額640円です。

他に、初期費用1,100円引き、スマホセット割引も付いているので、「通話は5分以内で終わる」「新しいスマホが欲しい」という方は、IIJmioがおすすめです。

【公式】IIJmioはこちら

IIJmioの特徴を詳しく知りたい方は、IIJmio シンプル解説をご覧ください。

標準で5分通話無料 ahamo

ahamo ロゴ

ahamoは、オプションではなく標準で5分以内の国内通話が無料になります。

プランは1つだけで、通信量20GBで2,970円です。+80GBの大盛りオプションは1,980円で合計4,950円です。通話だけでなく、データ通信もガッツリ使いたいという方はおすすめです。

ただ、通信量20GB以下のプランはないし、5分かけ放題は外せないので、柔軟性は乏しいです。

【公式】ahamoはこちら

ahamoの特徴を詳しく知りたい方は、IIJmio シンプル解説をご覧ください。

まとめ

まとめ イラスト

当記事では、通話料無料の格安SIMについて、要点をシンプルに分かりやすく解説してきました。まとめると、

  • 通話料が標準で無料のサービスは楽天モバイルしかない
  • 楽天モバイルは「着信しない」など要確認の注意点がある
  • おすすめは、半年限定だけど、660円で10分かけ放題になるmineo

通話料無料は楽天モバイルだけですが、「着信しない」「圏外になりやすい」など注意点があります。

それに、2022年7月から0円利用が廃止されて、最低でも月額1,078円の基本料が発生するようになりました。

0円で使えてた頃は、多少の不具合も「無料だし、仕方ないか」と思えましたが、基本料がかかるとそうは思えません。

私自身、固定電話の代替で使っていた楽天モバイルは、他社に乗り換えました。

おすすめは、キャンペーンで半年間 10分かけ放題が無料で、月額660円で使えるmineo(マイネオ)です。キャンペーン期間は8月31日までです。

mineo(マイネオ)