Broad WiMAXは評判と現実にギャップあり!契約前に必見の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Broad WiMAX 過大評価してない?

Broad WiMAXとの契約はちょっと待ってください!

Broad WiMAXはイチオシしてるサイトも多いし、ネットの評判も悪くないので「良さそうだな」と思うかもしれません。

でも実際は「かなり特殊で注意点が多い」ですし「最安で使えるプロバイダーじゃない」です。

ここではBroad WiMAXについて以下の3点について詳しく解説しています。

  • ネット上の評判と現実のどこにギャップがあるのか?
  • 申込む前に知っておきたいBroad WiMAXの注意点
  • Broad WiMAXより安く使えるおすすめプロバイダー

「今日申し込もう」と考えていた方も、少し立ち止まって最後まで読んでください。申し込むときに気を付けないと「約2万円の初期費用を請求される」かもしれません。

WiMAXは2年・3年という長期間使うものですからしっかり納得してから契約しましょう。

Broad WiMAX最新情報【2019年11月】

Broad WiMAX ロゴ

Broad WiMAXはWiMAXの販売代理店のひとつで、自社で通信回線を保有してる会社ではありません。他の販売店 GMOとくとくBB・So-net・BIGLOBEなどと同じです。

WiMAXの通信回線を管理・運営しているのはKDDIグループのUQコミュニケーションズという会社でBroad WiMAXとは全く別です。

なぜわざわざこんなことを書くかというと、Broad WiMAXのサイトが、本家UQ WiMAXのサイトと色使いや雰囲気が似ていて本家と勘違いしている方が多いからです。

またインターネット検索した時に、Broad WiMAXの広告ページがWiMAX|公式キャンペーン【WiMAX】という表記で最上部に表示されるのも本家と見間違えやすい原因です。

WiMAXの検索結果

WiMAXはどの販売店で契約しても、回線はUQコミュニケーションズの通信網なので、エリア・速度・端末・料金プランの条件・通信制限のルールなどは同じです。

「UQ WiMAXだから速い」「本家しかないプランがある」なんてこともありません。

だから特典が多い・料金が安い販売店で契約するのが鉄則です。Broad WiMAXを本家と見間違えて契約するのは止めて、他の販売店としっかり条件を比較しましょう。

基本条件

料金プラン

ギガ放題プラン ライトプラン
利用開始月(日割り) 2,726円 2,726円
1~2ヶ月目
3~24ヶ月目 3,411円
25ヶ月目~ 4,011円 3,326円
3年間合計 131,352円 108,062円

契約年数は3年契約のみで、使い放題のギガ放題と月間通信量7GBのライトプランの2種類です。

ギガ放題の場合、契約当初は2,726円/月ですが3ヶ月目と25ヶ月目の2回月額料金が値上がりして、最終的には月額料金が4,011円になります。

Broad WiMAXはこの2,726円を業界最安級としてPRしていますが、3年間の契約期間全体で考えると他にも安いプロバイダーがあります。

最安のプロバイダーだとBroad WiMAXより3年間で7,000円以上安いです。

初期費用・違約金

契約事務手数料 初期費用 違約金
3,000円 18,875円
WEB割キャンペーン適用で無料
12ヶ月以内 19,000円
13~24ヶ月以内 14,000円
25ヶ月目以降 9,500円
WEB割キャンペーン違約金
(24ヶ月以内)
9,500円

契約事務手数料の3,000円はどこの販売店も同じですが、初期費用 18,875円とそれを無料にするWEB割キャンペーンがBroad WiMAX独自の設定です。

WiMAXの契約の違約金の他に、WEB割キャンペーンの違約金がある点も注意しましょう。

オプション

安心サポートプラス My Broadサポート モバレコポイントクラブ
月額料金 550円 907円
最大2ヶ月無料
400円
最大2ヶ月無料
内容 端末が故障した際の無料修理オプション パソコン・スマホのトラブルを電話や遠隔操作でサポート 提携サービス・宿泊施設などで割引優待を受けられる。 貯まったポイントはネット・スマホの乗り換え時に現金還元

初期費用を無料にするWEB割キャンペーンの適用を受けるには、安心サポートプラスとMy Broadサポートの加入が条件になります。

安心サポートプラスには無料期間がないので、契約後にすぐ解約しても1ヵ月分550円は請求されます。

キャンペーン

2019年11月現在3つのキャンペーンを展開しています。

  • 初期費用 18,857円割引
  • 端末代 0円
  • 他社WiMAXから乗り換えで違約金負担
    (最大19,000円分(非課税))

Broad WiMAXは3つともキャンペーンとしてお得感をPRしていますが、太字の上2つに関しては、そもそも初期費用は他社にはない設定ですし、端末代0円も当たり前なので特別感はありません。

Broad WiMAXの評判と現実はココが違う!

Broad WiMAXのネット上の評判はかなり良くて、「私も使ってるしおすすめだよ」と紹介してるサイトがとても多いです。そしておすすめしてる理由は主に↓これです。

『キャッシュバックは受取るの難しいからBroad WiMAXが良い』

本当にこの主張は正しいのでしょうか?私は正しいとは思いません。

その理由は以下の3点です。

  • キャッシュバックは準備をすれば確実に受け取れる
  • (↑受け取れないリスクを回避するとしても)Broad WiMAXより月額料金が安いプロバイダーがある
  • 初期費用と無料キャンペーンのシステムが謎すぎる

「キャッシュバックの受取り手続きが面倒」という気持ちは分かりますが、「だったらBroad WiMAXがおすすめ」とはなりません。

Broad WiMAXをおすすめしない理由

ここからが本題です。私はBroad WiMAXをおすすめしません。

理由はこの3点です。

  1. 料金が全然安くない
  2. 他社にはない初期費用が難解
  3. Broad WiMAX独自のメリットが少ない

それぞれ詳しく解説します。

1.料金が全然安くない

業界最安級とPRしているBroad WiMAXですが、実は全然最安ではないです。

他の販売店と実質費用・実質月額で比較するとすぐに分かります。最新端末(W06)のギガ放題プラン契約が安いプロバイダーベスト10が↓こちらです。

※実質月額とは、月額料金・端末代・事務手数料・解約金・残債など使用期間中にかかる全ての費用の合計から、キャンペーンの還元額を引いた実質費用を使用月数で割って算出した金額です。

条件:ギガ放題・端末 W06【2019年11月時点】
順位 サービス名 キャンペーン 月額料金合計 キャッシュバック 実質費用 実質月額 備考
1位 GMO キャッシュバック 160,032 ▲34,800 128,232 3,375 3年
2位 GMO 月額割引 128,310 131,310 3,456 3年
3位 JPWiMAX CB+月額割引 135,200 ▲10,000 128,200 3,465 3年
4位 DTI 月額割引 134,190 137,190 3,610 3年
5位 Broad WiMAX 月額割引 135,363 138,913 3,656 3年
6位 カシモWiMAX 月額割引 138,127 141,127 3,714 3年
7位 novas WiMAX 月額割引 144,860 147,860 3,891 3年
8位 AsahiNet 月額割引 145,860 148,860 3,917 3年
9位 So-net 月額割引 150,035 153,035 4,027 3年
10位 hi-ho 月額割引 153,040 156,040 4,106 3年

5位がBroad WiMAXという結果になりました。回線元のUQ WiMAXよりはもちろん安いですが、GMOとくとくBB・JPWiMAX・DTIなどのプロバイダーの方が安いのは明らかです。

2.他社にはない初期費用が難解

キャンペーンと称して「初期費用18,857円が無料」をPRしていますが、そもそも他の販売店に初期費用はなくて『無料なのが当たり前』というのが現実です。

そこを前提として以下読み進めてください。

初期費用無料はオプション加入が条件

初期費用が無料になるWEB割キャンペーンの条件はこの4点です。

  1. WEBフォームからの申込み
  2. 月額最安プランで申込み
  3. 支払方法はクレジットカード払い
  4. 安心サポートプラス・MyBroadサポートに加入

1~3は問題ないですが、注意が必要なのが4.安心サポートプラス・MyBroadサポートに加入です。

安心サポートプラスは1ヶ月分の支払が発生する

オプションでも書きましたが、加入条件になっている2つのオプションのうちMyBroadサポートは2ヶ月の無料期間が設定されていますが、安心サポートプラスには無料期間がありません。

ですから、開通してすぐに解約しても1ヶ月分の利用料 550円は払わなきゃいけません。

オプションの解約条件

適用条件に※商品到着後に無料で解約可能ですと書いてありますが、完全無料ではないということです。(オペレーターに電話で確認済み)

もしかすると「解約するのにお金はかかりません」という意味なのかもしれませんが、『そんなの当たり前だ』という話です。

WEB割キャンペーンに違約金がある

初期費用を無料にするWEB割キャンペーンの適用を受けると、解約違約金が増えるのもあまり知られていません。

WiMAXの契約の他にキャンペーン自体に違約金が設定されているわけです。

期間は24ヶ月以内 金額は9,500円です。

解約しなければ問題ないですが、もし2年以内に解約することになると違約金が最大28,500円(12ヶ月以内の解約)になります。

初期費用無料に魅力はない!

初期費用18,875円は、無料にできる条件が易しいのでほとんどの人は無料になりますが、「支払いが発生するオプション料金」「無料キャンペーンの違約金」などは理解していないといけません。

そして冒頭にも書きましたが、他の販売店にはない設定ですから「初期費用高いのに無料になってお得」と考えるのは間違いです。

3.Broad WiMAX独自のメリットが少ない

ここまで「料金が全然安くない」「初期費用無料に魅力はない!」と書いてきたように、Broad WiMAXに料金面でのメリットは無いと断言できます。

となると料金以外の独自のメリットが魅力的じゃないと「おすすめ」とは言えません。

Broad WiMAX独自のメリットはこの3点で、ここがBroad WiMAXを選ぶか否かの決め手になります。

  • 他のWiMAXから乗り換えで発生する違約金を負担してくれる
  • Broad WiMAXからWiMAX以外のネット回線へ乗り換え時解約違約金0円
  • WEB申込から即日店頭受取ができる

いかがですか?自分にとってこの3点がメリットがあると感じますか?

正直言って私は、この3点にメリットを感じる人は少ないと思います。具体的にはこの3人です。

  • 他社のWiMAXからの乗り換えたい人
  • 光回線と迷ってる人
  • 受取店舗が近く即日使い始めたい人

「どれにも当てはまらない」と感じた方はBroad WiMAXで契約するメリットはありません。こちらで紹介しているプロバイダーの方がお得です。

Broad WiMAXをおすすめできる3人の具体例

他社のWiMAXからの乗り換えたい人

今他社のWiMAXを使っていて「更新月はまだ先」だけど以下のように思ってる人は

  • 「月額料金がBroad WiMAXよりかなり高い」
  • 「端末の調子が悪い(壊れそう)」
  • 「新しいWiMAX端末が欲しい」

Broad WiMAXは19,000円まで違約金を負担してくれるのでBroad WiMAXをおすすめできます。

「キャッシュバックをもらって即乗り換え」という使い方

キャッシュバックキャンぺーンを展開している販売店は、月額料金は安くありません。Broad WiMAXの方が安いです。

ですから、キャッシュバックを受け取ってすぐBroad WiMAXに乗り換えると↓この3つのメリットがあります。

  • 高額なキャッシュバックは貰える
  • Broad WiMAXに乗り換えても解約違約金を払わなくていい
  • Broad WiMAXで月額料金は安くなる

イレギュラーな使い方ではありますが、とことん「安さ」「特典」にこだわる人にならアリです。

この使い方を実行するなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンで34,800円のキャッシュバックを受け取って、Broad WiMAXに乗り換えるのがベストです。

光回線と迷ってる人

自宅のネット回線を「できればWiMAXにしたい」という方のうち↓こんな不安を感じてる方は

  • 「自分の使い方はWiMAXで大丈夫かな?」
  • 「エリア内だけど電波状況・通信速度が不安」
  • 「速度制限によく引っかかるかもしれない」

もしWiMAXがダメで光回線に乗り換えることになっても、解約違約金が0円なのでBroad WiMAXがおすすめです。

いつでも解約サポートの注意点

ただ乗り換え先はどこでもいいわけではなく、Broad WiMAXの運営会社が取り扱っているサービスに限られます。

その他注意事項をよく読んでから申し込みましょう。

私が気になったのは3項目の中ほど「事務手数料・初期費用など、モバイルルーターサービスの違約金以外の免除はございません。」という記述です。

この書き方だと、初期費用を無料にするWEB割キャンペーンの違約金9,500円(24ヶ月以内の解約)は免除されないという解釈もできます。

いつでも解約サポートの利用を前提に契約する方は、電話で確認しましょう。

Try WiMAXでも解決できます

15日間無料お試しTryWiMAXのお申し込みはこちら

WiMAXの通信速度や電波状況などに関する不安は、Try WiMAXだと15日間無料で借りられるので解決できます。

Try WiMAXの注意点や申込方法などは以下の記事で詳しく解説しています。

受取店舗が近く即日使い始めたい人

ネット申し込み後に店舗で受け取れるのはBroad WiMAXだけです。店舗はこの4店。

店舗 住所 受取可能時間
渋谷センター 東京都渋谷区道玄坂2-10-7
新大宗ビル1階(パソコン修理工場内)
平日・土曜 10:00~19:00
秋葉原センター 東京都千代田区外神田3-11-2
ロック2ビル1F(RGUILD内)
平日・土曜 11:00~19:00
大宮センター さいたま市大宮区桜木町1丁目1-5
山中ビル4F
平日・土曜 11:00~19:00
梅田センター 大阪市北区豊崎3-17-9 豊崎旭ビル2階
(スマホスピタル梅田2号店内)
平日・土曜 10:00~19:00

WEBから申し込む際に店舗受取希望で【希望する】にチェックを入れて最寄りの店舗を選択して申し込みます。

店舗受取のチェック項目

申込が完了すると「お渡し準備完了メール」が届きます。(通常は申し込みから2時間以内)

メールを受け取ったら、メールに記載されている受取りIDを持って店舗へ受取りに行くと、開通作業で15~20分待てば受け取れてWiMAXを使い始められます。

受取センターが近くて「どうしても今日使い始めたい」という方はBroad WiMAXをおすすめできます。

契約するならGMOとくとくBBがおすすめ

2019年11月現在「最新端末(W06)を最安クラスで使えて条件が良いプロバイダー」はGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンです。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン スクリーンショット

Broad WiMAXとの差は3年間で7,053円です。詳しい数字は前述の比較表を参照してください。

メインの特典はBroad WiMAXと同じ月額料金の割引で、違いを表にまとめました。

Broad WiMAX GMOとくとくBB 差額
利用開始月(日割り) 2,726円 2,170円 -556円
1~2ヶ月目
3~24ヶ月目 3,411円 3,480円 +69円
25ヶ月目~ 4,011円 3,480円 -531円
3年間合計 135,363円 128,310円 -7,053円

メインの特典が月額料金の割引なので、キャッシュバックのように「受け取れるのが1年後」「失敗して受け取れなかった」という心配がないのも魅力です。

Broad WiMAXと違い高額な初期費用の設定もありません。だからと言って端末代が必要なわけでもないですし、シンプルで分かりやすいです。

GMOとくとくBBの申し込み手順と注意点

ここからはGMOとくとくBBを申し込む手順と「失敗や損をしないための注意点」を解説します。

  • 手順1.エリアを確認する
  • 手順2.公式ページから申し込む
  • 手順3.端末はW06 or L02
  • 手順4.契約プランは「ギガ放題」
  • 注意点.申し込み完了ページを保存しておく
  • 注意点.契約翌月にオプションを解約する

ここを見ながら申し込めば間違いありません。ぜひ参考にしてください。

手順1.エリアを確認する

まず自分がWiMAXを使いたい場所が通信エリア内かをサービスエリアマップでチェックしましょう。

自宅や職場など頻繁に使う場所は、必ずピンポイントエリア判定も確認しましょう。①で建物種別を選んで、②で住所を入力するだけです。

ピンポイントエリア判定で「○」と判定されれば大丈夫です。

GMOとくとくBBは申し込み住所がエリア判定で「○」なのに、「通信速度が遅い」など通信品質に満足できない場合は、違約金なしで20日以内のキャンセルが可能です。

エリア判定で「○~△」「△」と判定されて使えるか判断できない場合は、Try WiMAXで実際の端末を借りてチェックしましょう。回線元 UQ WiMAXのサービスで15日間無料です。申し込み方法や注意点は以下のページで解説しています。

手順2.公式ページから申し込む

申し込みは必ず公式ページから行いましょう。

公式ページ:月額割引キャンペーン

上記以外の申込みページからだと、キャッシュバック額が少なかったり、解約違約金の条件が違う場合もありますので注意しましょう。

手順3.端末はW06 or L02

次に端末を選びます。持ち歩くタイプのモバイルルーターならSpeed Wi-Fi NEXT W06です。

GMOとくとくBB 機種選択画面

2019年11月現在 W06が最新で通信速度の速さが魅力です。同じ電波状況ならライバル機種のWX05よりW06の方が通信速度が速いです。

「WiMAXを持ち歩いて使いたい」という方はW06で間違いないです。

GMOとくとくBB 機種選択画面 L02

「WiMAXは家用のネット回線」「持ち歩く事はない」という方はホームルーターのL02です。

WiMAXルーターの選び方は以下のページでもっと詳しく解説しています。気になる方はご覧ください。

手順4.契約プランは「ギガ放題」

契約プランは「ギガ放題プラン」を選びましょう。

GMOとくとくBB プラン選択画面

ギガ放題プランでも端末発送月+2ヶ月間は通常プランと同じ料金で利用できるので契約時はギガ放題を選択しましょう。

最長3ヶ月思いっきり使ってみて、7GBで足りるなら通常プランに変更すればいいです。

あとは、「個人情報・支払い情報などを入力」「入力内容を確認」で申し込み完了です。

注意点.申し込み完了ページを保存しておく

申し込みが完了すると、完了ページに会員情報(ID・パスワード・メールアドレス・接続情報)が表示されます。

ここに表示されている情報で、会員ページ・WEBメールにログインすることができます。

GMOとくとくBB 申し込み完了ページ

通信量の確認・オプションの解約や毎月100ポイントもらえるGMOポイントを月々の支払いに使うなど、会員ページのBBnaviは、すぐにログインできる状態にしておくべきです。

スマホだとかなり長いページになりますが、スクショで記録して分かるようにしておきましょう。

GMOとくとくBB 会員登録証

後日、会員情報が記載された書類が郵送で届きますが、スマホに保存されていた方が見返しやすいです。

注意点.契約翌月にオプションを解約する

申し込み時に加入した以下のオプション2つ(安心サポート・Wi-Fi(公衆無線LAN))は、必要なければ端末発送月の翌月に解約しましょう。

GMOとくとくBB オプション選択画面

どちらも利用料は最大2ヶ月無料なので「端末発送月と翌月までは無料」です。

端末発送月の翌月に解約すれば料金はかかりません。オプションには1ヶ月の最低利用期間が設定されていて「端末発送月内は解約できません」ので、翌月に忘れず解約しましょう。

 

GMOとくとくBBの評判やキャッシュバックの受取り方などは、以下のページで詳しく解説しています。

まとめ

他のサイトではおすすめされてることの多いBroad WiMAXですが、実は「料金が全然安くない」し「他社にはない高額な初期費用制度がややこしい」です。

月額料金の安さを求めるなら、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンの方が安いし、料金以外のメリットもあっておすすめです。

Broad WiMAXは広く一般におすすめできるWiMAX販売店ではありません。

自分にBroad WiMAXが合っているかどうか、もう一度よく考えてください。

「他社のWiMAXからの乗り換えたい人」「光回線と迷ってる人」以外は選ぶべメリットはないというのが当サイトの結論です。